航空券の購入や様々なサービスを利用することで貯めることができるANAマイル。ANAマイルを貯めると航空券の引き換えやギフトとの交換、ホテルの宿泊など様々なサービスを利用することができます。

今回は、ANAマイルはどんな商品と交換できるのだろう?と疑問に思っている方にわかりやすくマイルと交換できるサービスをご紹介していきたいと思います。

そもそもANAマイルを交換する価値っていくらなの?

陸マイラー初心者の頃はANAのマイルを1マイル=1円とずっと思い込んでいました。マイルは1マイル〇〇円と定義はされてはいませんが、使い方によっては1円未満から10円以上の価値と交換できるものまで幅広く存在します。僕自身は貧性なので、一番マイルの価値を高めることのできるサービスを利用するように心がけています。

⬇️⬇️ANAのマイルの価値を深く知りたい方はこちからから⬇️⬇️

 

 

ANAマイルの交換先おすすめ9選

ここではANAマイレージプログラムからマイルを交換する際、どのようなサービスがあるのか厳選して9つのサービスをご紹介していきます!あなたの使ってみたいサービスをぜひ見つけてみたくださいね!

 

ANA国内線特典航空券

 

貯まったANAマイルは国内線の特典航空券と交換が可能です。片道(一区間)5,000マイルから日本全国路線利用できます。(片道)5,000マイルから利用できる主要都市は、L(ローシーズン)で東京(羽田)⇄大阪、東京(羽田)⇄名古屋などがあります。L(ローシーズン)に大阪や名古屋間を利用すれば往復でたったの10,000マイル程度なので、新幹線で移動するよりもお得だと思いますよ!交換するシーズンによって必要なマイル数が変わってくるので注意してくださいね!

 

ANA国際線特典航空券

マイルを貯めることで国際線の特典航空券と交換することも可能です。国際線特典航空券を引き換える際に注意してほしいことは、国内線特典航空券と違い、片道の航空券を発券することができません。往復12,000マイルから利用できます。また、国際線特典航空券も国内線と同様に、シーズンによって必要マイル数が変わってくるので注意してくださいね。

この記事を見ている方はきっとハワイをビジネスクラスで行ってやる!と張り切っている陸マイラーの方も多いと思います。

夢を壊すような話をして申し訳ないのですが、ハワイ線の特典航空券は笑っちゃうぐらい予約することができません

予約できたとしても、搭乗日の355日前の航空券ぐらいだと思います。いま一生懸命がんばっても、ハワイに行けるのは来年...と考え、モチベーションが続かなくなってしまいます。

なので、僕のサイトではまずビジネスクラスの特典航空券の発見に必要な最低マイル数である、25,000マイルを目指しましょうどの記事でもお伝えさせていただいています。

25,000マイルという数字は東京(羽田)⇄韓国(金浦)間のビジネスクラスの発券に必要な最低マイル数です。たった25,000マイルで非日常を体験できるので、

まずビジネスクラスとはどのようなものなのか陸マイラー初心者の内に経験し、ハワイ線やシンガポール線などの必要マイル数の高い路線を目標にした方がモチベーションが継続できると思います。

 

 

バニラエア特典航空券

LCCで有名なバニラエアはANAの傘下に入っているので、ANAマイルを使い、特典航空券を発行することができます。 

出典:ANA公式ページより

バニラエアの特典航空券との引き換えの大きな特徴はこちらの表を見ても分かるように、シーズンに限らず必要マイル数が一定だということです。これなら航空券が高い時期(ゴールデンウィークやお盆など)に予約すればとってもお得だということがわかります。

ローシーズンはANAの特典航空券を利用してハイシーズンなど必要なマイル数が多い場合は、バニラエアを利用するなど使い分けをしながらマイルを利用することをおすすめします!

 

ANAセレクション特典

ANAセレクション特典とは貯めたANAマイルを10,000マイルからANAおすすめの商品と交換できるサービスのことです。食べ物からお酒、家電製品まで幅広くマイルを商品に変えることができます。

数ある商品の中でも特におすすめ商品が

【ANAセレクション】世界を旅する赤ワイン6本セットです!赤ワイン6本を10,000マイルと交換できるのことはワイン好きの人にはかなり魅力的な商品ではないでしょうか?僕は白ワインより赤ワインが好きなので、以前ANAセレクション特典で赤ワインと交換した経験があるのですが、かなり飲みごたえのあるワインばかりでした!

 

ラグジュアリーホテル宿泊券

ANAのマイルを提携先のラグジュアリーホテルの宿泊券と交換することもできるんです。主なラグジュアリーチェーンホテルを挙げると、ザ・ペニンシュラホテルズシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツザ・リッツ・カールトンセント レジス ホテル&リゾートなどの超有名高級ホテルの宿泊券をANAマイルと交換できるんです!

ANAのマイルの価値を上げるためにも、ゴールデンウィークやクリスマスなどのシーズンを考慮しながら利用するのがおすすめですよ!

例えば、ザ・ペニンシュラ東京に宿泊する際必要なマイル数は70,000マイルです。ゴールデンウィークやクリスマスであれば、一泊10万円以上するので、この時期に予約すれば通常価格よりもお得に宿泊することができますよ!

