【最新版】ANAマイルで台湾に行く方法を徹底解説!

親日国家でもある台湾は、日本から飛行機でおよそ3時間~3時間半程度で行くことができ、初めてのひとり旅や女子旅にも人気の観光スポットです。物価が安く、日本人好みの料理が多いことも嬉しいポイントですよね。

しかし最近では、日本での台湾ブームを理由にフルラインキャリア(ANAやJAL)などの航空券がかなり高騰しており、LCCを使わなければ気軽に週末に台湾に出かけよることが難しくなりました。

また、台湾は日本から近いのでLCCで気軽に行ける距離ですが、東アジアや東南アジアのLCCは近年飛行機の墜落事故を起こしている航空会社が多く、LCCの安全性を再認識する必要があります。

だからといってフルキャリアの航空券を購入するとなるとそれなりに旅費が発生してしまいますよね。

ですが、航空会社が提供しているマイルを利用することによって特典航空券を発券することが可能なので、最小限の旅費で台湾まで行くことが可能です。

そこで今回はANAマイルを使って台湾に行く場合、どのくらいマイルが必要なのか?予約方法はどうするのか?をご紹介していきます!

ANAマイルで台湾に行くための基礎知識

ANAマイルで台湾に行くためにはどのくらいのマイル数が必要なのか気になりますよね!

そこで、まずはANAマイルを台湾(台北・桃園)線の航空券に引き換えるための基礎知識を理解しておきましょう!まずは、あなたのマイルを引き換えたいシーズンを確認してください。

*ANAの場合東京(羽田)⇆台北(松山)、東京(成田)⇆台北(桃園)の路線になっています。

国際線特典航空券シーズン表

出典:ANA公式サイトより

Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズンという意味です。L→Hシーズンになるにつれて必要なマイル数も多くなります。

ANA特典航空券必要マイル数

出典:ANA公式サイトより

次に日本から台湾(台北・桃園)に行くためのマイル数を見てみましょう。

台湾はANAのアジア1というグループに属しています。アジア1グループの主要都市は他に北京・上海・香港・マニラなどです。

そして利用クラスという項目があると思いますが、これはYがエコノミークラス、Cがビジネスクラスという意味になります。

つまり、こちらの図からも分かるように台湾のエコノミークラスの往復特典航空券に必要なマイル数は17,000マイル~23,000マイル、ビジネスクラスで35,000~43,000マイル必要なことが分かると思います。

また、ANAと同じアライアンス(航空会社の組織)に加盟しているエバー航空の特典航空券も予約することができます。

スポンサーリンク

ANAマイルで台湾線の具体例

ここではANAマイルで台湾線の航空券を発券する場合の具体例を見ていきたいと思います。

ANAマイルでエコノミークラスを発券する場合

ANAマイレージプログラムからマイルを使って特典航空券を予約する場合、R(レギュラー)シーズンのエコノミークラスだと、20,000マイルで往復の特典航空券を予約することができます。

ANA特典航空券エコノミークラス

こちらの画像では、東京→台湾(台北)がANA、台湾(台北)→東京がエバー航空となっていますが、行きと帰りで違う航空会社を指定しても特典航空券を発券することは可能です。

台北の特典航空券は台湾ブームもあり、空席になることが少ない人気路線ですが、旅行する2ヶ月~3ヶ月前からだと比較的容易に特典航空券を予約することができますよ!

ANAマイルでビジネスクラスを発券する場合

そして、ビジネスクラスの特典航空券を発券する場合、

ANA特典航空券ビジネスクラス

往復で40,000マイル必要になります。

40000マイルという数字はマイラー初心者やマイラー未経験者の方にとってはハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、決して難しい数字ではないです。

ポイントサイトと言われるお小遣いサイトでクレジットカードの発行や企業の無料資料請求などを利用してポイントを直実に貯め、ソラチカルートと言われる方法を利用すれば2ヶ月~3ヶ月程度で 40,000マイル貯めることができます。

最短・最速でマイルを貯め圧倒的なスピードで台北線のビジネスクラスの特典航空券を予約する場合はポイントサイト+ソラチカルートの組み合わせが適切と言えるでしょう。

また、当サイトでは最短・最速でマイルを貯めるためのポイントサイトの使い方や稼ぎ方についてご紹介しているので台湾(台北)の航空券をANAマイルを利用して発券していきたい!という方は以下の記事もぜひ読んでみてください!

