【2022年版】羽田空港でプライオリティパスは期間限定で利用可能!

2022年現在、プライオリティパスを所有していると羽田空港国際線ターミナル(第三ターミナル)にある「ANAラウンジ」が利用できます!

今回はプライオリティパスで入室できる羽田空港国際線のANAラウンジを紹介するとともに、特定のクレジットカードを所有していると入室できる特別なラウンジについても解説していきますのでお楽しみに。

プライオリティパスで利用できるラウンジは「ANAラウンジ」

2022年現在、羽田空港国際線ターミナル内でプライオリティパスを利用して入室できるラウンジは「ANAラウンジ」のみです。

イミグレーション通過後の制限区域内110番ゲート近くの4階のANAラウンジを利用できます。
プライオリティパス本会員だけでなく同伴者1名まで無料で利用できる点は嬉しいポイント。

※2022年10月中旬以降、プライオリティパスで入室できるのは11時以降になりました。

ANAラウンジは通常、ANAのプレミアムエコノミー以上の搭乗客、ANA上級会員、スターアライアンスゴールドメンバー、有償でラウンジの利用料を支払った搭乗客など、ごくわずかな方しかアクセスできないラウンジでした。

注意点として、ANAラウンジはプライオリティパスで利用できるラウンジとして正式に決まったわけではありません。
あくまで、期間限定として開放しています。

スポンサーリンク

羽田空港国際線ANAラウンジの様子

ここでは、プライオリティパスで入室できる羽田国際空港のANAラウンジをレビューしていきます。

ラウンジ内

ラウンジ内は黒やダークブラウンを基調としたシックでおしゃれな空間です。

こちらの写真は114ターミナル近くのANAラウンジ内の様子ですが、110ターミナルは114ターミナルに比べてこぢんまりとした空間です。
内装は概ね似ています。

軽食コーナー

国内線のANAラウンジとは異なり、軽食類はかなり充実。
サラダやサンドウィッチ、ポテトサラダなど子供から大人まで楽しめるメニューが豊富に揃っています。
サンドウィッチは一つずつラップに包まれているので食べやすく衛生的。

ANAラウンジの名物といえば、オーダー形式の注文メニュー!
うどんやそばにとんこつラーメンなど充実したラインナップです。

ANAラウンジの名物ともいえるのが、オリジナルチキンカレー。
どこか懐かしい味わいとピリッとしたスパイスが効いた最高の一品です◎
うどんも関西風のダシが効いていて絶品でした!!
出発前の腹ごしらえにぴったり。

ドリンクコーナーにはビールサーバーやワイン、リキュール類も用意されています。
シャワー上がりの一杯はもう最高です!

シャワールーム

ラウンジ内には個室のシャワールームも完備。
長距離フライトや深夜便フライトの際は、シャワーを浴びてさっぱりした状態で飛行機に搭乗できます。
ドライヤーがダイソンだったことに感動!

また歯ブラシやコーム、化粧水・乳液などアメニティが非常に充実しているのもうれしい。
ここまでアメニティが充実したラウンジのシャワールームは世界中のラウンジを探しても日本ぐらいだけかも。

さすが日本を代表する5つ星エアラインですね。

シャワーはレインシャワーや横から水の出る多機能型のシャワーでした。
バスアメニティはマリオットホテルでよく使用されている、タイの高級SPAブランド「THANN」のアロマティックウッドを採用。

スポンサーリンク

2023年以降については、プライオリティパスから除外されると予想

プライオリティパスでANAラウンジに入室できるようになってからは、ラウンジが大混雑となってしまい、利用できなかったといったケースもあるようです。


そして、2022年10月11日からは、海外から個人旅行客の受け入れや日本へのビザなし渡航が可能になるため、旅行客が大幅に増加すると考えられます。

そうなると、羽田空港内でプライオリティパスで入室できる唯一のラウンジである「ANAラウンジ」は必然的に大混雑することは間違いなしです。

そのような状態が続くと、2023年のどこかのタイミングでプライオリティパスでラウンジへのアクセスができなくなると考えられます。

羽田空港もプライオリティパスの利用客が分散できるようにもう少しラウンジが拡充されると良いのですが...

ぜひ撤廃する前にANAラウンジに訪問し、出発までの極上のひとときを満喫してみてくださいね!

クレジットカードの特典で利用できるラウンジ

ANAラウンジが利用できなくなっても、空港ラウンジを利用したいという方に向けて、クレジットカードを発行するだけで
利用できるラウンジをご紹介します。

TIAT LOUNGE

TIATラウンジは羽田国際空港が直接運営しているラウンジです。

ハワイアン航空やガルーダインドネシア航空などのビジネスクラスの搭乗客も利用するラウンジのため、ラウンジ内では軽食やアルコールを楽しんだり、シャワールームの使用も可能です。

こちらのラウンジ、実は年会費5,500円(税込)のエムアイカードゴールドというクレジットカードを所有していると、カード本会員+同伴者1名まで無料でアクセス可能なんです!

エムアイカードゴールドの特徴についてはこちら!

エムアイカードゴールドの特徴

・海外のショッピングポイント率が1.5%
・貯まったポイントはANAやJALなどのマイルへ交換可能
・TIATラウンジに同伴者1名まで無料で入室可能
・最大1億円の海外旅行傷害保険付帯
・海外キャッシングサービス

見ていただけると分かるように、海外旅行にかなり特化したカードと言えます。

そんなエムアイカードゴールドを所持していると、TIATラウンジに同伴者1名まで無料で入室可能!

