バンコクの旅行中に滞在した「Modena by fraser Bangkok(モデナバイフレーザーバンコク)」の宿泊レビューをお届け。

お部屋全体の様子から朝食、フィットネスルームなどの施設までご紹介していきます。

宿泊費を抑えつつ、それなりのグレード感のあるお部屋をお探しの方にぴったりのホテルですよ!

スポンサードリンク

モデナ バイ フレイザー バンコクへのアクセス方法

ホテルはMRTシリキット女王国際会議場駅前のすぐ近くにあり、駅チカで大変便利。また、MRTで一駅行くと、バンコクの繁華街であるスクンビットに到着するので、BTSに乗り継いだり、ショッピングに最適な場所です。

また、フォトジェニックな写真が撮影できる場所として有名な「ラチャダー市場」の最寄りである、タイ文化センター駅まで1本で行けるので観光スポットへのアクセスも便利。

スワンナプーム国際空港からホテルに向かう場合、電車で40分ほど。エアポートリンクルでパヤタイ駅まで行き、その後MRTに乗り継ぎます。

ドムアン空港からは、タクシーもしくはバスなどを利用すること約40分で到着する距離です。
スポンサーリンク

モデナ バイ フレイザー バンコクのエントランス

ホテルのエントランス

エントランスは開放感があります。チェックインを済ませ、お部屋へ向かっていきましょう。お部屋に向かうまで、スタッフの方が荷物を運んでくれました。ビジネスホテルにしては親切な心遣いです。

エントランスにあるボードゲーム

エントランスにはボードゲームがあり、遊び心満点です。

エントランスにはデトックスウォーターのサービスあり

デトックスウォーターも置かれています。バンコクは年中熱帯なので、ホテルから帰ってすぐに喉を潤すことができるのは嬉しい。

モデナ バイ フレイザー バンコクのお部屋

agoda宿泊料金

今回はホテルの一般的なお部屋「スーペリアルーム」を予約。

Agodaで朝食なし、キャンセル不可のプランで1泊4800円程度でした。朝食を付けても1泊6,000円を切るのでかなりお買い得感あり。

それでは、お部屋をご紹介していきましょう。

キングサイズのベッド

ベッドはキングサイズのもの。ビジネスホテルだからといって、安っぽいマットレスを使っている印象は無く、柔らかすぎず、固すぎず寝心地の良いマットレスでした。

JBLの目覚まし時計付きのスピーカー

ベッド横には、JBLの目覚まし時計付きBluetoothスピーカーがあります。お部屋で好きな音楽をスピーカー越しに流せるのは嬉しい。

テレビ

テレビ。

CNNやBBCなどの海外のニュース番組はありましたが、日本語のチャンネルはありませんでした。

撮影し忘れしてしまいましたが、テレビ下にはデスクワークもあります。電源プラグは日本のコンセントに対応しており、変換プラグを持参する必要はありません。

バスローブとスリッパ

バンコクのホテルは、パジャマやスリッパの用意が無いホテルも多いですが、バスローブとスリッパの用意がありました。スリッパは薄っぺらい簡易的なタイプのもの。

無料の水やインスタントコーヒー

水は毎日2本無料でもらえます。ただ、瓶に入っているので持ち運びには不便ですね。インスタントコーヒーやティーパックもあります。

冷蔵庫の中は空っぽなので、自分で購入したものを冷蔵することができます。購入してきたドリンクやフルーツを冷やすときに大変便利でした。

清潔感のある水回り

水回りはシンプルですが、清潔感があります。アメニティは歯ブラシとボディローションなど。髭剃りやコームなどの用意は無く、持参する必要あり。

化粧鏡

化粧鏡もあります。日本のコンセントにも対応可能。

スタンダードなお部屋だと、バスタブはありません。シャワールームのみ。カテゴリーが上がるとバスタブ付きのお部屋もあります。

シャワーはヘッドタイプのみ。水圧は良好でした。バスアメニティはポンプ式のもの。髪に悪い成分が入ってそうだったので、持参したバスアメニティを使用しました。

清潔感のトイレ

トイレも清潔感があります。ただし、ウォシュレットは付いていませんでした。

1泊5000円切るホテルにしては、広さ、清潔感、機能性など満足度が高く、コスパの高いお部屋でした。

モデナバイフレイザーバンコクの朝食

静かな朝食会場

もともと、朝食付きのプランを予約していませんでしたが、朝食を利用してみることにしました。1人300バーツほど。

9:00ごろに訪問したときは、お客さんは私を含めて3組程度。恐らく、大陸の団体客の方は利用しないホテルなのでしょう。

利用客が少ない分、ゆったりと朝食をいただくことができます。早速料理をピックアップしていきましょう。

モデナホテルの場合、ビジネスホテルの位置付けなので、コーヒーなどはセルフサービスです。

定番のホットミール

メニューに特徴はありません。いたって普通のコンチネンタルブレックファーストです。種類は少なめ。

ホットミール。基本的なソーセージ、ハム、焼いたトマトなどがあります。

エッグステーション

エッグステーションがありました。これは意外。

スタッフの方にお願いすれば、目の前で、出来立てのオムレツや目玉焼きを作ってくれます。

ブレッド類

ブレッド類。どれも冷めきっていて、あまりおいしくなかったです。

冷凍食品のチャーハン

冷凍ものを解凍しただけのチャーハン。

フレッシュな野菜

野菜はフレッシュなものが多い!

