バンコクを代表する川の一つであるチャオプラヤー川沿いには、世界を代表するホテルチェーンが数多く点在しています。

その中でも、比較的リーズナブルな価格で、ラグジュアリーステイを楽しめると評判の高いホテルが「シャングリラ ホテル バンコク(Shangri-La Hotel,Bangkok)」です。

チャオプラヤー川を眺めながら、お部屋でシンハビールを楽しんだり、朝食を楽しんだりとバンコクならではの体験を楽しむことができました。

そこで今回から全二回に分けて、シャングリラ ホテルバンコクの宿泊記をお届けしていきたいと思います!第一回に当たる今回は、ホテルのお部屋やガーデンプールを中心にご紹介。

バンコクのホテル選びの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

【全二回】シャングリラホテル バンコク宿泊記

【第一回】シャングリラホテル バンコクのお部屋

【第二回】シャングリラホテル バンコクの朝食

スポンサーリンク

シャングリラホテル バンコクのアクセス方法

シャングリラ ホテル バンコク(Shangri-La Hotel,Bangkok)はチャオプラヤー川沿いにあり、BTS(スカイトレイン)シーロム線、Saphan Taksin(サパーン・タークシン)駅徒歩2分程度の場所にあります。

BTSのシーロム線沿いには、バンコクを代表する大型ショッピングモールがある「サイアム駅」やフォトジェニックスポットとして話題沸騰中の「ワット パクナム」の最寄りであるウタカート( Wutthakat)駅などがあり、観光やショッピングを楽しめる場所に位置しています。

また、ホテルからは、リバーサイド沿いにある「アジアティーク」や「アイコンサイアム」などに行ける無料のシャトルボートが運行しています。

シャングリラ ホテルバンコクは2種類存在する?

シャングリラホテル ウイング棟の外観シャングリラホテル ウイング棟

シャングリラ ホテル バンコク(Shangri-La Hotel,Bangkok)は世界のシャングリラ ホテルズの中でも、唯一、ホテルの敷地内に2種類のホテルがあります。

1986年に開業した「ウイング棟」と1991年に開業した「クルンテープ・ウイング棟」の2種類です。

「クルンテープ・ウイング棟」は全室リバービュールームで、バルコニー付きのお部屋です。「ウイング棟」はお部屋によってリバービュールームとそうでない部屋、一部のお部屋でバルコニー付きのお部屋などがあります。

「クルンテープ・ウイング棟」の方がカテゴリーが高く、駅に近いです。「クルンテープ・ウイング棟」のロビーを出ると、歩いてすぐの場所に駅があります。一方で、「ウイング棟」から駅までは少々距離があり、「ウイング棟」と「クルンテープ・ウイング棟」を結ぶ連絡通路を利用することで、駅に行くことができます。

シャングリラホテル バンコクに到着!

ホテル専用のトゥクトゥク

今回は、「ウイング棟」に3泊宿泊します。

タクシーでホテルに向かったのですが、降ろされた場所は、「クルンテープ・ウイング棟」でした。ここから重いキャリーケースを持って「ウイング棟」に向かわないと行けないのかと思ったのですが、スタッフの方に事情を説明すると、ホテル専用のトゥクトゥクで「ウイング棟」まで送迎していただきました。

トゥクトゥクに乗っている様子

トゥクトゥクに揺られることおよそ2分「ウイング棟」に到着です。

シャングリラ ホテルバンコクのロビー

ウイング棟の日中のロビーの様子

ここは、「ウイング棟」のロビーになります。天井が高く、開放感があります。チャオプラヤー川を眺めながら、優雅にお茶やアフタヌーンティーなどを楽しめます。

ウイング棟の夜のロビーの様子

夜になると、グッと雰囲気が良くなり、jazzの演奏などが行われていました。光り輝くボートを眺めながら、jazzの演奏を楽しみ、カクテルを味わう。日本では絶対にできない非日常の体験ができます。

旧正月をお祝いする花

中国の旧正月が間近ということもあり、ロビーには旧正月をお祝いする花が飾ってありました。

クルンテープ・ウイング棟に繋がる連絡通路

お次は、「クルンテープ・ウイング棟」です。「ウイング棟」からは3階にある連絡通路を利用して向かいます。BTSの駅に向かう場合もこちらの連絡通路を利用します。

クルンテープ・ウイング棟のロビーの様子1

「クルンテープ・ウイング棟」のロビーは白を基調にしたデザインで「ウイング棟」とは違う、大人の隠れ家的な華やかさがあります。タイらしさを感じるのも「クルンテープ・ウイング棟」です。アジアンティークな雰囲気が心を落ち着かせてくれます。

また、天井がガラスになっているので、日中は自然光が差込み、気持ち良いです。

クルンテープ・ウイング棟のロビーの様子2

「クルンテープ・ウイング棟」の方が圧倒的に静かで、客層も年配の方が多いです。落ち着いた雰囲気の中で、ラグジュアリーステイを楽しみたい方は「クルンテープ・ウイング棟」が絶対おすすめ。

