クアラルンプール国際空港は東南アジアのハブ空港ということもあり、24時間飛行機の離発着がある空港です。

深夜到着や早朝便を利用する場合は、空港ホテルを利用を検討されている方が多いかと思います。しかし、実際にどこのトランジットホテルに泊まれば快適に過ごせるのか分からないですよね。

そこで今回はクアラルンプール国際空港の空港ホテルで実際に宿泊してみてよかったトランジットホテルやシチュエーション別に分けておすすめのホテルをご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

クアラルンプール国際空港内のホテルはどこにある?

考える女性

クアラルンプール国際空港のターミナルは大きく分けて第一ターミナルのKLIAと第二ターミナルのKLIA2があります。KLIAは主に大手航空会社(マレーシア航空、シンガポール航空、ANA、JALなど)が離発着を行うターミナル、KLIA2は主にLCC(エアアジア)などが離発着を行うターミナルとなっています。

そして、空港内にあるホテルは基本的にKLIA2に集中しており、KLIAを主に利用される方は近くに「サマサマホテルKLIA」という徒歩10分程度の場所にある高級ホテルしか存在しません。

なので、KLIA出発の早朝便を利用するためにKLIA2にある空港ホテルに宿泊する場合、ターミナルが異なるので注意が必要です。

私は以前、シンガポール航空の早朝便を利用するため、後ほどご紹介するKLIA2に直結している「エアロテル」というホテルに宿泊しました。

KLIA2からKLIAに移動する場合、無料シャトルバスが随時運行されているのですが、隣のターミナルに行くために経由地を通過する必要があり、移動に30分以上かかると聞いたので、空港鉄道のKLIAエクスプレスを利用して移動することにしました。

KLIAエクスプレス

KILA2⇄KLIA間のお値段は2リンギ(日本円で50円ほど)と安く、乗車時間2分程度でKLIAに到着して非常に安心したので、KLIA2の空港ホテルに宿泊し翌日KLIAから出発する飛行機に搭乗する場合は、お金が多少かかってもKLIAエクスプレスを利用して移動されることをおすすめします。

スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港内のおすすめホテル

それではここからは、実際に宿泊してよかった空港ホテルとホテル予約サイトのレビューを見ておすすめできる空港ホテルを厳選して選び抜いてきたのでご紹介していきたいと思います!

空港直結型でリーズナブルなのに、清潔感や広さのあるエアロテル

清潔感がありつつも、リーズナブルな価格で快適な宿泊を楽しみたい!という方におすすめのホテルが「エアロテル」です。エアロテルはKLIA2のモール内にあり、空港直結のホテルのため非常に便利です。

私は以前、クアラルンプールに滞在した際、早朝便を利用してシンガポールに行く必要があったため、エアロテルを利用しました。ここでは、エアロテルのお部屋をご紹介したいと思います。

ちなみに、私がアゴダ経由で予約した際は、12時間のトランジット利用でツインルームで4,700円で朝食付きと非常にリーズナブルな価格設定でした。

エアロテルの場合、6時間、12時間、1泊と自分の滞在したい時間に合わせて宿泊プランを調整できるのも嬉しいポイントです。

清潔感のチェックインカウンター

チェックインカウンターはまだ完成したばかりなのか清潔感がありました。チェックインを簡単に済ませお部屋に早速入っていきましょう。

オートロック付きのドア

お部屋のあるエリアに入室するためにはオートロックのドアをカードキーで開ける必要があるのでセキュリティも安全です。

ツインのベッド

お部屋はトランジットホテルとは思えないほど、清潔感があり驚きました。ベッドも固めの作りをしていて眠りやすかったです。ただ、窓が無いので少々圧迫感が感じるのと、廊下の声が丸聞こえという改善ポイントはありましたが、トランジットで利用するのであれば十分です。

ミネラルウォーターとインスタントコーヒー

トランジットホテルにも関わらず、ミネラルウォーターのとインスタントコーヒーやティーバッグが置いてあったのは驚きです。ただ、冷蔵庫などは置いてありませんでした。

テレビ周り

デスクとテレビ周りもコンパクトにまとめてあります。コンセントの差し込み口も日本のコンセントに対応しているので、わざわざ変圧プラグ等を利用する必要もありません。フリーWiFiも通っており、速度も早く、動画もサクサク見ることができました。

客室入り口付近

ドアの入り口付近には大きな鏡とハンガーもあります。

水回り

水回りも非常に清潔感があり気持ちいいです。スリッパ、歯ブラシ、シャワーキャップなど必要最低限のものは揃っていましたよ。

水圧の強いシャワー

そして、今回の滞在で一番感動したのが、シャワーです。とにかく水圧が強い。海外ホテルのシャワーってどこも水圧が弱く、シャワーをしている感覚があまり無いのですが、エアロテルのシャワーはそんなことありませんでした。エアロテルは、しゃわーの水圧が強いところもホテルの売りらしく、日本人ウケがよさそうでだなぁと思いました。

今回エアロテルに滞在してみて、他のトランジットホテルの宿泊経験はありませんが、清潔感があり、シャワーの水圧が強く、KLIA2に直結している点を考慮すればクアラルンプール国際空港のトランジットホテルでNo1かなと思いました。

価格重視の方にはチューンホテル!

