【宿泊記】アロフト東京銀座|お部屋・朝食・バーの様子を徹底解説!

アロフトホテルはマリオット系列のホテルブランドで、世界25以上の国と地域に175軒以上を展開しています。アロフト東京銀座は日本初上陸のアロフトブランド。

アート×音楽×テクノロジーをコンセプトにしており、ホテル館内には様々なところに若手アーティストの美術作品が飾られており、アップテンポな音楽が流れています。

また定期的に「LIVE@Aloft」というもの定期的に実施しており、様々なアーティストが演奏を行うなどユニークな取り組みも行なっています。

今回はアロフト東京銀座の宿泊記をお届けしていきます。お部屋、朝食、バーまで徹底レビューします!

スポンサードリンク

レセプション

ホテル館内に入ると、ギラギラした空間が広がります。高級ホテルではないため、こじんまりとした空間ですが、活気のある東南アジアのホテルを訪れたかのようなワクワク感を与えてくれます。さすがマリオット系列のホテルです。

 

ロビー横には、「Re:Fuel」という無人の売店コーナーがあります。お部屋で楽しめるスナック菓子やアロフトのオフィシャルグッズなどが販売されています。

どの商品もホテルで販売されている商品にしては、良心的な価格設定。ですが、ホテルの隣にローソンがあるので、コンビニで必要な物は買い物した方がお得に済ませると思います。

 

スティック状のアイスからカップアイスまで幅広いラインナップが揃っています。

スポンサーリンク

アロフト東京銀座のお部屋の様子

今回はホテルで一番スタンダードなお部屋であるアロフトキング(23m2)を予約。こじんまりとした空間ですが、狭さを感じさせない機能的な空間となっています。

 

ベッドはクイーンサイズほどの大きさ。マットレスは硬すぎず柔らかすぎずとても寝心地が良かったです◎
こうしてベッドを見ると、宙に浮いてるように見えますね!ベッドサイドには読書灯やUSBポートなどが設置されています。

 

窓側にはソファがあり、ゆっくりとくつろげます。後ろにはコンセントの差し込み口もあるので、デスクワーク利用にも最適です◎

 

今回は12階のお部屋にアサインされましたが、眺望はいまいち。銀座のホテルはどこも眺望は期待できないですね。。笑
ACホテルに宿泊した際も、窓越しに見えるのはコートヤードマリオット銀座東武ホテルの壁ビューでした。

 

ミニバーにはミネラルウォーターやコーヒーなど最低限のものが置かれています。冷蔵庫は空なので、自分で購入した食べ物や飲み物を冷やせるので嬉しいです◎

ちなみに、ミネラルウォーターやコーヒー類はホテル1階のロビーに行けばストックが置かれており、宿泊客の方はお部屋に持ち帰ることが可能です。1泊でお水2本はさすがに足りないので無料でいただけるのはいいですね!!

テレビはPanasonic製55型のスマートテレビ。大画面でYouTubeやNetflixなどを楽しめます◎
お篭りステイに最適です!

またそのほかにも、海外のテレビ番組やCS放送なども見れます。

 

次に水回りをみていきましょう。シンクはコンパクトにまとめられています。椅子があるので、椅子に座りながらメイクなど朝の準備が出来ます。またコロナの感染防止対策として消毒シートが置かれていました。

 

アメニティは最低限のものが用意されています。基礎化粧品や洗顔のセットは有料です。ロビー階の売店で1セット300円で販売してます。

 

スリッパは意外としっかりした履き心地の良いもの!アロフト東京ぐらいの価格帯のホテルだと薄っぺらいスリッパが用意されるのでこの点はポイント高いです!!

 

アロフト東京はスイートルーム以外のお部屋には、バスタブの用意がなく、シャワールームのみです。シャワールームは思っていたより広々としており、ヘッドシャワーとレインシャワーの2種類がついていました。お風呂好きの私にとっては、ちょっと残念ポイントでした。日本人であれば、やはりお風呂に浸かりたいです。。泣

シャワーはレインシャワーとヘッドタイプの2種類。狭さは感じず、ゆっくりとシャワータイムを楽しめました。

 

アメニティは「ファーマコピア」。外資系のホテルなどでよく採用されているバスアメニティブランドです。ゼラニウムのような香り。匂いが若干強めですが、男女問わず利用できるバスアイテムになっています。シャンプーだけだと髪が若干きしむのでコンディショナーの使用は忘れずに。

 

ドライヤーはVS(ヴィダルサスーン)でした。ビジネスホテルに置かれているようなドライヤーとは異なり、短時間で髪を乾かすことが出来ましたよ◎

 

収納スポットはデザイン性があります。消臭スプレーやスチームアイロンなども用意されているので、ビジネスシーン利用でも重宝しそうですね。

 

アロフトでは部屋飲みプランというものを実施しており、お部屋で楽しめる料理を販売していました。

今回は宿泊プランに3000円のバウチャーが付いていたので、アロフトバーガーやクラブサンドイッチなど注文しました。ホテルのバウチャーを使う際も、もちろんマリオットボンヴォイ上級会員の割引は適用されます!

