ANAマイルを利用してシンガポール航空を利用する場合は、日本発着路線になるとA380やB787-9,B787-10といったシンガポール航空の主力機材に搭乗することは通常できません。

しかし、海外発着路線で検索してみるとマイルを利用して主力機材に乗れる路線が存在します。そこで今回はANAマイルを利用してシンガポール(チャンギ国際空港)-バリ(デンパサール国際空港)間をシンガポール航空のB787-9のビジネスクラスに搭乗してきたのでご紹介していきます!

スポンサードリンク

チェックイン

クアラルンプール国際空港

 

今回の出発地はクアラルンプール国際空港でした。ビジネスクラスのチェックインカウンターで簡単に手続きを済ませ、マレーシア-シンガポール,シンガポール-バリ間のビジネスクラスのボーディングパスを発券してもらいました。

ちなみにクアラルンプール国際空港は時間帯によってイミグレが大混雑する時間があります。私は午前中の出発だったのですが、イミグレを通過するために1時間ほど時間がかかってしまい、ラウンジの滞在時間が10分と全くゆっくり過ごすことができませんでした。

クアラルンプール国際空港の午前便を利用される方はいつもより早めに空港に到着されることをおすすめします!

スポンサーリンク

チャンギ国際空港のシルバークリスラウンジに初訪問!

シルバークリスラウンジ

クアラルンプール国際空港到着後、デンパサール行きの飛行機の搭乗時間まで4時間ほど乗り継ぎの時間があったので、シルバークリスラウンジを訪問しました。

ラウンジに関しては別記事で詳しくまとめようと思いますが、やはりシンガポール航空の拠点になるチャンギ国際空港のシルバークリスラウンジのクオリティは素晴らしかったです。

居心地が良いだけでなく、ラウンジ内に置いてある食事のクオリティもANAラウンジやタイ航空のラウンジに比べ高いと思いました。チャンギ国際空港のシルバークリスラウンジは間違いなくアジアナンバーワンのラウンジと言って過言ではないと思います。

ぜひスターアライアンスのビジネスクラスを利用される方はいつもより早く空港に到着し、飛行機の搭乗時間までラウンジで贅沢な時間を過ごすことをおすすめします。

いよいよB787-9のビジネスクラスに搭乗

運命の分かれ道

いよいよ飛行機に飛行機に搭乗します。もちろんシンガポール航空にも俗に言う運命の分かれ道がありました。今回はビジネスクラスを利用するので遠慮なくファーストクラス・ビジネスクラス専用のレーンを利用させてもらいます。

 

ビジネスクラスシート

こちらがシンガポール航空のB787-9ビジネスクラスのシートになります。

ブラウンを基調としたシートは非常に高級感があります。もちろんこのシートはフルフラットシートなので、シートを倒せば簡易的なベッドに早変わりします!座席に座ってみて他の航空会社のフルフラットシート搭載のビジネスクラスに比べて個室感がすごいです!

それだけでなく、シンガポール航空のシートはなんといっても座り心地が抜群なんです!このシートだとどんだけ長いフライトであっても空の旅を贅沢に楽しむことができます。

そして、B787-9のビジネスクラスの座席のパターンは1-2-1となっているので、隣に座っている人を意識することなく、移動することができるので便利な作りをしています。

 

オットマン

オットマンも十分な幅があるので、シートを倒していなくても、思いっきり足を伸ばすことができます。オットマンの下にある靴を入れる収納スペースも十分な広さでした。

 

ビジネスクラスシート全体

座席に座って斜め前から見たビジネスクラスのシートです。完全に座っている人の姿は見えずプライベート感をしっかり演出していることがわかるかと思います。

 

おしぼり

座席に座ると早速男性のCAの方が挨拶に来ていただき熱々のおしぼりを渡してくれました。ANAのビジネスクラスに搭乗した際と同様にしっかり名前を読んで挨拶していただいたので、少しVIPな気分を味わうことができました。

 

ウェルカムドリンク

続けて、別のCAの方がウェルカムドリンクを持ってきてくれました。シャンパンかオレンジジュースを選ぶことができたのでオレンジジュースをチョイスしました。オレンジジュースは果肉がしっかり入っている搾りたてジュースだったのでおいしかったです!

