JALビジネスクラス搭乗記|羽田⇄シンガポール線(SKY SUITE Ⅲ)【2023年版】

JALのビジネスクラスに搭乗して、羽田からシンガポールへ行ってきました。
今回はコロナ後のJALビジネスクラスの搭乗記をおとどけしていきます。

「ビジネスクラスのシートはどんな感じ?」「機内食やアルコールのクオリティは?」などなど、気になるポイントをわかりやすくまとめましたので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

結論、ビジネスクラスはやっぱり最高でした!

この記事を書いた人

Yusuke

  • ブログ歴4年
  • 年間10回以上、マイルやポイントだけでラグジュアリーな旅を楽しむ
  • 国内シェアNo1のレンタルサーバー会社「Xserver社」より当ブログご紹介
  • Twitterでホテルや旅のお得情報を日々発信中!ぜひフォローお願いします!
  • プロフィールの詳細はこちら

JALビジネスクラスへチェックイン

東南アジア路線に搭乗するのは、2020年の1月に渡航したバンコクぶりです。
コロナウイルスの影響で、海外へ渡航する機会がずいぶん減りましたが、ようやく大好きな東南アジアへ行けます!

チェックインはビジネスクラス専用のチェックインカウンターにて。
平日の利用ということもあり、あまり混雑しておらず、スムーズにチェックインできました。

今回の航空券ですが、アラスカ航空のマイルを利用して予約。
日本→東南アジア路線だと、片道わずか25,000マイル+40ドル程度で発券できるので、超絶お得!

ただし、2022年12月下旬より、JALやキャセイパシフィック航空のマイル数に変更があると、アラスカ航空の公式サイトから発表されているので、今後どの程度マイル数がアップするのか気になるところ。

大改悪だけはやめてほしいものです...

スポンサーリンク

JALラウンジへ

出国審査を終え、搭乗時刻まではJALラウンジでくつろぐことにします。

JALラウンジの仕様もコロナ以前に比べると随分変化していて、料理の注文は専用のアプリから注文する仕様になっていました。

料理が完成すると、スマホにプッシュ通知が届き、提供台に取りにいくスタイルです。

Yusuke

ビュッフェ形式ではないのが残念...
フードロス問題、予算をかけて制作したアプリといった点を踏まえると、ビュッフェ形式の提供スタイルは、もう戻らないかもしれませんね...

アルコールに関しては、自分でピックアップする仕様です。

専用アプリから好きなものを注文できる

注文できるメニューは、午前の時間帯ということで、朝食メニュー中心でした。

今回は和食御膳とオリジナルビーフカレーを注文。

サクララウンジといえば、JAL特製オリジナルビーフカレー!
程よいスパイシーさにお肉がごろっと入っていて、やみつきになる美味しさ!

サクララウンジを訪問した際は、絶対に食べていただきたい1品です。

最新のJALサクララウンジの様子は下記記事でまとめているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

JALビジネスクラスに搭乗

いよいよ、シンガポールへ向かいます!

フライト情報は下記の通り。

フライト情報

便名:JL37便
路線:東京(羽田)→シンガポール(チャンギ国際空港)
フライト時間:7時間20分
使用機材:B787-9
ビジネスクラスシート:JAL SKY SUITE Ⅲ

