【名古屋マリオットアソシアホテル 宿泊記】プラチナ特典やお部屋の様子を徹底レビュー

名古屋を代表する高級ホテル「名古屋マリオットアソシアホテル」

JRセントラルタワーズホテル棟の20階から49階に位置しており、東海エリア随一の高層ホテルとなっています。

今回はそんな名古屋マリオットアソシアホテルの宿泊記をブログ形式でお届け。
デラックスルームのお部屋の様子やプラチナエリート会員特典などを徹底レビューしていきます。

結論、大満足のホテルステイを楽しめました!

名古屋市内のホテル選びの参考になれば幸いです。

ロビー&レセプション

ロビー&レセプションの様子

ロビーはJRセントラルタワーズホテル棟の15階。
名古屋駅内にある地上エレベーターより15階に到着すると、クラシカルなデザインの空間が広がります。

これからのホテルステイに期待が膨らみます。

今回は一番カテゴリーの低い、スタンダードダブル(25m2)を予約しましたが、デラックスダブルルーム(38m2)にアップグレードしていただきました。

2段階のアップグレードに成功したことになります!

名古屋マリオットアソシアホテル客室カテゴリー
【スタンダードフロア】
・スタンダードダブル(25m2)←予約した客室
・スタンダードツイン(35m2)
・デラックスダブル(38m2)←実際にアサインされた客室
・デラックスツイン(38m2)
・アクセシブルルーム(38m2)
・コネクティングルーム(76m2)
・ファミリートリプル(54m2)
・ファミリーフォース(54m2)
【コンシェルジュフロア】
・CFスタンダードダブル(25m2)
・CFデラックスダブル(38m2)
・CFデラックスツイン(38m2)
・ジュニアスイート(55m2)
・コーナースイート(66m2)
・デラックススイート(83m2)
・エグゼクティブスイート(113m2)
・プレジデンシャルスイート(126m2)
・インペリアルスイート(202m2)
・ジャパニーズウェスタン(101/56m2)
通常のチェックイン時刻より早い、14時ごろに訪問したためスムーズにチェックインできました◎

ロビーラウンジの様子

ロビーラウンジも併設されており、ラグジュアリーな空間がアフタヌーンティーなどを楽しめます。

また同じくロビー階にはコンシェルジュラウンジが併設されており、コンシェルジュフロアを予約されている方はこちらでチェックイン等を行えます。

スポンサーリンク

レギュラーフロア|デラックスダブルルーム

ロビー階のエレベーターホール

それではお部屋へと向かいましょう。

エレベーターホールもクラシカルで高級感あふれる空間。
エレベーターは全8基あるため、あまり待つことなくエレベーターへ乗り込めます。

32階のエレベーターホール

お部屋のある32階に到着。
白を基調としたデザインで高級感があります。
高層フロアになると、エレベーターホールの入り口でカードキーをタッチしなければ客室へと続く廊下に入れません。

客室のドア

今回、2泊3日滞在する3219室に到着です。

ベッドルーム

デラックスダブルルーム全体の様子

お部屋全体はこのような感じ。
白を基調とした空間で淡いブルーの絨毯や家具がアクセントとなり、落ち着いたおしゃな雰囲気。

デラックスダブルルームから見える眺望

32階のため眺望は抜群!
名古屋市内のパノラマビューを一望できます。

クラブラウンジから景色となりますが、高層階から眺める夜景も申し分なしです!
眺望重視でホテル選びをされている方はきっと満足するはず!

圧迫感を感じる眺望

少し残念なポイントとして、ホテルに隣接するJRセントラルタワーズが眺望の妨げとなり、眺望に圧迫感を感じます。
また、JRセントラルタワーズはオフィスビルのため、ビルを覗くとサラリーマンの方が仕事をされています。
そのため、プライバシーには要注意です。

キングサイズのベッド

ベッドはキングサイズ以上の大きさ。
かなり大きめ。

セミダブルベッドを2つ繋げたコネティングベッドになっています。
ベッドの硬さは柔らかすぎず硬すぎずで安眠できました◎

ベッドサイド

ベッドサイドにはタブレット端末が設置されており、プールやフィットネスジムなどの館内施設の混雑状況やアメニティの追加のリクエストなどが可能。

プールやフィットネスジムの混雑状況を確認できる点は便利だと思います!

