海外の航空会社のマイレージプログラムだとマイルの有効期限ってあまり存在しないのですが、ANAマイルには有効期限というものが存在します。

マイルを使って特典航空券を予約するために、毎月こつこつマイルを貯めていると知らない間にどっさりマイルが失効してしまうなんてこともあるんですよね~

ちなみに私はマイルに有効期限があることを知らず7000マイル程度知らない間に失効になってしまっていてショックを受けました....すごくショックでした....

そんな思いをしないためにも今回はANAマイルの有効期限はいつまでなのか?有効期限を延長させるための方法はあるのか?
などなど皆さんが疑問に思っていることを世界一わかりやすくご紹介していきます!

スポンサードリンク

ANAのマイルの有効期限はいつまでなの?

ANAマイルには冒頭でも説明した通り有効期限が存在しており、貯めたマイルを使った月から数えて3年間有効可能となっています。

すなわち、1マイルでも利用すれば、有効期限をさらに3年間延ばせるということになりますね。

画像:ANA公式サイトより

上の図を見て分かるように例えば、2010年の5月23日に貯まったマイルを特典航空券と引き換えた場合、余ったマイルは2013年の5月31日まで利用できるということになります。

ANAマイルの有効期限を無期限にすることは可能なの?

ANAマイルの有効期限を無期限にすることは可能です。ANAマイルの有効期限を無期限にする条件として、

ANAのダイヤモンドメンバーになると無期限になります。

ANAのミリオンマイラープログラムでANA100万LTマイル(ライフタイムマイル)を達成すると無期限になります。

現状でマイルの有効期限を無期限にする方法はこの2つのみです。

どちらもハードルが高すぎてよほどの人でない限り条件を達成するのは難しいんじゃないかなぁと思っています。

それよりも、自分の持っているANAマイルの有効期限を1日でも長く延ばす方法を知っていた方がコスパ良く、マイルの失効という恐怖から逃れられるんじゃないかなぁ〜と思います。

そこで、次の項目ではANAマイルの有効期限を1日でも長く延長させる空前絶後の解決策9選を紹介していきます!

ANAマイルの有効期限を1日でも長く延長させる空前絶後の解決策9選

 

解決策1:ANAショッピング A-styleを利用する

 

有効期限が間近に迫っているけど、特典航空券を予約して旅行に行く暇なんてない!どうしよう...と思っている方は迷わずANAショッピングA-styleを利用することをオススメします。

A-styleはANAオリジナルグッズから食品、アルコール類まで幅広いお取り扱いをしており、1マイル1円として利用することができます。

1マイル1円??めちゃくちゃ還元率が悪い!と思うかもしれませんが、数千、数万のマイルの失効を阻止するためにも今回だけは我慢してA-styleの中でマイルを使ってショッピングをしましょう。そうすれば再び有効期限が3年間延長になりますよ。

A-styleは基本高級商品・高級食材を紹介しているサイトなので高額商品ばかりですが、かなりお手頃の価格の商品が水です。

税込価格で2700円なので2700マイルを利用して手に入れることができます。水は必要ない!という方はいないと思うので、A-styleで欲しい商品が見つからないという方は迷わず水を選ぶことをオススメします!

 

解決策2: ANAマイルを提携ポイントへ交換する

ANAマイルを提携サイトのポイントとして交換するのもオススメです。交換可能なマイルは10000マイル~となっており、100000マイルを使って10000円分のスターバックスカードや楽天Edyと交換することが可能です。

ここでも1マイル=1円の還元率ですが、マイルを失効させるよりはよっぽどマシです。10000マイルを10000円分のスタバカードと交換すればドリップコーヒーのショートサイズを1ヶ月毎日飲むことができますよ!

また、ソラチカルートを使ってANAマイルを貯めている人なら誰でも知っている東京メトロポイントとも交換することが可能です。

ここで勘の良い人は気づいたかも知れませんが、

このようにソラチカルートを使えば、失効マイルが1000マイル程度で済むという方法もあります。

TomeCardのお客様サポートセンターに電話で問い合わせたところ、ANAマイルをメトロポイントに交換して再度メトロポイントをANAマイルに交換するということは可能だそうです。

ただし、マイルを元に戻すのに時間がかかる、ソラチカルートのマイル交換の1ヶ月の上限が18000マイルであるということを忘れないようにしてくださいね!

また、還元率が改悪するという恐れがあるということも念頭に入れておきましょう!

 

解決策3:ANAマイレージモールのクーポンと交換する

ANAマイレージモールのクーポンを1000マイルで1000円分の提携サイトで使えるEークーポンとして発券することが可能です。

ただし、クーポンを使うためには最低〇〇円以上のお支払いのみEクーポンのご利用が可能という条件付きのクーポンになっており、使い勝手が若干悪く、提携しているサイトも今イチなものが多いです。

 

その中でも、アイウェアのブランドで有名なZoffは最低購入金額が3000円(税抜き)と最低購入金額が低めに設定されているのでオススメです。メガネをそろそろ買い替えたいなぁと検討している方にオススメですよ!

 

解決策4:ANAマイルをスカイコインと交換する

ANAマイルをANAスカイコインと交換することもオススメです。

今までご紹介してきた解決方法はどれも1マイル1円という、あまり嬉しくない還元率だったのですが、ANAマイルをANAスカイコインに交換することによって1マイルの価値を上げることができるんです!

