全3回に分けてお届けしているコンラッドバリの宿泊記。

3回目に当たる今回はコンラッドバリのプール、プライベートビーチ、レストランについて詳しくご紹介していきますよ!

スポンサードリンク

全3回コンラッド バリ宿泊記

前々回から全3回に分けてコンラッドバリの魅力をご紹介しています。

第1回 コンラッド バリ お部屋のご紹介

第2回 コンラッド バリ 朝食のご紹介

→今回第3回  コンラッド バリ プール、レストランの紹介

スポンサーリンク

コンラッドバリのプール

メインプール

コンラッドバリのメインプールは縦長の大きなプールがあります。綺麗なバニラの木々に囲まれたプールの両サイドにはパラソルとデッキチェアが置いてあります。朝の10時ごろ訪れた際はほとんどデッキチェアが空いていなかったので、プールで1日楽しみたい!という方は朝早めの行動をすると良いですよ。

水深は1.2メートルと意外と深いので小さいお子さんを泳がせる場合は浮き輪などがあると良いかもしれません。無料の貸し出しはありますよ。メインプール付近には「アズール・バー」というレストランがあり、軽食やカクテルドリンクを楽しめるスペースもあります。

 

スイカスティック

タイミングがよければ、スタッフの方がスイカスティックを無料で配るサービスもありました。スイカは水分補給にもなるので嬉しいです。

 

小さめのプール

メインプールの向かい側には小さめのプールがあり、そこから海を眺めることができます。このエリアのデッキチェアはいつも満席の状態でした。

 

浅めの作りをしたプール

もちろん小さい子供でも楽しく水遊びができるように浅めの作りのプールもあり、近くには砂場のスペースもあるので砂遊びもできますよ。こちらのプールはラグーンアクセス付きのプールと繋がっており、お部屋からそのままこちらのプールまで行くことができます。

静かに過ごしたい人はプライベートビーチが断然おすすめ

コンラッドバリは大人向けのラグジュアリーリゾートというよりも、家族連れ向けの高級ホテルなので、日中はどうしてもプール付近は子供のはしゃぐ声がうるさいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にはプライベートビーチ付近でゆっくり自分の時間を過ごすことをおすすめします。

プライベートビーチ

メインプールから歩いて3分ぐらいの場所にプライベートビーチがあり、ここは人が本当に少なく波の音しか聞こえません。

プライベートビーチには南国感あるパラソルとデッキチェアも数カ所置いてあり、デッキチェアの争奪戦になることは少ないです。ここで海を見て、音楽を聴きながら、読書したり、昼寝したり、ボーッとしたり最高の贅沢を味わえます。

ただし、時たまに現地の商売人が近づいてきて、海でアクティビティをしないかと勧誘されることがあるので興味が無い人は無視しときましょう笑

 

海

プライベートビーチの海は海藻が多めのちょっと残念な海です。泳ぎたいのであればプールで泳ぐことをおすすめします。

 

チャペル

ビーチを散歩しているとチャペルのような場所もありました。私がプライベートビーチを訪れた際はビーチ付近で新郎新婦が写真撮影をしていましたよ。

 

プライベートビーチから見える夕焼け

プライベーチビーチから眺める夕焼け空も幻想的で綺麗でした。

プライベートビーチを眺めながらランチ

プライベートビーチでのんびり

プライベートビーチで読書したり、お昼寝をしたらすっかりお昼の時間となってしまったので、ランチを食べることにします。アズール・バーでドリンクとハンバーガーを注文すると、今いるデッキチェアまでデリバリーしてくれました。ありがたい。

 

ハンバーガー

ハンバーガーと海

ハンバーガーは想像以上にボリューミーでこれだけでお腹いっぱいになりました。

パテはつなぎなしの牛肉100%でなかなかおいしかったです。やはり海を見ながら食べる食事は最高ですね。何度も言いますが、プライベートビーチなので人もほとんどおらず、静かな波の聞こえる時間がただ流れているだけ。最高の贅沢です。

夕食はエイト・ディグリーズ・サウスにて

エイト・ディグリーズ・サウス外観

夕食はヌサドゥアにあるレストランで食べようと思ったのですが、ホテルの滞在があまりにも心地良すぎてホテル内にある「エイト・ディグリーズ・サウス」というお肉やシーフード系のお料理が楽しめるレストランでいただくことにしました。コース料理などもありましたが、今回はメニューの中から気になった料理をチョイスして食事を楽しむこととしました。

 

TWO islands白ワイン

最初は白ワインを注文。ウェイターさんおすすめのワインをいただきました。こちらの「TWO islands」ワインはバリ島原産のハッテンワインから販売されているシリーズものです。お値段も非常にリーズナブルだったので、「バリ島のワインって本当においしの?」と半信半疑で注文したのですが、非常に飲みやすかったです。ワインがちょっと苦手な人でも飲みやすい口当たりでした。

 

綺麗に敷かれたテーブルグロス

綺麗にテーブルクロスも敷いてもらいお料理を待ちます。

 

パン

最初に運ばれてきたのは出来立てのパンです。3種類の味のパンがくっついています。やはり出来立てのパンにバターをつけて食べると絶品です。

 

モッツァレラチーズとガーデンサラダ

続いて、モッツァレラチーズとガーデンサラダが運ばれてきました。グリルされたパプリカや緑系のお野菜がたっぷりはいっていておいしかったですよ。日本円で800円ぐらいでした。

 

牛肉のフィレ

メインディッシュは牛肉のフィレ200グラムをいただきます。焼き加減もお好みで選ぶことができ、私はミディアムレアを選択しました。また、ステーキソースも数種類の中から選ぶことができ、私はマッシュルームソースを選びました。

そして、マッシュルームソースがまたおいしいんですよね〜。肉の本来の味を邪魔せずに後からほんのりソースの旨味がやってくるといった感じで普段、濃い目のソースでステーキを食べる私にとっては新しいステーキの食べ方を学びました笑

お値段は日本円で3000円程度でした。

コンラッドバリ最後の夜はラウンジで旅の余韻に浸る

ハッピーアワーメニュー

長かったバリ旅行も最後の夜となりました。最後の夜はロビーラウンジでカクテルを飲むことにします。ロビーラウンジで毎日21:00~22:00の間、ハッピーアワータイムを実施しており、対象のカクテルやソフトドリンクが表示価格の半額で飲めるのでおすすめです。

 

モヒート

写真を撮り忘れしまいましたが、ドリンクを注文するとえびせんのようなスナックもついています。そして、私はモヒートを注文しました。ちょっとアルコール強めかなと思いました。

また、ラウンジは外にあることから席に座るとスタッフの方が虫除けスプレーを渡してくれました。このような小さな気遣いは嬉しいですよね。

コンラッドバリはまた再訪したいと思える数少ないホテル

ガーデン

全3回に分けてコンラッドバリの魅力についてご紹介してきました。コンラッドバリは比較的リーズナブルな高級ホテルながらも一流のサービスを提供しているホテルだと思います。スタッフの方一人一人の笑顔に癒され、また再訪したいと心から思えるようなホテルになりました。

バリには数多くの高級ホテルがあり、どこに滞在しようか悩んでいるのであればぜひコンラッドバリに滞在してみてください。あなたにとって、かけがえのない思い出をきっと作ってくれますよ。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事