那覇市内から車で40分程度の距離にある北谷。北谷には「アメリカンヴィレッジ」という沖縄の有名な観光スポットがあり、昼夜問わず地元の人から観光客まで賑わいを見せています。

そんなアメリカンヴィレッジ内に2020年に誕生した「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」。

以前、TBS系列で毎週放送中の「世界さまぁ〜リゾート」で紹介されたこともあり、北谷のホテルで最も注目を集めているホテルです。

そこで今回は世界さまぁ〜リゾートの宿泊記をお届け。
お部屋の様子から朝食の様子まで幅広く解説していきます。

結論、客室・朝食共に満足度が高いホテルでした!

スポンサードリンク

ロビー&レセプション

クリスマスシーズンに訪れたこともあり、ロビーにはクリスマスツリーが飾られてました。

 

チェックインの時間になるとロビーエリアでウェルカムドリンクとウェルカムアイスキャンディーのサービスがあります。こういったおもてなしのサービスは嬉しいですね。

 

アイスキャンディーは一人一個まで!

 

ロビー階からホテルと隣接したローソンに行けるので、ちょっとした買い出しをしたい際に重宝します。

 

館内は1Fがレセプション、2Fが朝食会場、3F~7Fが客室。8Fがインフィニティプールと温泉施設になっています。
※6Fにフィットネスエリアがあります。

スポンサーリンク

メイン棟 スーペリアツインルーム

今回は4階のお部屋にアサインされました。スーペリアルームのお部屋は30~31.8m2とゆったりとした作り。

お部屋全体は淡い色を基調にやさしい空間デザイン。ブルーカラーが沖縄の雰囲気とマッチングしており、リゾートホテルに宿泊している気分になります。

 

お部屋にはバルコニーがあります。外に出るとアメリカンビレッジ方面の景色でした。ちなみにカテゴリーが低いお部屋だと海を眺めることはできないため、どうしても海を眺めたい場合はオーシャンビューのお部屋の予約をおすすめします。

 

窓際には大きめのデイベッドが用意されています。成人男性でもゆったり寝転がれるサイズ。

 

加湿空気清浄機も用意されています。コロナウイルス対策に良いですね。

 

壁にはハンガー掛けと消臭スプレーが置かれていました。

 

パジャマの用意もあります。上下分かれている作りのため着心地は良かったです。ちなみにバスローブの用意はありませんでした。

 

ベッド周り

スーペリアツインルームはダブルサイズのベッドが2つ用意されています。マットレスは若干柔らかめの作り。ベッドサイドにはUSBポータルが備え付けられているので充電しやすかったです。

 

水回り

シンクはお部屋に備え付けのタイプ。いまのご時世、ホテルに入ったらすぐに手洗い・うがいをしたいのでバスルームにある作りに比べて利便性が高いと感じました。 シンク横には歯ブラシやコームなど基礎アメニティが置かれています。

 

夕方ごろにロビーを訪れると、男性・女性用のスキンケアセットが置かれています。化粧品類を忘れてしまった場合もコンビニやドラッグストアで買う必要はありません。

 

バスルームはユニットバス。宿泊客は無料で温泉施設を利用できるので問題ありません。バスアメニティはビジネスホテルによく置かれているPOLA製のもの。

 

ドライヤーはパナソニック製。可もなく不可もなくといったドライヤー。

 

ミニバー

ミニバー周辺には、スティックタイプのインスタントコーヒーやさんぴん茶などが用意されています。電気ケトルはバルミューダ製。 撮影し忘れしまいましたが、ミニバー下には冷蔵庫があります。中には何も入っていなかったため、持参した飲み物や食べ物を冷蔵できます。

 

お水は2本用意されています。追加ではいただけないようなので、ホテル1階に隣接しているローソンで飲み物は購入されることをおすすめします。

 

客室の各フロアには製氷器と電子レンジが用意されています。お部屋で食事をする際に重宝しますね。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食

朝食会場はメイン棟2Fのラウンジにていただきます。レクー朝食の営業時間は7:00~10:30(最終入場が10:00)となっています。
料金は下記の通りです。

朝食ビュッフェの料金
【ご宿泊者の方】 大人¥2,000 / 6~12歳¥1,000 / 5歳以下無料
【外来料金 】 大人¥2,500 / 6~12歳¥1,200 / 5歳以下無料

 

朝食会場の入り口に入るとプラスチックの容器が置いてあります。コロナウイルス感染症対策の一環として、朝食会場で食べたくないという宿泊客向けにビュッフェ台の料理を容器に詰めてお部屋でいただけます。これは嬉しいサービスですね。

 

ここからは朝食の内容を見ていきましょう。こちらはマグロ丼を作れるコーナー。沖縄近海で取れた新鮮のマグロを使って、マグロ丼やネギトロ丼をお好みの量で作れます。

 

朝から新鮮なお魚をいただけるなんて嬉しいですね。

 

