毎日更新すると決めたのに1週間振りの更新になってしまいました。

今年の夏はソウル、香港、大阪と色々と旅行をしましてブログでご紹介しようとホテルなどの写真を一生懸命撮影したのですが

キーボードを叩けずにいます...

まぁ、ぼちぼち更新するのでお付き合いよろしくお願いします。

今回は9月に4日間ブログネタを作るために香港に行ってきました。泊まるホテルは最初からインターコンチネンタル香港一択ででした。結果としては大変満足しておりまして、来年も泊まりたいなぁと思っていた矢先に来年の1月頃から全面改装されるのだとか...

まだ今年も残り2ヶ月残っているので年末香港で過ごす方などに参考になればと思います。

 

インターコンチネンタル香港のアクセス方法

香港国際空港からMTR(空港鉄道)に乗って香港駅まで行き、香港駅から徒歩で5分程度の場所にある中環(セントラル)駅まで行き、セントラル駅の次の駅である尖沙咀(チムサーチョイ)駅がインターコンチネンタル香港の最寄りです。

インターコンチネンタル香港の立地ですが、チムサーチョイ駅から徒歩で10分程度の場所にあります。夏場なんかに行くと駅からホテルまで汗だくです(泣)

ですが、地下通路が通ってるらしくインターコンチネンタル香港の入り口近くまでは地下通路を利用して行くことができます。

 

インターコンチネンタル香港 クラブラウンジはぶっちゃけ泊まる価値はあるのか?

インターコンチネンタル香港に泊まる価値はものすごくあります!

駅から若干離れている点やホテルの部屋が若干老朽化している点を除いてもビクトリア・ハーバーを間近で眺められる点を考慮すれば十分泊まる価値があります。

ただ、香港旅行が観光メインでお寺に行ったり、香港ディズニーランドに行ったり、グルメを朝から晩まで楽しみたいという方にはあまりおすすめできません。

観光メインならビジネスホテルで十分です笑ただ、香港のビジネスホテルは部屋がものすごく狭いです...

ですが、クラブラウンジやロビーラウンジでビクトリア・ハーバーの景色をじっくり楽しみ、プールやジャグジーに入ってホテルステイを楽しみたいなんて人には自信を持っておすすめできます!

 

インターコンチネンタル香港はトリバゴが断然お得!!

今回のホテル予約はトリバゴを利用しました。トリバゴはエクスペディアやブッキングドットコムなどの有名ホテル予約サイトを比較し、最安値を教えてくれる便利なサイトです。
インターコンチネンタル香港(クラブラウンジアクセス付)に1泊で4万円程度でした。トリバゴを定期的にチェックしていると、以前、当サイトでも紹介した1泊2万3000円でパークハイアットソウルに予約ができたなんてこともありえます。

ぜひトリバゴにアクセスして格安料金を調べてみてくださいね!

🔽 トリバゴの予約はこちらから🔽


 

🔽 パークハイアットソウルの宿泊記はこちらから🔽

 

 

 

インターコンチネンタル香港 クラブラウンジ アフタヌーンティー編

さてさてここからはインターコンチネンタル香港のクラブラウンジの詳細についてご紹介していきますね。

今回は2泊滞在して1泊をクラブラウンジアクセス付きのお部屋に泊まりました。

 

クラブインターコンチネンタルの主な内容です。日本語表記があるのも日本人にとってはありがたいですよね。ロビーには日本人のフロントの方もいらっしゃったので何か困ったときにとても助かりますよ。

主な内容は

6:30~10:30 朝食
15:30~17:30 アフタヌーンティー
18:00~20:00 カクテルタイム

 

このような感じになっています。

 

飲食サービス以外にも

・クラブラウンジ専用チエックイン・チェックアウト

・バスアメニティがAgralia(アグラリラ)からフェラガモに変わる

などがあります。

 

それでは早速アフタヌーンティのご紹介をしていきますね。

 

ショートケーキ

インターコンチネンタル香港 ショートケーキ

フルーツのタルト

インターコンチネンタル香港 フルーツのタルト

フルーツカクテル

インターコンチネンタル香港 フルーツカクテル

 

フィナンシェやクッキー

インターコンチネンタル香港 フィナンシェやクッキー

 

 

スコーンに春巻き

インターコンチネンタル香港 スコーン

 

 

スコーンやサンドイッチにショートケーキ

いっぱい取りすぎてしまいました(笑)

インターコンチネンタル香港サンドイッチ

 

