【2020年版】アムナヤ リゾート クタ滞在記!お部屋も広くコスパ良しでおすすめ!

バリ島に初めて訪れる方やリピーターの方におすすめしたいホテルが「アムナヤリゾート クタ」です。バリ島最大の繁華街クタ地区にあり、観光やショッピングを楽しむ際に便利な場所に位置しています。

それだけでなく、ホテルの宿泊料金はリーズナブルながらも、アットホームなサービスでチェックアウトする頃には「また再訪したい!」と思わせてくれるホテルです。

そこで今回から2回に分けてアムナヤリゾートクタの魅力についてご紹介していきます。第一回に当たる今回は、ホテルのお部屋を中心にご紹介していきます!

スポンサードリンク

アムナヤリゾートクタ旅行記

今回から全2回に分けてアムナヤリゾートクタの魅力について徹底解説していきます!

→第一回 アムナヤリゾート クタ【お部屋編】

第二回 アムナヤリゾート クタ 【朝食編】

スポンサーリンク

アクセス方法

アムナヤリゾートクタは名前の通りクタ地区にあるホテルです。クタ地区はデンパサール国際空港からのアクセスも良く、ホテルまで渋滞がなければ15分程度で到着する距離に位置しています。

ホテル近くには徒歩圏内でバリ島屈指のサンセットを見ることのできる「クタビーチ」やバリ島で最も人気のあるショッピングモール「ビーチウォーク」があるなど観光やショッピングをする際にも便利な場所です。

クタ地区はバリ島屈指の繁華街ということもあり、静かに過ごしたい人にとっては不向きな地区ではないのか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、アムナヤリゾートクタは小さい路地裏にある隠れ家的ホテルなので、騒音などの心配も無く安心してホテルステイを楽しむことができます。

アムナヤリゾートクタにチェックイン

ウェルカムドリンク

デンパサール国際空港に到着後、Grabを利用してホテルまで向かうことにしました。

到着後、早速チェックインをしていきます。アムナヤリゾートクタの場合、椅子に座りながらチェックインの手続きを行うことができるので移動で疲れていてもリラックスしてチェックインを済ませることができました。

チェックインに必要な書類を記入していると、冷たいおしぼりとウェルカムドリンクをいただきました。ドリンクはザクロ系の甘酸っぱいジュースで美味しかったです!4つ星ホテルでもこのようなサービスがあるのは驚きでした。

また、お部屋に入る前から「このホテルは間違いない」と思った点として「スタッフの対応」が非常に親切だったということです。私の質問に対して、笑顔で丁寧に対応していただきました。

4つ星ホテルながらも、ホスピタリティは5つ星ホテル以上のものを感じました。

アムナヤリゾート クタのお部屋をご紹介

お部屋番号

それではいよいよお部屋をご紹介していきます。スタッフの方がキャリーケースをお部屋まで運んでいただき、お部屋の簡単な説明をしていただきました。こういった細かい接客をしていただけるのも嬉しいですね。

スタンダードルーム

今回はアムナヤリゾートクタの一番スタンダードなお部屋を予約しました。スタンダードルームでもお部屋の広さが45㎡あるので広めの作りになっています。お部屋に入ると大きなキングサイズのベッドがあります。ベッドの硬さは程よく、しっかり熟睡することができました。

浴衣

ベッド上にはナイトウェア(はかま)とバリの伝統舞踊で利用する扇子がホテルからのプレゼントとして置かれていました。

バリの扇子

日本の扇子に似ていますね。

ウェルカムフルーツ

ピンボケしてますが、ウェルカムフルーツも置いてありました。フルーツに関しては食べた分だけ毎日補充されていましたよ。私は面倒くさがりなので、簡単に食べれるバナナしか手を付けませんでした。

サムスン製のテレビ

テレビはサムスン製のものです。インドネシアは電波が悪いのか画質がそこまでよくありません。

コーヒーとティーバッグ

コーヒーマシーン等はなく、粉末状のネスレのコーヒーとティーバッグが置かれていました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、冷蔵庫もしっかり備えつけられており、冷蔵庫の中にはソフトドリンクやビンタンビールが入っています。値段も東京のミニバー価格と比べるとリーズナブルだったので、買い物がめんどくさい!といった場合はミニバーを利用してもよいかもしれません。

ミネラルウォーターはターンダウン時まで含めると6本補充されました。

アメニティ類

歯ブラシ、コーム、シャワーキャップといったアメニティ類もおしゃれな木箱の中に丁寧に並べてあります。マウスウォッシュがある点も嬉しかったです。ちなみにシンクは一つとなっています。

