韓国のLCC会社は様々ありますが、その中でもサービスに定評があるのがジンエアーです。LCCながらも無料の受託手荷物や機内食が付いているなど他のLCC会社とはワンランク上のサービスを提供しています。

そこで今回はジンエアーの受託手荷物と機内持ち込みのルールについて詳しく解説していきます!この記事を読むことによって搭乗日当日に空港で慌てることなくスムーズにチェックインを済ませ飛行機に搭乗することができるのでぜひ読み進めてくださいね!

*この記事は日本⇄韓国路線を中心に作成しています。

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

空港チェックインカウンター

まずは受託手荷物のルールを確認していきましょう!ジンエアーの場合LCCとしては珍しく全ての予約の種類で無料ので受託手荷物を預けることができます。

受託手荷物で預けることのできるサイズは三辺の合計が203cm以内で、重さは路線によって異なりますが日本人の方が一番多く使うであろう日本⇄韓国路線の場合は15kgまで無料で預けることが可能です。

203cm以内ということは標準のLLサイズ程度のキャリーケースであれば預けることが可能ということです。

そして、それ以上の重さを預ける場合は超過料金が発生してしまいます。超過料金については搭乗24時間前にインターネットやカスタマーセンターで行うことのできる事前購入割引料金と空港当日に手荷物の超過料金では値段が異なるので確認しておきましょう。

まずは空港当日の超過料金は1kgごとに請求され以下のようになっています。

路線料金(1kg当たり)
韓国(国内線)2,000ウォン
日本/中国10,000ウォン
香港/マカオ/台湾14,000ウォン
東南アジア15,000ウォン

また、事前購入の場合だと、5kgごとの購入になり価格は以下の通りです。

路線料金(5kg当たり)
韓国(国内線)8,000ウォン
日本/中国35,000ウォン
香港/マカオ/台湾45,000ウォン
東南アジア50,000ウォン

ジンエアーのカスタマーサポートに問い合わせたところ事前購入での1kg単位の購入はできないそうです。

なので明らかに手荷物量が超えていないのであれば空港当日に重さを正確に計測してから超過料金を支払った方が良いかもしれませんね。

また、例えば15kgの手荷物と2kgのもう1個の手荷物を預けたい場合、合計17kgとなり空港当日に20,000ウォン支払えば22個手荷物を預けることも可能です。

受託手荷物&機内持ち込みとしても預けることのできない手荷物

航空法やジンエアーのルールにより受託手荷物として預けることのできない手荷物が存在します。以下の品目は絶対に手荷物に持ち込ませないようにしましょう。

火薬、花火、その他爆発物
可燃性ガス、液体、アルコール含量70%以上の飲料、その他引火性のある物品
放射性、伝染性、毒性のある物品
消火装置、催涙ガス、その他危険性のある物品
ドライアイス
リチウムバッテリー搭載の電動キックボード

出典: ジンエアー公式サイト

 

スポーツ用品

スポーツ用品の受託手荷物のルールは以下の通りとなっています。

スポーツ用品運賃
スキー用品
サーフボード
ダイビング用品
自転車
基礎運賃
+
無料手荷物許容量にて適用(超えた場合は追加料金)
重さが32kg/70lbs以下、3辺の和が277cm/109ins以下のスポーツ用品 (ゴルフバッグを含む)無料手荷物許容量にて適用(超えた場合は追加料金)

ここで注意していただきたいポイントは2点あります。まず1点目ですがスキー用品、サーフボード、ダイビング用品、自転車を預ける場合、無料の手荷物許容量以内に収まったとしても基礎運賃の10,000ウォンを支払わなければ預けることができないこと。

2点目は重さが32kg/70lbs以下、3辺の和が277cm/109ins以上のスポーツ用品を預けることはできないということです。

楽器の持ち込みについて

 

楽器の持ち込みに関してですが、バイオリンなどの小型楽器は機内持ち込みをすることが可能でですが、チューバやチェロなどの大型手荷物を輸送する場合、受託手荷物ではなく、楽器を置くための座席を購入して機内に預けることが必要となっています。

スポンサーリンク

機内持ち込みのルール

空港出発ゲート

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。

機内持ち込みできる荷物は三辺の和が115cm以内で10kg以下の手荷物を1個まで持ち込むことが可能です。115cm以内ということは標準のSサイズのキャリケースであれば機内持ち込みが可能です。

また、追加でノートPCやハンドバッグ等を追加で機内に持ち込むことが可能となっています。

機内持ち込みが禁止&制限されているもの

飛行機に搭乗する前に必ず機内持ち込みが禁止されているものと制限されているものを確認しておきましょう。

ジンエアーで機内持ち込みが制限されているものは、以下の通りです。以下のものは受託手荷物として預ける必要があります。

ナイフ、カッターナイフ、その他槍/刀などの品
ゴルフクラブ、ダンベル、その他スポーツ用品
すべての銃器
手錠、防犯スプレー、その他護身用品
斧、ハンマー、きり、その他工具類

出典: ジンエアー公式サイト

 

液体類の持ち込みルールについて

韓国はコスメ大国ということもあり、スキンケアグッズを大量に購入される方が多いかと思います。しかし液体類の機内持ち込みのルールについてしっかり確認しなければ空港で破棄される恐れがあるので確認していきましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFiなどに搭載されているリチウムバッテリーは火災の危険性があるため、旅行中の個人目的で使用される場合のみ持ち込みが可能となっています。

空港でチェックインを行う前に必ず、スマホの充電器やポケットWiFiにリチウムバッテリーが搭載されていないかどうか確認しておきましょう。

リチウムバッテリーの許容量は以下のようになっています。

バッテリー種類100 Wh/リチウム含有量2g未満100〜160 Wh/リチウム含有量2〜8g160 Wh以上/リチウム含有量8g以上
機器に装着されたバッテリー1名当たり最大15個まで
(受託手荷物量を含む)
個人使用不可
予備バッテリー5個まで
(受託手荷物で預けることは不可)
搭乗者1人あたり2点
(受託手荷物で預けることは不可)
不可

 

ジンエアーを利用してお得に韓国へ行こう!

夜に離陸する飛行機

今回はジンエアーの受託手荷物と機内持ち込みのルールについてご紹介してきました。ジンエアーは他の韓国のLCC会社に比べて無料の受託手荷物があったり、超過手荷物の料金が低めに設定されているなど、韓国で大量にショッピングをしてしまった場合でも安心して搭乗できるのでショッピングをたくさんする人におすすめなLCC会社です。

ぜひ素敵な旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にジンエアーのカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事