みなさんはJALの株主優待券を利用して航空券を予約した経験はありますか?

私自身、今まで「使い方が難しそうだから使うのはやめとこう...」と思っていました。

しかし、実際に重い腰を上げて優待券を利用してみると、想像以上に安く航空券を購入することができたのでとても感動しました!

そこで、今回は株主優待券の使い方からメリットやデメリット、JALとANAの株主優待券だったら結局どっちがお得なのか?といったことまでご紹介していきたいと思います!

優待券を利用したことのない初心者の方必見ですよ!

スポンサードリンク

JAL株主優待券の基礎知識を確認しよう

アドバイスする女性

株主優待券を利用することで、JAL、日本エアコミューター、日本トランスオーシャン、琉球エアコミューター各社の国内線通常料金の50%で航空券を予約することができます。

また、フジドリームエアラインズ(FDA)、天草エアライン(AMX)が運航するコードシェア便も株主優待券を利用することができます。

そして株主優待券は、JALが発行している株式を所有していると半年に一回(3月末と9月末)所有している株式の総数に応じて株主優待券を優待特典としてもらうことができます。

2019年5月28日現在、JALの株式は1株当たり、3,523円です。株主優待券を獲得するためには最低JALの株式を100株所有する必要があるので、約35万円分の株式を所有する必要があります。

そして、主に獲得できる株式優待券の総数は以下の表の通りです。

所有株式数配当される株主優待券の枚数(半年分)
100~2991枚
300~4992枚
500~6993枚
700~8994枚
900~1,0995枚
1,100~99,999株5枚+1,000株超過分500株ごとに1枚
100,000株203枚+100,000株超過分1,000株ごとに1枚

補足として、株式を100株以上所有していると、JALパックツアーの商品が7%割引なるクーポンも貰うことができます。

また、9月30日付けで配布される株主優待券に関しては最低200株以上保有していなければ貰うことができないので注意してくださいね!

スポンサーリンク

株式を保有していなくても株主優待券は購入することができる

多くの方がご存知かと思いますが、金券ショップやヤフーオークションを見てみるとJALの株主優待券が販売されています。

株主優待券はJALの株式を所有している人じゃないと利用できないんじゃないかと思う方も多いと思います。

しかし、JALの公式サイトを見てみると、

株主割引券は無記名式ですので、株主様以外の方でもご利用いただけます。

と解答をしているので、金券ショップやオークション等で購入しても問題なく利用することができます。

試しに、ヤフーオークションで検索してみると、

ヤフオク株主優待券

5500円で株主優待券が販売されていました。有効期限が迫っている株主優待券は、

株主優待券2

約3,000円程度で購入することができるようです。

株式投資には興味はないけど、優待券を利用して航空券を予約したい!という場合は金券ショップやオークション等で購入してみてください。

JAL株主優待券の使い方

ここでは株主優待券の使い方の手順を簡単にご紹介していきます。

はじめに空席照会で予約したい便を株主割引で予約をしていください。

優待割引使用方法1

予約が完了すると、

優待割引使用方法2

このような画面が表示されるので、「株主割引発券用コードを登録する」をクリック

優待割引使用方法3

すると、このような画面が表示されるので、発券用コードを登録して、予約した航空券のお支払いを済ませます。

ちなみに、発券用コードは、

優待券発券コード

株主優待券のスクラッチ部分を削ることによって確認することができますよ!

JAL株主優待券のメリット

笑顔の女性

オールシーズン利用することができる。

JALの株主優待券は、ゴールデンウィークお正月に関係なくオールシーズン利用することができます。

繁忙期空席照会

予約する時期にも異なりますが、例えばお盆休みに東京⇆沖縄(那覇)の航空券を予約しようと思うと、先得割引であっても40,000円台になるのが普通です。

一方でJAL株主優待券を利用すると、大人普通運賃の45,800円の50%の22,900円で予約することができます。

ゴールデンウィークやお盆、お正月に株主優待券を利用するとかなりお得に航空券を予約することができるのではないでしょうか?

ただ、繁忙期には通常運賃より航空券の値段が高くなるピーク期の価格になるので、通常期に比べ普通運賃が若干高くなる傾向があります。

2019年~ 2020年までのピーク期の設定は以下の通りです。

ピーク期
2019年3月31日,7月1日~8月31日
2019年12月1日~2020年1月5日
2020年3月1日~3月31日,7月1日~8月31日

 

クラスJ,ファーストクラスの座席にも利用することができる

株主優待券の対象は普通席だけでなく、クラスJ,ファーストクラスの座席も対象となっています。

ファーストクラス空席

例えば、特便割引などを利用して東京⇆沖縄(那覇)の国内線ファーストクラスの航空券を予約しようとすると、約50,000円程度必要になります。

一方で株主優待券を利用してファーストクラスの航空券を予約することができれば、通常運賃の56,510円の50%の28,255円で予約することができるのでかなりお得だと思います!

