日本の旅館で唯一フォーブス・トラベルガイドで5つ星を獲得した高輪 花香路(たかなわ はなこうろ)。

都心いながらも旅館ならではの上質な空間を過ごせます。また客室も全16室と小規模な規模のため、人目を気にせずゆっくりと滞在したいという方にぴったりです。

そこで今回は高輪 花香路のお部屋の様子からラウンジ・朝食の様子まで徹底レビュー。

都内のホテル選びで悩まれている方、花香路への宿泊を迷われている方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

チェックイン

グランドプリンスホテル高輪の1階ロビー階に「高輪 花香路」のエントランスがあります。エントランス奥に進むと、エレベーターがあり、花香路が位置する別館の4階~5階に上がります。エレベーターはカードキーがなければボタンが押せないため、ホテル到着後スタッフの方に花香路への宿泊の旨を伝えるとスムーズに旅館へアクセスできますよ。

 

チェックインはラウンジ桜彩または客室で行います。今回は客室で行うことに。

お部屋の椅子に腰掛けながら、チェックインの手続きを済ませます。

スタッフの方は気さくな上に礼儀さもあり好印象を持てました。チェックインの手続きを終えると、ウェルカムドリンクとウェルカムスイーツを運んできてくれます。ウェルカムスイーツは冷えた玉露の緑茶。ウェルカムスイーツは練りきり。

どちらも上品なお味で大満足です。

スポンサーリンク

和室B 野牡丹のお部屋

今回は、和室Dの一番リーズナブルな価格のお部屋を予約していましたが、旅館側のご好意により、和室Bへ2ランクアップグレードいただきました。

和室Dのタイプだとお部屋の眺望はあまり期待できないのですが、和室B日本庭園ビューのお部屋になります。

お部屋の広さは59.9m2とゆったりとした作り。お部屋全体から畳の匂いが漂い、「旅館に来た!」という感覚にさせてくれます。畳なので靴を脱いで素足でくつろげるのでなかなか居心地が良いです。小さいお子さんを遊ばせるにもぴったりだと思います。

ベッドはセミダブルサイズのツインタイプ。程よく硬めのマットレスで熟睡できました。布団だと寝付きが悪いのでベッドは嬉しい◎

 

お部屋には生花も置かれています。ふつくしい。。

 

旅館らしく浴衣も用意されています。花香路館内・ラウンジを利用される場合、浴衣で入れます。

 

足袋の用意も。

 

テレビは50インチほどのSONY製の液晶テレビ。日本のテレビ番組に加えて海外のチャンネルはCNNのみという設定。YouTubeやNetflixといった配信コンテンツは残念ながらありませんでした。

 

客室の片隅には空気清浄機の用意もあります。コロナ対策もバッチリ。

 

窓側のお部屋には、ソファ席が用意されており、こちらで朝食などをいただきました。

 

窓からは日本庭園を眺められます。四季によって様々な変化を楽しめる眺望ですね。とくに紅葉シーズンになるとより一層美しさを増すはずです。

 

お部屋にはネスプレッソマシーンの用意もあります。

 

コーヒーカプセルの種類は全4種類。

 

お茶は煎茶とほうじ茶のティーパックが一つずつ入っていました。ほうじ茶がとっても美味しかったです◎

 

シャンパングラスやワイングラスも事前に用意されています。

 

お次は水回りを見ていきましょう。水回りも清潔感があります。ただ少し天井が低く、圧迫感あり。また、段差もあるため、お年寄りの方が宿泊される場合は注意が必要。ここはちょっとマイナスポイントでした。

 

シンクの引き出しを開けると、箱に収納されたアメニティ類が用意されています。パッケージのデザインがとってもオシャレ。

基礎化粧品については、リクエストすればいただけるそう。私の場合、一休ダイヤモンド会員の特典として、MIKIMOTOの基礎化粧品セットをチェックインの際にいただきました。

 

バスアメニティはオーストラリアのメルボルン発祥のブランドGROWN ALCHEMIST(グロウン・アルケミスト)。柑橘系の香りがして、男性・女性問わず使いやすいバスアメニティだと思います。

バスアメニティの手前にあるものは、入浴剤です。

 

バスローブの用意も。写真を撮り忘れしまったのですが、右横がバスルームとなっています。

洗い場付きのお風呂となっており、日本人に使いやすい設計です。バスタブも底が深く肩までゆったりと浸かれます。ただ、大きさが小さめとなっており、体の大きな男性の方だと窮屈に感じるかもしれません。

ラウンジ 桜彩(おうさい)

花香路の宿泊客は全員無料で「ラウンジ桜彩」を利用できます。フードプレゼンテーションは1日全4回用意されています。

タイムテーブルは下記の通りです。

フードプレゼンテーションスケジュール
・朝食(7:00~10:00)
・ティータイム(10:00~17:00)
・カクテルタイム(17:00~19:00)
・ナイトキャップ(19:00~22:00)

チェックイン後、すぐにラウンジを訪問してみました。こじんまりとした空間ですが、和を感じる素敵な空間です。

 

奥にはゆったりとくつろげるソファ席の用意もあります。私は終日こちらのソファ席を利用してお茶菓子や軽食をいただきました。

 

所々に和を感じさせる画が飾られています。

 

ソファ横に置いてある盆栽も空間に溶け込んでいてオシャレ。

 

カクテルタイムに関しても緊急事態宣言下に利用したため、ラウンジでのアルコールの用意はなしでした。代わりにシャンパン、赤ワイン、白ワインの中から好きなアルコールをボトルごといただきました。

 

