今回はエバー航空(EVA AIR)の受託手荷物と機内持ち込みのルールを徹底解説していきます!

この記事を読むことで、搭乗日に空港チェックインカウンターでの手荷物に関するトラブルを防いだり、スムーズにチェックインを済ませて飛行機に搭乗することができます!

荷物をパッキングする前にぜひこの記事を読み進めてください!

*こちらの記事は日本⇄台湾路線を中心に作成しています。予めご了承ください。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

夕焼けに写る飛行機

まず、受託手荷物のルールについて確認していきましょう。

エバー航空の受託手荷物の規定サイズは三辺の合計が158cm以内とされています。

そして、日本⇄台湾路線の場合、エバー航空の無料受託手荷物は重量制です。重量制とは、例えばエコノミークラスのスタンダード運賃で申し込みをした場合、無料の受託手荷物は30kgまでとなっていますが、30kgを超えなければ複数手荷物を預けて大丈夫ということです。

 

受託手荷物重制のルール

 

図で表すと、このような組み合わせができるということですね。ただし、エバー航空の公式サイトを見てみると1個当たりの最大重量の目安は20kgであると記載されているので、手荷物が20kgを超えそうであれば、超過分を他の手荷物に移し複数手荷物を預けることをおすすめします。

また、搭乗クラス、運賃名称、予約クラス別に細かく無料手荷物の許容量を表にまとめてみました。

搭乗クラス運賃名称予約クラス無料手荷物許容量
ビジネスクラス,
プレミアムローレル,
ロイヤルローレル
アップ,
スタンダード,
ベーシック
C,J,D40kgまで
プレミアムエコノミーアップ,
スタンダード,
ベーシック
K,T,L,P35kgまで
エコノミーアップB, Y 35kgまで
エコノミースタンダード,
ベーシック
Q, H, M,
V,W,S
30kgまで
エコノミーディスカウントA20kgまで
座席を利用しない幼児(全クラス)10kgまで

また、無料の受託手荷物を超過するといった場合も追加料金を支払うことによって手荷物を預けることが可能です。

例えば、日本⇄台湾線を利用される場合、超過重量1kgにつき、15USD発生します。また、予め無料の受託手荷物の重量が5kg以上超える恐れがあると分かっていれば、事前購入で5kgごと67.5USDで購入することができるので、空港チェックインカウンターで5kg購入するよりも、10%ほどお得に購入できるのでおすすめですよ。

そして、超過手荷物の事前申し込みをする場合、払い戻し手数料は無料とされているのでとりあえず、5kgまでの超過手荷物を購入しておいて、必要が無くなった場合は払い戻すことも可能です。

スポンサーリンク

受託手荷物および機内持ち込みができない手荷物

航空法やエバー航空のルールにより、受託手荷物および機内持ち込みができない手荷物は以下の通りです。

圧縮ガス:缶入りブタン、スキューバ用酸素ボンベ、アクアラングシリンダー、塗料スプレー、殺虫剤、プロパンガス、水素ガス、アセチレン、酸素ボトル、液体窒素など。

腐食物:酸、アルカリ、水銀、および水銀を含む製品、湿式バッテリーなど。

爆発物:弾薬、花火、爆竹など 。

可燃性物質:灯油(灯油ストーブ)、軽油、青炎/シガーライター、マッチ、ペンキ、シンナー、ライター、加熱装置の付いた食事やそれに関連する固形燃料。
放射性物質。
アラーム装置が内蔵されたブリーフケースおよび付属ケース。

酸化物質:漂白剤、過酸化物など

毒物および感染性物質:ヒ素、除草剤、殺虫剤、ウイルスなど

その他危険物:アスベスト、磁気性物質、刺激物や凶器(催涙ガス、ペッパースプレー、スタンガン、テイザー銃など)

*下記一覧も合わせてご確認ください。

出典:エバー航空公式サイト

 

スポーツ用品について

スポーツ用品も受託手荷物として預けることは可能です。

預けれられるスポーツ用品は以下の品目となっており、以下に記載されていないスポーツ用品を預ける場合は、エバー航空のカスタマーサポートセンターへ事前に問い合わせてみることをおすすめします。

また、預けれられるスポーツ用品のルールはスポーツ用品によってこと細かくルールが規定されており、こちらで全てご紹介するのは難しいので、エバー航空の公式サイトをご参照していただけたらと思います。