ソファ

ソファーは一人掛け用タイプが2つ。
お部屋によってはデイベッドとしても利用できるソファが置いてます。

加湿空気清浄機

コロナ禍には嬉しい、加湿空気清浄機もあります。
あらかじめ水は入っていないため、自分で補充する必要あり。

あらかじめ水は入れててほしいですね。

52型の東芝製の液晶テレビ

テレビは52型の東芝製。
スマートテレビ対応型のテレビですが、セキュリティの観点からYouTubeやNetflixなどは見られない仕様。

テレビ番組は、地上デジタルの他、CNNなどの海外ニュース番組も閲覧可能となっていました。

ワーキングデスク

テレビのお隣にはワーキングデスクも用意。
ホテル滞在中はこちらでデスクワークする機会が多かったです。

部屋の空調管理ボタン

部屋のクーラー・暖房のON・OFFは部屋ごとに調整可能です。

パウダーエリア

ウェットエリア全体の様子

続いて、パウダーエリアを見ていきましょう。
パウダーエリア全体は大理石を使用しており、ヨーロピアン調のクラシカルなデザインとなっています。

バスアメニティ

バスアメニティはマリオットホテル共通のバスアメニティタイの高級スパブランド「THANN(タン)」だと思っていましたが、「This Works」というブランドに変更されていました。

ハンドソープはTHANNのまま。

不思議に思い、変更した理由をホテルスタッフの方に聞くと、サプライチェーンの遅延により、THANNのバスアメニティの入荷が遅れているとのこと。

その代用品としてThis Worksのアメニティが採用されているようです。
よく高級ホテルブランドで採用されている「アロマセラピーアソシエイツ」の香りにそっくり。

サプライチェーンの回復次第、順次THANNのアメニティに戻す予定とのことです。

基礎アメニティ

アメニティは歯ブラシや髭剃りなど基礎的なアメニティのほか、マウスウォッシュや基礎化粧品セットなどが揃っていました。

ドライヤーはパナソニック製の低価格帯タイプ。
髪を乾かすには若干時間がかかります。

マリオットクラスのホテルであれば、もう少しクオリティの高いドライヤーを置いてほしいところ。

基礎化粧品セット

またリクエストしなくても基礎化粧品セットが用意されています。

中身は、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液など。
基礎化粧品セットを忘れた場合も安心ですね。

バスローブ

バスローブ。
膝丈程度の短めタイプ。

バスルーム

バスルームは、シャワールームとバスタブが独立式。
シャワールームはヘッドシャワーの一種類のみでした。

ちなみに、スタンダードルームの場合はユニットバス形式となっています。

バスタブ

バスタブは浅めの作り。

180cm程度の方でも足を伸ばせる横長の作りになっているため、体を沈めれば、肩までお湯に疲れます。
ただし、バスタブはかなり滑りやすい設計のため、お酒で酔っ払っている方、高齢者の方は入浴する際に注意してください。

バスソルト

ホテルスタッフの方にリクエストすれば、2種類のバスソルトをいただくことも可能。

ミニバー

ミニバー

ミニバーの中にはソフトドリンクやアルコール類が収納されています。

冷蔵庫の中

お菓子も冷蔵庫の中に収納されています。
ポテトチップスも冷蔵庫に。

ミニバー料金価格表

料金設定は高めのため、アルコール類などは名古屋駅周辺のコンビニで購入されることをおすすめします。

ネスプレッソマシーン

冷蔵庫の上にはネスプレッソマシーン、緑茶・紅茶のティーバッグがあります。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはあらかじめ2本置かれています。
無くなった場合、ホテルにリクエストすれば何本でも無料でいただけますよ。

