【2023年版】カタール航空の手荷物は厳しい?手荷物のルールを徹底解説!

今回はカタール航空の受託手荷物と機内持ち込みのルールについてご紹介していきます。

手荷物ルールを理解しておくことで、搭乗日にチェックインカウンターで手荷物に関するトラブルを防ぎ、スムーズにチェックインを済まて飛行機に搭乗できます。

カタール航空の利用を予定されている方はぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊程度
  • 年間5回以上マイルやポイントを駆使してお得に海外旅行を楽しむ
  • これまで30枚以上のクレジットカードを保有した経験あり
  • Twitterでホテルや旅の最新お得情報を日々発信中!
  • プロフィールの詳細はこちら
スポンサーリンク

カタール航空の受託手荷物ルール

まずはカタール航空の受託手荷物(チェックインの際に預ける手荷物)のルールを確認していきましょう。

カタール航空の手荷物は搭乗クラスや予約の種類に応じて預けられる手荷物の重量が異なります。

エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの受託手荷物の容量はそれぞれ下記の通りです。

【エコノミークラス】

エコノミー
クラシック
エコノミー
コンビニエンス
エコノミー
コンフォート
全てのフライト(南北アメリカ&アフリカを除く便) 25kg 30kg 35kg
南北アメリカ&アフリカ発着便 2個(1個あたり最大23kgまで) 2個(1個あたり最大23kgまで) 2個(1個あたり最大23kgまで)

 

【ビジネスクラス】

ビジネス
クラシック
ビジネス
コンフォート
ビジネス
エリート
全てのフライト(南北アメリカ&アフリカを除く便) 40kg 40kg 40kg
南北アメリカ&アフリカ発着便 2個(1個あたり最大32kgまで) 2個(1個あたり最大32kgまで) 2個(1個あたり最大32kgまで)

【ファーストクラス】

ファースト
エリート
全てのフライト(南北アメリカ&アフリカを除く便) 50kg
南北アメリカ&アフリカ発着便 2個(1個あたり最大23kgまで)

南北アメリカ路線&アフリカ路線以外は受託手荷物の個数に制限はなく、受託手荷物の合計重量がクラス毎の許容重量内であれば無料です。

何個でもチェックインカウンターで預けることができます。

とくにエコノミークラスの場合、予約クラスに応じて、無料になる手荷物の上限が異なるので荷物をパッキングする前に確認することをおすすめします。

超過料金について

カタール航空の場合、無料の受託手荷物の許容量を超過した場合、1kgごとに超過料金が発生します。

カタール航空では、出発の6時間前までに事前に超過料金を支払うと20%割引が適用されます。
ホテルなどで重量計を借りて、荷物の重さを図り、超過することがわかれば、オンラインページから事前に申請された方がお得です。

【割引料金】日本離発着で発生する1kgあたりの超過料金

・ヨーロッパ→40USD
・インド、アジア大陸、パキスタン→30USD
・東南アジア→30USD
・中東、カタール、イラン、レバント地域→30USD

通常料金は下記の通りです。

【正規料金】日本離発着で発生する1kgあたりの超過料金

・ヨーロッパ→50USD
・インド、アジア大陸、パキスタン→40USD
・東南アジア→40USD
・中東、カタール、イラン、レバント地域→40USD

\データ利用無制限のWiFiが1日あたり1440円!/
スポンサーリンク

カタール航空の機内持ち込みルール

次に機内持ち込みのルールについてです。

機内に持ち込み可能な手荷物は、エコノミークラスの場合、大きめの手荷物1個と身の回りの必需品等とされています。

大きめの手荷物は3辺の合計が50×27×25=112cm以内で1個あたりの合計重量が7kgまでとされています。

112cm以内のイメージとしては、Sサイズの小さなキャリーケースぐらいの大きさです。

ビジネスクラス、ファーストクラスの搭乗者は大きめの手荷物を最大2個と身の回りの必需品の機内への持ち込みが可能です。(最大15kgまで)
また全クラスで、身の回りの手荷物とは別にハンドバッグやノートPCなど、小型の手荷物も機内へ持ち込み可能です。