お次は

餃子に春巻きなどなど

インターコンチネンタル香港 餃子

どのお料理もしっかりとした作りでとってもおいしかったです。

どの食べ物も一つ一つが小さい作りになっているので色々なものを楽しむことができます。

洋菓子系だけでなく、餃子や春巻き、サンドイッチなどの軽食もあったので遅めのランチとして利用するのもアリですね。

個人的にはスイートチリをかけた春巻きとスコーンがものすごくおいしかったです。

もうちょっと食べたかったな〜

 

インターコンチネンタル香港 クラブラウンジ ナイトカクテル編

さてさてアフタヌーンティ後、お部屋でゆっくりしたり、ホテルのプールで泳いでアフタヌーンティで摂取した高カロリーを燃焼したりして時間を過ごした後いよいよ18時のカクテルタイムです。

インターコンチネンタル香港ではカクテルタイムにシャンパンを提供してくれます。

最近の高級ホテルはシャンパンを提供するホテルが少なくなってきているので嬉しいサービスですよね。

 

銘柄はペリエジュエでした。1本5000円程度するシャンパンなので普段は飲めないのでありがたいです。

インターコンチネンタル香港 シャンパン

シャンパンも並々注いでくれるので太っ腹です。

ビクトリア・ハーバーに乾杯!

ところで、カクテルタイムにはドリンクメニューが各テーブルに置いてありその中から好きなドリンクを注文するシステム(値段は表記されていますが、料金は発生しません。)ですが、シャンパンのグラスの値段が....

 

 

インターコンチネンタル香港 シャンパン2

1杯225香港ドル(サ抜き)!!!

高過ぎでしょ(笑)

香港ドルは1ドルだいたい14円ぐらいなのでサービス込みで1杯3500円ぐらいしちゃいます笑

僕はカクテルタイムだけで3杯ぐらい飲んだのでシャンパン代だけで1万超えです(笑)

こうゆう贅沢ができるのもホテルのクラブラウンジに宿泊しているからできることです。ホテルのロビーラウンジで飲んでいたらとんでもない料金になっていたと思います。

さてさて、シャンパンの話はここまででカクテルタイムのフードをご紹介していきます!

スティックサラダ

インターコンチネンタル香港 スティックサラダ

 

スライスサーモン

インターコンチネンタル香港 スライスサーモン

 

ヤムチャなんかもあります。

インターコンチネンタル香港 ヤムチャ

 

ピリ辛豆腐

インターコンチネンタル香港 ピリ辛豆腐

 

 

クリームコロッケだったと思います。

インターコンチネンタル香港 クリームコロッケ

 

韓国式海苔巻き

 

 

チーズなんかもあります。手ブレがすごい(笑)

インターコンチネンタル香港 チーズ

 

 

まだまだフードの種類はありましたがラウンジがあまりにも静か過ぎて写真を撮るのも気まずい状態でした。ほとんどが中国系ではなく欧米系の方が利用されていたので大陸系のマナーの悪い方もおらず、ビクトリア・ハーバーを眺めながらゆっくり食事を楽しむことができました。

シャンパンもあり、十分な量のフードも提供されるのディナー代わりに利用しても全然OKですよ!ちなみに僕はディナー代わりとして利用しました。

 

 

インターコンチネンタル香港 クラブラウンジ 朝食編

朝になりました。クラブラウンジの下にあるハーバーサイドはかなり混んでいたのでクラブラウンジで朝食を取ることにしました。

スムージーやヨーグルトなど

 

卵料理などの1品料理を注文することも可能です。

 

朝からがっつり食べたい!という人のためにステーキなんかもあります。

 

卵料理の中から大好きなエッグベネディクトを注文しました。

前日にハーバーサイドで注文したエッグベネディクトより圧倒的においしかったです。
エッグベネディクトを食べるなら断然クラブラウンジがおすすめですよ!
朝寝ぼけていたのかあんまり写真を撮ることができませんでした。申し訳ないです...

 

 

インターコンチネンタル香港のクラブラウンジで極上のホテルステイを楽しもう!

今回はインターコンチネンタル香港のクラブラウンジをご紹介していきました。クラブラウンジ内は食べ物や飲み物が充実しており、ホテルステイに利用するには持ってこいのホテルだと思います。今まで泊まったホテルの中でも1位2位を争うぐらいのクオリティだったと思います。

宿泊はしなくても、ロビーラウンジでアフタヌーンティーやお酒を楽しみに行くだけでも十分満足できるかと思いますよ。

次回はインターコンチネンタル香港のお部屋をご紹介していきます。ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

 

おすすめの記事