今回はシャンパンを選択。すると、スタッフの方から「シャンパンをフルボトルで飲まない場合はハーフボトルを2本お渡しすることも可能です」とご提案いただきました。粋なはからいに甘えてハーフボトルのシャンパンを2本いただくことに。

個人的にはラウンジで飲むよりもお部屋でゆっくりお酒を楽しむ方が好きないので嬉しかったです。

 

銘柄は「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド・ブリュット」
ハーフボトルだと1本3000円程度するシャンパンです。辛口の飲み心地で王道のシャンパンといった味わい。

 

さて、ラウンジの紹介に戻りましょう。小包されたお菓子類もちょこっとだけ用意されています。都内の高級ホテルのクラブラウンジと比較するとやや品数は少なめ。

 

ただ、ティータイムになるとプレート式のお茶菓子セットをいただけます。ドリンクは和菓子に合う緑茶や抹茶などを選べました。マカロンやグランドプリンスホテル高輪のペストリーショップで販売されている1個300円程度のチョコレートなどワンランク上のお茶菓子をいただけます。

 

ラウンジでくつろいでいるうちに、カクテルタイムに。カクテルタイムでは、お酒に合うお料理がプレート形式で提供されます。どのお料理も一つ一つ丁寧な味付けで美味しかったです。

ただ夕食代わりにはならない量のため夕食は別途で取ることをおすすめします。あくまでもお酒のおつまみといった量です。

インルームダイニング

一休ダイヤモンド会員特典を利用し、グランドプリンスホテル新高輪の中華レストランからチャーハンを注文しました。

あっさりとした味付けの蟹チャーハンはとっても美味しかった◎
付け合わせのザーサイもクセが強くなく、あっという間に完食。チャーハン一つで2850円ぐらいのお値段でした。

宿泊者はプリンスホテルのラウンジホッピングの利用が可能

花香路に宿泊すると隣接するグランドプリンスホテル高輪・新高輪、ザ・プリンス さくらタワー東京のクラブラウンジを利用可能です。系統の異なるホテルラウンジを計4つ利用できるとはなかなかの太っ腹。ちなみに、花香路のラウンジ桜彩は花香路宿泊客専用のラウンジになっており、他のプリンスホテルの宿泊客は利用できません。

それぞれのラウンジは花香路から徒歩5分程度でアクセス可能です。

カクテルタイムの時間に全てのラウンジを訪問したので簡単に紹介します。

ザ・プリンス さくらタワー東京はマリオットホテルのグループでもあるため、外資系の色を感じやすいラウンジの空間でした。

料理の品数については少なく、冷たいお料理が多い印象です。ラウンジでお酒が飲めない代わりにフードの量を増やしても良いのではと思いました。個人的に満足度は低め。

 

グランドプリンスホテル新高輪のクラブラウンジも品数が少ない印象。ただエビチリは本格的で非常に美味しかったです。

 

一番満足度の高かったラウンジはグランドプリンス高輪でした。お肉系の料理が豊富でちょっとした夜ご飯代わりになるようなメニューが多くあります。

 

豚の角煮はかなり美味しかったです。生ビールと飲めば最高なはずです。

花香路以外のラウンジを3つ訪問してみて、各ラウンジごとに料理やドリンクはそれぞれ異なりました。もし「時間に余裕は無いけどラウンジホッピングをしてみたい」という方はグランドプリンスホテル高輪のクラブラウンジのみの利用で十分だと思います。

朝食

朝食は、客室もしくはラウンジでいただけます。

今回はお部屋でいただくことにしました。前日にあらかじめ、朝食の時間を伝えておきます。ちなみに、花香路の場合は和朝食のみの提供となっています。ご飯に関しては、白米もしくは、おかゆのどちらかを選択可能。

 

リクエストしていた時間の少し前にスタッフの方がやってきて、料理のセッティングをしていただきます。

 

朝食のお品書きはこちら。二重の箱を開けてみると、、

 

さつま揚げや鮭などおいしそうな和食のメニューが入っていました◎
また、ご飯のお供に最適な漬物や佃煮などの種類が豊富で、朝からご飯がすすみます。

どのお料理も上品な味付けになっており、朝から幸せな気分にさせてくれる朝食でした!

一休ダイヤモンド会員特典

今回は一休.com経由で予約しました。
一休.comのダイヤモンド会員だと下記の特典を受け取れます。

一休ダイヤモンド会員特典
・レイトチェックアウト14時まで
・館内で利用できる3000円のホテルクレジット
・スキンケアセット
・ウェルカムギフト

レイトチェックアウトが14時までとホテルクレジット3000円分はかなり嬉しい特典♪

アクセス

花香路までのアクセスは品川駅から徒歩10分程度の距離です。ホテルまでは急な坂道があるため、徒歩でのアクセスはおすすめできません。土・日曜日のみグランドプリンス高輪の無料シャトルバスの運行があるため、土日に宿泊される方はシャトルバスの利用をおすすめします。

またコンビニや飲食店に行く場合は、急な坂道を降っていかなければならないため、チェックイン前に必要な飲み物や食べ物は用意してからホテルへ向かうことが個人的には良いと思います。

まとめ

今回は高輪 花香路の宿泊記をお届けしてきました。

花香路は都心にいながらも本格的な旅館の雰囲気を味わえます。「箱根や熱海の旅館行く時間がないけど、旅館でゆっくりしたい」という方には特におすすめです。

また、宿泊客は花香路のラウンジだけでなく、グランドプリンスホテル高輪・新高輪、ザ・プリンス さくらタワー東京各ホテルのクラブラウンジを利用できる点も良かったです。

ぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか。

併せて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事