小型の手荷物の例は下記の通りです。

小さな身の回りの手荷物の例

・小さなブリーフケース
・コート、マント
・傘
・杖、松葉杖
・カメラ
・ベビーキャリー
・当日購入した免税品

\データ利用無制限のWiFiが1日あたり1440円!/

液体を持ち込む場合

国際線を利用する場合、液体類の持ち込みについては厳しくルールが決められているのでしっかり守るようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること(100ml以上はダメ)

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで

・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

ジッパーの付いた透明な袋に容器を入れないと、手荷物検査の際に廃棄される恐れがあるので注意してくださいね!
また出国ゲート通過前に購入したドリンクについては、制限区域内及び機内への持ち込みは禁止とされているので、ペットボトルなどの飲料を機内に持ち込みたい場合は制限区域内にある売店で購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

世界中の空港ラウンジを1年間タダで利用する方法

世界中の空港ラウンジや空港レストラン、約1,300以上の施設をタダで利用できるプライオリティパス

成田空港のANAラウンジで提供される軽食やドリンク

プライオリティパスで利用できるラウンジ内では、軽食やアルコールの提供、シャワールームの完備など、ワンランク上の海外旅行を楽しめる環境が整っています。

通常プライオリティパスを発行する場合、日本円で63,000円程度支払う必要がありますが、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行すると、カードの付帯特典として無料でプライオリティパスを発行できます。

プライオリティパスで入室できるラウンジは、ANAラウンジやアシアナラウンジなど、航空会社の上級会員やビジネスクラス以上に搭乗しなければ利用できない航空会社のラウンジも一部入室OK。

プライオリティパスで入室できる日本国内のラウンジは下記の通り。

〜日本国内のプライオリティパスでアクセス可能なラウンジやレストラン〜

成田国際空港 ・ANAラウンジ
・KALラウンジ(大韓航空)
・IASS Executive Lounge
関西国際空港 ・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・ぼてじゅう(レストラン)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
プライオリティパスは基本的にカード保有者1名様につき同伴者1名〜2名まで利用することが可能です。そのため、友人との旅行や家族旅行をする際も重宝します。
※プライオリティパス本会員のみしかアクセスできないラウンジもありますがごく少数です。

Yusuke

とりあえず発行してみて、1年以内に解約するという方針も全然アリ◎

1年以内に解約すれば、実質タダでプライオリティパスを利用できることになります。

そのほか、全国にある高級レストランを2人以上で利用する際、1人分のレストラン費用が無料になる「セゾンプレミアムレストランby招待日和」や最大1億円の海外旅行保険付帯、JALマイルの還元率が1.125%など特典が盛りだくさん!

セゾンプラチナアメックスは間違いなく、発行しないと大損してしまうクレカでしょう。

ビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンの方やフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

10分に1枚発行されるほど大人気のクレカのため、突然キャンペーンが終了してもおかしくありません。

初年度年会費無料キャンペーンが終了する前にぜひ、セゾンプラチナアメックスを申し込みをされてみてはいかがでしょうか。

 \総額100万円以上の特典あり!初年度年会費無料

カタール航空を利用して思い出に残る旅を楽しんで!

今回はカタール航空の受託手荷物と機内持ち込み手荷物のルールについて紹介しました。

カタール航空はイギリスの格付け会社「スカイトラックス社」が定めるエアラインランキングで5つ星に認定されるなど世界から高い評価を得ている航空会社です。

そのため、他の航空会社と比較しても無料で預けられる手荷物の上限は優遇されています。
万が一、手荷物が超過するような場合は、出発の6時間前までにカタール航空のマイページより申請を行ってくださいね!

よい空の旅を!

\プライオリティパス無料!初年度年会費無料/

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にタイ航空のカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

スポンサーリンク