世の中に数多くクレジットカードがある中、旅行が趣味の方にぜひおすすめしたいカードが「Booking.comカード」です。年会費無料にも関わらず、還元率の高さ、国内、海外旅行保険の充実さ、カードを発行するだけで、Genius会員になれるなど特典づくしのカードです!

そこで今回、そんな魅力的なBooking.comカードを徹底調査してきました!カードの特徴からメリット、デメリットと幅広い角度からBooking.comカードの魅力について迫っていきたいと思います!

スポンサードリンク

Booking.comカードとは?

ビーチ沿いの風景

Booking.comカードとは海外ホテル予約サイト「Booking.com」が三井住友カードと提携を結んで発行しているカードになります。18才以上(高校生を除く)から発行することができ、ポイント還元率の高さ、海外・国内旅行保険付帯が付いているなど、年会費無料のカードとは思えないスペックの高さを誇っているクレジットカードです。

旅行好きは、絶対に持っておいて損はないカードの一つと言えるでしょう。

Booking.comを利用してホテル予約をしたことが無い!という方に向けて、Booking.comの評判を大調査してみました。

Booking.comは危険なサイトなのか?予約をキャンセルしたい場合、スムーズに返金されるのか?などまとめてみたので、以下の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Booking.comカードの5つのメリット

レクチャーする女性

ここでは、これだけは知っておいて欲しいBooking.comカードを発行するメリットを5つご紹介していきたいと思います。

カードを発行すればGenius(ジーニアス)会員に無条件でなれる

ジーニアス会員とは、Booking.comで2年間の内にホテルに5回の滞在を完了させると付与される会員資格です。

会員になると、ジーニアス特典の対象ホテルが10%割引適用されます。それだけでなく、レイトチェックアウトや無料空港送迎、ウェルカムドリンクなどの無料特典を獲得することができます。

年会費無料のカードを発行するだけで、このような特典を獲得できるなんて夢のようです!

ジーニアス会員について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ポイント還元率が高い

Booking.comカードの最大のメリットとも言えるのが、破壊的な還元率の高さです。

年会費無料のカードだと、ショッピング還元率が0.5%~1%程度とされていますが、Booking.comカードの場合はショッピング決済の還元率が常に1%です。さらに、Booking.comカード専用のページでホテルを予約し、ホテルでカード払いをした場合、還元率が6%になります。

これは、とんでもない還元率の高さですよ!トラベラーに人気の高い「楽天プレミアムカード」や「アメックスプラチナ」といった年会費が高額なクレカでも還元率は1%なのでかなりお得だと思います。

そして、貯まったポイントは三井住友カードが運営しているワールドプレゼントから現金にキャッシュバックしたり、ANAやJALなどのマイルに移行することができるのでポイントの使い勝手も抜群です。

ただし注意点として、ポイントの有効期限が1年と短いのである程度ポイントが貯まったらキャッシュバック申請を行うか、ポイントを別のポイントサイトに移行することをおすすめします。

電子マネーに対応している

Booking.comカードは電子マネーに対応しています。なので、Apple pay やIDをスマホに登録することで、キャッシュレスなお買い物を楽しむことができるので非常に使い勝手が良いです。

また、国民のキャッシュレス化を促進しようと2019年10月~2020年6月まで、キャッシュレス還元事業に加盟しているお店でクレジットカードや電子決済を行うと5%還元が実施されるので積極的に利用することをおすすめします。

国内・海外旅行保険の付帯が付いている

年会費無料カードの場合、国内・海外旅行保険の付帯はほとんどないのですが、さすが三井住友ブランド。ちゃんと年会費無料のカードにもゴールドカードレベル級の旅行保険付帯が付いています。

最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険が付いています。この保険額って、三井住友カードクラシックAと同じなんです。こちらのカードは年会費1,500円発生するので、Boooking.comカードを発行した方がお得です。

クラシックAカードの保険内容は以下の通りです。

担保項目保険金額
傷害死亡、後遺障害最高2000万円
傷害治療費用(1事故の限度額)最高100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)最高100万円
賠償責任(1事故の限度額)最高2500万円
携行品損害(1旅行中かつ1年間の限度額)最高20万円
救援者費用 (1年間の限度額)最高150万円

 

レンタカーの予約がお得になる!


Booking.comカードは日本国内を含め163カ国800社のレンタカー会社と提携している「Rentalcars.com」からレンタカーを予約する場合、レンタル料金からさらに8%割引でレンタカーを予約することができます。

ただでさえ、Rentalcars.comはレンタカー会社を検索・比較しベストプライス保証しているサイトで、ベストプライスからさらに8%割引でレンタルカーを予約できるなんてお得すぎです!

Booking.comカードのデメリット

 

Booking.comカードのデメリットって正直ありません。挙げるとしたら、家族カードを作成することができないことと、旅行で起こる確率の高い旅行傷害保険の額が100万円っていう点ですかね。

家族でBooking.comカードを持つなら、それぞれ発行すれば問題なしですし、旅行傷害保険の額がもっと高い方が安心できるという方は年会費無料のエポスカードを発行すれば問題ないかと思います!

Booking.comカードの審査難易度どのくらい?

Booking.comカードはクレジットカードなので審査は当然あります。審査の難易度ですがクレヒスに何か問題(お支払いの滞納)があったり、ホワイトクレヒス(今までクレカ発行の経験がない)ということがない限り基本審査には通過します

発行の対象年齢も満18才以上(高校生)を除くという点からも審査難易度は全く厳しくないと言っていいでしょう。もちろん専業主婦の方や大学生の方でもカードを発行することは可能です。

Booking.comカードのカード審査に合格している方がどのような属性か気になる方はこちらをご確認ください。

【2020年1月】Booking.comカードキャンペーン情報

2020年1月現在、Booking.comカードは入会キャンペーンを実施中です。承認期間中にカードが発行され、キャンペーン期間中にカード決済を8万円以上行うと、3,000円キャッシュバックされます。

承認期間と利用期間は以下の通りです。

キャンペーン時期

引用 ブッキングドットコムカード公式サイトより

2018年頃まで、キャッシュバックキャンペーンは7万円利用で5,000円キャッシュバックと非常に魅力的なキャンペーンを実施していたのですが、年会費無料で高スペックなカードという情報が広まったことで会員数が急激に伸びたことからキャンペーンの内容が落ちてしまいました。

今後は入会キャンペーンの実施中止orさらに縮小されていくでしょう。年会費無料なのに特典が充実し過ぎてますからね。キャンペーンを利用して入会するなら今しかありません。ぜひこの機会に最大6%還元!Booking.comカードを発行してみてください!

Booking.comカードは旅行好きなら持っておいて損なし!

ビーチ沿いを歩くカップル

今回はBooking.comカードについて詳しくご紹介してきました。

世の中に流通している、年会費無料のクレジットカードはポイント還元だけのカードがほとんどです。しかし、Booking.comカードは本当に優秀なクレカの1枚だと思います。

また、2020年1月現在はキャンペーンも実施中なので、この機会にぜひ年会費無料Booking.comカードの発行をおすすめします!

【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事