ティーカップ

引き出しを開けるとティーカップや栓抜き等が収納されています。

クローゼット

クローゼットの中

クローゼットの中にはアイロン、消臭スプレーなどが収納されています。

少しふわふわしたスリッパ

スリッパは少しふかふかしたタイプ。
東京マリオットホテルと同じ、マリオットロゴ入りのふかふかタイプが良かった。

ターンダウン

夕方外出している間に、ターンダウンを事前にリクエストしておきました。

ターンダウンのサービスは通常、マリオットボンヴォイのチタンエリート会員以上の方向けのサービスとのことでしたが、特別に対応していただきました。

ターンダウン後は、日中使用したアメニティが全て補充され、ベッドシーツは綺麗に整えられていました。

パジャマ

また、すぐに寝れるようパジャマもベッド上に置かれていました。
パジャマはビジネスホテルによくある上下一式タイプ。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイエリート会員特典

名古屋マリオットアソシアホテルではマリオットボンヴォイエリート会員向けに豊富な特典を用意しています。
ゴールドエリート会員の特典とプラチナエリート会員の特典はそれぞれ下記の通りです。

ゴールドエリート会員特典

ゴールドエリート特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト14時まで(お部屋の空き状況による)
・ウェルカムギフト500P
・滞在ごとに25%のボーナスポイントを獲得

プラチナエリート会員特典

プラチナエリート特典
・客室の無料アップグレード(お部屋の空き状況による)
・レイトチェックアウト16時まで(お部屋の空き状況による)
・ウェルカムギフト(マリオットボンヴォイポイント1000P、選べるギフト)
・滞在ごとに50%のボーナスポイントを獲得
・朝食無料
・クラブラウンジのアクセス無料
・フィットネスエリアのアクセス無料(通常:3300円(レンタルウェア代、レッスン代含む))→2022年4月より、3,300円の有料に。
プラチナエリート会員は特典が非常に豊富!
ここからは名古屋マリオットアソシアホテルのプラチナ特典を詳細に解説していきます。

プラチナエリート会員特典①:ウェルカムギフト

ウェルカムギフトメニュー表

プラチナエリート会員以上の方ですと、4つのウェルカムギフトの中から好きなものを一つ選べます。

マリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上のウェルカムギフト
①1000ボーナスポイント付与
②ミニバーのアイテムより3点
③チョコレート(ハイカカオorオランジェット)
④ソフトドリンク、国産ビール、コーヒー、紅茶and
ミックスナッツ、ビーフジャーキー、アイスクリーム、フルーツヨーグルト

今回の滞在では、ミニバーのアイテムより3点を選んでみました。

冷蔵庫の中に入っていた、ビール、ワイン、トッポをチョイス。

190mlのボトル白ワイン

白ワインを飲んでみたのですが、全く美味しくなかった(泣)
ちなみに、名古屋駅のキオスクにて、500円程度で販売されていました。

正直、パッとするウェルカムギフトはあまりないですね。
ビールやおつまみなどはラウンジで提供されているものが多く、ラウンジに行けばいつでもいただけるので。

無難に1000ポイントのギフトが賢い選択かもしれません。

プラチナエリート会員特典②:クラブラウンジが無料

エリートラウンジでいただいたスパークリングワインラウンジOPEN中は終日ワインやビールなどのアルコールをいただける

名古屋マリオットアソシアホテルの場合、プラチナエリート会員以上の方は無料でクラブラウンジを利用できます。

ラウンジの混雑があまりない場合はロビー階にあるコンシェルジュラウンジも利用できますが、基本的には36階にあるエリートラウンジを利用することになります。

クラブラウンジでは終日を通してスパークリングワインなどのアルコールを楽しめたり、アフタヌーンティーやカクテルに合う軽食などもいただけます!

アフタヌーンティーセット

アフタヌーンティーでは一口サイズのケーキやスコーンなどがバイキング形式で提供されました!

カクテルタイムに提供された軽食セット

カクテルタイムになると、お酒に合うような軽食も提供。
私が訪問した際は、冷製のオードブルだけでなく、ホットミールも提供され、満足度は非常に高かったです!

