【フォーシーズンズホテルソウル宿泊記】客室や朝食の様子を徹底解説!

ソウルには様々な高級ホテルがあり、日本よりもお手頃な価格で宿泊できます。

今回は2015年に開業したフォーシーズンズホテルソウルの宿泊記をお届け。お部屋の様子から朝食、バーまで徹底レビュー。

フォーシーズンズホテルソウルに宿泊するか悩んでいる方に参考になる情報をたくさんご紹介しています!

ソウルのホテル選びの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

フォーシーズンズホテルソウルにチェックイン

ロビーの雰囲気

いよいよ、フォーシーズンズホテルソウルにチェックインです。ちょうどクリスマスイブだったということもありロビーはクリスマスムードでいっぱいでした。

 

ソウルの有名な遺跡で発掘されたもの

フォーシーズンズホテルソウルの周辺はソウルでも有名な遺跡が残されていた場所らしく、ホテルの所々に遺跡で発掘された遺物が展示されています。

 

ロビーに置いてあった暖炉

ロビーには暖炉が置いてあります。日本よりも極寒のソウルには必需品です。

ロビーは大変混み合っていましたが、スムーズにチェックインを済ますことができました。いよいよお部屋に突入です!

スポンサーリンク

フォーシーズンズホテルソウル デラックスルーム

フォーシーズンズソウルの客室

客室に入った瞬間、このホテルは間違いないなと確信しました。

ホワイトやパステルカラーを基調としたモダンな空間はフォーシーズンズらしい客室です。その中にも所々に韓国の伝統的な器やインテリアを配置し、ラグジュアリーな空間を演出しています。

 

ベッド周り

ベッド周りもハイセンスです。派手過ぎずチープ過ぎず絶妙な設計。ベッドのシーツもしっかり伸びきっていてベッドダイブが勿体無いくらい清潔でした。

ベッドの横にはipadが設置されています。ipadの中にホテル内の情報やレストランの予約などができるようになっていました。

シンク代わり

シンク周りは今まで宿泊してきた高級ホテルの中でもダントツで好み!

洗面台はダブルシンクになっており、便利です。また、中央の鏡の中にはなんとテレビが埋め込まれています。

 

バスルーム

お風呂はシャワールームとバスルームが独立しています。バスルーム全体にイタリア製の大理石を使用しているので、高級感があります。シャワールームにはヘッド式のシャワーとこちらの写真では見えづらいですが、レインシャワーも付いていました。

 

バスタブ

また、バスタブは深めの作りで、大人2人が同時にお風呂に使っても十分な大きさです。また、写真の上に見える器の中にはバスソルトが入っています。

 

独立したトイレ

トイレも独立で用意されています。トイレの中に手洗い場があったのはちょっと驚き。日本のホテルではスイートルームなどにしか設置されていないので初めての経験でした。

 

アメニティ

アメニティはLORENZO VILLORESI FIRENZE(ロレンツォヴィロレーシ)イタリアの香水ブランドです。匂いは独特の香りで好き嫌いが別れるかもしれません。ちなみに、フォーシーズンズホテル京都でも同じアメニティを利用しています。

 

歯ブラシや髭剃りなど

歯ブラシや髭剃りなどを引き出しの中にキレイにまとまっています。

 

ウォークインクローゼット

こちらのお部屋はスタンドルームよりもワンランク上のデラックスルームだったということもあり、ウォークインクローゼットがありました。私の持ってきたキャリーケースもすっぽり置けるほど広い作りです。

 

ウェルカムギフト

ウェルカムフルーツとウェルカムギフトのプレゼントもいただきました!ウェルカムフルーツはみかん、ウェルカムギフトはシナモンケーキでどちらも美味しかったです。

 

デスク周り

デスク周りもキレイにまとまっています。デスクもレザーを使っているので高級感が増します。

 

ゆっくりとくつろげるソファー

デラックスルーム以上のお部屋には、ゆったりとくつろげるソファーもあります。大人一人が横になっても十分寝れる大きさだったので、デイベッドとして利用するのも良いかもしれませんね。

 

ミネラルウォーターや湯沸かし器

ミネラルウォーターや湯沸かし器が置いてあります。ミネラルウォーターはターンダウンを含めて1日6本程度提供されました。

 

冷蔵庫

冷蔵庫の中にはぎっしりと有料のドリンクが入っていました。これだけ有料のドリンクで冷蔵庫を占領されてしまうと、自分で買ってきた食べ物やドリンクを冷蔵庫にたくさん入れることができないので苦労しました..

 

スナック類

スナック類も種類多めです。値段が高すぎて食べませんでしたが...