画像ANA公式サイトより

上の表を見て分かるように、ANAのマイルは最大1マイル当たり1.7円まで伸ばすことが可能です。

自分の持っているANAの会員の資格やクレジットカードの種類によって還元率が異なるので表をよく見てくださいね。

今すぐに上級会員になることは難しいと思うので、ANAカードなどを発行すれば、最大で1マイル=1.5スカイコインと交換することが可能になるのでオススメです。

ANAスカイコインは、ANAの航空券のお支払いだけでなく、ANAハローツアーなどANAの公式のツアーのお支払いをする際もANAコインを利用することが可能です。

また、ANAコインを利用して、航空券の予約をしたり、パッケージツアーを予約したりする場合、座席に空席がある限り予約することが可能なんです!

なので、ゴールデンウィークや夏休みなど比較的マイルで特典航空券を予約しづらい時期にマイルをANAスカイコインに変え航空券を予約するという手もありですよ!

 

解決策5:ANAの商品券と交換する

これはあまりオススメできませんが一応知っておいても良いかなぁと思うので載せています。


ANAマイル10000マイルを利用してANAの商品券5000円×2枚と交換することが可能です。つまり1マイル=1円なのでレートはあまり良くないですね...

しかし、お中元やお歳暮の時期に親戚や日頃お世話になっている人へのプレゼントとして使う分にはオススメなので状況に応じて交換するかしないか判断して見てください。

解決策6: 有効期限の無いクレジットカードを発行する

 

 

この方法はもう間も無くマイルの有効期限が切れてマイルが失効してしまうという方には難しい方法ですが、日頃ANAマイルを貯め、無期限で使えるようにしたい場合は、有効期限の無いクレジットカードを発行することもオススメです。

ANAマイルの有効期限が発生しないクレジットカードでオススメは、

ANAアメックスカード

年会費7000円+ マイル移行コース6000円 =計13000円(税抜)

 

 

ANAアメックスゴールドカード

年会費31000円(税抜き)

 

マイルの覇王がオススメするマイルを無期限に利用できるようにするためのオススメクレジットカードは以上の2枚になります。

まぁ、この2枚なんと言っても年会費が以上に高いですよね~

無料でANAマイルの有効期限を維持できる訳ではなく、年会費を13000円(税抜き) ,31000円(税抜き)支払うことによって初めて維持することができるので、私としてはコスパが悪いかなぁと思います。

ですが、この2枚アメックスブランドということもあり、ステータスは非常に高いカードなので年会費の安いANAアメックスカードであれば、持っていても良いかもしれません。

解決策7:飛行機搭乗日の355日後(1年後)の特典航空券を発券する

今は学校や仕事が忙しくて休暇をとって旅行にいける状態じゃないという方も1年後であれば、うまく有給を使ったりして休暇を取れるのではないでしょうか?

とりあえず1年後の特典航空券を予約しておいて、学校や仕事に余裕ができれば予約していた特典航空券の搭乗日を変更して飛行機に搭乗するという手段もアリだと思います!

ただし予約変更をする場合、日程と時間の変更を行うことは可能ですが、エコノミークラス→ビジネスクラスといったクラスの変更を行うことはできないので注意してくださいね!

また、やっぱりマイルを他のサービスに利用したいから予約を取り消したい!という場合も取り消し手数料として3000マイルANAに取られてしまうので注意してください。

 

解決策8:ANAマイルを寄付・支援する

実はあまり知られていないのですが、ANAマイルを使って寄付や支援を行うことも可能です。

画像ANA公式サイトより

募金は1マイルから行うことが可能です。例えば、平成30年度に発生した北海道地震の復興支援のためにマイル寄付が行われていました。2億マイル以上も寄付があったとは驚きです。

自分の大切なマイルを誰か困っている人のために活用するということはとても素敵なことだと思います。私もこの記事を書き終えたらマイル寄付行ってみようと思うので皆さんもぜひ行ってみてください!

 

解決策9:ANAマイルを使って高級レストランでの食事を楽しむ

休暇が取れずに飛行機を使って旅行はなかなか難しいけれど、毎日頑張っている自分にご褒美としてマイルを利用して高級レストランで食事を楽しむことも良いと思います!

例えば、東京の最高級ホテルの一つであるシャングリ・ラホテル東京のメインダイニングであるピャチェーレではたった10000マイルで2名様分の高級ランチを楽しむことができます。

一人当たり5000マイルで高級レストランのランチが楽しめると考えると非常にコスパが良いと思います。

(残念ながら、2019年4月1日より、必要マイル数が10000→15000マイルとなってしまうので必要マイル数がアップする前のラストチャンスで行ってみることをオススメします。)

ANAマイルの有効期限を限界ギリギリまで延ばしてマイルを有効活用しよう!

 

今回はANAマイルの有効期限を1日でも長く伸ばすための方法をご紹介してきました。

その中でも特にオススメな方法は、ANAマイルをANAスカイコインに交換することです。

ANAスカイコインはANAマイルとは異なり、空席があれば必ず航空券を予約することが可能なので、繁忙期やお正月シーズンなど航空券の値段が高騰する時期に使うとかなり価値のある使い方になると思います。

今回紹介した方法を利用してぜひ1日でも長く大切なANAマイルの有効期限を延ばして見てくださいね!

 

 

 

【スポンサーリンク】
おすすめの記事