ANA10,000マイルを貯めるのは難しいと思っていませんか?貯め方によってはすぐに貯まることができるし、全然貯めることができず、10,000マイルを高い壁であると思ってる人が多いようです。

そこで今回は10,000マイルってどのくらいで貯めれるのか?10000マイルが貯まったら何に使えばよいのか厳選してご紹介していきます!

以外と10,000マイルならすぐに貯まる

僕自身ANA陸マイラーの駆け出しの頃は、10,000マイルを貯めることがすごく高い壁だと思っていました。ですが、10,000マイルと交換可能なポイントをポイントサイトで貯めることに成功すると、小さな自身が付き、

その勢いでたった1ヶ月で25,000マイルを貯めることに成功し、ビジネスクラスを利用しちょっとリッチな海外旅行を楽しむことに成功しました。

小さな自身を付けるには最初にたまるポイントが大きければ大きいほどマイルを貯めるモチベーションに繋がります。

そこで、10,000マイルを一発で貯めるのであれば、

クレジットカードなどを新規発行すれば、一瞬にして14,700円相当のポイントを貯めることができます。

また、企業の資料請求などを数件すれば一瞬にして25,000ANAマイル相当のポイントを獲得することができます。

こちらのクレジットカードの案件はげん玉というサイトを利用するとポイントを獲得することができます。げん玉というポイントサイトはポイントサイト界の3本指に入る高還元率のサイトなので、後日使い方などをまとめて、あなたにご紹介するので楽しみにしていてくださいね!

すみません!前置きが長くなってしまいました。それでは、25,000マイルを貯める前に10,000マイルだけを貯めるとしたらどんなサービスを受けることができるのかご紹介していきます!

 

ANA10,000マイルでできることおすすめ2選

ANAマイレージクラブ国内線特典航空券との交換

10,000マイルを貯めることができたら、ANAマイレージプログラムから国内線の特典航空券と交換することができます。

今後少しずつ説明していきますが、ANAのマイルを特典航空券と交換時期によって必要なマイル数が異なってきます。

およそ1月中旬~2月上旬、12月上旬~中旬までをL(ローシーズン)と言い、ゴールデンウィーク・お盆・クリスマス・お正月辺りのシーズンのことをH(ハイシーズン)、それ以外をR(レギュラーシーズン)と言います。

Lシーズンであれば東京(羽田)⇄大阪(伊丹)を片道で5,000マイル、往復10,000マイルで交換することができます。これって、新幹線で東京都内から大阪市内に行くよりもかなりお得ですよね!また、主要都市であれば、東京(羽田)⇄名古屋間の航空券を10,000マイルで交換できます!

 

2018年6月の場合だとシーズンはR(レギュラー)シーズンとなるので、往復で航空券を発券する場合には12,000マイル必要になります。

 

また、東京(羽田)⇄沖縄(那覇)間は片道をLシーズンで7000マイル Rシーズンで9000マイル Hシーズンで10500マイルと交換が可能です。片道分の航空券をマイルで支払うだけで、旅行の予算はかなり抑えることができると思います。

沖縄のハイシーズンをマイルで支払えば、オキナワ マリオット スパ&リゾートやリッツ・カールトン沖縄などの高級ホテルに宿泊することだって可能ですよ!

こちらは、お盆シーズンの東京(羽田)⇄沖縄( 那覇)間の片道料金です。片道33,690円の航空券を10,500マイルで交換することが可能です。この場合のマイルの価値は1マイル当たり約3.2円ぐらいの計算となります。

⬇️⬇️1マイルっていくらぐらいの価値になるの?⬇️⬇️

 

 

バニラエア国際線特典航空券との交換

バニラエアはANAグループのLCC航空会社の一つです。成田国際空港を拠点に国内5エリア海外4都市を結んでいます。バニラエアはANAグループなのでANAマイレージプログラムからマイルを特典航空券と引き換え可能なんです!

こちらの画像を見て分かるように成田-函館間であればわずか片道5,000マイルで特典航空券と交換ができちゃうんです!往復であればちょうど10,000マイルですよね!安すぎる...安すぎます!