チューンホテル外装

次に、コストを徹底的に抑えたいという方におすすめなのが、エアアジアが運営している「チューンホテル」です。

チューンホテルはKLIA2に併設されている屋外の連絡通路を利用してホテルに向かうので、先ほどご紹介したエアロテルのように空港直結型のホテルというわけではないですが、KLIA2から徒歩3分程度での場所に位置しています。

こちらのチューンホテルの場合、歯ブラシやフリーWiFi等を利用する場合、追加で料金を支払わなければならない積み上げ式の料金設定を行なっています。なので、1泊の宿泊費が一番カテゴリーの低いお部屋のデイユース利用で3,000円程度と宿泊費は低めです。

 

客室

そして、チューンホテルに対する数々のレビューを見てみると、メリットとして、お部屋が安く、KLIA2から屋根付きの通路で移動することができる、朝食が無料で付いているという意見がある一方で、遮音性が低い、アメニティの量が少ない、水回りが汚いといったデメリットもあるようです。

また、ブッキングドットコムのレビューをみてみると、以下のようなレビューを見つけました。

空港から屋根付きの渡り廊下を通って行けるのはとっても便利でした。チェックアウトもルームキーをボックスに入れるだけでスムーズでよかったです。宿泊者には無料で朝食がついていたのは嬉しいサービスでした。

遮音性はあまり無かったため、通路を歩く人の声、同じフロアの別部屋の大声などとてもうるさかったです。
空港からとても近いのですが、案内表示がわかりにくく、渡り廊下まで中々辿り着けなかったです。

出典:ブッキングドットコム公式サイト

 

ラウンジの利用と宿泊もできる「プラザプレミアムラウンジ」

プラザプレミアムラウンジの外観

プラザプレミアムラウンジ」は東南アジアの空港を中心に、プライオリティパスで利用できるラウンジとして有名ですが、クアラルンプール国際空港のKLIA2にあるプラザプレミアムラウンジは、宿泊施設の用意があります。

そして、宿泊者はラウンジの利用もできるという点はかなり嬉しいところ!ラウンジに着いてから軽めの食事を取り、チェックアウトする前にラウンジで朝食を取るといったこともできます。

利用時間は、6時間、12時間の宿泊プランが用意されており、それぞれ、6時間だと4,000円程度、12時間だと6,000円程度で宿泊することが可能です。

食事の付いているプランを予約したい方にはおすすめのトランジットホテルですよ。

LCCターミナルで乗り継ぎを利用する場合、入国審査不要の「サマサマエクスプレス KILA2」

サマサマエクスプレスKILA2の内装

LCC利用でマレーシア到着後、トランジットする場合におすすめのホテルが「サマサマエクスプレス KILA2」です。こちらのホテルはなんといっても制限エリア内にホテルがあるので、空港到着後、マレーシアの入国審査をせずに利用できるホテルです。

滞在時間は6時間と9時間に分かれており、トランジットの時間によって価格が異なります。6時間で5,000円程度、9時間で8,000円程度が相場のようです。

レビューの評価を見てみると、室内が清潔だった。朝食がおいしかった。飛行機を降りてから場所を見つけることが容易だったなど、高評価の意見が多くクアラルンプール国際航空経由で別の国に行く場合はぜひ利用してみたいホテルだと思います。

ワンランク上のホテルを求めているのであれば「サマサマホテルKILA」

サマサマホテルKILAの内装

ワンランク上のホテルを探している方におすすめなのが、「サマサマホテルKLIA」です。KLIAから徒歩10分程度の場所にあり、必要であればKLIAからバギーでホテルまで送迎してくれるという便利なサービスを提供しています。客室は、一番カテゴリーの小さいお部屋でも36㎡と開放的な作りになっています。

ホテル内には、南国感の味わえるプールやフィットネスジムも完備しており、トランジットホテルとは思えないほどのクオリティの高さです。

ただ、お値段の方は1泊平均15,000円とクアラルンプールにある高級ホテルチェーンと比べても強気の価格設定だと思うのでお財布に余裕のある方はぜひ滞在してみてくださいね!

また、先ほどご紹介した「サマサマエクスプレス KILA2」とは異なるホテルなので予約する際は間違わないように注意しましょう。

ブッキングドットコムのレビューを見てみると以下のようなレビューを見つけました。

とにかく便利!出口を出るとすぐに案内板がいくつも出ているので迷いません。案内板の通りに歩いていくと、バギーが待っているので、夜遅く着く便で、疲れていても安心です。
朝食も料理の種類が多く、満足です。

出典:ブッキングドットコム公式サイト

空港近くのホテルに宿泊すれば精神的負担は軽減されます!

写真をとるカップル

今回はクアラルンプール国際空港の空港ホテルを中心に紹介してきました。

第一ターミナルであるKLIAを利用する場合は近くに空港ホテルがほとんど無く、KLIA2近辺の空港ホテルを利用することになるのでターミナル間の移動について注意が必要です。

そして、なんといっても日本人の方であれば大満足するであろうエアロテルにぜひ宿泊を検討されてみてください!きっとっ水圧の強さが旅の良い思い出になりますよ笑

ぜひ参考にしてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事