ANA短距離線ビジネスクラスB787-9搭乗記|羽田→香港線

ANAのビジネスクラスを利用して香港まで行ってきました。

どうしてもB787-9に搭載されているフルフラットシートに搭乗したかったので2週間ほどANAマイレージクラブを毎日チェックしていると、希望通りの日程を組めたので即予約!

今回は、ANA B787-9の東京(羽田)⇆香港線のビジネスクラス搭乗記をご紹介します。

この記事を書いた人

Yusuke

  • ブログ歴4年
  • 年間10回以上、マイルやポイントだけでラグジュアリーな旅を楽しむ
  • 国内シェアNo1のレンタルサーバー会社「Xserver社」より当ブログご紹介
  • Twitterでホテルや旅のお得情報を日々発信中!ぜひフォローお願いします!
  • プロフィール詳細

チェックイン

ビジネスクラスのチェックインカウンター入り口

羽田空港に到着後早速チェックインを済ませます。

ビジネスクラスチェックイン

今回の搭乗は、平日の午前中の便だったにもかかわらず、ビジネスクラスのレーンも混んでいました。

5分ほど並んで無事にチェックインを済ませます。

普段はエコノミークラスの搭乗ばかりですが、今回は自分のご褒美で毎月コツコツ貯めたマイルで予約しました!

ボーディングパスも受け取ったので、保安検査場に向かいます。

成田空港の場合、スターアライアンスゴールドメンバーとビジネスクラス以上の搭乗者はゴールドトラックという優先レーンを使えます。

しかし、羽田空港の場合はスターアライアンスゴールド、ANAダイヤモンド、ファーストクラス搭乗者限定で優先レーンを利用できます。ビジネスクラスに搭乗したとしても、優先レーンは利用できないんですよね....

※こちらの記事は2018年のレビュー記事です。2021年現在は、ANAビジネスクラス以上に搭乗される方も優先レーンを利用できる仕様に変更されています。

スポンサーリンク

ANAラウンジ

ANAラウンジ

出国手続きを終え、ANAラウンジへ向かいます。

ANAラウンジ風景

羽田空港のANAラウンジは激混み。シャワーの待ち時間も100分オーバーがほとんど。

成田空港のANAラウンジの方が、ラウンジが広いため好きです。しかも、ANAのビジネスクラスに搭乗すると、ユナイテッドクラブの利用もできるのでラウンジのはしごができるのでお得感があります。

成田空港のANAラウンジ訪問記はこちら

ANAラウンジ山菜うどん

ヌードルバーで山菜うどん、ビュッフェ台からサラダやサンドイッチを取りました。

大混雑のラウンジの中、食べ物を取るのも一苦労です。ラウンジが大混雑の時間帯は、ANAラウンジを避けてTIATラウンジの利用がおすすめです。

年会費たったの5,500円で発行できるエムアイカードゴールドを所有していると、年間何度でもTIATラウンジを利用することができます。

TIATラウンジは一部航空会社の上級会員、ビジネスクラス搭乗者に設けられているラウンジなので、食事やアルコール、シャワールームなどの設備もあります。比較的利用者も少なく、上質な時間を過ごすことができるので、断然おすすめ!

TIATラウンジに関して、気になる方は以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ANAビジネスクラスに搭乗

羽田空港国際線搭乗口

優先搭乗の開始時刻となったので、飛行機に乗り込みます。やはり香港線はビジネスマンが多いですね。

運命の分かれ道

さて、搭乗口を抜けていよいよ飛行機に乗ります。

ビジネスクラスフルフラットシート

いよいよフルフラットシートとのご対面。

率直な感想として、思っていたほどの感動はなく、「まぁこんなものか〜」という印象でした。しかし、機内食を終えた後に仮眠したのですが、さすがはフルフラットシート!爆睡できました。

飛行機の中で横になるって本当に贅沢です。

フルフラットシートスクリーン画面

スクリーン画面が大きいのは嬉しいですよね。エコノミークラスに比べて、いつもより1.8倍ぐらい映画を楽しめました。タッチスクリーンになっているのでサクサク操作ができます。

ビジネスクラススリッパ

短距離路線にも関わらずスリッパまで用意されていました。

ビジネスクラス風景

出発前に、CAの方がご挨拶に来ていただきました。あいさつと同時にアメニティの配布と機内食の洋食or和食のリクエストを尋ねられました。

ANAビジネスクラスの機内食

あられとジンジャーエール

飛行機の離陸後、ドリンクとおつまみのあられを持ってきます。

インスタ映えジンジャーエール

ジンジャーエールです。到着後、予定があったため飲酒は控えました。

ビジネスクラス機内食 洋食

しばらくすると機内食がスタートします。短距離路線なのでコース形式ではなくワンプレート形式です。今回は洋食を選択しました。理由はなんと言ってもフィレステーキを食べたかったから!

見るからにおいしそうです!
ですが、食べてみると肉が尋常じゃないくらい硬かったです。

とにかく硬い!フィレ肉なのに、ナイフで切れません。

肉をやっとのことで切って口にしても噛み切れない。

本当にビジネスクラスの機内食かと思うクオリティでした。

ですが、肉以外はおいしかったですよ。特に冷菜のアピタイザーはクオリティ高めでしたね。今回は飲みませんでしたが、ワインやシャンパンと相性抜群だと思います。

ホットコーヒー

食後にコーヒーをいただき、機内食は終了。

食後のデザートを期待していたのですが提供されませんでした...

