先日ANAのビジネスクラスを利用して香港まで行ってきました!

どうしてもB787-9に搭載されているフルフラットシートに搭乗したかったので2週間ほどANAマイレージクラブを毎日チェックしていたら希望通りの日程を組むことができたので即予約!

今回は、ANA B787-9の東京(羽田)⇆香港線のビジネスクラス搭乗記をご紹介したいと思います。

*今回は手ブレ写真が多数あります。ご了承ください。

スポンサードリンク

チェックイン

ビジネスクラス札

とりあえず今回も羽田空港から国際線を利用することができて本当によかったです。

成田空港となると空港に行くまでに2時間半もかかってしまうので自宅から1時間程度で行ける羽田空港は本当に便利です。

まずはいつも通りチェックインを済ませます。

ビジネスクラスチェックイン

今回は平日の午前中の便だったにも関わらずビジネスクラスのレーンも混んでいました。

5分ほど並んで無事にチェックインを済ませます。

ANAボーディングパス

そして、念願のCクラスのボーディングパスをゲットです!普段はエコノミークラスの搭乗ばかりですが、今回は自分のご褒美で毎月コツコツ貯めたマイルで予約しました!

たまにはこのような贅沢をしてもバチは当たらないハズ(笑)

ボーディングパスも受け取ったのでいよいよ保安検査場に向かいます。

成田空港の場合だと、スターアライアンスゴールドメンバーとビジネスクラス以上の搭乗者はゴールドトラックという優先レーンを使うことができます。

しかし、羽田空港の場合はスターアライアンスゴールド、ANAダイヤモンド、ファーストクラス搭乗者限定で優先レーンを利用できます。

成田空港ゴールドトラック

羽田もビジネスクラス搭乗者も優先レーン使わせてよ!!

そんなことを思いながら、いつも通り保安検査場を抜け、出国審査を済ませます。

スポンサーリンク

ANAラウンジへ

今回はビジネスクラスなのでANAラウンジを利用します。

ANAラウンジ

今回は飛行機に搭乗する時間までデスクワークに集中したのでラウンジの画像をあまり取ることができませんでした。

ANAラウンジ山菜うどん

簡単に朝食を済ませて搭乗時間ギリギリまで仕事をこなします。

ところで、ANAラウンジをレビューしているブロガーさんを見るとヌードルバーの注文がとんこつらーめん率高めなんですが、僕は断然うどん派です。

うどんの中でも圧倒的に山菜うどんが大好きです。山菜うどんが好きな人がいればメッセージください(笑)

絶対とんこつラーメンよりもおいしいですよ!!

ANAラウンジ風景

羽田のANAラウンジははいつも混んでいますよね。

先日、アシアナ航空のA380のビジネスクラスにどうしても搭乗したかったので成田空港から仁川国際空港まで行ってきました。

その際にANAラウンジを利用したのですが人がいなさすぎてびっくりしましたよ(笑)

羽田の1.5倍ぐらいの広さに5人ぐらいしか利用している人いませんでしたからね〜

アシアナ航空のビジネスクラスの搭乗記を見てみたい方はこちらの記事を読んでみてください!

いよいよビジネスクラスに搭乗

さてさて仕事も一通り片付いたので、そろそろ搭乗口に向かいます。

羽田空港国際線搭乗口

やはり香港路線はビジネスマンが多いですね。

いつも疑問に思うのですが、ビジネスクラスに搭乗すると優先搭乗ができるじゃないですか。

今から優先搭乗するのに長蛇の列を作って待っているのを見ると「優先搭乗の意味なくないか?」と思ってしまいます。

私はいつも搭乗口近くの売店で立ち読みして、列が解消されたらスムーズに搭乗するスタンスを取っています。その方がストレスを欠けずに済みますからね。

運命の分かれ道

さて、搭乗口を抜けていよいよ飛行機に乗ります。

国際線の飛行機に搭乗する際にいつも目にするのが俗に言う「運命の分かれ道」です。いつも右側を通って少し悔しい思いをするのですが、今回はドヤ顔で左側を通ります。

今回だけは傲慢になるのもご容赦ください。それぐらいフルフラットシートに搭乗するのが夢だったんです(笑)

 

ビジネスクラスフルフラットシート

いよいよフルフラットシートとのご対面です。写真が若干大きすぎて申し訳ないです...