JALビジネスクラス SKY SUITE Ⅲのシート

こちらがJALSKY SUITE Ⅲのビジネスクラスシートになります。

配列は1-2-1。
全席から通路へのアクセスが可能なので、隣の人を気にせず、移動できるのが便利。

2016年から各機材に導入されて以降、東南アジア路線を中心に導入されているシートです。

Yusuke

2022年現在、一部国内線のクラスJ席として開放されていることもあり、目にされたことも多いのではないでしょうか。

座席は個室のようなプライベートが保たれた空間になっています。
席から窓の距離が離れているため、外の景色を楽しみにくいのが難点。

お隣にはルフトハンザ航空のA350が駐機していました。
JL37便の出発後、ミュンヘンへ行くようです。

シートを倒すとフルフラットになるので、体を横にして睡眠を取れます。

身長172cmの私でも、足を思い切り伸ばして睡眠を取れました。
ただ、シートの幅は狭めなので、寝返りをするのは難しいです。

通路から見たビジネスクラスの座席。

画面は17インチのタッチパネル式大型モニター。
大画面で迫力のある映画を楽しみます。

小型モニターもあり、こちらを使って、画面操作することも可能です。

座席にはあらかじめ、アメニティセットやまくら、ブランケットなどが用意されています。

ハンガーも用意されているので、お願いすれば、スーツやジャケットも預かってもらえます。

アメニティはふかふかのスリッパとポーチ。

ポーチの中は開けてみると、歯ブラシや耳栓、アイマスクなどが入っていました。
中距離路線なので、アメニティはいまいちですね。

ちなみに、アメリカ路線や欧州路線といった長距離路線になると、メゾンキツネとコラボしたオリジナルポーチのアメニティセットが用意されています。

お手洗いには、歯ブラシセットやモンダミン、化粧水・乳液なども用意。

【悲報】ウェルカムドリンク&おしぼりの提供なし!

席に座ると、CAの方がやってきて簡単な挨拶と機内食の内容の確認を行い、去っていきました。

「あれ、ウェルカムドリンクとおしぼりの提供は?」と思ったのですが、結局、離陸まで提供されず...

離陸前にいただくシャンパンは、ビジネスクラスに乗る際の欠かせないルーティンなので、今後はぜひ復活してほしいです。

JALビジネスクラスの機内食

東京→シンガポール(JL37便)

離陸から20分程度すると、機内食の準備が始まります。

まずはおしぼり。
コロナ前はタオル生地のおしぼりだったのですが、コンビニでもらえるようなおしぼりになっていました。
なんかしょぼいですよね。

おしぼりが提供されると、テーブルクロスの準備をしてくれます。

続いて、おかきとシャンパン。
シャンパンはビジネスクラスではめずらしい、ロゼのシャンパンでした。
銘柄はベスラ ド ベルフォン キュヴェ デ モワン ロゼ ブリュット NV。

引用:ワイン専門店カーヴ・ド・ヴェレゾン

1本1万円程度するシャンパンです。

JALはビジネスクラス、ファーストクラスでお高めのシャンパンを提供しますね。
お酒好きにはJALは本当におすすめ!

Yusuke

ファーストクラスだと1本10万円近くする「サロン」のシャンパンを楽しめますよ。

香りは、ヘーゼルナッツのような香りがふんわりと鼻に広がり、飲み心地も非常に良く、5,000円程度で販売されているシャンパンとはワンランク違うということが素人の私でもよくわかりました。

1万メートル上空の景色を楽しみながらいただく、シャンパン。
これほど贅沢な時間はありません。

さて、空の景色を楽しみながら、シャンパンを楽しんでいると、前菜が到着。

中距離路線だと、前菜&パン→メインディッシュ→デザートといったコース形式で機内食が提供されます。

今回の機内食は、東京西麻布にあるミシェラン3つ星レストラン「レフェルヴェソンス」の生江史伸氏が監修した洋食メニューをチョイス。

■前菜
・小ヤリイカの詰め物 サフランパプリカソース
・レンコンの挟み揚げ タプナードソース
・地鶏と根菜の白ゴマサワークリーム和え
・サバコンフィ 里芋ピュレ

■パン
・メゾンカイザー特製パン

どのお料理も一品一品繊細な味で、これまで食べてきたビジネスクラスの前菜で一番おいしかったです。

お皿への盛り付けも素晴らしく、まさに高級レストランでいただいている気分を味わえました。

メゾンカイザーのパンも温められた状態で提供され、これまた絶品。
横長の形をしたオニオンブレッドが本当においしい。
多分、おかわり2回ぐらいしたと思います(笑)