また、ANA国際線を利用すれば片道平均4万円程度する成田-香港間を片道8500マイルで行くことができちゃうんです!

航空券を安く抑えて、滞在するホテルのグレードを上げたり、免税店で普段買うことのできないブランド品を購入したり、できますよ!

 

主なレートは以下の通りになっています。

出典:ANA公式サイトより

この表を見て分かるように成田-沖縄(片道)間もわずか6,000マイル程度で行けちゃうんですよね。

これってすごくお得じゃないでしょうか??僕なら成田-香港間の航空券を迷わずに交換しちゃいます(笑)

あと2000マイル頑張れば国際線アップグレード特典と交換可能

10000マイルを貯めて何に使おうか迷っているあなた!ちょっと待ってください!あと2000マイル頑張って貯めてみませんか?

12000マイルを貯めることができれば、

片道の航空券をエコノミークラス・プレミアムエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードすることができるんです!

例えば、12,000マイルでビジネスクラスに交換可能な東京(羽田)⇄韓国(ソウル)間の片道航空券の料金は、

 

ANAエコノミークラス午前の便で約46,000円

同じ午前の便でビジネスクラスの航空券購入しようと思うと

片道で約12万円もします。めちゃくちゃ高いので、僕なら絶対にお金でビジネスクラスの航空券を購入しようとは思いません。ですが、マイルであればたったの12,000マイルで交換することができます。

ビジネスクラスとエコノミークラスの差額は

120,844円ー46,385円なので差額は74,459円です。

74,459円の差額を12,000マイルで交換できます。すなわちanaマイルの1マイルは約6.2円ぐらいであるということが分かりました。

anaマイルに関する知識を何もしらない頃の僕は1マイル=1円だと思い込んでおり、よく、

このような10,000円分の金券と交換をしていました。今思えば、あの10,000マイルをもう少し我慢して12,000マイルを貯めることができれば、もっと早い段階で優雅でリッチな旅行を楽しめたのに...と後悔するばかりです(笑)

僕のようなマイルの非効率な使い方をあなたには絶対にして欲しくありません。

なので、1回でもいいからビジネスクラスに搭乗してみたいと思っているのであれば、あと2,000マイルぜひ頑張ってください!

 

anaマイルの貯め方には飛行機に搭乗するだけでなく、様々なサービスを利用することで貯めることができます。

その中でも特におすすめなサービスはポイントサイトでマイルを貯めるという方法です。

⬇️⬇️モッピー(moppy)で貯める方法⬇️⬇️

⬇️⬇️ちょびリッチで貯める方法⬇️⬇️

⬇️⬇️ハピタスで貯める方法⬇️⬇️

こちらの記事にてanaマイルをポイントサイト経由で圧倒的な速度で貯める方法をレクチャーしています。ご興味がある方、

いや、絶対に俺はビジネスクラスに乗るのだ!という強い意志をお持ちの方こそ見ていただき記事にしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ANA10,000マイルと交換できる個人的なオススメはこれ!

 

ANA10,000マイルを貯めれるようになると様々な特典と交換できるのですごく悩みますよね。

僕は貧乏性なので、いつも1マイルがだいたいいくらぐらいの価値になるのか計算して、もっともお得な特典と交換しています。その中で僕が特におすすめしたいのは国際線のアップグレード特典です。

先ほども説明したようにエコノミークラスとビジネスクラスを現金で支払う場合はかなり金額が違うのでビジネスクラスの航空券をお金で買う人は少ないと思います。

ですが、ANAのマイルを利用すればたった12,000マイルからビジネスクラスを体験することができるんです。ビジネスクラスには専用の優先レーンやラウンジの利用、ゆとりのある座席シート、高級店さながらの機内食などエコノミークラスでは決して体験できない内容ばかりです。

今回の記事を参考にしてあなたもぜひビジネスクラスの優雅な旅を楽しんでくださいね!

 

おすすめの記事