リージェント台北は、台北の中心地中山エリアにある最高級ホテル。

台北の芸能人がこぞって結婚式を行うなど、台北で知らない人はいないほど有名なホテルです。

ホテル周辺には新光三越や誠品生活などの百貨店から有名レストランやカフェまで幅広いお店があり、観光拠点にするには抜群の立地。

今回から全3回に分けてリージェント台北の宿泊記をお届け。第一回に当たる今回は、お部屋を中心にご紹介していきます!

スポンサードリンク

【全3回】リージェント台北宿泊記

【1回目】→リージェント台北「プレミアムルーム」のお部屋をご紹介

【2回目】→リージェント台北の「朝食」を大レポート

【3回目】→リージェント台北のバルコニーラウンジとフィットネスルームを大調査!

スポンサーリンク

リージェント台北のアクセス方法

リージェント台北は松山空港からタクシーで15分程度の場所にあります。

メータータクシーの料金は空港からホテルまで約500円程度で、MRT(地下鉄)ではなくタクシー利用がおすすめ。

ただ、メータータクシーはぼったくられたり、英語が通じない運転手が多いのでUBERを利用しましょう。UBERであれば、定額料金でホテルまで送迎してくれたり、支払いがクレジットカードで完結するのでスムーズにホテルへ向かうことができます。

桃園国際空港からホテルに向かう場合、空港MRTに乗り、台北駅まで向かいます。その後、北門駅からMRT松山新店線に乗り、中山駅下車。その後、徒歩8分ぐらいの距離です。所要時間は1時間程度。

リージェント台北にチェックイン

ホテルロビー

ホテルに到着するとドアマンの方に挨拶していただき、チェックインカウンターまで誘導してくれました。

ロビーは清潔感があり、解放的な作り。

チェックインカウンター

チェックインは日本人スタッフの方が対応してくれました。

英語が話せなくても日本語でスムーズにチェックインを行うことができます。日本語が話せるスタッフが常駐していると、気軽におすすめのお店を尋ねることができるので助かりますね。

そして今回、デラックスルームを予約していたのですが、プレミアムツインルームにアップグレードしてもらいました!お部屋に入る前からテンションMAXです(笑)

ルームキー

ルームキーをもらって早速お部屋へ向かいます。

リージェント台北のルームキーはアナログな鍵を利用しています。

リージェント台北のお部屋

ホテル廊下

長い廊下を進んでいき、一番奥の角部屋が今回宿泊することになるプレミアムツインルームになります。スタッフの方と廊下ですれ違う度にしっかりと挨拶してくれました。教育が徹底されています。

部屋からの景色

お部屋の中に入ると、台北らしさを味わえる景色が待っていました。日本ではあまり見かけないような建築物ばかりで見ていて飽きません。角部屋の特徴を最大限に生かした窓の配置ですね。

デイベッド

ソファーはゆっくりくつろげるものというより、簡易的なソファー。座り心地が微妙...

ウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツはりんごとオレンジ

パナソニックテレビ

テレビは60インチ以上のパナソニック製の液晶テレビ

日本製が使われていることからも台湾の親日度が伝わってきます。チャンネルの種類も豊富で、CNNやBBCといったインターナショナルなニュース番組やNHKプレミアなども放映されていました。

ベッド

ベッドはセミダブルほどのベッドが2つ。

マットレスは固すぎず柔らかすぎず絶妙な硬さで熟睡することができました。今まで宿泊したホテルの中で一番寝心地よかったです。

コンセント

コンセントは日本の電圧に対応しているので、変圧プラグを持参する必要はありません。USBケーブルの差し込み口もあるのでスマホやカメラの充電もしやすい。

また、ボタン一つでカーテンを開閉することができます。これはかなり便利でした。

デスク周り

デスク周りはクラシック調で、リージェント台北の古き良き伝統を体感できます。

アーロンチェア

デスクチェアは一脚20万円以上するアーロンチェア。これには驚きました。

今まで様々な高級ホテルに宿泊してきましたが、椅子のクオリティまでこだわっているホテルはほとんどありません。

ホテルの部屋でデスクワークをする機会が多いので、すごく助かります。高級ホテルに宿泊しても、椅子の座り心地が悪く、結局カフェで作業することが多いですが、今回はお部屋に篭って作業に集中できました!

クローゼット

クローゼットの大きさは広めの作り。

冬場に様々なコートやジャケットを持参してきても、置き場所に困ることはありません。

キャリーケースを置く場所

キャリーケースを置ける場所

スリッパ

スリッパ

ビジネスホテルにあるような簡易的なスリッパでがっかり。でも、ターンダウンのタイミングで、ふかふかのスリッパが用意されていました。

ティーセット

ティーセットも一式揃っています。

ドリップ式のコーヒー

コーヒーは自分でドリップするタイプのもの。ネスプレッソマシーンのようなものはありません。

 

ティーパック

ティーパックはホテルオリジナルのもの。お湯を沸かして飲んでみましたが、あまりおいしくなかった。

無料のミネラルウォーター

無料のミネラルウォーターはターンダウンを含めて6本もらえました。

冷蔵庫中身

冷蔵庫にはアルコールからソフトドリンクがぎっしり。もちろん値段はホテル価格なので、近くのコンビニで買い物した方がよさそう。

バスルーム

次は水回り周辺を見ていきましょう。

シンクはシングルタイプ。清潔感があります。

一人で宿泊するのであれば問題ないのですが、カップルや家族で宿泊するとなるとダブルシンクがやっぱり便利。

アメニティ

アメニティは箱の中に綺麗に収納されています。中には、髭剃りやコーム、歯ブラシなど一式揃ってます。

ウォシュレット付きトイレ

トイレは扉がなく開放的な作り(笑)

パナソニック製でウォシュレット付きのトイレでした。

バスタブ

バスタブは日本人に嬉しいゆったりとした作り。肩までゆっくり浸かることができます。

海外ホテルの多くはバスタブの作りが浅く、ゆっくりお風呂に浸かることができないのでバスタブが深いと感動してしまいます(笑)

ただしこのバスタブ、お湯加減の調節が難しく、お湯を適度な温度にするために苦戦しました(笑)

バスソルト

バスソルトもあります。

シャワールーム

シャワーはレインシャワーではなく、ヘッド式です。水圧は日本人も納得の強さ。

シャンプーやボディソープ

バスアメニティは沐蘭SPAのシャンプー、リンス、ボディソープでした。香りもよく、シャンプーの泡立ちも十分です。お風呂上がりに髪の毛がごわごわする心配もありません。

バスローブ

お風呂のすぐ隣にはバスローブもありましたよ。ふかふかのバスローブでした。使い心地抜群です!

パジャマ
バスローブが苦手な方はパジャマの用意もあります。

台北で宿泊するならリージェント台北で決まり!!

ホテルロビー風景

今回はリージェント台北のお部屋を中心にご紹介してきました。

老舗ホテルということもあり、お部屋の質はそこまで期待していなかったのですが、高級がありつつ、日本人が使いやすい機能的なお部屋でした。

日本人宿泊者のレビューの高さにも納得できます。また、日本人スタッフが常駐しているので安心感抜群。台湾旅行が初めてな方、リピーターの方でも満足度の高いホテルでした!

朝食のレビューやバルコニーラウンジのレビューは別記事で紹介しています。気になる方はチェックしてみてください。

リージェント台北の朝食レビュー記事はこちらから

リージェント台北のバルコニーラウンジとフィットネスルームのレビュー記事はこちらから

【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事