【シンガポール航空A330ビジネスクラス搭乗記】機内食や座席の全貌を大公開!

マレーシアからシンガポールに移動する際にシンガポール航空A330のビジネスクラスを利用しました。

フライト時間は1時間10分とされており、離陸してからはわずか45分という超短距離路線です。そんな超短距離路線でも、十分シンガポール航空のサービスやおもてなしの高さに心底感動したので、搭乗記としてご紹介していきたいと思います。

シンガポール航空のビジネスクラスに搭乗予定の方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

チェックイン

シンガポール航空ビジネスクラスチェックインカウンター

今回はビジネスクラスを利用するので優先チェックインカウンターを利用します。待つことなくスムーズにチェックインを済ますことができました。そして、そのままイミグレへと向かいます。

朝の便ということもありイミグレが大混雑。イミグレでおよそ1時間待ちました。せっかくラウンジでゆっくりしようと思ったのにイミグレを通過する頃には搭乗開始時刻の30分前となっていたので慌ててラウンジへ向かいます。

スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港のシルバークリスラウンジ

クアラルンプール国際空港のシルバークリスラウンジ

クアラルンプール国際空港にはシルバークリスラウンジがあります。なのでシンガポール航空のビジネスクラス、ファーストクラスを利用される方はこちらのラウンジを利用することになります。

同じスターアライアンスメンバーであるタイ航空のラウンジを利用しようと思ったのですが、入り口でシルバークリスラウンジを使ってと言われてしまい、ラウンジのはしごはできませんでした。

ラウンジ内の規模は小さくこじんまりとした雰囲気です。規模が小さいということもあり食事やドリンクの品揃えは少なめ。

デニッシュ系のパン類

デニッシュ系のパンやマフィン、サンドイッチなど

ホットミール類

ホットミールもありました。マレーシアはイスラム教ということもあり、ソーセージはチキンソーセージと日本ではあまり見かけない料理も置いてあります。

オムレツなど

小さい容器に入っているオムレツなどもあります。

ドリンク

ビールからジュースまで様々な種類のドリンクが揃えてあります。

ピックアップしてきた料理

料理の品数やクオリティはやや改善点が多いような気がしますが、プライオリティパスで入れるラウンジと違い、ラウンジ内は静かだったので快適に過ごすことができました。

20分ほどラウンジで休憩して、出発ゲートへと向かいます。

シンガポール航空A330ビジネスクラスに搭乗

シンガポール線搭乗ゲート

いよいよ飛行機に搭乗します。マレーシア-シンガポール間のフライト時間は1時間10分となっていますが、離陸してからの飛行時間はたった45分しかありません。この路線は間違いなく世界でもトップクラスの最短距離路線だと思います。

ビジネスクラスシート

こちらがシンガポール航空A330のビジネスクラスのシートになります。最新機材に搭載されているフルフラットシートに比べればクオリティは下がりますが、革張りの上質感あるシートになっています。座り心地はかなり良いですよ。

超短距離路線でこのようなシートに座れるなんて贅沢です。

ビジネスクラスシート奥行き

足も十分伸ばせるほど座席感覚にゆとりがあります。

リクライニングの複雑なボタン

リクライニングのボタンはちょっと多すぎてやっかいです。左複雑なボタンには触れず、右側のシートの形をしたボタンを押してリクライニングを調節するのが良いですよ。

搾りたてのウェルカムドリンク

シートに着席すると男性のCAの方が挨拶に来て、本日のフライトスケジュールを簡単に説明してくました。ここで驚きだったのが名前をきちんと呼んでいただいたことです。日系の航空会社だけかと思いましたが、シンガポール航空もこのような心遣いがあるのですね。

挨拶が終わると別のCAの方がウェルカムドリンクとおしぼりを運んできてくれました。私はオレンジジュースを選びました。果肉の入っている搾りたてジュースのようで非常においしかったです。

シンガポール航空A330ビジネスクラスの機内食

チキンサンドイッチとコーヒー

ベルト着用サインが消えると機内食が配られます。飛行時間が非常に短いのでCAの方がテキパキと行動します。

機内食はびっくりのサンドイッチ1個と飲み物だけです。サンドイッチの中身はサーモンかローストチキンか選ぶことができます。超短距離路線なので、機内食が出るだけでも感謝しないといけませんね。

私はチキンサンドイッチを選択しました。お味の方はなかなかボリュームがあっておいしかったです。食べ応え抜群のサンドイッチでした。食事を終えると希望者にミネラルウォーターを配られ、あっという間にチャンギ国際空港に到着です。

飛行時間45分でもシンガポール航空のビジネスクラスは十分堪能できる

チャンギ国際空港

今回はクアラルンプール→シンガポール間の搭乗記をご紹介してきました。超短距離路線でありながらも、シンガポール航空の細かなサービスを受けることができました。やはり2019年の世界の航空会社ランキングで1位を獲得するだけはあります。

このような短距離路線のビジネスクラスに搭乗するのであれば、現金で購入するとかなり勿体無いので、マイルを使った特典航空を利用して予約することをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事