前菜を食べ終わるとメイン料理が到着。

メインはお肉orお魚から選べます。
今回はお肉をチョイス。

和牛サーロイン
きのこソース
フェトチーネの柚子胡椒風味

残念ながら、お肉はパサついていて、硬かった...
付け合わせのフェトチーネもお肉の邪魔をしていて、おいしくなかった。

見た目もなんかイマイチですよね。

美しさがないというか、食欲をそそらないというか...
改めて、料理の盛り付けって重要だなと再認識しました。

羽田→ロンドン線のビジネスクラスでいただいたフィレ肉のステーキ

個人的に、ステーキはシンプルにオニオンソースとか赤ワインソースで仕上げた方が良いと思います。

ちなみに、連れも同じ洋食メニューをチョイスしたので、余ったお肉をいただいたのですが、こちらはミディアムレアになっていて、お肉もやわらかくおいしかったです。

デザートは、栗と山ぶどうのパンケーキ サワークリームシャンティ添え。

生地がかなりパサついていて残念なクオリティでした...
お世辞にもおいしいとは言えない...

最後にコーヒーをいただいてコースランチはこれにて終了です。

前菜の満足度が高かった分、メイン→デザートの内容がイマイチだったのが本当に残念。
次回搭乗する際はもっとおいしいお肉が食べたいな。

また、機内食の提供が終了すると、下記の中から好きなメニューをいつでも注文できます。

・チーズの盛り合わせ
・ちゃんぽんですかい
・うどんですかい
・そばですかい

チーズの盛り合わせ

うどんですかい

ANAと比べると、かなり質素な内容...(泣)
ANAは、一風堂のラーメンやサンドイッチ、オリジナルカレーといった、ちゃんとした軽食が提供されるので、JALももう少し力を入れてほしいところ。

チャンギ空港到着1時間半前になると、いなり寿司orハーゲンダッツ(バニラ)が提供されます。

シンガポール→東京(JL36便)

シンガポールから日本へ帰国する際もビジネスクラスに搭乗したので、機内食の内容を紹介します。

シンガポール→羽田便は深夜便のため、離陸後すぐに、簡単な料理が提供されます。
その後、すぐに消灯となり、到着1時間半前に希望者へ朝食が提供されるといった流れです。

離陸20分後に提供されたメニューになります。
シャンパンとおかきに加えて、お酒に合うようなアペタイザーが提供されました。

・スモークダックとオレンジ
・ピクルス
・マッシュルームボレンタ ジェノベーゼ

お酒を飲まない、睡眠時間を確保したいという方は、ラウンジである程度食事は済ませて、睡眠に集中することをおすすめします。

到着1時間半前の4時半ごろにCAの方に起こされ、朝食スタートです。

今回の朝食は和食を選択。
プレート一式で提供されます。

なかなか豪華!

和朝食メニュー

・鶏・銀杏・栗の旨煮
・香の物
・いちじくと大根のゴマ酢和え
・タコの酢の物
・鶏の照り焼きと野菜の炊き合わせ
・ご飯
・フルーツの盛り合わせ

どれもおいしいのですが、提供される時間が午前4時半ごろなので、とにかく眠いし、あまり食欲がない(泣)
朝から朝食は食べないという方は朝食の提供は遠慮して、到着ギリギリまで睡眠を確保した方がフライトの満足度は高いかもしれません。

憧れのビジネスクラスに片道1万円程度で乗れる方法とは!?

ビジネスクラスは、近距離路線で片道10万円程度、ロンドンやニューヨークといった長距離路線にもなると、100万円以上の費用が発生します。

ですが、航空会社が提供している「マイル」を活用すれば、憧れのビジネスクラスもお得に発券できるのは多くの方がご存知のはず。ただ、飛行機に定期的に乗るだけでは、なかなかマイルは貯まりません。

では、どのようにマイルを貯めれば良いのか?

私がおすすめするマイルの貯め方は、「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」を発行することです!

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、100円の決済につき3ポイント加算されます。

貯まったマリオットポイントは、世界30以上のエアラインのマイルへ交換可能。

交換比率は基本的にマリオットポイント3ポイントに対して航空会社マイレージが1マイル。
100円の決済につき1マイル貯まる計算です。

マリオットポイントとマイレージの交換比率

マリオットポイント交換後マイレージ
ANAマイレージクラブ31
日本航空 (JAL) マイレージバンク31
ユナイテッド航空マイレージプラス31.1
アラスカ航空マイレージプログラム31

プレミアムカードからマイルを移行する際のイラスト表

また、マリオットボンヴォイアメックスカードを保有していれば、60,000ポイントを一度にマイルへ移行することで、ボーナスマイルとして、追加で5,000マイル付与され、合計25,000マイル獲得できます。

Yusuke

60,000ポイントごとにマイルを交換すれば、100円の決済につき1.25マイル貯まる計算になります♪

マイル還元率は1%以下に設定されているクレジットカードがほとんどの中、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムがいかに高還元率であるか分かります。

では、貯まったマリオットポイントはどこのエアラインへ移行すれば良いのか?

