日本人が選ぶ人気の観光地である台湾。親日国家でもある台湾は日本からおよそ3時間~3時間半程度で行くことができ、週末海外旅行に最適な国でもあります。

そこで今回はANAマイルで台湾に行く場合、どのくらいマイルが必要なのか?予約方法はどうするのか?ご紹介していきます!

 

ANAマイルで台湾に行くための基礎知識

 

ANAマイルで台湾に行くためにはどのくらいのマイル数が必要なのか気になりますよね!

まずはANAマイルを台湾(台北)線の航空券に引き換える基礎知識を理解しておきましょう!まずは、あなたのマイルを引き換えたいシーズンを確認してください。

出典:ANA公式サイトより

Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズンという意味です。L→Hシーズンになるにつれて必要なマイル数も多くなります。

 

出典:ANA公式サイトより

次に日本から台湾(台北)に行くためのマイル数を見てみましょう。台湾(台北)はアジア1というグループに属しています。アジア1グループの主要都市は他に北京・上海・香港・マニラなどです。

利用クラスという項目があると思いますがこちらは、Yがエコノミークラス、Cがビジネスクラスという扱いです。

つまり、こちらの図からも分かるようにエコノミークラスで必要なマイル数は17,000マイル~23,000マイル

ビジネスクラスで35,000~43,000マイル必要なことが分かると思います。また、ANAと同じスターアライアンスに加盟しているエバー航空も必要なマイル数は同じです。

 

ANAマイルで台湾線の具体例

ANAマイレージプログラムからマイルを国際線特典航空券に交換する場合、R(レギュラー)シーズンのエコノミークラスであれば20,000マイルで往復の航空券と交換することができます!

台北の特典航空券もなかなか人気路線でマイルを特典航空券と交換するのは難しいですが、およそ旅行3ヶ月前ぐらいの航空券の予約だと比較的空いている日にちも多いので決して予約の難しい路線ではないですよ!

また、ビジネスクラスであれば、

往復で40,000マイル必要になります。今日から陸マイラーとしてポイントサイトなどを使い、地道な努力を続けていけば早い人で約3ヶ月後には台北にビジネスクラスで旅行に行くことができます。

僕のサイトでは最短・最速でマイルを貯めるためのポイントサイト等もご紹介しているので台湾にお金をかけないで旅行に行きたい方はぜひ参考にしてみてください。

⬇️⬇️モッピー関する記事はこちらから⬇️⬇️

⬇️⬇️ハピタスに関する記事はこちらから⬇️⬇️

⬇️ちょびリッチに関する記事はこちらから⬇️⬇️

出典:ANA公式サイトより

 

東京(羽田)⇄台北線の場合、飛行機の機種のほとんどがボーイング787なので、写真からも分かるようにシートがフルフラット仕様になっています。

これなら、日本に戻るまでの時間を有意義に活用できるのではないでしょうか?

 

ANAマイルを貯めて台湾へ旅行へ行こう!!

日本から直行便で約3時間〜3時間半程度行ける台湾。週末旅行や一人旅などに非常に人気があります。食べ物も日本人の口にあうような味付けで価格はどれもリーズナブルなのでグルメ旅をしてみるのもよし、たまには高級ホテルに泊まってホテルでのんびりすごしてみるのもよし、様々な楽しみ方ができますよ!

マイル数も17,000マイル〜と陸マイラーにとって良心的なマイル数なので陸マイラー初旅の場所としてもいいですね!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

おすすめの記事