 

ANA国際線アップグレード

ANAマイルを利用することで、エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスにアップグレードすることができます。アップグレードに必要なマイル数は(片道)12,000マイルからです。まずは、航空券をスカイスキャナー等を利用して最安値でエコノミークラスを予約し、片道だけエコノミークラスをビジネスクラスにアップグレードするのも一つの手だと思います。

出典:ANA公式サイトより

 

区間基本マイレージの0~2,000は東京から香港まで、2,001~3,500は東京からシンガポールまで、3,501~4,500は東京からホノルルまで4,501~5,500は東京からロサンゼルまで、5,0001マイル~は東京→ロンドンやメキシコシティぐらいまでの距離と覚えていれば、あなたの行きたい国の航空券をアップグレードする場合、必要なマイル数がわかりますよ!」

ANAマイルをANAスカイコインに交換

ANAスカイコインとは、ANAホームページで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)などのお支払いをする際に利用できる電子クーポンのことです。

ANAのマイルの交換を他社のサービスとは交換させず、ANAの商品を購入させるという考えなのだと思います。

1マイルからスカイコインを移行させることができ、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステータスやANAカードの種類によって交換率が変動するんです!

 

出典:ANA公式サイトより

こちらの表を見て分かるように、会員ステータスが上級会員であればあるほど、交換率が高いですよね。会員ステータスがANAブロンズサービスメンバーで50,000マイルをANAスカイコインに交換した場合、交換倍率は1.7倍の85,000スカイコインと交換することができます。

ただし、ANAのスカイコインの有効期限は交換日より12ヶ月後の末日まで有効なので、マイルをスカイコインと交換した場合、なるべく早めにスカイコインを利用してくださいね!

 

 

ラグジュアリーホテルレストラン利用券

ANAマイルを最高級ホテルのランチやディナーペア引き換え券と交換することができます。主な最高級ホテルはザ・ペニンシュラホテルズやシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツです。

例えば、シャングリ・ラ・ホテル東京の高級レストラン【ピャチェーレ】のコースディナーの引き換え券を30,000マイルで交換することができます。ピャチェーレのコースディナーは最低でも15,000円の消費税とサービス料15%が発生してしまうので、1人で予約をすると、17,700円もかかってしまいます。ペアで予約すると35,400円と非常に高いですよね。

しかし、ポイントサイトなどを利用してANAマイルを貯めれば、シャングリ・ラ・ホテルのフルコースディナーを無料で楽しむことができるんです。

高還元率ハピタスの使い方はコチラから(URL)

これってすごくお得ではないでしょうか?大切なパートナーの記念日やクリスマスなどの出費ってものすごくかかりますよね。ホテルの予約やプレゼントの購入をすれば、レストランのグレードは低い場所になりがちです。

しかし、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換すれば、無料でフルコースディナーを堪能することができますよ!

 

ANAご利用券と交換

ANAのご利用券とは、航空券やANAと提携を結んでいるホテル、ANAの旅行パックのお支払いなど幅広く使うことができます。10,000マイルで10,000円分のANAご利用券(5,000円×2枚)1セットと交換することができます。注意点として、ANAご利用券でお買い物をする際はつりせ銭が出ないので注意してください!

有効期限は発行日より12ヶ月目の末日となっているのでくれぐれも使い忘れに注意してくださいね。

ANAの金券ということもあり、友人の記念日などのプレゼントにも最適だと思いますよ!

マイルの覇王おすすめANAマイル交換お得度ランキング

ANA国際線特典航空券
ANAマイルの価値を最大限まで高めたい方におすすめです。
マイルを国際線特典航空券交換すれば、最低でもマイルの価値は1マイル=2円程度になり、実際に航空券を購入するよりもお得です。特にビジネスクラスの国際線特典航空券の交換は、平均1マイル=7円程度と驚愕の還元率を誇っています。陸マイラー初心者の方で、マイルの価値を最大限まで高めたいという方に最もおすすめですよ!
国際線アップグレード特典
航空券を格安サイトから購入し、最小限のマイル数でビジネスクラスの体験をすることができます。
ビジネスクラスの国際線特典航空券の必要マイル数に全く届かない場合、エコノミークラスを格安サイトで購入し、購入後にアップグレード特典を利用し、エコノミークラスをビジネスクラスにアップグレードすることがおすすめです。東アジアの香港ぐらいまでの距離であれば(片道)12,000マイルからビジネスクラスを体験することができますよ!
バニラエア国内線・国際線特典航空券
ハイシーズンでも一定のマイル数でマイルを航空券に交換できる!
ANAの傘下であるLCCエアラインのバニラエアの特典航空券はANAマイルで交換可能です。LCCエアラインということもあり、例えば、東京(成田)⇄香港間の往復特典航空券がバニラエアであれば17,000マイル、ANAであればハイシーズンだと23,000マイルなのでバニラエアを利用した方が必要マイル数が少なくすみます。航空券はマイルで発券、浮いたお金でワンランク上のホテルに宿泊したり、免税店でブランド品のお買い物をしたりできますよ!

 

ANAマイルで日常をちょっとリッチにしょう!

 

今回はANAマイレージプログラムでマイルを交換できるサービスを様々ご紹介してきました。長期休暇は毎回旅行に行きたいという陸マイラーの方は航空券との交換がおすすめです。一方で、旅行に行ったり、飛行機に乗る機会はほとんどないという方は高級ホテルのランチ・ディナー引き換え券やANAセレクション特典がおすすめです。

どのサービスも魅力あるものばかりなので、色々なサービスを実際に体験してみてくださいね!

 

 

 

 

おすすめの記事