国内旅行の旅先として圧倒的な人気を誇るのが沖縄県です。沖縄に行く場合の交通手段として飛行機を利用する方が多いと思いますが、沖縄はリゾート地なのでローシーズン(閉鎖期)とハイシーズン(繁忙期)によって航空券の値段が雲泥の差と言っていいほど変わります。

ですが、世の中にはローシーズン、ハイシーズン関係なくお金を全く払わずに沖縄旅行に頻繁に楽しんでいる人がいます。もちろんお金持ちの人はお金があるのでいいですが、私みたいなサラリーマンにはお金を払って頻繁に沖縄に行くなんて夢の話、、、

ですが、平凡サラリーマンにもANAマイルを活用すればお金をかけずに沖縄旅行を楽しむことが可能です!
そこで今回は沖縄旅行にANAマイルを使って行く場合の必要なマイル数や貯め方、お得情報まで一挙にご紹介していきます!

ANAマイルを利用することで沖縄にタダで行けちゃいます!

ANAマイルを利用することでタダで沖縄にいけるのか??

 

いけます!!

 

沖縄までの航空券を浮かすことができたら、普段なかなか泊まることのできない沖縄の高級リゾートホテルに宿泊することだって夢の話ではありません。

憧れのリッツ・カールトン沖縄やブセナテラスに宿泊することだって可能になりますよね!
高級リゾートホテルで贅沢なバカンスを楽しむためにもANAマイルを使って交通費をタダにしましょう!

ANAマイルを使って沖縄に行く場合の必要マイル数

ANAマイルを使った国内線特典航空券に必要なマイル数は時期によって異なります。

ローシーズン(L) 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
レギュラーシーズン(R) 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30
ハイシーズン(H) 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31

表で示しているようにANAマイルと特典航空券を交換する場合はいずれかのシーズンに当てはまります。

次にANAマイルを使って沖縄の特典航空券と交換するために必要なマイル数は、

表を見てわかるように、東京⇆沖縄(那覇)間であればローシーズンで7000マイル、ハイシーズンで10500マイル必要になります。上記以外の空港になると、

札幌⇆沖縄

仙台、新潟⇆沖縄

東京⇆石垣島

東京⇆宮古島

名古屋⇆石垣島

ローシーズン: 8500マイル

レギュラーシーズン;10000マイル

ハイシーズン: 10500マイル

 

このようになっています。上記の表に該当していない空港から沖縄に行く場合、ローシーズンが6000マイル、レギュラーシーズンが7500マイル、ハイシーズンが9000マイルとなります。

 

ANAマイルを最小限に抑えて沖縄に行きたいならバニラエアが断然良い!

ANAマイルを最小限に抑えて毎年できるだけ多く沖縄旅行を楽しみたい!という人も多いのではないでしょうか?
ANAのマイルを利用しANA国内線特典航空券を発行しようとすると、ローシーズンでも片道で最低7000マイル、ハイシーズンになると10500マイルも必要になります。

やはり、ANAはフルキャリアなので必要マイル数も多いですよね、、、
往復であれば、14000マイル、21000マイルとなるので年に何回も沖縄旅行を楽しむことはできないと思います。

しかし、ANAが提携しているLCC航空会社で有名なバニラエアを活用することでANAマイルを最小限に抑えて沖縄旅行の航空券を発券することが可能です。

上の表で示しているのは、バニラエアの特典航空券を発券するために必要なANAマイル数です。
成田-沖縄(那覇)線はなんと片道たったの6000マイルで行けます。往復だと12000マイルですね。

表を見てわかるようにバニラエアの特典航空券を発券する際にシーズンによるマイル数の変化はありません。オールシーズン表に表示されているマイル数と特典航空券を交換することができます。

すなわちハイシーズンに当たる7月や8月にバニラエアで成田-那覇線の特典航空券を往復発券する場合(12000マイル)とANAの国内線の特典航空券を発券する場合(21000マイル)とでは10000マイル以上節約して特典航空券を発券することが可能なんです!

バニラエアの特典航空券はメリットだらけに思いますが、成田空港のみ沖縄路線が就航しており、関東圏以外の人にはバニラエアを使った特典航空券の発券は難しいといったデメリットがあります。

一方でANAの国内線特典航空券は日本全国のANA就航している空港であれば沖縄行きの特典航空券を発券することができるので利便性はかなり高いと言えます。

ANAマイルを一瞬で貯めるならポイントサイト経由が断然おすすめ!

今まで沖縄の特典航空券と交換するための必要なマイル数を説明してきましたが、こんな疑問が湧きませんか?

必要なマイル数は理解できたけど、実際に短期間で沖縄に行くための必要なマイルを貯めることは可能なのか?

ANAの国内線空券をハイシーズンに引き換えた場合、必要になマイル数は最低でも10500マイルです。0マイルの状態から10500マイルまで貯めようとすると、最低でも東京⇆アメリカ間を2往復程度しなければ貯めることは不可能です。(時期によって必要まマイル数は異なります。)

しかし、飛行機に乗らずともポイントサイトでクレジットカードの発行や、資料請求などをすることで貯めたポイントをANAソラチカカードを利用することによってANAマイルに変換することが可能です。

例えば、ポイントサイトの最大手のモッピーというサイトを見てみると、

楽天カードを発行するだけで、12000ポイント獲得することが可能です。12000ポイントをソラチカカード経由でANAマイルに変換すると、還元率が81%となり、9720マイル獲得することが可能です。

また楽天ポイントも還元率50%でANAマイルと交換することが可能なので、ハイシーズンの東京⇆沖縄の特典航空券を楽天カードを1枚発行するだけで可能ということなんです!

また、モッピーの資料請求を見てみると、、

 

オーヤという不動産会社の資料請求を行うことによって2000ポイントも獲得することができます。さらに、ポイントの確定反映が1~5日以内にポイントが付与されるというのも嬉しいですね!2000ポイントをソラチカカードでANAマイルに変換すると、還元率が81%なので、1620マイルと交換することが可能になります。

このように簡単にマイルを貯めて沖縄に旅行に行けるのであれば、モッピーに登録するしかないですよね!

↓モッピーの登録はこちらから↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ANAマイルをタダで貯める方法を簡単に説明してきましたが、さらに詳しくモッピーやソラチカカードについて知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね!

 

 

ANAマイルを使って沖縄旅行に出かけよう!

今回はANAマイルを使ってタダで沖縄旅行に行く方法をご紹介してきました。1度沖縄を訪れてしまうと何度でも旅行したい!という思いになりますが、航空券代、ホテル代、食費代などを考えると年間何度も行くことは難しいです。

ですが、ANAマイルを使って特典航空券を発券することができれば、航空券代を浮かせることができるので年に複数回沖縄へ行くことだって可能になります。

特に関東圏に在住している方であればバニラエアを利用すれば必要なマイル数を最低限まで抑えることができ、さらに必要マイル数が年間一律なので夏やお正月、ゴールデンウィークなどのハイシーズンもお金をかけず旅行に行くことができるので
とってもおすすめですよ!

おすすめの記事