1年に何度も海外旅行をする方におすすめのカードがアメックスカードです。

海外保険や、手荷物を空港まで無料で配送してくれるサービスなど手厚いサービスが付帯していますが、それ以上に魅力的な特典が、プライオリティパスが特典として付いている点です。

そこで今回は、アメックスカードを発行した際に特典として付いてくるプライオリティパスとは何なのか?同伴者も利用できるのか?具体的に使い方についてまで、みなさんが疑問に思っていることを一つ一つ分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

アメックスカードに付帯されるプライオリティパスとは?

プライオリティパスのロゴ

まず、プラオリティパスの簡単な知識を確認しておきましょう。

プライオリティパスとは、世界1,300箇所以上の空港にあるVIPラウンジを利用できるサービスのことです。

プライオリティパスを使って入室できるラウンジ内は、ゴールドカードを所有していると入室できるカードラウンジとは異なり、アルコールや軽食、シャワーなどの設備が整っており、飛行機の搭乗開始時刻までゆっくりとくつろぐことのできるラウンジとなっています。また、LCC路線を利用する場合でもプライオリティパスのラウンジに入室できるのは嬉しいところ!

アメックスカードには、特典としてプライオリティパスが付帯されているのですが、実はプライオリティパスには会員のランクによってラウンジの使い方が異なるので、アメックスカードを発行される方は事前に確認されることをおすすめします。

以下の表をご覧ください。こちらは、プライオリティパスの会員のランクごとのサービスの違いについてまとめています。

ランク年会費本会員の利用料金同伴者の利用料金
スタンダード99ドル
(約10,800円)
27ドル
(約3,000円)
27ドル
スタンダード
(アメックスゴールド限定)
99ドル
(約10,800円)
年間2回まで無料
それ以降は27ドル
27ドル
スタンダードプラス249ドル
(約27,000円)
年間10回まで無料
それ以降は27ドル
27ドル
プレステージ399ドル
(約43,000円)
年間何度利用しても無料27ドル

アメックスグリーンカードを所有していると、スタンダードカード会員に無料でなることができます。プライオリティパスの年会費99ドルは無料になりますが、ラウンジを利用するには、本会員、同伴者共に27ドルを支払わなくてはなりません。

一方で、アメックスゴールドカードを発行していると、グリーンカード同様に無料でスタンダード会員になることができ、さらに、年間2回まで無料でラウンジを利用することができます。同伴者の方は家族カードを発行していれば無料で利用することができます。(一部のラウンジでは同伴者も無料で入室できるラウンジもあります。)

アメックスゴールドの場合、1枚目の家族カードは無料になるので、本会員+同伴者は無料でプライオリティパスのラウンジを利用できるということになります。

そして、アメックスの最高峰のカードである、プラチナカード、センチュリオンカードを発行していると、プレステージ会員になることができ、年間無制限でラウンジに入室することができます。

スポンサーリンク

アメックスグリーンカード、ゴールドカードの特徴を詳しく!

 

アメックスグリーンカードの特徴を詳しく

 

アメックスグリーンカード

申し込み資格20才以上(学生を除く)の安定した収入のある方
年会費13,200円(税込)
旅行傷害補償最高5,000万円
特徴・貯まったポイントは世界中のエアラインのマイルと交換が可能
・プライオリティパスの付帯
・国内外の全29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能

アメックスゴールドカードの特徴を詳しく

アメックスゴールドカード
申し込み資格20才以上(学生を除く)の安定した収入のある方
年会費31,900円(税込)
旅行傷害補償最高5,000万円
特徴・貯まったポイントは世界中のエアラインのマイルと交換が可能
・プライオリティパスが年間2回まで無料
・国内外のレストランのコース料理を2名で注文すると1名様分が無料になる「ゴールドダイニング日和」

また、私自身がアメックスゴールドカードを1年間利用してみて感じたメリット、デメリットについて詳しくご紹介しています。気になる方は以下の記事を参考にされてみてください。

アメックスカードを発行しただけでは、プライオリティパスは使えない?

何かを考えている女性

実は、アメックスカードを発行しただけでは、プライオリティパスを使うことはできません。

プライオリティパスの利用を開始したい場合は、アメックスのカードデスクもしくは、アメックスのマイページよりプライオリティパスの発行を申請後、2週間~3週間後に自宅にカードが到着して、初めてカードを利用することができます。

もし、海外旅行でプライオリティパスを利用してみたいという方は、時間に余裕を持って発行申請の手続きを済ませましょう。また、海外旅行日まであまり時間の無い方は、カードデスクに直接問い合わせをし、急ぎの旨を伝えると、何か解決策を提案してもらえるかもしれません。

日本でプライオリティパスを利用できる空港はどこ?

様々なクレジットカード会社のブランド

プライオリティパスはもちろん日本の空港で利用することも可能です。

以下の表では、各主要空港の代表的なラウンジ・施設のみご紹介しています。その他のラウンジの有無について詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧ください。

空港名ラウンジ・施設名利用条件
成田国際空港KALビジネスラウンジカード保有者1名につき同伴者2名まで入室可能
関西国際空港KALビジネスラウンジカード保有者1名につき同伴者2名まで入室可能
関西国際空港ぼてじゅうカード保有者は、ご請求金額から3,400円の割引を受けることが可能
中部国際空港スターアライアンスラウンジ
福岡国際空港KALビジネスラウンジカード保有者1名につき同伴者2名まで入室可能

ここで、特筆すべき点は羽田国際空港で入室できるラウンジが無いという点です。

普段から羽田空港を利用されている方はガッカリされたかもしれません。プライオリティパスをどうしても利用したい!という方は成田空港発の便を予約するようにしましょう。

当サイトでは、羽田国際空港のラウンジを利用できるクレジットカードの情報もご紹介しているので気になる方はぜひ参考にされてみてください。

アメックスカードを発行したら、プライオリティパスの申請も忘れずに行おう!

アメックスゴールドカードで決済している様子
今回は、アメックスカードの特典として付帯されている、プライオリティパスについて詳しく解説してきました。

プライオリティパスには会員のランクに応じて利用条件が異なっていたかと思います。特にアメックスグリーンカードの付帯になっているスタンダード会員だと、プライオリティパスに入室するため、毎回27ドル支払う必要があるので少々ネックです。

もし、お金をかけてラウンジに入室したくない。という方は、アメックスゴールドもしくは、アメックスプラチナカードの発行をおすすめします。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事