クラブラウンジのレビューはこちらから

プラチナエリート会員特典③:朝食が無料

朝食券

朝食は15階にあるパーゴラにて朝食ビュッフェ、もしくはコンシェルジュラウンジにて洋食・和食のプレート+ハーフビュッフェのどちらかの朝食を無料でいただけます。

パーゴラでいただいた和食メニュー

パーゴラでは、洋食・和食・名古屋めしなど様々な料理を堪能できます。

名古屋マリオットアソシアホテルの朝食ビュッフェのクオリティはかなり高く、朝から大満足なこと間違いなし!
とくに、和食のクオリティがかなり高め!

コンシェルジュラウンジでいただいた和食セットメニュー

コンシェルジュラウンジでは数量限定の和食セットがおすすめ!
どのお料理も料亭で作られているようなクオリティで非常に美味しかったです。

朝食ビュッフェのレビューはこちらから

プラチナエリート会員特典④:フィットネスエリアが無料

プールエリア全体の様子

※2022年4月24日現在、3,300円の有料になりました。
現在はアンバサダーエリート会員のみ無料で利用できます。

フィットネスエリアには、プール、ジム、大浴場、リラクゼーションエリアがあります。

ちなみにジムエリアについては、宿泊客は誰でも無料で利用できます。

プールは南国感あふれる空間となっており、海外気分を味わえますよ!

フィットネスエリアのレビューはこちら

アクセス情報

名古屋マリオットアソシアホテルは、名古屋駅直結です。
名古屋駅に到着すると、ホテルまでの看板はあちこちにあるので道に迷う心配はありません。

名古屋マリオットアソシアホテルで非日常のホテルステイを楽しんで!

名古屋マリオットアソシアホテル外観の様子

今回は名古屋マリオットアソシアホテルの宿泊記をお届けしてきました。

名古屋駅からのアクセスも良く、高級ホテルとしてはお値打ち価格で宿泊できる日が多いため、ビジネスや観光など様々なシーンで使い勝手の良いホテルだと思いました。

お部屋もモダンで落ち着きのある空間で、名古屋駅直結のホテルとは思えない都会の喧騒を忘れさせてくれたホテルステイでした。

あわせて読みたい記事はこちら
スポンサーリンク
コメントを残す

【期間限定】マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーン

2022年4月26日より、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンが開始されました。

期間中の決済額に応じて、最大39,000ポイント獲得可能の激アツキャンペーンです!

獲得できるポイント数は下記の通り。

キャンペーンで獲得できるポイント数
・3ヶ月以内に30万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

また、当サイトよりお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。
内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

アメックスの公式サイトで申し込んだ場合と比較して、6,000ポイントも多くポイントを獲得できます!

45,000ポイントを獲得できれば、「リッツカールトン」や「Wホテル」といったマリオットボンヴォイに加盟している最高級ホテルの無料宿泊が可能に。

これまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

また、ポイントを18万ポイント交換することでANAマイルを75,000マイル獲得し、東京⇄ニューヨーク間、東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券可能なマイル数も獲得できます。

ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANAビジネスクラス「THE Room」

羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

2020年の2月にマリオットポイントをANAマイルに移行し、東京ーロンドン線の往復特典航空券を発券し、空港手数料の50,000円のみでビジネスクラスに搭乗しました。

シンガポール航空A330のビジネスクラスシートマイルでほぼタダで搭乗したシンガポール航空ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで提供されたシャンパンタイ航空のビジネスクラスでいただいたヴーヴ・クリコのシャンパン

さらにポイントだけでなく、マリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。
・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。
・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。
・最高1億円の国内外旅行保険。

年会費が49,500円(税込)と一般的なクレジットカードと比較するとやや高額ですが、上記の特典をフル活用すれば、年会費の元は十分取れると断言できます。

今回の新規入会キャンペーンを上手く活用して、2022年はワンランク上の国内旅行・海外旅行を楽しむためにマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをぜひ発行してください!!

 

スポンサーリンク