特にアロフトバーガーはバンズの中のお肉がとってもジューシーでなかなか美味しかったです!映画やドラマを楽しみながらお部屋でゆっくりと食事をいただく時間も悪くありませんね。

ROOF DOGS(ルーフトップバー)

 

屋上にはルーフトップバーが併設されています。

 

ルーフトップバーはこじんまりとした空間。

座席数が少ないので、夕方以降の時間になるとあっという間に席が埋まってしまいます。タイミングが良くないと、なかなか席に座ってお酒を楽しむことが出来ません。。泣

近年開業したばかりのホテルは、ルーフトップバーを併設していたり、テラスルームの客室があったりと、海外ホテルの良さをどんどん取り入れているような気がします。建築基準法などが問題でバンコクのような超高層階にド派手なルーフトップバーを作ることは難しいとは思いますが、国内のホテルにもルーフトップバーを併設させる流れは続けてほしいものです。

余談失礼しました。。汗

 

今回は注文しませんでしたが、ホテル名物の「ホットドッグ」も注文できます。小腹が空いたときに良さそうです。

 

ドリンクのメニューは、ビールが900円、サングリアが1,100円、ソフトドリンクが700円とホテル価格です。お隣のACホテルの場合、定期的にルーフトップバーを開いており、500円からお酒を楽しむことができます。ソファ席があったりとゆっくりくつろぐことも出来て、混雑しにくいので、ACホテルのルーフトップバーの方が個人的に好きです。

W XYZ Bar

ホテル1階には、“SPACE”をテーマとし、ライブスペースを兼ね備えたバー「W XYZ Bar」があります。

 

ルーフトップバーでお酒を楽しみたいところでしたが、混雑していたので、「W XYZ Bar」でスパークリングワインとモクテルをいただきました。

私が訪れた時間からちょうど、「LIVE@Aloft」が始まり、音楽を楽しみながらお酒を楽しむことができました!

 

バーの奥にはビリヤード台が用意されています。実際にビリヤードを楽しむことも可能です。

朝食

朝食は2階にある「ザ ウエアハウス (The WAREHOUSE) 」でいただきます。営業時間は7:00~10:00(10:30クローズ)です。9:30ごろに訪問した際は、人が多く混んでいまたが、スムーズに席に案内されました。

 

店内もアロフトらしく、アート作品が多数置かれており、アートを楽しみながら朝食をいただけます。

 

テーブル席のほか、ソファー席の用意もあり、隣の人を気にせずゆっくりと朝の時間を過ごせます。

 

朝食メニューは、セミビュッフェ形式になっており、卵料理、ベーグル、おにぎりの中から1つメニューを選び、残りの料理はビュッフェ台から取ります。

今回は卵料理の中のオムレツを選択しました。連れは、ベーグルを選択。

 

ビュッフェ台には色とりどりの野菜やフルーツがたくさん!感染防止のため、ビュッフェ台から料理をピックアップする際は、ビニール手袋を付ける必要があります。

 

少しですが、ハムやチーズなどの冷製オードブルのメニュー。

 

ビュッフェ台にはシリアルやドライフルーツなどが置かれています。

 

パン類は、クロワッサンやデニッシュ系のパンなど、一口サイズで食べやすい大きさになっていました。味はまぁまぁ。。笑

 

3種類のドーナツもあります。中にクリームやチョコレートが入っていて美味しかったです!ビュッフェ台に置かれている料理の中で一番美味しかったかな。

 

料理をピックアップし終えると、テーブルにオムレツが到着しました。オムレツの具材やサイドディッシュも自分で好きなものを選ぶことができ、オムレツの具材は全種、サイドディッシュはカリカリベーコンにポークウィンナーを選択しました。

オムレツの中は半熟になっており、具材たっぷりでとっても美味しかったです。ボリュームもなかなかあるので、食べ応え抜群です。

連れが注文したベーグルは、中にサーモン、ローズマリー、玉ねぎ、クリームチーズなどが入っていました。ボリューム満点です。ただ、サーモンの魚臭さが若干あり、私はちょっと苦手でした。

 

アロフト東京銀座の朝食は、ハーフビュッフェのため、品数は少ないものの、メイン料理をオーダー形式で選べて満足度高めの朝食でした!

スタッフの方も接客も丁寧で非常に好感を持つことが出来ました◎

また、アロフト東京銀座のお隣にあるACホテル銀座の朝食ビュッフェも満足度が高く、再訪したいと思える内容だったので、こちらの内容もぜひチェックしてみてください!

フィットネスルーム

今回は利用しませんでしたが、ホテル2階にはフィットネスルームも完備されており、宿泊客は24時間利用することができます。マシーンの数は少なめですが、有酸素運動をするには良さそうです◎

アロフト東京銀座へのアクセス

アロフト東京の最寄りは、東京メトロ日比谷線 東銀座駅です。東銀座駅のA2番出口を目指すと看板が見えるので、横の階段を上ると、徒歩3分ほどで到着します。

 

銀座駅から向かうと10分以上はかかるので、なるべく東銀座駅から徒歩で向かうことをおすすめします!

まとめ

今回はアロフト東京銀座の宿泊記をお届けしてきました。宿泊前はバスタブが付いていない、お部屋が意外と狭いといった観点で期待はしていませんでしたが、機能的な客室であったり、スタッフの方のホスピタリティの高さに再訪したいと思えるホテルの一つとなりました。

海外の雰囲気を味わいたい、今までとは少し違ったホテルステイを楽しみたいという方にはぴったりのホテルです。また、銀座という立地のため観光の拠点にすることも良さそうと思いました。

2021年6月には大阪に「アロフト大阪堂島」が国内アロフトブランド2軒目としてオープンするので、今後のシーンにも注目です!

東京ホテル選びの参考になれば幸いです。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事