率直な感想として、思っていたほどの感動はなく、「まぁこんなものか〜」という感想でした。

しかし、機内食を終えた後に仮眠したのですが、さすがはフルフラットシート!爆睡できました。

飛行機の中で横になるって本当に贅沢ですよね。この時だけ自分が貴族と勘違いしてしまったのはここだけの話です(笑)

フルフラットシートスクリーン画面

スクリーン画面が大きいのは嬉しいですよね。エコノミークラスに比べて、いつもより1.8倍ぐらい映画を楽しむことができました。

ビジネスクラススリッパ

短距離路線にも関わらずご丁寧にスリッパまで用意してくれてました。靴べらがあるのも日本のおもてなし文化あってものだと思います。他のエアラインではなかなか付属されていないので尊敬します(笑)

ビジネスクラス風景

そして、飛行機に搭乗する前に一人一人にCAの方がご挨拶に来ていただいて大変恐縮でした。あいさつと同時にアメニティの配布と機内食の洋食or和食のリクエストを尋ねれましたよ。

ビジネスクラスの機内食のクオリティに唖然...

そしていよいよ飛行機が離陸し、しばらくした後におやつタイムの開始です。

あられとジンジャーエール

CAの方がご丁寧に青いシートを敷いて、おつまみのあられを持ってきます。

ビジネスクラスに搭乗したことがある方なら分かるのですが、このあられめっちゃおいしいですよね!

手が止まらない止まらない。一つだけではなくもっと食べたかったのですが、ビジネスクラスに乗るジェントルマンとしてここはスマートに居ようと思いリクエストしませんでした(笑)

あ、ちなみに写真に写っているドリンクはシャンパンではなく、ジンジャーエールです。

正直水でよかったのですが、

インスタ映えジンジャーエール

インスタ映えを意識したかったので、見栄を張ってジンジャーエールです。決してシャンパンではありません(笑)

そして、しばらくすると機内食が配られました。短距離路線なのでコース形式ではなくワンプレート形式です。

ビジネスクラス機内食 洋食

今回は洋食を選択しました。理由はなんと言ってもフィレステーキを食べたかったから!

見るからにおいしそうです!

食べてみた感想を一言でまとめると、「肉が硬い...」です。

とにかく肉が硬い!フィレ肉なのに、ナイフで切れません。力強く肉を切っていたので、危うく隣の人にナイフが飛んで機内が大惨事になるところでした。

肉をやっとのことで切って口にしてもゴムのように噛み切れない,,,本当にビジネスクラスの機内食かと思うクォリティでした。

いきなりステーキのワイルドステーキの方が全然おいしいです。

ですが、肉以外はおいしかったです。特に冷菜のアピタイザーはクオリティ高めでしたね。

ホットコーヒー

最後にホットコーヒーをいただき映画を見ながら優雅な時間を過ごすことができました。

食後のデザートを期待していたのですがなぜか提供されませんでした...甘いもの食べたかったなぁ〜

そして今回は、香港から日本に帰国する際もビジネスクラスを利用し、今度こそおいしい肉を食べたい!と思い洋食を選択したのですが、あいにく和食しか残っていないということだったので和食をチョイスしました。

ビジネスクラス機内食 和食

メインディッシュは鱈の西京焼きです。結論としてはまぁまぁかなぁというクオリティでした。

往路のゴム肉より全然マシです。

ですが機内食を食べながら、「吉野家の牛丼で十分だわ...」と本音が出てしまいました。

ビジネスクラスだからといって必ずしも機内食のクオリティが高いとは限らないのですね。

ホットコーヒーとハーゲンダッツ

食後にはいつも通りホットコーヒーが提供されました。しかし今回はいつもと違います。そう、ハーゲンダッツがあるのです。

機内食で一番おいしかったのはハーゲンダッツで間違いありません。事実です。

最後の最後で幸せな気分になり、羽田空港に無事帰り着くことができました!

まとめ

香港国際空港のB789

今回はANAビジネスクラス東京(羽田)⇆香港線の搭乗記をご紹介してきました。搭乗してみて実感したことはサービスは本当に一流だが、機内食はファミレスレベルということです。

日系の航空会社ということもあり、言語の壁を全く感じることがなかったので快適なフライトを楽しめました。フルフラットで仮眠できたことも良い思い出です。

ただ、機内食はもっと頑張った方がいいと思います。いつもスーパーで安い肉ばっかり食べてますが、ゴム肉に出会うのは今回が初めてでした。

次にANAのビジネスクラスに搭乗する際はもっとクオリティの高い機内食が食べられたいいなぁと思いました。

おしまい。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事