【ANAライフタイムマイルとは?】効率的な貯め方から特典内容まで徹底解説!

ANAのマイルには2種類あります。一つはみなさんご存知の特典航空券を交換するためのANAマイル、もう一つは飛行機に搭乗したときにのみ積算されるライフタイムマイル(LTマイル)です。

通常のマイルについてはある程度知っているけど、ライフタイムマイルって何ぞや?と思った方は今回の記事を読むことによって全ての謎が解決します。

今回は、ライフタイムマイルの概要とLTマイルを貯める際に重要になってくる「ミリオンマイラープログラム」について詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ANAライフタイムマイルとは?

考える男性

ANAライフタイムマイルとはマイレージクラブ入会から現在までの「総飛行距離」のことを指し、別名LTマイルとも呼ばれています。

ANAグループ便(ANA・ANAウィングス等)便に搭乗した場合は、「ANAライフタイムマイル」として、また提携会社運行便(スターアライアンスメンバー等)の場合は、「ライフタイムマイル」として加算される仕組みとなっています。

ライフタイムマイルは、搭乗分の区間基本マイレージ(100%)の数値が積算されます。例えば、東京→ニューヨーク路線を片道搭乗した場合、区間基本マイレージが6,723マイルとなっているので、6,723LTマイル積算されるという仕組みです。

ANAマイルを貯める場合、ポイントサイトやクレジットカードのポイントなどを利用してマイルを貯めることができますが、ライフタイムマイルの場合、飛行機に搭乗した場合のみLTマイルを貯めることができます。

また、飛行距離に応じてLTマイルは積算されるので、ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラス、予約クラス関係なく、飛んだ飛行距離分のLTマイルが積算されます。

そして注目のポイントは、ANA便の特典航空券を利用した場合も積算対象になるということです。特典航空券で予約した場合、通常のANAマイルは積算されませんが、LTマイルは積算されます。

すると、このようにマイル口座残高とライフタイムマイル(LTマイル)の残高が表示されるようになります。

スポンサーリンク

ミリオンマイラープログラムとは?

喜んでいる女性

ミリオンマイラープログラムとは、ライフタイムマイルの獲得実績によって特典を享受できるサービスです。50万、100万~400万LTマイル達成ごとに様々な特典を獲得することができます。

以下の表はLTマイル数に応じた獲得できる特典をまとめています。

LTマイル数獲得できる特典
50万マイルネームタグ
100万マイル(ANA+提携航空会社)ネームタグ
100万マイルネームタグ
マイルの有効期限が生涯無期限
200万マイルネームタグ
マイルの有効期限が生涯無期限
ANA SUIT LOUNGEの利用が生涯無料
300万マイルネームタグ
マイルの有効期限が生涯無期限
ANA SUIT LOUNGEの利用が生涯無料
400万マイルネームタグ
マイルの有効期限が生涯無期限
ANA SUIT LOUNGEの利用が生涯無料

50万マイル、100万マイル(ANA+提携航空会社)の場合はネームタグのみの付与となりますが、LTマイルを100万マイル以上超えると、3年間のANAマイルの有効期限が生涯無期限なります。

200万マイル以上取得するとさらにANAファーストクラス、ダイヤモンドメンバーのみ入ることの許されている「ANA SUIT LOUNGE」に生涯無料で入ることが可能になります。ただし、国内線、国際線を運行するANA便に搭乗する場合にのみ利用でき、スターアライアンスメンバー加盟航空会社の運行便には利用することができません。

どれも魅力的な特典ですが、達成するには相当な年月を費やす覚悟が必要でしょう。

ミリオンマイラーを達成するための具体的なフライト数

パスポートを持つ男性

ここでは具体的にミリオンマイラーを達成するために必要な区間マイル数の具体例を数点ご紹介したいと思います。

例えば、東京⇆ニューヨーク路線は片道当たり区間マイレージ100%で6,723マイル獲得することが可能です。往復で言えば13,446マイルです。

すなわち、東京⇆ニューヨーク路線を約77回程度往復すると、100万ミリオンマイラーに達成します。
ANA SUIT LOUNGEを生涯無料で利用できる200万マイル以上超える場合は,往復で150回以上ですね。恐ろしい数字です(笑)

また、出張族の利用者が最も多い路線である東京⇆大阪(伊丹)間で考えてみると、片道当たり区間マイレージ100%で280マイルです。

往復で560マイルなので、100万ミリオンマイラーに到達するためには、往復で1750回搭乗する必要があります。200万ミリオンマイラーの場合はその倍ですから、3500回乗らなければなりません。

1日1往復したとしても、200万LTマイル達成には約10年程度の時間がかかります(笑)

かなり笑っちゃう数字ですよね。やはりLTマイルを効率的に貯めて行くならANAの国際線を積極的に利用していくことをおすすめします。

ライフタイムマイルを効率良く貯める方法

ライフタイムマイルを効率良く貯める方法は以下の通りです。

ANA特典航空券を利用する

微笑む女性

LTマイルは特典航空券を利用して飛行機に搭乗した場合でも、区間マイレージ100%で積算されます。

積算方法は、飛行機に搭乗後6ヶ月以内に事後登録をすることによってマイルを積算することができます。
空港カウンターではLTマイルの加算手続きは行うことはできないので注意しましょう。

私自身、最近になって特典航空券でもLTマイルを貯めることができるという情報を入手したばかりなので、次回以降は忘れずLTマイルをこつこつ積算して行こうと思います(笑)

ライフタイムマイルの確認方法・事後登録方法は、ANAマイレージクラブにログイン後、

ANAマイレージクラブ

「マイル」を選択します。

マイル残高紹介画面

 

こちらのページより、特典航空券で予約した航空券のLTマイル事後登録を行うことが可能です。

LTマイルは失効期限が存在しないので長期的に貯める方針が良い

通常マイルは有効期限が3年間と決まっており、その期間内にマイルを利用しなければ失効してしまうのですが、LTマイルの場合、マイルの失効は生涯ありません。

生涯かけてゆっくりマイルを貯めることができます。ミリオンマイラープログラムの特典を獲得するために、100万マイル,200万マイルといった壁はかなり高いと思います。

しかし、20年,30年かけてANAを利用していれば知らないうちにミリオンマイラーに到達してた!

なんてことも十分ありえます。なので、長期的に焦らず着実にマイルを貯めていきましょう。

ミリオンマイラーになるためには時間とお金に余裕が無いと難しい

はしゃぐカップル

今回はANAのライフタイムマイルについて詳しくご紹介していきました。

今回特にLTマイルについて理解して頂きたかったことは以下の内容です。

・LTマイルはANAマイレージクラブを退会しない限り、生涯無期限に積算されていく。

・100万マイルを超え、ミリオンマイラーとなると、マイルの有効期限が無期限、ANA SUIT LOUNGEを無期限に利用することができる。

・マイルを利用した特典航空券であってもLTマイルは積算対象となる。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事