LCCの代表格であるエアアジア。大手航空会社とは異なり、手荷物の制限や条件が厳しいことで有名です。
あらかじめ受託手荷物や機内持ち込みのルールを頭に入れておかなければ、思いもしなかった追加料金や最悪の場合荷物を預けることができないなど、旅行前から残念な思いをしてしまうことも...

そこで今回は、エアアジアの受託手荷物と機内持ち込みのルールについてご紹介します。

この記事を読むことで、搭乗日にチェックインカウンターで手荷物に関するトラブルを防いだり、手荷物の超過料金を支払わずにスムーズにチェックインをすることができます。

エアアジアを利用される方は荷物をパッキングする前にぜひこの記事を読み進めてくださいね!

*なおこの記事は日本⇄クアラルンプール路線を中心に作成しています。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

空港標識

受託手荷物のルールですが、手荷物1個当たりの大きさが81cm ×119cm×119 cm、重さ32kg を超えないものとされています。具体的な大きさとしては、LLサイズのキャリケースのサイズでも預けることができます。

次に、ご自身の持っているチケットを見て受託手荷物ができるプランかどうか確認しましょう。通常運賃で予約されていると、手荷物は機内持ち込みしかできず、受託手荷物を受ける場合は追加料金を支払う必要があります。

以下の表はそれぞれのプランで受託手荷物を預けられる重さを表記しています。

通常運賃受託手荷物不可
バリューパック20kgまで受託手荷物可能
プレミアムフレックス20kgまで受託手荷物可能
プレミアムフラットベッド40kgまで受託手荷物可能

「〜まで」と表記されているので、トータル荷物の容量が上記以内であれば、何個でも預入することができます。

また、通常運賃で航空券を予約してしまったけどやっぱり荷物を預けたいという場合も予約時、予約の変更時、空港の空港カウンターで追加料金を支払うことで預入することが可能です。

ここで絶対に抑えておきたいポイントがあります。それは、「受託手荷物の価格設定は3段階に分かれている」ということです。予約時→予約の変更時→空港カウンターの順番で値段が高くなっていきます。

例えば、羽田⇄クアラルンプール路線で追加料金を支払い20kgの受託手荷物の預入を可能にする場合、航空券の予約時だと4,400円、予約後に追加する場合は5,200円、空港カウンターにて追加する場合は21,000円となっています。

国内線の場合も、航空券の予約時に1,400円、予約後に追加する場合は1,610円、空港カウンターにて追加する場合は9,900円となっています。

特に空港カウンターで受託手荷物を追加する場合は非常に高額となってしまうので事前に追加予約をすることをおすすめします。

追加料金

受託手荷物を預ける際、「キャリーケースが1kgオーバーしてしまった...」という経験は多いはずです。そのような場合は追加料金を支払うことによって預入することが可能です。

ここでも絶対に抑えて欲しいポイントがあります。それは、受託手荷物を事前に予約しているかしていないかで値段が異なるということです。

結論から言ってしまえば、受託手荷物を事前に予約していた方が追加料金は安く済みます。

例えば、羽田⇄クアラルンプール路線の場合、受託手荷物を事前に予約していれば、予約重量と実際重量の差1kgにつき2,200円の追加料金が発生し、予約していなければ、15kg,10,000円を購入し、15kg以上は超過重量1kgにつき2,200円を支払うシステムとなっています。

スポーツ用品

ゴルフクラブ、サーフボード、スキー等のスポーツ用品も受託手荷物として預入することが可能です。ただし、スポーツ用品はスポーツ用品の受託手荷物として予約することが必要となっています。

スポーツ用品も通常の受託手荷物同様に、超過重量が発生した場合、事前に受託手荷物の預入を予約していた場合はその差1kgにつき超過料金の発生。

購入していない場合は、15kgの受託手荷物を購入し、超過重量が発生する場合は1kgにつき超過料金が発生するという仕組みになっています。

スポンサーリンク

機内持ち込みのルール

キャリーケース

次に機内持ち込みのルールを確認していきましょう。エアアジアの機内持ち込み可能な手荷物は最大合計7kg、2つまで持ち込みをすることが可能です。

そして、機内持ち込みが可能な手荷物のサイズは大・小2種類に分かれています。

機内持ち込み大サイズの場合、ハンドル・キャスター・サイドポケット合わせて56cm×36cm×23cmを超えないものとされています。具体的に例えるならキャリーケースSサイズ(1泊2日)程度の大きさです。こちらのサイズの手荷物は座席上の収納棚に収納することができます。

また、機内持ち込み小サイズの場合、40cm×30cm×10cmを超えないトートバッグやハンドバッグ、バックパックなどを前の座席下に収納できるものが持ち込み可能とされています。

それ以上の手荷物を持ち込む場合は、追加料金を支払い受託手荷物として預ける必要があります。また、荷物をストラップで繋げてまとめたり、複数の手荷物を結ぶ場合、手荷物1個としてではなく複数個とカウントされてしまうので注意しましょう。

追加の注意点

機内持込みでうっかり忘れがちな注意点を確認しておきましょう。

それは、保安検査場通過後の免税店でのお買い物です。免税店でお買い物をして荷物が増えた場合も、機内持込みの範囲内で購入しなければなりません。

なので、事前に免税店で購入したい商品がある場合は荷物を少なめに所持して保安検査場を通過することをおすすめします。

 

液体の運搬について

国内線以上に国際線は液体の運搬の制限が非常に厳しいです。ここを理解していないと、せっかく機内に持ち運ぶ予定だった液体類をその場に捨てなければいけないといった状況になってしまうので登場前にチェックしていきましょう。

国際線の液体の運搬については以下のルールとなっています。

・飲料、クリーム、香水、化粧水、スプレー、歯磨き粉などのアイテムは最大容量100mlの容器に入れる必要がある。

・すべての容器は、透明な再密閉可能なバッグ(ジップロックなど)に適切に収める必要がある

・1リットルを超えない容量で、20cm×20cmよりも大きくない透明な再密閉可能なバッグ1つを持込み可能

医薬品やベビーフードについて

医薬品やベビーフードはフライトに適切な量であれば、手荷物を入れることが許可されています。

エアアジアの手荷物ルールを理解して快適な旅を楽しもう!

キャリーケースを持っている人

今回はエアアジアの受託手荷物と機内持ち込みの手荷物のルールを徹底解説してきました。エアアジアはフルキャリアの航空会社と異なり、機内持込みや受託手荷物のルールが細かく厳しいことで有名です。

今回、特に理解していただきたかったことは、

・受託手荷物は予約したチケットの種類によって制限が異なる

・機内持込みは大小合わせて2個までと決められているので免税店でお買い物されるは注意が必要

この2点を注意しながら旅行に向けてパッキングしていきましょう!

快適な旅を楽しんでくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事