陸マイラーの初心者だった頃の目標はANAのマイルを貯めてハワイに行くことでした。

ANAマイルで東京(羽田)⇄ハワイ(ホノルル)間の往復特典航空券を交換するには、R(レギュラー)シーズンであれば最低40,000マイルが必要だったので、当時の僕にはあまりにも高い壁に感じ途中で挫折してあきらめてしまいました。

さらにANAハワイの国際線特典航空券は日本の航空会社の特典航空券の中でダントツ1位と言っていいほど予約することが困難な路線でもあります。

しかし、日本から約3時間半で気軽に行けるリゾート地であるグアムであれば必要なマイル数も最小限に抑えることができ、優雅なリゾートライフを楽しむことができます。

そこで、今回は陸マイラー初心者でも簡単に行けてしまうグアムについてご紹介していきたいと思います!

グアムはたったの20,000ANAマイルから行くことができる!

陸マイラー初心者の方に朗報です!なんと、リゾート地でハワイの次に人気のあるグアムはたった20,000マイルで行くことができます!ハワイのレギュラーシーズンに必要となるマイル数が40,000マイルと考えればかなりお得に行けますよね!

例えば、レギュラーシーズンの10月に東京(成田)⇄グアム間の往復航空券を交換するのに必要なマイル数はたったの20,000マイルだということがわかります。

anaマイルグアム 公式サイト

この画像を見て分かるようにかなりお得と思われるのではないでしょうか?

一方で、同じ日の同じ時間帯で航空券をお金で買うとなると、

anaマイルグアム 公式サイト2

なんと、航空券だけで約70,000円も支払わなければなりません。70,000円ってグアムの高級ホテル2~3泊できる金額なので、航空券をマイルで交換してしまえば、グアムの最高級ホテル デュシタニ グアム リゾート&スパに泊まることも夢ではないと思います!

出典:一休.comより

グアムの航空券って20,000マイル範囲内で交換できる上海や香港などと違って、お金で航空券を買おうとするとリゾート価格でどのシーズンも高くて、なかなか値崩れしない地域なんです...

なので、お金で航空券を買ってしまうよりも20,000マイルとグアム行きの国際線特典航空券を交換した方がかなりお得だと思います。

ANAマイルを使ってグアムのビジネスクラスに乗るための必要なマイル数は?

ANAマイレージプログラムからビジネスクラスの東京⇄グアム間の航空券を探すと、

anaマイルグアム 公式サイト3

残念ながら同じ曜日・同じ時帯を探すことはできませんでしたが、必要なマイル数は40,000マイルだということがわかりました。すなわち、ハワイのエコノミークラスに必要なマイル数でグアムであればビジネスクラスに搭乗できるんです。

マイルを最小限に抑えて優雅な旅を楽しみたのであれば、ハワイよりもグアムが断然おすすめですよ!

なぜANAマイルを使ってグアムよりハワイの特典航空券の交換をおすすめしないのか?

これまでハワイに行くぐらいなら、グアムをおすすめします!と言ってきましたが、私は決してハワイが嫌いだからグアムをおすすめしてきたわけではないのです。ハワイ行きの特典航空券となぜ交換すべきでないのかちゃんと理由があります。

そもそもハワイ路線は人気路線すぎて予約をとることができないから

東京⇄ハワイ(ホノルル)間はANAマイルの交換先として最も人気があります。ANAマイレージプログラムからマイルを国際線特典航空券と交換することができるのですが、

笑っちゃうぐらい予約できません(笑)オフシーズンである1月2月の時期ですらハワイ(ホノルル)線はいっぱいになっています。

anaマイルグアム 公式サイト4

 

こちらを見ても分かるようにR(レギュラー)シーズンにも関わらず、予約でいっぱいですよね。

空席待ちという手段もありますが、基本ANA上級会員(SFCやダイヤモンドなど)に優遇されてしまうので、陸マイラー初心者が空席待ちを予約することはほぼ100%無理だと思います。一つだけ確実な方法とすれば、搭乗する355日前(出発日を含まない)の午前9時(日本時間)に予約するのが確実です。ですが、数秒や数分単位ですぐに空席待ちとなってしまうので、激戦区路線と言っても過言ではないと思います。仮に355日前に予約が確保できたとしても、1年後のスケジュールがあやふやな方にとってはキャンセルせざるを得ない状況になることだってあるのではないでしょうか?

私なら、ハワイに行くときはマイルを使わず、お金で航空券を購入すると思います。自分の行きたくないタイミング・忙しいタイミングにわざわざ行く必要はないと思いますので...

必要なANAマイル数が大きいから

陸マイラーの初心者にとっては最大の壁ではないでしょうか?東京⇄ハワイ(ホノルル)間の必要なマイル数はR(レギュラー)シーズンであれば、40,000マイル必要です。

陸マイラー初心者の方が目指すには決して無理ではないのですが、それなりに時間がかかります。

anaマイルグアム 公式サイト5

仮に40,000マイル貯まったとしても自分の行きたいシーズンに予約できず、運よく予約できても旅行に行けるのは来年になってから...なんてことになってしまい、陸マイラーとしてマイルを貯めるモチベーションが無くなってしまいます。

僕も陸マイラーを一度やめる前はハワイにビジネスクラスに乗ってリッチな海外旅行をしたい!と思い奮闘していましたが、初心者に40,000マイルを貯めるのはかなり大変な道で結局1ヶ月足らずしてやめてしまいました。

このサイトを見てくれているあなたには絶対に私のような苦い経験はしてほしくないので、東京(羽田)⇄韓国(金浦)間のビジネスクラスの往復航空券25,000マイルや東京⇄グアム,エコノミークラスの往復航空券20,000マイルをまず目標にして、ポイントサイトの貯め方や稼ぎ方のコツやマイルの購入方法を勉強してからハワイやヨーロッパなどの必要マイル数の大きい地域の旅行計画を行えば良いと思います。

ANAマイルでグアムの特典航空券を発券する際に、マイルがあとちょっと足りない場合の緊急の方法も当サイトにてご紹介しています。ぜひ見てみてくださいね!!

ANAのマイル利用してグアムに遊びに行こう!!

anaマイルグアムの写真

ANAのマイルを交換するパターンは色々な種類があります。その中でもハワイ線の国際線の特典航空券との交換は最も人気があり、チケットを発券するのはなかなか難しいのが現状です。

しかし日本から行ける魅力的なリゾート地は数多くあり、その中でもグアムは必要マイル数が20,000マイル程度と少ないマイル数でリゾート地へ行くことができます。

航空券をマイルで支払えばその浮いたお金で、滞在地のホテルのランクをグレードアップできることや免税店でブランド品が買うことできるなどメリットづくしです!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

おすすめの記事はこちら
おすすめの記事