 

ビジネスクラスシート収納

ここからビジネスクラスのシートの設備をさらっと見ておきましょう。シートの隣には小さな棚があり、その中にビジネスクラス専用のヘッドホンとミネラルウォーター、機内食のメニューが置いてあります。それだけでなく、スマホを充電する際に必要なUSBポートも完備されていました。

 

ビジネスクラスメニュー表

メニュー表です。飛行機が動き出す前にCAの方が来て、食事のメニューと飲み物を聞いてきます。食事の選び方は複数あるメインコースの中から1つ選べばOKです。

今回のシンガポール-バリ路線では3つのメインコースがありましたが、私はオヒョウ(カレイに似た魚)のグリルと飲み物はコーヒーをチョイスしました。もちろんシャンパンやワインなどのアルコール類も選ぶことができます。

 

ビジネスクラスディスプレイ

続けて他の設備も見ていきましょう。画面はタッチパネル式のものでした。とにかく液晶度が非常に高くANAやタイ航空のモニターよりはクオリティが高かったです。

そして、エンターティメントの種類も非常に多く、映画やドラマ、音楽にゲームまで幅広いジャンルのエンターティメントが揃っており、長距離移動の場合も全く退屈になりません。

ちなみに上の画像でもわかるようにたとえ日本発着路線でなくても日本語の映画もちゃんとあるので英語が苦手な方でも充実した空の旅を楽しむことができます。

 

長いお別れ

私は蒼井優さん主演の「長いお別れ」という映画を見ました。

 

タッチパネル式のリモコン

リモコンはタッチパネル式のものです。非常に使いやすく、このリモコンだけでゲームを楽しんだりすることもできます。

 

機内食も大満足!

飛行機が離陸し水平飛行になると、いよいよお待ちかねの機内食タイムです。

ビジネスクラス機内食

今回はフライト時間は2時間半と短距離路線ということもあり、コース料理形式ではなく、プレート一つで提供する形でした。

色どり野菜と白身魚のグリルにサラダとデザートの杏仁豆腐にブレッドといったメニューです。ブレッドはCAの方が回ってきて好きなものを選べるスタイルになっています。

味に関してはどれも丁寧な味付けで美味しかったですが、男性の方は少々物足りない量かなぁと思います。短距離路線でシンガポール航空を利用する場合は、ラウンジである程度食事を済ませてから機内食をちょこっと食べるといった方法をとった方が良いと思います。

 

食後のコーヒー

食後に再びコーヒーをいただき、上空1万メートルの景色を見ながら優雅なティータイムを楽しみ機内食はこれにて終了です。

 

デンパサール国際空港

2時間半のフライトであっという間にデンパサール国際空港に到着です。今回はビジネスクラスに搭乗していたので優先的に飛行機から降りることができ、列に並ぶ必要もなくスムーズにイミグレを通過し、荷物をピックアップすることができました。

シンガポール航空のビジネスクラスはハード面でもソフト面でも満点

チャンギ国際空港シルバークリスラウンジ

今回初めてシンガポール航空のB787-9のビジネスクラスを利用しましたが、ANAやタイ航空といった他のスターアライアンスの航空会社に比べてハード面・ソフト面で世界のトップクラスの航空会社と確信することができました。

ハード面に関してはこちらの記事でご紹介してきた通り素晴らしいシートだということは理解できたと思います。一方でソフト面に関しては、ブログ用の写真を撮影しようとしていたらCAさんが近寄ってきて「写真を取りましょうか?」とフレンドリーに歩み寄ってきてくれたこと、飛行機を出る最後の瞬間まで一つ一つのリクエストに対して丁寧に答えてくれるだけでなく、私の名前をしっかり呼んで対応していただけた点に関しては、日系の航空会社以上の「おもてなしの精神」を感じ取ることができました。

正直2時間半という短距離路線ではシンガポール航空の本当の良さはまだまだ理解できていないと思います。今後アメリカやヨーロッパに行く際はシンガポール航空を利用し、シンガポール航空の本当のサービス精神のクオリティの高さを味わえたよいなと思います。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事