日本人の海外旅行先として非常に人気の高い国が韓国です。日本から約2時間半という短いフライト時間で異国の文化に触れることができます。

2時間半で行ける上に時差もないので、週末旅行や弾丸旅行に最適の国と言えます。

日本から近い国ですが、なるべく航空券の値段は下げて浮いたお金をショッピングなどに使いたいですよね!

そんな場合はマイルを使って韓国(ソウル)線の特典航空券を予約することをおすすめします!

そこで今回はマイルを使って韓国に行く際の基礎知識や特典航空券の注意点を中心にご紹介していきます。

今回の記事で学べること

ANAマイルを利用して韓国(ソウル)線の特典航空券を予約することができる

特典航空券を予約する場合の注意点を理解できる

スポンサードリンク

ANAマイルを使って韓国に行くための基礎知識

笑顔の女性

ANAマイルを利用して韓国に行くためにはどのくらいマイルが必要になるのか気になりますよね!

そこで、ここではマイルで韓国に行くための基礎知識を理解してもらいます。

まずは自分の旅行に行く予定が特典航空券のどのシーズンに当てはまるか確認しましょう!

以下の表をご覧ください。

シーズン表

ANAの特典航空券はローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンと3つのシーズンに分かれています。

例えば、韓国に旅行に行く日程が2019年4月1日~4月4日の3泊4日の場合のシーズンはローシーズン(L)となります。

次に日本から韓国に行くために必要なマイル数を確認しましょう!日本⇆韓国路線はZone2エリアとなっています。

以下の表をご覧ください。

必要マイル数表

利用クラスという項目があると思いますが、Yがエコノミー、PYがプレミアムエコノミー、Cがビジネス、Fがファーストクラスという意味です。

日本⇆韓国路線は短距離路線のため、エコノミークラスとビジネスクラスの設定のみとなっています。

そして、クラスの横にそれぞれの必要マイル数が記載されています。

例えば、先ほど挙げた例を用いると、2019年4月1日~4月4日の3泊4日の場合ローシーズンに該当するのでエコノミークラス往復の必要マイル数は12,000マイルとなります。ビジネスクラスの場合は25,000マイルです。

また、補足としてANAが加盟しているスターアライアンスメンバーのアシアナ航空の特典航空券も予約することができます。

スポンサーリンク

ANAマイルを使って特典航空券を予約する具体例

ここではANAマイルで韓国(ソウル)線の航空券を予約する場合の具体例を見ていきたいと思います。

エコノミークラスの場合

エコノミークラス特典航空券

東京⇆ソウル間を4月15日~ 4月18日で予約した場合、ローシーズンとなるので必要マイル数は12,000マイルです。ただしマイルとは別に空港税などの手数料を支払わなければなりません。

くれぐれもマイルだけを支払って特典航空券と交換することはできないので注意してくださいね!

そしてアシアナ航空を利用する場合は15,000マイル必要になります。

スターアライアンスメンバーに加盟している航空会社(アシアナ)航空などの航空券を予約する場合は必要なマイル数がオールシーズン一律です。

つまり、ハイシーズンにANAで東京⇆ソウル間を利用する場合、必要なマイル数18,000マイルですが、アシアナ航空を利用すると、15,000マイルとなるのでお得に予約することができます。

ビジネスクラスの場合

 

ビジネスクラス特典航空券

エコノミークラスと同じ日程で検索してみるとビジネスクラスにも空席がありました。

こちらもローシーズンに該当するので必要マイル数は、25,000マイルです。

たったの25,000マイルでビジネスクラスの体験ができるので、まだビジネスクラスを利用したことのない方はぜひ日本⇆韓国路線で体験してみることをおすすめします。

そして、アシアナ航空のビジネスクラスを利用する場合は、オールシーズン30,000マイルです。

ローシーズンに利用すると、ANAに比べて5,000マイル損しますが、ハイシーズンに利用すると、3,000マイルお得に搭乗することができますよ!

今ならアシアナ航空のA380もマイルで予約ができる!

アシアナ航空A380

2019年4月時点ですが、成田⇆韓国(仁川)路線をアシアナ航空のA380が月・木・金で1往復運行しています。

通常、A380は長距離路線の運行がほとんどで日本⇆韓国といった短距離路線ではあまり使われないのですが、期間限定で運行しています。

そして、特典航空券で予約することももちろん可能です。

A380はエコノミークラスだと通常のアシアナ航空のシートやサービスと変わらないのですが、ビジネスクラスになると、フルフラットシートを利用することができます。

アシアナ航空A380 フルフラットシート

短距離路線でフルフラットシートが使えるなんて最高の贅沢ですよ!

アシアナ航空特典航空券

 

 

 

 

実際にマイルで予約できるのか検索したところA388(A380-800)の特典航空券の空席を発見することができました!

期間限定、曜日限定の運行なのでぜひ今のうちにマイルを利用して予約してみてくださいね!

また、当サイトではアシアナ航空A380ビジネスクラスの搭乗記もご紹介しています。興味がある方はぜひ読んでみてください!

国際線の特典航空券を予約する場合の注意点

パソコンを見つめるカップル

ここでは国際線の特典航空券を予約する際に注意したいポイントをいくつかご紹介していきます。

片道の特典航空券の予約はできない

国内線の場合、1区間(片道)からマイルを利用して特典航空券を予約することができるのですが、国際線の場合は片道のみの予約はできません。

一方でJALのマイルを使った国際線特典航空券は片道から予約することができるので非常に便利です。

フライトマイルは貯まらない

マイルを使った特典航空券の場合は、フライトマイルが貯まらないの注意してくださいね!

搭乗クラスを変更することができない

ビジネスクラスの特典航空券を発券したけど、エコノミークラスの特典航空券に変更したい!という場合があると思いますが、残念ながらエコノミー→ビジネス、ビジネス→エコノミーといった搭乗クラスを変更することはできません。

どうしても変更したい場合は、予約をキャンセルして再度特典航空券を取得する必要があります。

そして、予約をキャンセルする場合、手数料として3,000マイル発生します。マイルの価値は1マイルあたり2円~3円程度と言われているので6,000円~9,000円近くの手数料を支払うのと同じことなのでキャンセルする場合は慎重に考えるようにしましょう。

一方で日程の変更は空席がある限りで無料で行うことができます。

ただし、日程の変更によってローシーズン→レギュラーシーズンになった場合は追加でマイルを支払ったり、逆にレギュラーシーズン→ローシーズンになった場合はマイルが払い戻される場合があるので注意しましょう!

マイルを利用して韓国の特典航空券を予約してみよう!

ロッテワールドタワー

今回はANAマイルで韓国に行く方法についてご紹介してきました。

韓国は日本から約2時間半で行ける日本から最も近い海外です。日本からの距離も近いので特典航空券を予約するために必要なマイル数も12,000〜と非常に少ないマイル数で行くことができます。

また、あこがれのビジネスクラスも往復でたったの25,000マイルです。ビジネスクラスデビューとしても韓国を利用することはかなりおすすめですよ!

ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事