シャングリホテルバンコクへチェックイン

ウイング棟のチェックインカウンター

それではチェックインしていきましょう。「ウイング棟」は「クルンテープ・ウイング棟」に比べると部屋数も圧倒的に多いのでチェックイン・チェックアウトの時間になるといつも大混雑してます。

列に並ぶことおよそ10分ようやくチェックインです。

シャングリラホテルズ会員向けの期間限定プロモーション

今回は、2泊の宿泊料金で3泊目が無料になる期間限定のプローモーションをシャングリラホテルズの会員向けに行なっていたので、プロモーションを利用して宿泊しました。

毎日2名まで朝食ビュッフェがついていたり、ウェルカムフルーツ、チョコーレート、レイトチェックアウト付きなど豪華特典となっています。

3泊でおよそ50,000円程度で宿泊することができたので、1泊あたり約16,500円で宿泊できたと考えるとお得なプロモーションでした。

シャングリラホテルの場合、定期的にこのようなお得なプロモーションを展開しているので、海外ホテル予約サイトで予約する前に、公式ホームページでお得なプロモーションを行なっていないかチェックされることをおすすめします。

それでは、チェックインを済ませたのでお部屋へと向かいます。

「ウイング棟」は宿泊客も多いので、スタッフの方がお部屋まで案内してくれるサービスなどはありませんでした。ホテルキーを受け取り、自力でお部屋へ向かいます。

シャングリラホテルバンコクのお部屋

エレベーター

エレベーターは全部で8基あるので、待つことなくスムーズに乗れます。

お部屋の内観

今回は、11階のお部屋にアサインされました。お部屋に入った瞬間、「古いなぁ」と思わず本音が出てしまいました。普段からモダンラグジュアリーやライフスタイル寄りのホテルに宿泊することが多いので、余計に古く見えてしまいます。

良い意味では、クラシカルな雰囲気と表現することもできるのですが...

日本語表記の館内案内表

チェックイン時、日本語表記の館内案内表をいただきました。レストランやプールの営業時間、「アジアティーク」「アイコンサイアム」に行くための無料のシャトルボートの乗り方の情報が記載されています。

お部屋の窓からチャオプライヤー川を眺めることができる

窓からはチャオプラヤー川を存分に眺めることができます。ですが、窓からの眺望になってしまうので、どうしても迫力は軽減されてしまいます。チャオプラヤー川の眺めを存分に楽しみたい方はバルコニー付きのお部屋がおすすめです。

でも、朝食会場やプールから間近でチャオプラヤー川を楽しむことが出来たので、振り返ってみればこの部屋でも悪くなかったですね。

ホテルのガーデンプール

下に目を向けると、ホテルのガーデンプールがあります。外国人の方が、日光浴や読書、お昼寝を楽しんでいましたよ。

キングサイズのベッド

ベッドはキングサイズです。通常のキングサイズのベッドに比べると少し小さめです。マットレスは固すぎず、柔らかすぎず、絶妙な硬さで熟睡することができました。

ベッドサイド

ベッドサイドには、ミネラルウォーター、目覚まし時計、電話があります。電話は、日本語対応のコールセンターに繋がるので、何か問題やお願いがある場合は、常駐している日本語スタッフの方と連絡が取れるので、英語が苦手な方でも安心です。

ソファ

窓側には、ソファがあります。ソファに寝っ転がりながらチャオプラヤー川を眺めることができます。

ドラゴンフルーツなどのウェルカムフルーツ

毎日、ウェルカムフルーツが置かれていました。ドラゴンフルーツやりんごなど様々な種類のフルーツが置かれています。

マンゴーなどのウェルカムフルーツ

個人的にハマったのは、マンゴーです。すごく甘くておいしかった!冷蔵庫で冷やしてから食べた方がよりおいしかったです。

ウェルカムギフトのチョコレート

ウェルカムギフトとしてチョコレートもいただきました。箱の中には、全部で6つのチョコレートが入っていましたよ。

ワーキングデスク

ワーキングデスクの用意もあります。

ホテル滞在中、パソコンで作業することも多いので助かります。コンセントの差込み口は日本のコンセントに対応しているので、日本から変圧プラグを持参する必要はありません。

パウダーデスク

女性の方には嬉しいパウダーデスクもあります。座りながら化粧ができますね。

撮影し忘れましたが、大型の液晶テレビもあります。サムスン社製のものでしたが、古い型番のもので、画質は相当悪かったです。

無料のミネラルウォーター

無料のミネラルウォーターがターンダウン時も含めて、1日6本程度置かれます。

ですが、瓶タイプのミネラルウォーターです。持ち運びには向いていません。外に持ち歩く際は、ペットボトルか、ご自身のマイボトルに入れて持ち運んだ方がいいですね。ホテルを見渡すと、瓶ごと持ち歩いている方もいらっしゃいましたが、重たすぎて私には無理でした。

