みなさんはANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)で国内線の航空券を予約していますか?

ANA SUPER VALUEはANA国内線を最もお得に予約することができるので、ぜひ航空券を予約される際は積極的に使っていただきたい予約方法の一つです。

今回は、スーパーバリューを利用して航空券を予約するとどのくらい安くなるのか?デメリットはどんなものがあるのか?
などなどみなさんが疑問に思っていることを世界一わかりやすくご紹介してききます!

スポンサードリンク

ANA SUPER VALUEとは?

ANA SUPER VALUEとは、早期割引運賃のことを言います。

ANAの国内線運賃のルールが変更されるまでは「ANA旅割」とも呼ばれていました。

ANA SUPER VALUEには、搭乗日21/28/45/55/75日前と設定があり、搭乗日当日から遠ければ遠いほど、飛行機の運賃は安くなる傾向にあります。

また、ANAマイレージクラブ会員限定で、ANA SUPER VALUE EARLYという超早期割引運賃の設定も行なっており、搭乗日の355日前9:30から予約することができる運賃もあります。

スポンサーリンク

ANA VALUEとの違いは何か?

ANA SUPER VALUEと似た名称のANA VALUEについて少しご紹介します。

ANA VALUEとは国内線運賃の改定前まで、「ANA特割」と呼ばれていました。

ANA VALUEの主な特徴は、

・飛行機の予約が搭乗日の前日または3日前まで予約することが可能

・航空券をキャンセルする場合、出発前であれば取り消し手数料は運賃額の5%

・空席があれば追加料金を支払うことでプレミアムクラスにアップグレードが可能

・ANA SUPER VALUEに比べると航空券代はかなり高い

このような特徴を上げることができます。

特に、ANA VALUEの場合、取り消し手数料が航空券代のたったの5%で済むのはかなりメリットだと思います。

ANA SUPER VALUEの場合は、30%~60%程度の割引が発生してしまうためかなりの金額を支払わなければならないので....

ANA VALUE割を使う場合は、飛行機に乗るまでにキャンセルする可能性が高い場合、ANA SUPER VALUE割は予約したそのも日に絶対に飛行機に乗ることがわかっている場合といったように、自分の状況に応じて使い分けることをおすすめします。

ANA SUPER VALUEを利用するとここまで安くなります!

ここではANA SUPER VALUEを使うとどのくらい通常運賃と比べて安くなるのか比べてみたいと思います。

以下の表は東京⇆那覇線の片道運賃を表している表です。介護運賃や障害者割引等の特殊な割引運賃は除いています。

(東京⇆那覇線の場合)

予約の種類片道当たりの料金
フレックス(通常運賃)45,810円
ビジネスきっぷ43,610円
ANA VALUE39,310円
株主優待23,110円
ANA SUPER VALUE9,010円

*時期や搭乗時間帯によって価格に誤差があります。

東京⇆那覇線を75日前に予約した場合、ANA SUPER VALUEを適用すると、なんと片道9,010円が最安値という結果でした。

通常運賃が、45,810円と考えると、約80%割引で航空券を予約することができちゃうんです。

スーパーバリュー価格は本当に割引率がハンパじゃないです。

ANA SUPER VALUEデメリット

デメリット1:予約変更することができない

ANA SUPER VALUEを利用して航空券を予約した場合、予約変更を行うことはできません。どうしても予約を変更したい場合は、予約をキャンセルし、料金の払い戻しを行なってから再度航空券の予約を撮り直す必要があります。

予約のキャンセル料金は以下の仕組みになっています。

詳しく説明していくと、払い戻し手数料は1区間当たり430円の手数料が発生するので、往復のチケットをキャンセルする場合は、860円発生するということになります。

また、取り消し手数料に関してですが、以下の表をご覧ください。

取り消し手数料は、航空券購入後から55日前までは発生しません。(ただし、払い戻し手数料は発生します。)

それ以降になると、搭乗日に近くになるにつれて、手数料は増えていきます。

例えば、東京⇆福岡線をANA SUPER VALUEの75日前に予約すると、片道およそ13,000円程度で購入することができます。

片道13,000円で予約した航空券を搭乗日の2週間前にキャンセルした場合、

13,000円 - 430円(払い戻し手数料) - 6,500円(予約手数料50%) = 6,070円

このような式を作ることができ、手元に払い戻しされる料金は6,070円となります。

半分以上キャンセル料を持っていかれるのはかなりシンドイですね...

ANA SUPER VALUEを予約する場合は、確実に目的地に行くことが決定している場合に利用することをおすすめします。

出発後の取り消し手数料が100%

ANA SUPER VALUEを予約し、飛行機出発後に航空券をキャンセルすると、取り消し手数料が100%発生してしまいます。

すなわち、航空券代は1円も戻ってこないということです。

ちなみに、ANAフレックス(通常運賃)で予約した航空券をキャンセルする場合、出発後の取り消しであっても航空券代の20%を支払うことで残りの代金は戻ってきます。

搭乗日当日飛行機に乗るかどうかわからないという方はANAフレックスで航空券を予約することをおすすめします。

搭乗マイルの積算率が低い

ANA SUPER VALUEで航空券を予約した場合、マイルの積算率は75%と少なめです。

搭乗マイルをもっと稼ぎたいという方は、マイル積算率が100%であるフレックス運賃で搭乗するか、マイル積算率が150%のプレミアムクラスに搭乗することをおすすめします。

ANASUPER VALUEを利用して格安で航空券をゲットしよう!

今回はANASUPER VALUEの割引率やデメリットを中心にご紹介してきました。スーパーバリューは、45,810円の航空券がたったの9,010円で予約することが可能になる神チケットとも言えるでしょう。

一方で、予約変更することはできず、キャンセルするタイミングによっては航空券代が全く戻らないケースもあります。

スーパーバリューを使って航空券を予約する場合は、確実に飛行機に乗れる日を狙って予約するようにしましょう!!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事