香港から日本に帰国する際もビジネスクラスを利用。今度こそおいしい肉を食べたい!と思い洋食を選択したのですが、あいにく和食しか残っていないということだったので和食を選択。

ビジネスクラス機内食 和食

メインは鱈の西京焼きです。結論としてはまぁまぁかなぁというクオリティでした。もう少し量が欲しいところ。

ホットコーヒーとハーゲンダッツ

食後にはいつも通りホットコーヒーが提供されました。しかし今回はいつもと違います。そう、ハーゲンダッツがあるのです。

機内食で一番おいしかったのはハーゲンダッツでした!!

憧れのビジネスクラスに片道1万円程度で乗れる方法とは!?

ビジネスクラスは、近距離路線で片道10万円程度、ロンドンやニューヨークといった長距離路線にもなると、100万円以上の費用が発生します。

ですが、航空会社が提供している「マイル」を活用すれば、憧れのビジネスクラスもお得に発券できるのは多くの方がご存知のはず。ただ、飛行機に定期的に乗るだけでは、なかなかマイルは貯まりません。

では、どのようにマイルを貯めれば良いのか?

私がおすすめするマイルの貯め方は、「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」を発行することです!

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、100円の決済につき3ポイント加算されます。

貯まったマリオットポイントは、世界30以上のエアラインのマイルへ交換可能。

交換比率は基本的にマリオットポイント3ポイントに対して航空会社マイレージが1マイル。
100円の決済につき1マイル貯まる計算です。

マリオットポイントとマイレージの交換比率

マリオットポイント交換後マイレージ
ANAマイレージクラブ31
日本航空 (JAL) マイレージバンク31
ユナイテッド航空マイレージプラス31.1
アラスカ航空マイレージプログラム31

プレミアムカードからマイルを移行する際のイラスト表

また、マリオットボンヴォイアメックスカードを保有していれば、60,000ポイントを一度にマイルへ移行することで、ボーナスマイルとして、追加で5,000マイル付与され、合計25,000マイル獲得できます。

Yusuke

60,000ポイントごとにマイルを交換すれば、100円の決済につき1.25マイル貯まる計算になります♪

マイル還元率は1%以下に設定されているクレジットカードがほとんどの中、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムがいかに高還元率であるか分かります。

では、貯まったマリオットポイントはどこのエアラインへ移行すれば良いのか?

おすすめは、「アラスカ航空のマイル」です。

あまり聞き馴染みのない航空会社かと思いますが、アラスカ航空はアメリカ・シアトルを拠点とする航空会社で、北米やメキシコを中心に就航しています。

それではなぜ、日本人に馴染みの薄い航空会社のマイルをおすすめするのかというと、他の航空会社のマイレージプログラムに比べて、圧倒的に少ないマイル数で、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を発券できるから。

とくに日本→東南アジア(シンガポール、バンコク、インドネシア)路線はかなりお得です。

以下の表をご覧ください。

日本→東南アジア航空会社必要マイル数(片道)
キャセイパシフィック航空(東京便のみ)エコノミー:12,500マイル
ビジネス:22,500マイル
JALエコノミー:15,000マイル
ビジネス:25,000マイル

日本から東南アジアへ行く際は、エコノミークラスは片道12,500マイル、ビジネスクラスは片道22,500マイルで発券できます。

キャセイパシフィック航空を利用する場合、香港で乗り継ぎの必要があります。

Yusuke

キャセイラウンジは羽田空港国際線ターミナル内にあるラウンジの中で最も居心地の良いラウンジだと評判です◎

JALの場合、エコノミークラスが15,000マイル、ビジネスクラスは25,000マイルに+手数料が34ドル(4800円程度)で発券できます。

一方で、本家JALマイルで発券する場合の必要マイル数を調べてみると、なんと14万マイル+空港手数料・燃油サーチャージ代で+34,000円も発生します。

Yusuke

アラスカ航空のマイルを効率よく日頃から貯められるカードはマリオットボンヴォイアメックスのみです♪

そんなアラスカマイルへポイントを移行できるマリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、2023年2月現在、新規入会キャンペーンを実施中!

キャンペーン中にマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに新規入会すると39,000pt獲得できます。

獲得ポイント数の内訳は以下の通りです。

公式サイト経由でお申し込みした場合

・3ヶ月以内に30万円利用で30,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000Pポイント
合計:36,000ポイント

一方でアメックスの公式サイト経由ではなく、マリオットボンヴォイアメックス既存会員からの紹介制度を活用してお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。

内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000ポイント
合計:45,000ポイント

つまり、公式サイト経由のお申し込みよりも6,000pt多くもらえる計算に!!

Yusuke

新規入会キャンペーンの45,000ptに15,000pt追加し、アラスカ航空のマイルに交換すれば、JALやキャセイパシフィック航空のビジネスクラスを予約できますよ♪

さらにマリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。

・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。

・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。

・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。

・最高1億円の国内外旅行保険。

どれも魅力的な特典ばかりですよね!
ただ、デメリットとしては年会費が49,500円とやや高めの価格設定であるところ。

ですが、上記の特典をフル活用すれば年会費は間違いなく回収できます!

期間限定の新規入会キャンペーンを上手く活用して、憧れのビジネスクラスへの搭乗を目指しましょう!

    フルフラットシートには大満足!機内食は改善の余地あり

    香港国際空港のB789

    今回はANAビジネスクラス東京(羽田)⇆香港線の搭乗記をご紹介しました。搭乗してみて、サービスは一流だが、機内食は改善が必要と感じました。

    日系の航空会社ということもあり、言語の壁を全く感じることがなかったので快適なフライトを楽しめました。フルフラットで仮眠できたことも本当によかった。

    ただ、機内食は改善の余地ありです。

    次にANAのビジネスクラスに搭乗する際はもっとクオリティの高い機内食が食べられたいいなぁと思いました。

    スポンサーリンク