【預けるこのできる品目】
釣り道具、アーチェリー用品、自転車、ボーリング用品、カヌー用品、ゴルフ用品、ハンググライダー用品、スキューバダイビング用品、スキー/水上スキー用品、競技用の銃・弾薬、サーフボード/ウィンドサーフィン用品

また、スポーツ用品の場合、重量制でサイズ超過による追加料金は発生しないので、例えば、サーフボード等を預ける際に標準の規定サイズである三辺の合計が158cmを超えた場合でも追加料金は発生しません。

機内持ち込みのルール

飛行機に搭乗する乗客

次に機内持ち込みのルールを確認していきましょう。

エバー航空の機内持ち込みのルールは3辺の合計が115cm以内の7kgまでの手荷物を預けることが可能となっています。三辺の合計が115cmということは、Sサイズの標準のキャリケースであれば機内に持ち運ぶことが可能です。

また、機内持ち込みができる個数は搭乗するクラスによってルールが異なります。以下の表をご覧ください。

予約クラス機内持ち込み可能な個数
ロイヤルローレルクラス
プレミアムローレルクラス
ビジネスクラス
7kg以内の規定サイズ範囲内で2個まで
プレミアムエコノミークラス
エコノミークラス
7kg以内の規定サイズ範囲内で1個まで

機内持ち込みの手荷物以外にも身の回りの品(ノートPC,ハンドバッグ)等は、持ち込み個数にカウントされないので、
キャリーケースとハンドバッグといった組み合わせももちろん可能です。ただし、三辺の合計が80cm以内のものとされているので機内に持ち込む際に大きさに不安がある人は、事前に空港チェックインカウンターで測ると良いでしょう。

よく忘れがちなポイントとなりますが、空港の制限エリア内でお買い物を予定されている場合、免税品を購入してしまうと機内持ち込みの手荷物が増え、場合によっては機内に手荷物を持ち込むことができない場合もあるので、手荷物の個数は事前に把握してからお買い物をするようにしましょう。

液体類の持ち込みについて

液体類の持ち込みについては厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。

バッテリー種類100 Wh/リチウム含有量2g未満100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
携帯用電子機器(スマホ,PC,ビデオカメラなど)
機器,に装着されたバッテリー
お一人様最大15個まで
(受託手荷物可能)
お一人様最大2個まで
(機内持ち込みのみ可能)
不可
予備バッテリーお一人様最大15個まで
(受託手荷物可能)
お一人様最大2個まで
(機内持ち込みのみ可能)
不可

その他のリチウムバッテリーの含まれている品目について詳しい情報を知りたい方はエバー航空の公式サイトをご確認ください。

台湾で通信無制限のインターネットやSNSを楽しみたいなら「台湾DATA」が断然おすすめ

海外旅行をすると普段以上にネットを利用する方が多いと思うので通信制限が来ないか心配になられる方は多いと思います。

そんな時におすすめの海外レンタルWiFiが「台湾DATA」です!

なんとこちらのWiFi1日たった590円で4G/LTEのWiFiを無制限で利用することができるんです!業界大手の通信会社でも真似することができない破格の価格設定となっています。

また、同時に5台まで接続できるので、ご家族、ご友人などのスマホとまとめて接続をすれば一人一台WiFiをレンタルするよりも断然お得!2人で利用すれば1日たったの280円でWiFiを無制限で利用できるなんて衝撃的な価格ですよ!

これなら、現地で通信制限を気にすることなくSNSの投稿だったり動画の再生を楽しめますよね。

WiFiの受け取り方法は、渡航前日までに送料無料で自宅までお届けまたは空港で直接受け取りかのどちらかを選択することができます。渡航前日までに自宅に届けてもらえば、空港でWiFiの受け取りのための長蛇の列に並ぶ必要も無く、スムーズに飛行機に搭乗することができます。まだ渡航日まで余裕のある方はWiFiを自宅に届けてもらうことをおすすめします!

ぜひまだレンタルWiFiをどこで予約するか検討中の方は通信無制限の「台湾データ」も一つの候補として検討されてみてはいかがでしょうか?

台湾DATAの詳しい情報はこちらから

エバー航空を利用して台湾へ行こう!

台北101と台北市内の風景

今回はエバー航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールを徹底解説してきました。エバー航空は大手航空会社ということもあり、無料の受託手荷物や機内持ち込みのルールがLCCに比べて優しいです。

ぜひ、エバー航空を利用して素敵な空の旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前に、エバー航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事