東京⇆沖縄(那覇)路線は最もファーストクラスの料金が高くなる傾向にあるので、株主優待券を上手に利用してお得にファーストクラスの航空券を予約していきましょう!

マイルを貯めることができる

株主優待券を利用して航空券を予約した場合でもマイル積算の対象となります。

クラスごとのマイル積算率は以下の通りです。

クラス積算率
普通席75%
クラスJ85%
ファーストクラス125%

 

搭乗日当日でも優待割引で航空券を購入することができる

急な予定で今日中に飛行機に乗って移動しなければならない場合でも株主優待割引で航空券を購入することことができます。

通常であれば当日の航空券購入は、最も値段の高い通常運賃を支払わなければ航空券を購入することは出来ないので、優待券をあらかじめ所有していると、心強いかと思います。

JAL株主優待券のデメリット

頭を抱える男性

時期によって優待割引を使うと航空券が高くなる場合がある

繁忙期に優待券を利用して航空券を予約すると割引率が高く優待券の恩恵を十分に受けることができるのですが、オフシーズンなどに優待割引を利用してしまうと先得割などよりも航空券が高くなってしまう場合があります。

空席照会

 

例えば東京⇆沖縄(那覇)の航空券を見てみると、優待割引よりも先得の方が安く航空券を購入することができます。

優待券は時期によって割引率は高いが、優待割引を使うことで他の割引航空券よりも高くついてしまう場合もあるということを覚えておきましょう。

予約できるのは2ヶ月前の同一日09:30から

株主優待券を利用した航空券の予約は2ヶ月前の09:30以降でないと予約することができません。

できれば、半年後、1年後の予約などができると便利なんですけどね。

もちろん株主優待割引の座席は限られているのでお正月やゴールデンウィークなど需要が高い時期は座席が売り切れになる可能性が高いです。

もし、繁忙期に株主優待券を利用して航空券を予約したい場合は出発2ヶ月前の09:30になったらすぐに航空券の予約をおすすめします。

小児には株主優待割は適用されない

 

残念ながら小児料金に株主優待割を適用することはできません。あくまでも普通運賃から50%割引となります。

JAL株主優待券の有効期限はいつまで?

株主優待券には有効期限が存在します。優待券が配布される時期によって有効期限が異なるので注意してください!

特に、9月30日基準日に発行される優待券の有効期限は半年間と短いので有効期限が切れるまでに利用するようにしましょう!

発行時期有効期限
3月31日基準日発行分5月6月1日~翌5月31日(1年間)
9月30日基準日発行分
(200株以上所有者限定)
11月12月1日~翌5月31日(6ヵ月間)

 

JALとANAの株主優待券結局どっちがお得?

考える女性

JALとANAの株主優待券ぶっちゃけどっちがお得なのかと言えば、一概に結論付けることはできません。

JALもANAも金券ショップやオークションで売られている優待券価格はほとんど差がありませんし、両者共に搭乗日当日も優待券割引を利用して航空券を購入することが出来ます。

お互いのメリットをそれぞれあえてあげるなら、

JAL

普通席だけでなく、クラスJやファーストクラスでも優待割引を適用することができる

ANA

小児運賃でも株主優待割引がある

搭乗日355日前の9:30から予約することができる

年に2回配られる株主優待券の両方の有効期限が1年間の有効期限である

ANAの方がJALに比べ優待割引価格が安い傾向
例えば、ピーク期(繁忙期)の東京⇆沖縄(那覇)間だとANAは片道22,700円に対してJALは24,050円

保有株式が1,000株を超えるとANAの方がJALよりも多く優待券をもらえる
例えば、ANAは1,000株超えると、7枚優待券をもらえるのに対して、JALは5枚

メリットを並べてみたのですが、ANAの方が優待券の柔軟性は高いと言えます。

JALに強いこだわりがない人はANAの株主優待券を利用して航空券を予約した方が良いかもしれません!

株主優待券を利用してお得に航空券を予約しよう!

幸せな女性

株主優待券には利用できない日が特にないので、ゴールデンウィークやお正月といった繁忙期に利用することがかなりおすすめです。

また、普段は値段が高くてなかなか乗ることのできない国内線ファーストクラスの予約をする際も割引率が高いのでおすすめします!

ぜひ優待券を有効に活用してお得に航空券をゲットしてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事