【ザ・プリンスパークタワー東京宿泊記】東京タワービューの客室をブログレビュー

※本ページはプロモーションを含みます。

ザ・プリンスパークタワー東京は東京タワー近くに位置する高級ホテル。

お部屋や眺望のクオリティが高いにもかかわらず、宿泊料金は比較的抑えられており、様々な層から高い人気があります。

今回はザ・プリンスパークタワー東京の宿泊記をブログ形式でお届け。

パノラミックキングルームのお部屋を徹底レビューしていきます。

都内のホテル選びの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊程度
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • これまで所有したクレカは30枚以上
  • 世界中の空港ラウンジを使い放題できるクレカの紹介記事はこちら

世界中の空港ラウンジが使い放題!
初年度年会費無料の最強クレカ

セゾンプラチナビジネスアメックスカード

ザ・プリンスパークタワー東京の宿泊レビューはYouTube上でも公開中!

ザ・プリンスパークタワー東京の宿泊レビューはYouTube上でも公開しております。
動画の方がより詳細に宿泊レビューをお届けしているのでぜひご覧ください。

ぜひチャンネル登録&高評価ボタンをクリックしていただけると幸いです!

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/
スポンサーリンク

ザ・プリンスパークタワー東京のロビー&レセプション

ロビーのソファー

ロビー周辺はライフスタイル型ホテルのような空間。

ロビーのテーブル席

インテリアも非常におしゃれ。
これからのホテルステイに期待が膨らみます。

ロビー全体の様子今回は14時ぐらいにホテルへ到着。
お部屋の用意が完了しているとのことで、早めにチェックインさせていただきました。

15時を過ぎるとロビーにはチェックインに並ぶ方で大混雑していたので、少し早めにホテルに到着するとスムーズにお部屋に入れるのでおすすめですよ。

今回はパノラミックキングルームのお部屋を事前に予約。
週末だったため、アップグレードはされませんでしたが、あらかじめバースデイステイの旨を伝えていたので東京タワーの眺望が良いお部屋にアサインしていただきました。

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/
スポンサーリンク

ザ・プリンスパークタワー東京のパノラマミックキングルーム(東京タワービュー)

ベッドルーム

パノラマミックキングルーム全体の様子

客室の広さは38m2と広々とした作り。
2018年にリノベーションされたこともあり、清潔感があり居心地の良い空間です。

所々にシアンカラーのインテリアが使われていて、リゾートホテルに滞在しているような気分になります◎

ベッド

ベッドはかなり大きめのサイズ。
セミダブルのベッドを2つ繋ぎ合わせているようです。
マットレスはやや硬めで、個人的には熟睡できるマットレスでした!

ベッドサイドにあるUSBポータル

ベッドサイドにはUSBポータルも用意されており、スマホを充電をする際に便利。

テレビ

テレビは47型ほどのサイズ。
スマートテレビ非対応のため、テレビでYouTubeやNetflix等を楽しみたい場合は、外部端末を持参する必要があります。

またテレビは可動式のタイプではないためベッド側の方を向けることはできません。
これはちょっと改善してほしいですね。

バルコニーから見える東京タワー方面の景色

バルコニーに出ると、眼前には東京タワーと桜が満開になりつつある増上寺が見えます。
東京タワーをこんなに近くで眺められるホテルに宿泊したことは初めてだったため、圧倒的なスケール感に驚きを隠せません。

東京タワーライトアップ前の景色

夜になると、ライトアップされて、港区方面の夜景と東京タワーのシティービューを楽しめます。
ライトアップ前。

東京タワーライトアップ後の景色

ライトアップ後。
オレンジ色のライトアップされると景色がガラッと変化します。

今回宿泊したお部屋は20階のため高層階ではないものの、景色はこれまで宿泊してきた都内のホテルの中でも3本指に入るほどの感動ものでした!

東京タワーの眺望を楽しみたい、東京のシティービューを楽しみたい!という方は絶対宿泊すべき!

2人掛け用のソファ

テレビの反対側には2人掛け用のソファとテーブルが置かれており、テレビや東京タワーを見ながらゆっくりとした時間を過ごせます◎

クッキーのプレゼント

今回は事前にアニバーサリーステイの旨を伝えていたため、ホテルからクッキーのプレゼントをいただきました。
こうしたホテルからのおもてなしがあると「また再訪したい!」という思いになりますよね。

