【最新版】エクスペディアのキャンセル方法と予約確認を徹底解説

エクスペディアの予約キャンセルが決まったら早急に動き出しましょう。キャンセル手続きを後回しにしていると、戻ってくるはずだったキャンセル料も戻ってこず、大損してしまう恐れがあります。

そのような事態に陥らないためにも、エクスペディアのキャンセル方法について詳しく解説していきます。

また、記事後半では、ホテルのキャンセルを頻繁にする方におすすめのホテル予約サイト「ブッキングドットコムの魅力」について簡単にご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

エクスペディアのキャンセル方法

ここでは、エクスペディアのキャンセル方法を詳しく解説していきます。

エクスペディアトップページ画面

まずは、エクスペディアのログインを済ませた状態にしてください。ログインした状態で、トップページの「予約の確認・管理」の旅程をクリックします。

予約したホテル一覧画面

すると、このようなページが出てきます。予約されたホテル一覧が表示されるので、キャンセルしたいホテル名をクリック。

予約したホテルの詳細情報がわかる画面

その後、ホテルの予約詳細が分かるページに移動するので、「予約をキャンセル」をクリックし、次に進みます。

また、こちらのページで予約詳細を確認することもできます。

ホテル予約キャンセル画面

次のページに進むと、ホテルのキャンセル規約ページが出現します。

ここで、予約キャンセル不可のプランを申し込まれた方は、明確なキャンセル料金が表示され、キャンセル後、キャンセル料金を差し引いた金額がご自身のクレジットカードに払い戻しされます。

キャンセル理由を選択したら、この部屋をキャンセルをクリック。

キャンセル完了画面

このようなページが出現すれば、正常にキャンセルが完了されたということになります。

登録したメールアドレスに来るキャンセル通知

また、ご自身の登録されているメールアドレスにもキャンセル通知のメールが届きますよ。

お疲れ様でした!

スポンサーリンク

キャンセルを頻繁にするならブッキングドットコムを使った予約がおすすめ

セブ島の海

ホテルのキャンセルを頻繁にされる方は、今後エクスペディアの利用は極力避けた方が良いでしょう。

というのも、エクスペディアはキャンセル料無料のプランが少ないことや、キャンセル不可のプランをキャンセルしたい場合は、宿泊料金の100%請求されるなど、柔軟なホテル選びをしたいと考えている方にとっては不便なサイトです。

柔軟にホテル選びをしたい!という方は「ブッキングドットコム」の利用がおすすめ!

ブッキングドットコムは、海外ホテル予約サイトの中で最もキャンセル料無料のプランが多く、柔軟にホテル選びをすることができます。

ブッキングドットコムホテルキャンセル画面

また、キャンセル料無料の期限を過ぎても、一定の金額だけ請求されるのもブッキングドットコムの良い点ですね。(キャンセル不可のプランもあります。)

ここまでブッキングドットコムの魅力について色々とご紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

ブッキングドットコムは、エクスペディアのようにホテルの宿泊料金が安くなるクーポンの配布をしておらず、エクスペディアに比べると1泊当たりの宿泊料金は高い傾向があります。

しかし、ブッキングドットコムには「ジーニアス会員」というものが存在し、会員になるとビジネスホテルから高級ホテルまで通常価格よりも10%~15%程お得に予約できるようになります。ただし、会員になるためには、2年間でホテルに3滞在する必要があります。

ジーニアス会員についての詳しい情報は以下の記事を参考にしてください。

ブッキングドットコムカードを発行すれば、無条件でジーニアス会員の資格を与えられます。ブッキングドットコムカードの詳しい情報は以下の記事をチェック!

エクスペディアのキャンセルルールはちょっと厳しめ

落ち込んでいる女性

エクスペディアは格安でホテルを予約することができますが、キャンセル料無料のプランが少なく、柔軟なホテル選びをすることが少し難しい予約サイトです。

一方で、先ほどご紹介したブッキングドットコムは、エクスペディアに比べ、ビジネスホテルから高級ホテルまで様々なホテルでキャンセル料無料のプランを提供しているので、柔軟なホテル選びをしたい方にぴったりのホテル予約サイトです!

泊まりたいホテルが決まっていて、そのホテルを安い価格で宿泊したい方はエクスペディア

泊まりたいホテルが決まっておらず、旅行前までホテルの変更が柔軟にできるような状態が良いという方はブッキングドットコムを利用するようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事