おすすめは、「アラスカ航空のマイル」です。

あまり聞き馴染みのない航空会社かと思いますが、アラスカ航空はアメリカ・シアトルを拠点とする航空会社で、北米やメキシコを中心に就航しています。

それではなぜ、日本人に馴染みの薄い航空会社のマイルをおすすめするのかというと、他の航空会社のマイレージプログラムに比べて、圧倒的に少ないマイル数で、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を発券できるから。

とくに日本→東南アジア(シンガポール、バンコク、インドネシア)路線はかなりお得です。

以下の表をご覧ください。

日本→東南アジア航空会社必要マイル数(片道)
キャセイパシフィック航空(東京便のみ)エコノミー:12,500マイル
ビジネス:22,500マイル
JALエコノミー:15,000マイル
ビジネス:25,000マイル

日本から東南アジアへ行く際は、エコノミークラスは片道12,500マイル、ビジネスクラスは片道22,500マイルで発券できます。

キャセイパシフィック航空を利用する場合、香港で乗り継ぎの必要があります。

Yusuke

キャセイラウンジは羽田空港国際線ターミナル内にあるラウンジの中で最も居心地の良いラウンジだと評判です◎

JALの場合、エコノミークラスが15,000マイル、ビジネスクラスは25,000マイルに+手数料が34ドル(4800円程度)で発券できます。

一方で、本家JALマイルで発券する場合の必要マイル数を調べてみると、なんと14万マイル+空港手数料・燃油サーチャージ代で+34,000円も発生します。

Yusuke

アラスカ航空のマイルを効率よく日頃から貯められるカードはマリオットボンヴォイアメックスのみです♪

そんなアラスカマイルへポイントを移行できるマリオットボンヴォイアメックスプレミアムでは、2023年2月現在、新規入会キャンペーンを実施中!

キャンペーン中にマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに新規入会すると39,000pt獲得できます。

獲得ポイント数の内訳は以下の通りです。

公式サイト経由でお申し込みした場合

・3ヶ月以内に30万円利用で30,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000Pポイント
合計:36,000ポイント

一方でアメックスの公式サイト経由ではなく、マリオットボンヴォイアメックス既存会員からの紹介制度を活用してお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。

内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000ポイント
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000ポイント
合計:45,000ポイント

つまり、公式サイト経由のお申し込みよりも6,000pt多くもらえる計算に!!

Yusuke

新規入会キャンペーンの45,000ptに15,000pt追加し、アラスカ航空のマイルに交換すれば、JALやキャセイパシフィック航空のビジネスクラスを予約できますよ♪

さらにマリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。

・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。

・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。

・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。

・最高1億円の国内外旅行保険。

どれも魅力的な特典ばかりですよね!
ただ、デメリットとしては年会費が49,500円とやや高めの価格設定であるところ。

ですが、上記の特典をフル活用すれば年会費は間違いなく回収できます!

期間限定の新規入会キャンペーンを上手く活用して、憧れのビジネスクラスへの搭乗を目指しましょう!

    JALビジネスクラスに搭乗して極上の空の旅を楽しんで!

    今回は羽田⇄シンガポール間のビジネスクラスの搭乗記をおとどけしてきました。

    7時間以上のフライトにもなると、やはりビジネスクラスは非常に快適です。

    プライベートのある空間で、映画を楽しんだり、絶品の機内食とお酒を楽しんだりと、まさに非日常の体験ができます。

    また、前述通り、マイルを上手く使いこなすことで、ほとんど費用がかからず搭乗できます。

    ぜひ、マイルを活用して上質な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    あわせて読みたい記事はこちら
    スポンサーリンク