今回はエアプサンの受託手荷物と機内持ち込みのルールについて徹底解説していきます!

この記事を読むことで、搭乗日に空港チェックインカウンターでドタバタすることを防ぎ、スムーズにチェックインを済ませ飛行機に搭乗することができます。

荷物をパッキングする前にぜひ一通り読み進めてみてくださいね。

*こちらの記事は日本⇄プサン線を中心に作成しています。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

受託手荷物を飛行機の中に詰め込んでいる様子

まずは受託手荷物のルールについて確認していきましょう。受託手荷物として預けることのできるサイズは三辺の合計が最大203cm以内のもので、重量や個数に関しては予約した種類によって異なります。

各予約の種類によって預けられる手荷物の重量は以下の通りです。

<国内線の場合>

予約の種類最大重量最大個数
スーパーSMARTスペシャル/
キャンペーン航空券
なしなし
SMARTスペシャル/
SMART レギュラー
15kgまでなし

国内線の場合、最大個数の制限が無いので15kgを超えなければ複数個の手荷物を預けることが可能ということです。

<国際線の場合>

予約の種類最大重量最大個数
スーパーSMARTスペシャル/
キャンペーン航空券
なしなし
SMARTスペシャル/
SMART レギュラー
(グアム路線以外)
15kgまで1個まで
SMARTスペシャル/
SMART レギュラー
(グアム路線)
23kgまで1個まで

 

また、「預ける手荷物の個数が増えてしまった」という場合や「手荷物は1個に収まったけど15kgをオーバーしそう」といった場合は超過料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。

例えば、日本⇄韓国(プサン)路線の場合、手荷物を追加で預ける場合は1個15kgまで、片道40,000ウォン(日本円で約4,000円)

重さが超過してしまう場合は16kg~23kgまで、片道30,000ウォン(日本円で約3,000円)、24kg~32kgまでは片道40,000ウォンとなっています。

スポンサーリンク

受託手荷物と機内持ち込みができない品目

航空法やエアプサンの規定により、受託手荷物と機内持ち込みができない品目は存在します。荷物をパッキングする前、飛行機に搭乗する前に持ち込んでいないか確認しましょう。

 

簡単に破損されたり、腐敗の可能性のある品物、貨幣、電子機器、有価証券、宝石類、骨董品、美術品、サンプル類、 印紙類、書類、原稿、CD、その他の高価品および貴重品など(破損、紛失時には賠償が制限されますので、必ず携帯してください)
機内および旅行先で服用しなければならない医薬品
機器から分離されているリチウムイオン・バッテリー(携帯バッテリー、補助バッテリーなど)
電子タバコ(e-cigarettes)、ライター
リチウムバッテリーが付いた電動ホイール類(ホバーボード、電動バイクなど/
電力量に関係なく機内搬入/委託両方運送不可

出典:エアプサン公式サイト

 

機内持ち込みのルール

夕焼けに映る飛行機

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。機内持ち込みできる手荷物のサイズは三辺の合計が115cm以内となっており、重量が10kg以下の手荷物を1個まで持ち込むことが可能です。

三辺の合計が115cm以内ということは、標準的なSサイズのキャリーケースであれば機内に持ち込むことが可能ということです。

また、その他に身の回りの品(ハンドバッグ、小型カメラ、ノートPC等)なども1個まで持ち込むことが可能となっています。

液体類の持ち込みについて

液体類の持ち込みについても厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・透明の再封可能なビニール袋の4辺の周囲が80 cmを超えないようにする

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

 

エアプサンを利用して快適な空の旅を楽しもう!

プサンの夜景

今回はエアプサンの手荷物ルールについて徹底解説してきました。エアプサンはLCCということもあり細かく手荷物のルールが制限されていたかと思います。エアプサンの場合、手荷物の重量や個数が超過してしまった場合でも超過料金が良心的なので、現地でたくさんお買い物をしても大丈夫ですよ。

ぜひエアプサンを利用して快適な空の旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。預けられるかどうか不安な方は、事前にエアプサンのカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事