チェジュ航空は韓国のLCC会社です。LCCということもあり大手キャリアに比べて手荷物の規定や制限が厳しいことや、各LCC会社によってルールもバラバラなので事前に確認しておく必要があります。

そこで今回はチェジュ航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて徹底解説していきます!この記事を読めば、搭乗日に空港チェックインカウンターで慌てることなくスムーズに飛行機に搭乗することができますよ!

*なおこの記事は日本⇄韓国路線を中心に作成しています。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

キャリーケース

まずは受託手荷物のルールについて確認していきましょう。チェジュ航空の場合、予約した種類によって預けられる荷物の量が異なります。

重さについては以下の通りです。

予約クラス無料受託手荷物量
FLYなし
FLY BAG15kgまで(乳児は10kgまで)
FLY BAG+20kgまで(乳児は10kgまで)

そして、預けることのできるサイズは3辺の合計が203cm以内とされています。こちらのサイズは通常のLLサイズのキャリーケースでも預けることのできるサイズとなっています。

手荷物の個数や重量が超過してしまった場合

手荷物の個数や重量が超過してしまった場合、超過料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。

FLY料金(無料の受託手荷物なし)を購入していたが、やっぱり手荷物を預けたいといった場合、以下の表に記載されている料金を支払うことで15kgまで手荷物を預けることが可能です。

料金は24時間前まで対応可能なインターネット/カスタマーサポートによる事前割引料金と空港チェックインカウンターの通常料金に区別されています。

まずは事前割引料金を見ていきましょう。

路線料金(15kgまで)
韓国⇄日本/中国30,000ウォン
韓国⇄香港/マカオ/台湾40,000ウォン
東南アジア50,000ウォン

 

次に、空港カウンターでの通常料金は以下の通りです。

路線料金(15kgまで)
韓国⇄日本/中国45,000ウォン
韓国⇄香港/マカオ/台湾65,000ウォン
東南アジア85,000ウォン

 

そして、元々無料の受託手荷物は付いていたが許容量を超えてしまった場合は以下の料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。こちらの料金も事前割引料金と空港チェックインカウンターでも通常料金と区別されています。

まずは事前割引料金を見ていきましょう。

路線料金(5kgごと)
韓国⇄日本/中国30,000ウォン
韓国⇄香港/マカオ/台湾40,000ウォン
東南アジア50,000ウォン

 

次に空港チェックインカウンターでの通常料金は以下の通りです。

路線料金(1kg)
韓国⇄日本/中国10,000ウォン
韓国⇄香港/マカオ/台湾13,000ウォン
東南アジア16,000ウォン

注意していただきたいことは、事前割引料金で購入すると1kg単位ではなく5kg単位で購入する必要があるので、3kg以下の超過料金だと当日チェックインカウンターで通常料金を支払った方がお得ということです。

必ずしも事前割引料金がお得ということではないので注意しましょう。

スポーツ用品

スポーツ用品の受託手荷物のルールは以下の通りとなっています。

スポーツ用品運賃
スキー用品
サーフボード
ダイビング用品
自転車など
基礎運賃
+
無料手荷物許容量にて適用(超えた場合は追加料金)

ここで注意していただきたいポイントは2点あります。まず1点目ですがスキー用品、サーフボード、ダイビング用品、自転車を預ける場合、無料の手荷物許容量以内に収まったとしても基礎運賃の10,000ウォンを支払わなければ預けることができないこと。

2点目は重さが32kg/70lbs以下、3辺の和が277cm以上のスポーツ用品を預けることはできないということです。

楽器類

 

楽器類の場合、小さい楽器(ギター、バイオリン等)であれば受託手荷物として預けることが可能です。一方で大型の楽器(チェロ、チューバ等)を預けたい場合、事前に楽器用の航空券を追加で購入し機内に持ち込む必要があります。

 

スポンサーリンク

機内持ち込みのルール

空港チェックインカウンター付近

次に機内持ち込みのルールを確認していきましょう。無料で機内に持ち込めるサイズは3編の合計が115cm以内で10kgまでとされています。また、小さいハンドバッグやノートPC等は無料で持ち込むことができます。

ただし、機内持ち込みの許容範囲内のキャリケースを機内に持ち込む場合は注意が必要です。例えば、小さいハンドバッグやショルダーバッグ+機内持ち込みの許容範囲内のキャリケースといった組み合わせをすることはできず、キャリケースは受託手荷物として預ける必要があります。

ただし、免税店で買った商品を入れている免税バッグと機内持ち込みサイズのキャリケースといった組み合わせは認められており機内に持ち込むことが可能です。

 

機内で持ち込みが禁止されているもの

航空法やチェジュ航空のルールから機内持ち込みが禁止されている品目が存在します。これらは以下の通りです。

爆発物類、
放射性、感染性、
毒性物質、可燃性物質、
その他の危険物、
槍・刀剣類、
スポーツ用品類、
銃器類、
武道護身用品、
工具類

出典:チェジュ航空 公式サイト

 

液体類の持ち込みルールについて

韓国では化粧品などのコスメ商品を購入して機内に持ち込む方もいらっしゃると思います。

液体類の持ち込みルールについてしっかり理解しておかなければ空港で破棄しなければならないといったことになるのでここでしっかり確認していきましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホのモバイル充電器やポケットWiFi等に搭載されているリチウムバッテリーは航空法によって持ち込める量が制限されています。

持ち込みの制限は以下の通りです。

バッテリーの容量100ワット,2g以下100~160ワット,2g~8g以下160ワット、8g超
バッテリー付きの電子部品一人15個まで許容
(受託手荷物として預ける場合、バッテリーの電源を切る必要あり)
可能
(受託手荷物として預ける場合、バッテリーの電源を切る必要あり)
不可
予備バッテリー可能一人5個まで許容
(受託手荷物として預けることは不可)
可能一人2個まで許容
(受託手荷物として預けることは不可)
不可

 

チェジュ航空を利用してお得に韓国にいこう!

夕焼けに映る飛行機

今回はチェジュ航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについて解説してきました。チェジュ航空はLCCということもあり手荷物の規定が非常に厳しいです。

特に液体類の持ち込みに関してはルールを守らないと空港で破棄してしまう恐れがあるので機内に持ち込む際はくれぐれも注意するようにしましょう。

チェジュ航空で素敵な旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にチェジュ航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事