バスアメニティ

バスルームのアメニティはポンプ式のものとなっています。柑橘系の南国感を感じる匂いでした。また、スタンダードルームのお部屋だとバスタブは付いていません。お部屋のカテゴリーを一つ上げればバスタブ付きのお部屋もあります。

シャワールームの写真も撮り忘れてしまいましたが、ヘッド式のものではなくレインシャワーが天井に付いていただけでした。水圧は弱めでちょっとガッカリ。。。

その上、滞在期間中ずっと謎だったのが水がしょっぱいんです。海から近いという理由で水がしょっぱいのか真相は定かではありませんが、ホテル滞在で初めての経験だったので驚きました。

塩分が含まれている水が苦手な方は、うがいや歯磨きをする際にお部屋に置いてあるミネラルウォーターを利用するといいと思います。

蚊取り器

シンク付近には蚊取り器もありました。

ここ近年、デング熱が東南アジアやアフリカを中心に流行っているので感染しないように、蚊を撃退するスプレーを持参されることをおすすめします。私は「おすだけベープ」という液体スプレーを日本から持参して利用したところ、滞在期間中一度も蚊に刺されることはありませんでした。

日本のプラグ対応のコンセント

一部のコンセントには日本のプラグに対応しているので、面倒であれば日本から変圧器を持参しなくても良いと思います。また、お部屋内はフリーWiFiも利用することができますが、速度は遅めでした。ここはちょっと残念なポイント。

バルコニー

アムナヤリゾートクタはスタンダードなお部屋でも、全室バルコニー付きです。バルコニーにはおしゃれな椅子と机があったり、

デイベッド

デイベッドなんかもあります。デイベッドは衛生的に不安だったので利用しませんでした。

バルコニーからの風景

バルコニーからは東南アジア感のある風景を眺めることができます。

クタ地区でホテルを探している方はアムナヤリゾートが断然おすすめ!

クタビーチ

今回はアムナヤリゾートクタのお部屋をご紹介してきました。アムナヤリゾートクタは1泊1万円前後で泊まれるホテルの中ではお部屋も広く、ホスピタリティもあり、大満足のホテルでした。

次回は、お部屋よりも大満足だった朝食についてご紹介していきます。ぜひ読んでみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ

【最後に】旅行費用を極限まで下げられるおすすめサービスのご紹介

最後に、私が旅行計画を立てる際に利用しているサービスをまとめてご紹介していきます。

旅行予約は旅行代理店に任せっきり、格安で旅行をしたいけど、どのサイトを使えば分からない!というあなたにぴったりのサイトを厳選してご紹介していきます。

【航空券手配】Skyscanner(スカイスキャナー)



スカイスキャナーバナー広告航空券手配はスカイスキャナーを利用しましょう。

スカイスキャナーは、国内・海外の世界1,200もの航空会社や代理店からリアルタイムの価格を一括比較して、最安値を表示してくれる便利なサイトです。比較するサイト量が業界1位だからこそ、他の比較サイトでは出現しない激安航空券を見つけることが可能に!

そして、日別ごとに最安値の価格が表示されるので、ピンポイントで最安値価格を検索できる機能も便利でおすすめ。

【宿泊予約】Agoda(アゴダ)

アムナヤ クタ リゾートの場合、Agodaの予約が最も安く予約できる場合が多いので、ぜひAgodaでの予約をおすすめします。

東アジア、東南アジアの宿泊予約に強いAgoda。ホテルの豊富な写真や、宿泊者の口コミが表示されるので、ホテル選びで失敗するリスクを下げたい人におすすめ。

また、ベストプライス保証を実施しており、他のサイトの方が宿泊料金が安ければ、申請をすることで値引きが可能に。

一方で、欧米や欧州の宿泊予約に弱いという弱点も持っている。

【宿泊予約】Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.comはキャンセル無料のプランが多く、柔軟にホテル選びをしたい方にぴったりのホテル予約サイト。

Agoda同様に、ホテルの豊富な写真や口コミが表示されるので、ホテル選びで失敗してしまった!というリスクを最小限に抑えてくれます。また、Booking.comで宿泊予約を一定行うと、ジーニアス会員という会員になることができ、ホテルの宿泊料金が10%OFFになったり、朝食が無料になるなどユニークな制度があります。

ブッキングドットコムの評判や口コミについては以下の記事で詳しくまとめています。

【クレジットカード】ブッキングドットコムカード


ブッキングドットコムカードのバナー広告

年会費無料にも関わらず、海外保険が付帯されている優秀なクレジットカード。

ブッキングドットコムの宿泊料金をカード決済することで、還元率が脅威の6%まで上昇します。審査のスピードも早く、旅行直前にクレカを発行したいという方におすすめです!

ブッキングドットコムカードの詳しい情報については以下の記事で詳しくまとめています。

【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事