今回は中国東方航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて徹底解説していきます。この記事を読むことで、空港チェックインカウンターでドタバタすることなく、スムーズにチェックインを済ませ、飛行機に搭乗することができますよ。

荷物をパッキングする前に一通り読み進めてくださいね!

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

受託手荷物

まずは、受託手荷物のルールについて確認していきましょう。受託手荷物として預けれる荷物のサイズは三辺の合計が158cmとされています。また荷物の許容量と預けれる個数に関しては、搭乗するクラスによって異なるので以下の表をご覧ください。

搭乗クラス無料で預けられる許容量と個数
ビジネスクラス32kgの荷物を2個まで
エコノミークラス23kgの荷物を1個まで
(沖縄⇄西安の場合は1個まで)

また、「無料受託手荷物の許容量や個数が超えてしまいそう。」といった場合も追加料金を支払うことによって手荷物を預けることが可能です。

まずは、重量がオーバーしてしまった場合ですが、23~32kgまでの超過であれば1000元(日本円で約15,000円)支払うことで預けることができます。

また、個数がオーバーしてしまった場合も1個につき1000元、それ以降は1個につき2000元を支払うことによって手荷物を預けることができますよ。

スポンサーリンク

受託手荷物と機内持ち込みが禁止されている項目

以下に該当する品目は受託手荷物と機内持ち込みができないものとされているので、渡航前にしっかり確認しておきましょう。

火薬類(花火含む)
高圧ガス・発火/引火性液体
可燃性物質類・酸化性物質類・腐食性物質類・放射性物質類・毒物類(殺虫剤含む)
その他有害物また石油ストーブなどの引火性液体などの危険物
を燃料とする製品は、使用済み、新品にかかわらず機内への持ち込み、受託手荷物としての取り扱いができません。
マッチ、ライターについては弊社運航の全便で持ち込みが禁止されています。

出典:中国東方航空公式サイト

 

機内持ち込みのルール

飛行機に搭乗する搭乗客

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。機内持ち込みできる荷物は三辺の合計が115cm以内のものを1個までとされています。三辺の合計が115cm以内ということは、標準のSサイズのキャリーケースを持ち運ぶことができるということです。

また、機内持ち込みのルールとは別にノートPCやハンドバッグといった身の回り品を1個まで持ち込むことが可能となっています。

そして注意点として中国路線の場合、マッチ、ライターといった品目に関しては機内に持ち込むことが禁止されているので注意しましょう。

液体類の持ち込みについて

液体類の持ち込みについても厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・透明の再封可能なビニール袋の4辺の周囲が80 cmを超えないようにする

・透明プラスチック袋を、他の手荷物とは別に、検査場において検査員に提示する。

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。必ず搭乗前に確認するようにしましょう。

バッテリー種類100 Wh/リチウム含有量2g未満100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
携帯用電子機器(スマホ、ビデオカメラ類)機器に装着されたバッテリー 機内持ち込み可能
(受託手荷物不可)
2個まで機内持ち込み可能
(受託手荷物不可)
不可
予備バッテリー機内持ち込み可能
(受託手荷物不可)
2個まで機内持ち込み可能
(受託手荷物不可)
不可

その他のリチウムバッテリーの詳しい詳細を知りたい方は中国東方航空の公式サイトをご確認ください。

中国東方航空を利用して快適な空の旅を!

中国東方航空の飛行機

今回は中国東方航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて徹底解説していきました。中国東方航空は、他の航空会社に比べ手荷物の超過料金が高額なので、なるべく無料の受託手荷物枠で収まるように手荷物を預けることをおすすめします。

また、中国路線を利用される場合は機内にマッチ、ライターの持ち込み等が禁止されているので絶対に持ち込まないようにしましょう。

中国東方航空を利用して快適な空の旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。預けられるかどうか不安な方は、事前に中国東方航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事