2人で利用すれば7700円(税込)の料金が無料となるため、年に1回利用するだけでも年会費の元は十分取れます。
ピーチなどのLCCに搭乗する際でも利用できるところは嬉しいポイント。

さらに、いまなら期間限定で一定の条件を満たすと初年度の年会費がなんと無料!

年会費無料になる条件も非常に簡単で、

5,500円の年会費が無料になる条件

①エムアイカードゴールドに新規入会
②Webエムアイカード会員に登録
③エムアイカードを使った3万円以上のカード決済

エムアイカードゴールドを使って3万円以上の決済さえすればほぼ達成できるので非常に簡単!

こちらのキャンペーン、いつ終了するかわかりません!
キャンペーンが終了する前にとりあえずお申し込みいただいて、自分に合わなければ1年後に解約しても良いかなと思います。

ぜひエムアイカードゴールドを発行して、TIATラウンジで極上のひとときをお楽しむください!

エムアイカードのお申し込みはこちらから

TIAT LOUNGEの様子

ラウンジ内はこんな感じ。
シックで上質な空間が広がります。
JALラウンジやANAラウンジと異なり、混雑している時間帯は少なく、落ち着いた雰囲気でフライト時刻までのひとときを過ごせます。

軽食では、ご飯系のものから

唐揚げなどのお肉料理に、

お酒のおつまみにぴったりなミックスナッツや野菜チップスなどもありました。

生ビールを飲めるビールサーバー。

ワインやリキュール、日本酒なども用意されていて、アルコールの種類は豊富です。

シャワールーム。

羽田空港の国際線を1年に1回利用する方はもっておいて損なしのカードですよ!
ぜひエムアイカードゴールドに入会してみてはいかがでしょうか。

↓エムアイカードの入会&詳細についてはこちらから↓

デルタスカイクラブ

出典:DELTA NEWS HUB

2022年7月29日に第三ターミナル5階にオープンしたデルタ航空のラウンジ「デルタスカイクラブ」

デルタ航空が拠点を置くアメリカ以外で唯一のスカイクラブ開設となりました。

延べ面積867m2と日本国内のラウンジの中でも最大級の広さがあり、シェフがその場で作ってくれるヌードルバー、バーテンダーが好みに合わせたカクテルを提供してくれるバーの用意など至りつくせりのサービスが用意されています。

そんなデルタクラブに入室するためには通常、デルタ航空のビジネスクラス以上の搭乗客、デルタ航空が加盟するスカイチームの上級会員の資格が必要です。

しかし、年会費19,800円(税込)のデルタスカイマイルTRUSTゴールドVISAカードという三井住友トラストグループ発行元のクレジットカードを発行すると、特典として年間計3回までデルタスカイクラブへのラウンジアクセスが可能となります。

搭乗する飛行機がデルタ航空やスカイチームでなくても、2022年にオープンしたばかりのクラブラウンジを利用できるのは嬉しい特典の一つですね!

2022年にオープンしたばかりのラウンジにアクセスしてみたい!といった方は手っ取り早くデルタスカイマイルTRUSTゴールドVISAカードの発行をおすすめします!

SKY LOUNGE

SKY LOUNGEは、国内線の制限区域内にあるカードラウンジとほぼクオリティは変わりません。

軽食やアルコールの提供はなく、ソフトドリンクのみ用意されています。

場所は出国審査を通過し、目の前にある長いエスカレーターを進むとSKY LOUNGEが見えてきます。

プライオリティパスを利用するなら楽天プレミアムカードの発行が断然おすすめ!

ご存じの方もいらっしゃる方と思いますが、プライオリティパスをお得にGETするなら年会費11,000円(税込)の楽天プレミアムカードの発行が断然おすすめです!

楽天プレミアムカードを発行するだけで、通常年会費429ドル(日本円:62,000円)のプレステージ会員という回数に制限なくプライオリティパスで入室できるラウンジへアクセスすることが可能なんです。

11,000円支払うだけで年会費62,000円の会員資格を得られるなんてお得すぎですよね!
ちなみに、2022年現在、プライオリティパスのプレステージ会員になれるのは楽天プレミアムカードのみです。

2022年9月7日から帰国72時間前に必要だったPCR検査もなくなり、より海外旅行が行きやすい世の中となりました。
ぜひプライオリティパスを世界中で活用して上質な空港でのひとときを満喫してみてはいかがでしょうか。

↓楽天プレミアムカードの入会はこちら↓

プライオリティパスを活用して空港で極上のひとときを楽しんで!

今回は羽田空港国際線内でプライオリティパスで利用できるANAラウンジのご紹介や、クレジットカードを発行するだけで利用できるラウンジについて紹介してきました。

ラウンジを利用できるようになると、旅の楽しみがまた一つ増えるだけでなく、出発まで快適なひとときを約束してくれます。

プライオリティパスで期間限定で入室できるANAラウンジは、後にも先にも2022年だけになるかもしれないので、海外旅行を検討される方はぜひ楽天プレミアムカードを発行して、利用されてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい記事はこちら
コメント一覧
  1. まつまつ より:

    最近、楽天カードのプライオリティパスをゲットした物です。
    >>プライオリティパス本会員だけでなく同伴者1名まで無料で利用できる
    この情報ですが、どこから入手した情報でしょうか?
    プライオリティパスの専用サイトを見ているのですが、同伴者が利用できると記載があるのですが、無料という単語が無いものでして。
    今度、羽田第三ターミナルを利用する予定で妻もANAラウンジに無料で入れると嬉しいのですが。

コメントを残す