また、お部屋に訪れた際はあらかじめミネラルウォーターが2本用意されていますが、ホテルへリクエストすれば何本でもいただけます。

ワーキングデスクとチェア

ワーキングデスクとチェア。
港区方面の都会の景色を楽しめます。
仕事がはかどりそうです。

ただ、WiFiのつながりはやや弱め。
TwitterやInstagramの写真の読み込み時間はかなり遅い印象を受けました。
ホテルでお仕事をされる方はご注意を。

BOSE製のBluetoothスピーカー

BOSE製のBluetoothスピーカー。
自分のスマホと繋げて好きな音楽を流せます。

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/

ミニバー

ミニバー

ミニバーは棚の中に綺麗に収納されています。

パレスホテル東京のようなミニバーの作りです。

フルートグラスなどグラス類

フルートグラスなどのグラス類も綺麗に収納されています。
アイスペールの用意はありませんが、ホテルにリクエストすれば持ってきていただけますよ。

またシャンパンや白ワインなどを冷やすシャンパンクーラーの貸し出しもありますが、週末はすぐに貸し出し分が埋まるため、チェックイン時にあらかじめリクエストしておくと良いかもしれませんね。

ネスプレッソマシーン

ネスプレッソマシーン。
コーヒーカプセルは2種類。
デカフェの用意もあるため、夜の時間帯でもカフェインを気にせずにコーヒーを楽しめるのでよかったです。

引き出しの中に収納されているスナック類やリキュール類

引き出しを開けると、スナック類やリキュール類がびっしりと収納されています。

写真左下にあるティーバッグに関しては無料。
テイーアースという大阪発のティーブランドを採用しており、煎茶の他、ウバ茶、アサイーベリー茶など、ホテルのティーバッグであまり見かけないような種類が用意されていました。

冷蔵庫の中に入っている有料のドリンク

冷蔵庫の中には有料のドリンクがびっしり。
持参した飲み物や食べ物を収納するには少々不便。

ミニバー料金表

ミニバー料金は上記の通りです。

やはりどれも高級ホテル価格のため、お部屋で楽しむアルコールやスナック類に関してはホテル地下2階にあるローソン(営業時間:9:00~21:00)で予約されることをおすすめします。

ウェットエリア

シンク

次にウェットエリアを見ていきましょう。
ウェットエリアは洗面台、トイレ、バスルームが一つの部屋にまとまった作り。

リノベーションするホテルの中にはウェットエリアを維持するホテルが多い中、ザ・プリンスパークタワーの場合は完全リノベーションされています。

ベージュの大理石をふんだんに使用しており高級感漂う空間です。

アメニティセット

引き出しを開けると基礎アメニティセットが収納されています。
アメニティはそれぞれ箱の中に収納されているため高級感がありますね!

基礎化粧品セット

また基礎化粧品セットもあらかじめ用意。

ドライヤーが入った袋

そのお隣にはドライヤーが収納されています。

Panasonic製のドライヤー

ドライヤーはパナソニック製。
せめてナノイークラスのドライヤーにして欲しかった。
これはちょっと残念ポイント。

タルゴのバスアメニティ

バスアメニティーはTHALGO(タルゴ)

1964年にタラソテラピー(海洋療法)から誕生したマリンビューティを牽引するスパブランド。
フランス特許取得製品“マリンアルゲ”を代表する商品は約90ヵ国のホテルスパ、ビューティサロンで愛用されています。
“健康美”をフィロソフィーに掲げ、健やかな美しさを追求しているブランドです。

引用:ホテル公式サイト

さわやかな香りが特徴でクセが無く非常に使いやすい。

ザ・プリンスパークタワー東京の場合、お部屋のカテゴリーによって置かれているバスアメニティは異なります。

パノラミックルームの下のカテゴリーであるパークルームの場合、アメリカのナチュラルコスメブランド「シー・オー・ビゲロウ」、上のカテゴリーであるプレミアムクラブフロアの場合、「ロクシタン」が採用されています。

シャワールーム

シャワーとバスタブは独立式。
シャワールームに関してはレインシャワーの用意はなく、ヘッドタイプのみ。

深めの作りバスタブ

バスタブは日本人に嬉しい深めの作りになっています。

ジャグジー機能をONにしている様子
またこちらのバスタブなんとジャグジー機能が付き!
ジャグジーをつけながら優雅なバスタイムを楽しめます。

トイレ

トイレ。

クローゼット

クローゼット

クローゼットの中にはバスローブやアイロン台などが収納されています。
バスローブは厚すぎず、ふわふわした着心地で非常に着やすかったです。
スリッパ
スリッパも5つ星のラグジュアリーホテルによく置いてあるようなふかふかタイプのスリッパで履き心地抜群◎

パジャマ

パジャマは上下セパレート式。

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/

ザ・プリンスパークタワー東京の館内施設

こちらの項目ではザ・プリンスパークタワー東京の館内施設をご紹介します。

THE SHOP at the Park

THE SHOP at the Parkの入り口

ホテルロビー階にある「THE SHOP at the Park」ではホテルオリジナルの焼き菓子やチョコレート、プレミアムコーヒー豆などが販売されており、お土産にぴったりな商品が数多く並んでいます。

「THE SHOP at the Parkで販売されているチョコレート

ショーケースの中に並んでいるチョコレートはまるで宝石のようです!