 

ネスレのコーヒーマシーン

ネスレのコーヒーマシーンも設置してありました。ボタン一つで淹れたてのコーヒーが飲めるって幸せです。

 

ルイロデール・ブリュット

夜は日本から持参してきたルイロデール・ブリュットをお部屋で開けてゆっくりホテルでの時間を楽しみました。

フォーシーズンズホテルソウルの朝食は品揃え良し、味良しで大満足!

朝食会場のTHE MARKET

朝食会場はホテルの地下1階にある「THE MARKET」でいただきました。入り口で従業員の方が席まで案内していただき、コーヒーか紅茶を注文します。飲み物が届くまでに好きな料理をとりますよ~

 

パンやマフィン

パンやマフィンの品揃えも多いです。

 

サラダ類

サラダの種類も多くベジタリアンの方でも満足のいくラインナップです。

 

韓国料理

韓国料理の品数も豊富でキムチから海苔巻き、プルコギ(韓国風すき焼き)まで幅広いラインナップでした。どのお料理も上品な味付けで濃すぎず薄すぎず絶妙なバランス。

韓国のキムチはもちろん本場ということもあり、辛いのは当然なのですが、十分にキムチを寝かせ発酵しているので若干酸っぱい感じがするんですよね。これがまたおいしいんです。

 

取ってきた料理

いつも以上に多めにとってしまいました笑

今までビジネスホテルから高級ホテルまで様々なホテルの朝食を食べてきましたが、ソウルのホテルの中で一番品数も多く、一番美味しいと思います。

ただ品数や味が良いだけでなく、宿泊者の宗教に合わせた料理を提供しているという点も他のホテルには見られない魅力的なポイントだと思います。

フォーシーズンズホテルソウルの隠れ家バーにも行ってみた

フォーシーズンズソウルのバー

フォーシーズンズホテルソウルのバーはソウルのホテルバーの中でもトップクラスという情報を聞いたので、せっかくホテルに滞在しているので利用せねば!と思い、バーも利用してみました!

ちなみに、こちらのバーは韓国ドラマのロケ地としてよく利用されており、2021年だとソン・ジュンギ主演のヴィンチェンツォのワンシーンでも利用されていました。

 

LL階の静かな一角

また、このバーの面白い点はホームページを見ても「LL階の静かな一角」としか書いておらず、初めてホテルを訪れた人にはバーの場所が絶対分かりません。

遊び心のあるコンセプトで良いと思います。

で、実際どこにバーはあったのかネタバレしてしまうと、地下1階の朝食会場のあるTHE MARKETの側にありました。

ただの扉

バーという標識もなく、従業員や清掃員が利用するような扉だと思ったのですが、扉を開けてみると、

 

バー内観

ニューヨークのバーを連想させる、おしゃれなバーがありました!こちらのバーはチャージ料で一人当たり2500円程度かかるのですが宿泊客はチャージ料が無料です。

 

ウェルカムシャンパン

ウェルカムドリンクとしてシャンパンをいただきました。グラスがとってもおしゃれ!シャンパンの銘柄はアシアナ航空のビジネスクラスで提供しているシャンパンと同じだったと思います。

 

注文したカクテル

ドリンクはモヒートを注文。そこまでアルコールは強くなく、時間をかけて美味しく飲むことができました。

バーは噂通りおしゃれな空間でした。ただ、バーの雰囲気と店内に流れていた音楽が完全にミスマッチで早く部屋に戻りたいという気持ちに....

雰囲気が良くてもBGMが悪ければ雰囲気が台無しですよね。また、スタッフの方の接客も非常に冷たく、海外のバーってこんな接客するの?という気分になり少々残念でした。

フォーシーズンズホテルソウルのアクセス方法

フォーシーズンズホテルソウルは地下鉄5号線 光化門駅より徒歩2分程度で到着する距離にあります。地下鉄5号線は金浦空港にも繋がっており、少し時間はかかりますが乗り継ぎなしで光化門駅に向かうことができます。

ホテル近くにはソウルの観光名所として有名な光化門や世宗像などがあり、ソウルの人気エリアである明洞やホンデなどに行くにも大変便利な立地です。

ホテル周辺にはコンビニや飲食店、カフェなども数多くあり、最高のロケーションに位置しているラグジュアリーホテルです。

フォーシーズンズホテルソウルはおすすめです!

フォーシーズンズソウルの外観

今回はフォーシーズンズソウルのお部屋や朝食、バーなどをご紹介してきました。フォーシーズンズソウルは2015年にできたということもあり、清潔感があり快適に滞在することができます。

特に朝食はソウルナンバーワンと言っていいほど、クオリティが高いので宿泊する際はぜひ朝食を付けたプランで予約することをオススメします。

今回はあまり時間がなく、フィットネスルームやプールなどに行くことができなかったので来年の夏ぐらいにまた再訪したいなぁと考えております。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事