ポイントサイトに関する詳しい記事はこちら

ま東京(羽田)⇄台北線の場合、飛行機の機種のほとんどがボーイング787-9なので、ANA最新のビジネスクラスのシートである半個室型のフルフラットシートを搭載している飛行機に搭乗することができます!

セレブ気分になること間違いなしです!

ANAフルフラットシート

出典:ANA公式サイトより

スポンサーリンク

ANAマイルを貯めて台湾へ旅行へ行こう!!

台北101

今回はANAマイルで台湾に行く方法についてご紹介してきました。台湾(台北)線の往復特典発券に必要なマイル数は17000マイル〜と他の国に比べてハードルが低く誰でもマイルを利用して台湾に行くことができます。

マイルで航空券を予約することができれば、旅費を最小限に抑えることができるだけでなく、現地でおいしい食べ物をたくさん食べたり、普段いけないような高級スパを利用したりと夢が膨らみますよね!

ぜひ台湾に行く際は、ANAのマイルで特典航空券を発券して素敵な旅を楽しんでくださいね!

あわせて読みたい記事はコチラ
コメントを残す

【2022年12月】ANAアメックスゴールドカード史上最強の入会キャンペーンを実施中

2022年12月現在、ANAアメックスゴールドカード史上最強の入会キャンペーンを実施中です。

新規お申し込み入会&カードの利用額に応じて、最大102,000マイル獲得できます!

102,000マイル獲得できれば、東京⇄ニューヨーク線や東京⇄ロンドン線などのビジネスクラス往復特典航空券の発券が可能な膨大なマイル数です。

入会キャンペーンでマイルを付与されるための条件とマイル数は以下の通り。

マイル獲得条件と獲得マイル数

・入会するだけで2,000マイル獲得

・入会後3ヶ月以内にカード1回のお会計で1,000円以上のご利用で3,000マイル獲得

・入会後3ヶ月以内に700,000円の決済で25,000マイル獲得

・入会後3ヶ月以内に1,500,000円の決済で55,000マイル獲得

・通常獲得マイル(15,000マイル)

・これまでにANAカードを発行した経験がない場合、ANAマイ友プログラムに入会することで2,000マイル獲得

合計102,000マイル

入会後3ヶ月以内に1,500,000円までの決済について一見難しいそうに見えますが、公共料金の支払い、生活費の支払いだけでなく、ANAアメックスゴールドカード経由で全国百貨店共通商品券を購入、金券ショップに売却などのプロセスを踏めば、十分達成可能です。

また、これまでにANAマイルを発行したことがない!という方はANAの「マイ友プログラム」に登録してカードを発行するだけでプラス2,000マイル獲得できます。

2,000マイルを獲得するためには既存のANAカードユーザーの紹介番号が必要。
筆者はANAカードのホルダーのため、紹介番号を持っています。

マイ友プログラム紹介番号はこちら。

紹介者氏名:姓 タナカ 名 ユウスケ

紹介者番号:00090753

マイ友プログラムの詳細や紹介番号の詳細については下記の記事で解説しているので参考にしてください。

ぜひこの期間限定のキャンペーンを見逃さないようにしてくださいね!

新規入会キャンペーンの注意点

確実に入会ボーナスマイルを獲得するためにここではキャンペーンの注意点を確認していきます。

キャンペーン対象外の方

以下に該当する方はANAアメックスカードの発行が初めてでも入会特典を受け取ることはできません。

・アメックスのカードを既に持っている方

・既に持っているアメックスカードを切り替える方

・過去にアメックスカードを所持していた経験があるが、再入会する方

入会特典を確実にゲットするために知っておいて欲しいこと

・アメックスの年会費の支払いはボーナスの対象外であること

・ボーナスマイル獲得の条件は基本カードと家族カードの合計利用額によって決定する

・ボーナスマイル獲得後に、商品やサービスの取り消しを、ボーナスマイル獲得の条件に利用額が満たさない場合はボーナスマイルの付与が取り消しになる

ANAアメックスゴールドのお申し込みはこちらから