カットフルーツ

南国らしいカットフルーツも置いてあります。スイカは糖度が高くおいしかったです。

ピックアップしてきた料理

色々ピックアップしてきました。タイ料理は全くなく、洋食メニューが中心です。予想通りそこまで味はおいしくなかったです。

正直、朝食のプランは付けなくて良いと思います。300バーツあれば、レストランやカフェでもっとおいしい朝食を食べれますよ。

モデナバイフレイザーバンコクのフィットネスルーム

ホテル内にはフィットネスルームも完備されています。

8:00ごろに訪問したときは、外国人の方が1名利用していました。

フィットネスルーム全体

フィットネスマシーンは少なめ。

ランニングマシーンからはバンコクの景色を楽しめる

フィットネスルームはホテルの最上階にあるので、バンコクの景色を楽しみながらワークアウトすることができます。

ジムの隣にはコインランドリーもあり、長期滞在する方には重宝しそう。利用するためには、コインが必要になるので、フロントの方にコインランドリーを利用したいと伝えれば両替してくれます。また、洗剤や柔軟剤はプレゼントしてくれます。これは嬉しい。

洗濯できるのであれば、荷物少なめで訪れても安心ですね。

モデナバイフレイザーバンコクはコスパ抜群のホテルだった

ホテルの看板

日によっては1泊4000円台で宿泊できるモデナバイフレイザーバンコク。立地やお部屋の広さ、設備等考えても十分コスパの良いホテルだと思います。

また、スタッフの方も親切な方が多く、ビジネスホテルにしては満足度が高かったです。

ホテルの施設内にコインランドリーも完備されているので、長期滞在にもうってつけ。バンコクのホテル選びで困られている方は宿泊候補に入れてみてはいかが?

合わせて読みたい記事はコチラ

【最後に】旅行費用を極限まで下げられるおすすめサービスのご紹介

最後に、私が旅行計画を立てる際に利用しているサービスをまとめてご紹介していきます。

旅行予約は旅行代理店に任せっきり、格安で旅行をしたいけど、どのサイトを使えば分からない!というあなたにぴったりのサイトを厳選してご紹介していきます。

【航空券手配】Skyscanner(スカイスキャナー)



スカイスキャナーバナー広告航空券手配はスカイスキャナーを利用しましょう。

スカイスキャナーは、国内・海外の世界1,200もの航空会社や代理店からリアルタイムの価格を一括比較して、最安値を表示してくれる便利なサイトです。比較するサイト量が業界1位だからこそ、他の比較サイトでは出現しない激安航空券を見つけることが可能に!

そして、日別ごとに最安値の価格が表示されるので、ピンポイントで最安値価格を検索できる機能も便利でおすすめ。

【宿泊予約】Agoda(アゴダ)

モデナ バイ フレイザー バンコクの場合、Agodaの予約が最も安く予約できる場合が多いので、ぜひAgodaでの予約をおすすめします。

東アジア、東南アジアの宿泊予約に強いAgoda。ホテルの豊富な写真や、宿泊者の口コミが表示されるので、ホテル選びで失敗するリスクを下げたい人におすすめ。

また、ベストプライス保証を実施しており、他のサイトの方が宿泊料金が安ければ、申請をすることで値引きが可能に。

一方で、欧米や欧州の宿泊予約に弱いという弱点も持っている。

【宿泊予約】Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.comはキャンセル無料のプランが多く、柔軟にホテル選びをしたい方にぴったりのホテル予約サイト。

Agoda同様に、ホテルの豊富な写真や口コミが表示されるので、ホテル選びで失敗してしまった!というリスクを最小限に抑えてくれます。また、Booking.comで宿泊予約を一定行うと、ジーニアス会員という会員になることができ、ホテルの宿泊料金が10%OFFになったり、朝食が無料になるなどユニークな制度があります。

ブッキングドットコムの評判や口コミについては以下の記事で詳しくまとめています。

【クレジットカード】ブッキングドットコムカード


ブッキングドットコムカードのバナー広告

年会費無料にも関わらず、海外保険が付帯されている優秀なクレジットカード。

ブッキングドットコムの宿泊料金をカード決済することで、還元率が脅威の6%まで上昇します。審査のスピードも早く、旅行直前にクレカを発行したいという方におすすめです!

ブッキングドットコムカードの詳しい情報については以下の記事で詳しくまとめています。

【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事