全3回に分けてお届けしている2019年版コンラッドバリの宿泊記。

第二回に当たる今回はコンラッドバリの朝食を詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

全3回コンラッド バリ宿泊記

前回から全3回に分けてコンラッドバリの魅力をご紹介しています。

第1回 コンラッド バリ お部屋のご紹介

→今回第2回 コンラッド バリ 朝食のご紹介

第3回  コンラッド バリ プール、レストランの紹介

スポンサーリンク

コンラッドバリの朝食を大公開

オールディダイニングSUKU

コンラッドバリの朝食会場はオールディダイニングの「SUKU」でいただきます。朝食の時間は7:00~10:30までとなっており、早起きが苦手な人にも配慮した時間設定になっています。私は9:00ごろに伺いましたが、大混雑というわけでもなく待たされることもなくスムーズに席へ案内されました。

 

テラス席

「SUKU」にはテラス席の用意もあり、朝から南国感を味わいながら朝食をいただくこともできますよ!私は暑がりなので冷房がしっかり効いている室内で朝食をとることにしました。

 

それではコンラッドバリの朝食を詳しく見ていきましょう。

ブレッド

パンコーナーにはおいしそうな焼きたてのパンが数多くあります。パンの隣にはまるごとフルーツが置いてあります。南国らしいですね笑

 

デニッシュ系のパン

ディニッシュ系のパンの種類も豊富です。

 

ドーナツやマフィン

ドーナツやマフィンなども置いてあり、甘党の方にはたまらないと思います。

 

日替わりで自家製のジャムも置いてあります。南国のフルーツを利用した自家製ジャムはやっぱりおいしいですよ。

 

インドネシアのお菓子

インドネシアの伝統的なお菓子もあります。ツアーに参加した際にガイドさんにインドネシア人の朝食事情について伺ったところ、インドネシアの方はパンやお米を食べるのではなく、伝統的なお菓子とコーヒーを一緒に食べることが定番なんだそうですよ。

 

グリーンサラダ

サラダコーナーものぞいてみましょう。サラダコーナーには色とりどりのグリーンサラダが数多くあります。

 

混ぜサラダ

お隣にはドレッシングやハム、チーズなどと一緒に混ぜたサラダもありました。滞在中、調理系のサラダは毎日日替わりで変わったので飽きることなく楽しむことができましたよ。

 

フルーツ

フルーツ類も豊富で、スイカやパイナップル、ドラゴンフルーツなど南国感を味わえるカットフルーツが数多くありました。糖度も高くどれもおいしかったです!

 

フルーツヨーグルト

色どりのフルーツヨーグルトも一つ一つ容器に入って丁寧に並べてあります。特にマンゴーヨーグルトは果肉もしっかり入っていて絶品でしたよ!

 

和食

長期滞在で日本食が恋しくなっても大丈夫です。コンラッドバリの朝食には日本食コーナーがり、海苔巻きやだし巻き卵など日本料理が数多く揃っています。私は逆に日本の雰囲気を完全に忘れたかったので日本料理は食べませんでした。

 

サンドイッチ

小さいバンズの中にレタスやツナが入ったサンドイッチもありました。

 

魚料理

このようにお魚を丸々一匹使った蒸し料理も置いてありましたよ。

 

エッグステーション

エッグステーション付近にあるホットミールコーナーにはキッシュや春巻きなどのお料理もあります。

 

ホットミール

ホットミールコーナーにあったお料理とパンをピックアップしてきました。今回ホットミールのお料理の写真を完全に撮り忘れておりました。レビュー出来ず申し訳ありません!

ホットミールはソーセージやベーコン、すき焼きのような肉料理からインドカレーなど様々なホットミールが置いてありましたよ!

 

オムレツ

エッグステーションもありお好みの具材を入れてその場でオムレツを作ってくれます。具材を入れる際にオールと言えば全ての食材の入った豪華版のオムレツを作ってもらえるのでおすすめです!

 

パンケーキとワッフル

エッグステーションの横では、コックの方がパンケーキとワッフルを焼いており、リクエストをすれば出来立てのパンケーキやワッフルを丁寧にお皿に盛り付けてくれます。ベリーソースをたっぷりつけて食べるパンケーキはおいしいですよね!

 

注文メニュー

また「SUKU」の朝食のよかった点として、メニュー表から好きな料理を注文して席まで運んでくれることです。
バイキングで何度も料理を自分でピックアップして慌ただしい朝食をとるよりも、席に座って朝食の時間をゆっくり楽しみたいという人におすすめです。そして、お客さんの多くが「Japanese Breakfast Bento Box」という日本料理が入ったお弁当を注文していたようでした。

 

エッグベネディクト

私はエッグベネディクトを注文しました。エッグベネディクトの中身はチキンかサーモンか選ぶことができます。やはり注文したお料理だと丁寧に盛り付けされているのでインスタ映えしますよね。お味の方は卵がとろとろの半熟になっていて、おいしかったです。でもやっぱり、エッグベネディクトはインターコンチネンタル香港のクラブラウンジでいただいたエッグベネディクトが個人的なナンバーワンですね笑

色々な料理を少しずつ

最後にいろんなものを少しずついただいて朝食はこれにて終了です。

コンラッドバリの朝食は料理だけでなくサービスも素晴らしかった

 

今回はコンラッドバリの朝食をご紹介していきました。コンラッドバリの朝食は一つ一つ丁寧に作られていて、ハズレの料理を見つけるのが難しいくらいどのお料理もクオリティが高かったです。お料理に関して改善ポイントをあげるとすれば、洋食系のお料理が多かったのでもう少しインドネシア系のお料理を増やしてもらえると、いいかもしれませんね。

また、お料理だけでなく、スタッフ一人一人のサービスも素晴らしいなぁと思いした。とにかくどのスタッフの方も笑顔が素敵で、お料理や飲み物を運んでくる際に毎回「enjoy breakfast!」といって両手を合わせて笑顔で挨拶してくれます。

このような細かいサービスが出来ている点だけでコンラッドバリは本当に素晴らしいホテルだなぁと滞在中何度も実感しました。このようなサービスを受けると朝テンションが低めでもなんだか嬉しくなります。

ぜひバリで高級リゾートを検討中の方はコンラッドバリを候補の一つに入れてみてください!きっと今までで一番のホテルステイの思い出を作ることができますよ!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事