プール・フィットネスエリア

プールエリア

写真は公式ページより引用させていただきました。

ザ・プリンスパークタワー東京内にはフィットネスジム・プール・スパがホテル地下2階にあります。
スパエリア内には天然温泉やサウナがあるため、宿泊客に人気のエリア。

ただし、宿泊客であっても利用する際は有料(泣)
プールエリア、フィットネスジムエリア、スパエリアの3箇所が用意されており、1箇所につき利用料が2,100円発生します。
全施設を利用する場合は、4,200円。
営業時間は6:00~10:00
ジムで使用するウェアやプールで利用するスイミングウェア・ゴーグルなどは無料貸し出しとのことです。

個人的には各施設無料にして、ウェアの貸し出しを有料にすれば良いのにと思ったりします。
有料だったため、今回の滞在での利用は断念しました。

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/

ザ・プリンスパークタワー東京へのアクセス

>ホテルの最寄り駅は都営三田線、赤羽橋駅または芝公園。
それぞれの駅から徒歩5分程度でホテルへ行けます。東京メトロの場合は、地下鉄日比谷線神谷町駅が最寄り。
車で5分程度の距離にあります。
無料のシャトルなし
JRの最寄りは浜松町となっており、時間帯に応じてホテルと浜松町駅を結ぶ無料シャトルバスが運行。シャトルバスの運行情報の詳細についてはこちらのページをご覧ください。車でお越しの場合、宿泊客は1泊1,500円で駐車可能です。
ちなみにバレーパーキングサービスはありません。

世界中の空港ラウンジを無料で利用する方法

世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で利用できるプライオリティパス。

プライオリティパスで利用できるラウンジでは、軽食やアルコール、シャワールームの完備など、出発まで極上のひとときを過ごせます。

プライオリティパスを発行する場合、日本円で約65,000円支払う必要がありますが、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行すると、特典として無料でプライオリティパスが付帯されます。

〜【日本国内】プライオリティパスで無料利用できるラウンジやレストラン〜

成田国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(大阪道頓堀セットor鉄板焼ステーキセット)
羽田国際空港 ・TIAT LOUNGE
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」

・ぼてじゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)

ANAラウンジやKALラウンジなど航空会社が運営しているラウンジにも一部アクセス可能。

また、ピーチやエアアジアなどLCCの航空会社を利用する場合もプライオリティパスを使って、空港ラウンジを利用できる点も嬉しいポイント。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスでもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

とりあえず発行して、1年以内の解約も全然アリ◎

1年以内に解約すれば、実質タダでプライオリティパスを利用できることになります。

家族でラウンジを利用する場合、楽天プレミアムカードの2枚目としてもおすすめ。

プライオリティパスが発行できるクレカの比較表を作成してみましたが、やはりセゾンプラチナアメックスカードは他のクレカと比較してもかなりお得で魅力的なカードと言えます。

さらに、2023年10月31日までの期間限定で5,000円以上のカード決済で最大10万円のキャッシュバックキャンペーンも実施中!

セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔するクレカです

10分に1枚発行されるほど大人気のクレカのため、突然キャンペーンが終了してもおかしくありません。

キャンペーンが終了する前に、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しんでください!

カード基本情報
ブランド AMEX
年会費 22,000円(税込)※初年度無料
※年間200万円以上決済で年会費11,000円。
追加カード 一人3,300円(税込)

※18歳以上の社員、または本会員と生計をともにする18歳以上の同姓のご家族様が対象。

空港ラウンジ プライオリティパス プレステージ会員が無料(通常:約65,000円)
本会員は無料で何度でもラウンジへアクセス可能
※同伴者は1回の利用につき2,200円
入会条件 20歳以上の安定収入のある方
※経営者・個人事業主・会社員のいずれかであればOK
特徴 ・初年度度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約65,000円)
・年間で200万円以上カード決済すれば年会費が半額に。
・JALマイルの還元率が1.125%と高還元率
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)

 \初年度年会費無料!総額100万円以上の特典付き!

ザ・プリンスパークタワー東京でワンランク上のホテルステイを楽しもう!

東京タワーとプリンスパークタワーの外観

今回はザ・プリンスパークタワー東京の宿泊レビューをお届けしてきました。

お部屋から眺められる東京タワーの景色に圧巻され、とても思い出に残るホテルステイになりました。
また、ホテルスタッフの方々の接客が非常に良く、ハード面だけでなくソフト面も素晴らしいホテルだと思いました。

記念日や誕生日など大切な日にホテルステイすれば、きっと思い出に残ること間違いなしです!

ぜひザ・プリンスパークタワー東京にホテルステイしてみてはいかがでしょうか。

朝食のレビューはこちら

\東京のラグジュアリーホテルが最大73%OFF!/
あわせて読みたい記事はこちら
スポンサーリンク