台湾に旅行に行く際にチャイナエアライン(中華航空)を利用される方は多いかと思います。今回はチャイナエアラインの受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説していきます!この記事を読むことで、空港チェックインカウンターでドタバタすることなくスムーズに飛行機に搭乗することができますよ。

荷物のパッキングをする前にぜひ一通り読み進めてみてくださいね!

*こちらの記事は日本⇄台湾路線を中心に構成しています。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

複数のキャリーケース

まずは受託手荷物のルールについて確認していきましょう。チャイナエアラインの受託手荷物の場合、三辺の合計が158cm以内の手荷物を預けることができます。そして、無料受託手荷物の許容量に関しては搭乗するクラスによって異なります。

各搭乗クラスの許容量は以下の通りです。

搭乗クラス許容量
ビジネスクラス40kgまで無料
プレミアムエコノミークラス35kgまで無料
エコノミークラス30kgまで無料

チャイナエアラインの場合「重量制」といったルールを採用しており、許容量の範囲内であれば複数個の手荷物を預けることができます。

例えば、エコノミークラスに搭乗する場合、30kgまで無料で手荷物を預けることができますが、30kgまでであれば複数個手荷物を預けることが可能だということです。

図で表すと以下の組み合わせなどができます。

 

重量制の図

 

そして、「無料の受託手荷物の許容量を超えてしまいそう。」といった場合も追加料金を支払うことで手荷物を預けることができます。

日本⇄台湾路線の場合、1kgにつき6USDの超過料金が発生します。ですが、事前に荷物が超過することがわかっている場合は、チャイナエアラインの公式サイトもしくはカスタマーサポートに事前に申し込みしていれば1kgにつき5.4USDの超過料金となります。

スポンサーリンク

受託手荷物と機内持ち込みが禁止されているもの

航空法やチャイナエアラインのルールにより以下に該当するものは受託手荷物と機内持ち込みが禁止されています。

渡航される前に自分の手荷物に含まれていないかどうか確認しておきましょう。

爆発物、弾薬、花火、および発煙筒
リチウム電池や花火などを収納した金庫/ボックス
ケロシン、石油ストーブ、石油ファンヒーター
ブタン、プロパン、スキューバダイビングシリンダ、ライター燃料、補充ガスなどの圧縮ガス(可燃性、不燃性、または有毒性)
さらし粉や過酸化物などの酸化性物質
塗料や接着剤などの引火性液体
安全マッチなどの可燃性固体および発火しやすいもの
メースや唐辛子スプレーなど、刺激を与え、人体の機能を阻害するもの
ヒ素、シアン化物、殺虫剤などの毒物
放射性物質
水銀(体温計や血圧計に含まれる場合がある)、酸、アルカリ、湿電池などの腐食性物質
上記以外で、磁性、攻撃性、または刺激性のある物質など、航行中に危険を生じる可能性のあるすべての物質
ホバーボード、セルフバランススクーター、エレクトリックスクーターを機内持込み手荷物および受託手荷物として持ち込むことは禁止されています。
トラベルキットサイズの充電器、トラベル用充電ケース

出典:チャイナエアライン公式サイト

スポーツ用品について

受託手荷物ではスポーツ用品を預けることもできます。スポーツ用品についてはサイズの制限がないため、受託手荷物の許容サイズである三辺の合計が158cmを超えてしまっても預けることは可能です。

ただし、許容量に関しては受託手荷物のルールと変わらないので、超過すると超過料金が発生するので注意しましょう。

スポーツ用品を輸送する際のルールは各スポーツ用品によってこと細かくルールが定められているので、預ける予定の方はチャイナエアラインの公式サイトをご確認していただけるようにお願いいたします。

機内持ち込みのルール

空港ターミナル

機内持ち込みできる手荷物は、三辺の合計が115cm以内のものを重さ7kgまで持ち込むことが可能です。持ち込める個数に関しては搭乗クラスによって異なり、エコノミー、プレミアムエコノミークラスは1個まで、ビジネスクラスは2個までとされています。

また、機内持ち込みの手荷物に加えて、一人につき1個まで身の回りの品(小さいバッグ、ノートPC)等を1個無料で持ち込みすることが可能となっています。

機内持ち込みが制限されているもの

先ほど「受託手荷物と機内持ち込みが禁止されているもの」以外にも機内持ち込みをする際に禁止されている品目があるので確認しておきましょう。

以下の品目が機内持ち込みをすることができず、受託手荷物として預ける必要があります。

刃物(狩猟用ナイフ、刀、およびポケットナイフを含む)
アイスピックやつめ切りなど、現地の法律によって禁止されている、はさみおよびその他の鋭利物/刃物
むち、ヌンチャク、警棒、スタンガンなどの武器
こん棒、工具、農業機器(斧、ねじ回し、チェーン、くわなど)
モデルガン、銃の形をしたものや銃に似せたもの、および手錠
野球/クリケット用バット、ゴルフクラブ、ホッケースティック、ビリヤードキューなどのスポーツ用品
1個につき0.5kg/リットル以下、総重量2.0kg/リットル以下のエアロゾール(ヘアスプレー、香水、アルコールを含む薬)
現地の法律によってセキュリティ上の危険性を含むと見なされるその他のすべてのもの
上記の品目と類似または同様の機能/性質を持つその他のすべてのもの

出典:チャイナエアライン公式サイト

液体類の持ち込みについて

液体類の持ち込みについても厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で、容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・袋はチェックポイントで手荷物の中から取り出し、X線を受ける必要がある

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。必ず搭乗前に確認するようにしましょう。

バッテリー種類100 Wh/リチウム含有量2g未満100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
携帯用電子機器(スマホ、ビデオカメラ類)機器に装着されたバッテリー最大15個まで可能
(受託手荷物可能)
運行会社が認めた場合のみ最大15個まで可能
(受託手荷物可能)
不可
予備バッテリー最大20個まで可能
(受託手荷物不可)
運行会社が認めた場合のみ最大2個まで可能
(受託手荷物不可)
不可

また、リチウム電池を内臓した電子機器を預ける場合は、以下の点を注意するようにしましょう。

・偶発的な作動や損傷を防ぐために、適当な方法で保護してください。布などの緩衝材で包んだり、丈夫なケースに収納したりしてください。
・b電源を完全にお切りください。スタンバイモード、スリープモード、休止モードは不可です。

出典:チャイナエアライン公式サイト

 

その他のリチウムバッテリーについて詳しい情報を知りたい方はチャイナエアラインの公式サイトをご確認ください。

チャイナエアラインで快適な空の旅を!

台北101の夜景

今回はチャイナエアラインの受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説してきました。

チャイナエアラインは受託手手荷物を「重量制」にしていることから、複数個の手荷物を預ける際に非常に便利です。また、手荷物の重量が超過してしまった場合の超過料金も良心的な価格設定となっているのも嬉しいですよね。

ぜひチャイナエアラインで素敵な空の旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。預けられるかどうか不安な方は、事前にチャイナエアライン航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事