インスタントコーヒーとティーパック
インスタントコーヒーとティーパック。

コーヒーはネスプレッソマシーンだと便利なのですが、インスタントタイプのもの。ティーパックはタイの有名ブランドのものです。紅茶とカモミールの2種類あります。

湯沸かし器とカップ

湯沸かし器とカップ

ビールを注げるグラス

ビールを注げるグラス

アルコールやジュースなど

冷蔵庫の中にはアルコールやジュースなどがぎっしり詰まっています。

ミニバーの料金表

お値段は、ホテル価格です。

なので、ビールや小腹が空いたときのおやつなどはコンビニやスーパーで調達することがおすすめ。

ですが、シャングリラホテル バンコクはホテル周辺にコンビニやスーパーなどがありません。

シャングリラホテルからコンビニまでは距離がある

近くのコンビニまでは400mと距離があります。これは正直かなり不便でした。

1日中、蒸し暑いタイで400m歩くって想像以上に遠く感じますよ。なので、観光やショッピングをしてホテルへ帰る場合、あらかじめコンビニやスーパーで食べ物や飲み物の買い物を済ませることをおすすめします。

クローゼットの中にはバスローブとスリッパがある

クローゼットの中にはバスローブとスリッパの用意があります。バスローブの着心地はよかったですよ。

スリッパもビジネスホテルに置いてあるような簡易的なスリッパではなく、ホテルのロゴ付きのふかふかしたスリッパでした。

シングルシンク

お次は、水回りを見ていきましょう。洗面台はシングルシンクです。清潔感があります。サイドに余裕があるので、へアイロンや化粧ポーチなどを置くスペースは十分確保されています。

古い洗面台なので、温度調節がやや難しいのが、ネック。

基礎アメニティ

アメニティは基本的なものが揃っています。

ヘアドライヤー

ヘアドライヤーはフィリップス社製のもの。可もなく不可もなく普通のドライヤーです。

バスルーム

バスルームはシャワールームとバスタブが独立しています。シャワールームにはヘッド式のシャワーとレインシャワーがあります。

水圧はレインシャワーに関してはそこそこでしたが、ヘッド式に関しては弱すぎ。

シャングリラホテルオリジナルバスアメニティ

バスアメニティはシャングリラホテル オリジナルのもの。残念ながら、今までで一番香りが苦手なアメニティでした。使っていて気分が悪くなるくらい自分にはダメでした。こんなにバスアメニティが合わないなんて生まれて初めての経験でびっくり。

ちなみに、「クルンテープ・ウイング棟」に宿泊すると、バスアメニティは「ロクシタン」になります。

深めの作りをしているバスタブ

バスタブは日本人に嬉しい深めの作りになっています。

肩までゆっくり浸かることができ、1日の疲れを取ることができました。でも、バスソルトの用意が無かったのがちょっとマイナスポイントでした。

シャングリラ ホテルバンコクのガーデンプール

パラソルとデッキチェア

ホテル1階にあるガーデンプールに行ってみることに。

大型ホテルということもあり、デッキチェアやパラスルが数多く並んでいます。争奪戦になるという心配はありません。ですが、どの時間に訪れても人で溢れていて圧迫感はあります。

客層は、欧米人や白人の方、中国人や韓国人の家族連れの方が多く、大人のプールというよりはファミリー向けのプールといった感じです。

チャオプラヤー川沿いにあるデッキチェアー

ゆっくりと静かに過ごされたい方は、プール側ではなく、チャオプラヤー川沿いにあるデッキチェアーがおすすめ。

チャオプラヤー川を行き交うボートを眺めたり、夕暮れ時にはサンセットを眺めたり、のんびりとした時間を過ごせます。ただし、日中はパラソルを立てていても、直射日光を思いっきり浴びるので日焼け止めとサングラスは忘れずに!

ガーデンプール全体

緑に囲まれた空間は、リゾート感満点!

メインプールは深めの作りになっている

メインプールの水深は1.20mとなっており、小さいお子さんには深めの作りになっていますが、端っこには浅瀬のプールがあり、子供連れの方でも安心して遊ばせることができます。

卓球台

プールサイドには卓球台もあり、スタッフの方にリクエストすれば、卓球台とピンポン球の貸し出しもありますよ。

大きなトカゲ

運が良いと、大きなトカゲ様を拝むこともできます(笑)

人数が多いので仕方ないとは思うのですが、バスタオルやミネラルウォーターはセルフサービスとなっていました。大型ホテルといってもシャングリラ ホテルでこのサービスはちょっとがっかり。

シャングリラホテルバンコクに宿泊するなら「クルンテープ・ウイング棟」の宿泊が良いかも

私は以前、シャングリラホテル東京に宿泊した経験があり、すっかりシャングリラホテルズのファンになってしまったので、今回の滞在もとても楽しみにしていたのですが、期待が大きかった分、残念な点が所々見受けれらました。

ロビーでチェックイン・チェックアウトに並ばされる、ホテルのお部屋全体が老朽化している、駅まで連絡通路はあるものの地味に距離がある、朝食の内容ががっかり(これが一番大きかった。第二回の宿泊記でご紹介します。)など不満な点は多かったです。(もちろん、気にならない人もいらっしゃると思います。)

「ウイング棟」はラグジュアリーホテルと言うよりも、シティホテルといった印象を強く受けました。

シャングリラ ホテルの真のラグジュアリーを体験するには、「クルンテープ・ウイング棟」に宿泊した方が良いかもしれません。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事