沖縄のブランド豚「アグー豚」を使ったローストポークです。甘みがありとっても美味しかったです。個人的にはビュッフェ台のお料理の中で一番好きでした。

 

こちらはレクー沖縄の朝食名物「Lequオリジナルバーガー」
あぐー豚を使ったパテを乗せてオリジナルバーガーを作れます。

 

ハンバーグやバンズについては鉄板で再度温めることができるので熱々のハンバーガーを作れますよ。

 

沖縄の郷土料理の品揃えも豊富でラフテー、ゆし豆腐、ゴーヤチャンプルー、ジューシーなど豊富に揃えてあります。
こちらは沖縄そぼです。

 

朝から重たい料理は避けたい。。という方やヘルシー思考の方向けに中華がゆの用意も。鶏の旨味を効いており、美味しいです。沖縄の漬物、ピーナッツや松の実など、お好みのトッピングを加えられます。

 

デザート類。全てのデザートが小さく切ってあるため、色々なスイーツを少しずつ楽しめます。女性の方には嬉しい気遣いですね。個人的にはガトーショコラが一番美味しかったです。

 

コーヒーマシーンやソフトドリンクのマシーンなども。ドリンクについてはセルフサービス。

 

本格的なウォータードリッパーで抽出した水出しアイスコーヒーの用意もあります。酸味があり、本格的なアイスコーヒーです。コーヒーショップでいただくような味でした。

 

子連れの方には嬉しいソフトクリームマシーンも用意されています。

 

お酒好きにはなんと泡盛の用意も!朝からお酒を飲めんなんてすごい。。

 

色々とピックアップしてきました。朝から豪華な朝食をいただけて大満足!味も申し分なしです。

レクー沖縄の朝食はバラエティ豊かな品揃えで、大人から子供まで満足できる朝食のクオリティでした。宿泊される方はぜひ朝食付きのプランの予約をおすすめします。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの施設情報

ホテルの一番の注目ポイントであるインフィニティプールの利用については有料です。また、プールの営業期間は3月20日~10月31日とされています。

 

インフィニティプール利用概要
時間 8:00~20:00(7/1~9/30は22:00まで営業)
料金 大人¥2,000 / 小人(6~12歳)¥1,000 / 5歳以下無料
※時間・期間は変更の可能性があります
※レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、国際的なホテルとして、あらゆる文化やライフスタイルのお客様を尊敬し歓迎します。そのため、プールでのタトゥーを認めております。しかしながら、ご利用になるすべてのお客様の快適性と安全のため、他のお客様にご不快ととらえられる威圧感のあるタトゥー(刺青)はご遠慮いただいております。■ 夏季プール料金のご案内
期間:2021年7月22日~2021年8月31日
料金:大人¥3,000 / 小人(6~12歳)¥1,500 / 5歳以下無料
カフェ&バーのグランドメニューからワンドリンク付き

引用:レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイト

 

今回は11月に訪問したため、プールの営業は休止していました。プールからは北谷ビーチを一望できます。

 

またプールサイドには、カフェ&バーが併設されており、プールの休業期間中も営業中でした。サンセットタイムにカクテルを飲みながら夕日とビーチビューを眺めることも良さそうです。

 

真横にはアメリカンヴィレッジの建物が連なっており、迫力があります。

また宿泊客は無料で温泉施設を利用できます。今回は時間が無く利用できませんでしたが、ビジター客が利用する場合は、有料になるため積極的に利用したいところ。

温泉施設の入場料金
【ご利用料金/1日】
大人(13歳~) ¥1,500
小人(6~12歳) ¥800
幼児(0~5歳) ¥500

8Fの待合室もブルーや淡い色を基調としたデザインになっており、南国ビーチリゾートの居心地の良い空間を演出しています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの基本情報

チェックイン&チェックアウト時間

 

チェックイン時間は14:00、チェックアウト時間は11:00です。

 

アクセス

レクー沖縄北谷スパ&リゾートはアメリカンヴィレッジ内にあります。那覇空港から車で40分ほどの距離。車を持参されていない方は那覇空港や那覇市内などからアメリカンヴィレッジ行きのバスが毎日運行中です。

料金

 

今回の宿泊は、Agoda経由で宿泊日前日に予約し、朝食込みで1泊1室7,900円でした。Agodaは他のホテル予約サイトに比べて、安くホテル予約ができるサイトとして有名です。

Agodaの評判については下記のページにまとめてあります。

まとめ

今回はレクー沖縄北谷スパ&リゾートの宿泊記をお届けしてきました。

宿泊料金は北谷にあるリゾートホテルと比較してリーズナブルでありながらも客室は南国のビーチリゾートの雰囲気を感じ、朝食もバラエティ豊かなメニューで大満足でした。

コスパ良くおしゃれなホテルに泊まりたいという方にぴったりのホテルです!

次回はプレミアム棟に宿泊してみたいです。

併せて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事