シンガポール航空は2018年の世界のエアライン格付けランキングで1位になった経験のある世界トップクラスの航空会社です。

サービスや機内設備も一流ではありますが、やはり機内食がダントツの高評価で、世界のCAが選ぶ機内食ランキングで1位を獲得した経験があるなど、ハイクオリティの機内食を提供しています。

そこで今回はシンガポール航空の機内食をエコノミークラス、ビジネスクラスに分けて徹底調査してきました!徹底調査して見つけたシンガポール航空の機内食の魅力に迫っていきたいと思います!

スポンサードリンク

シンガポール航空の機内食は世界でもトップクラスのクオリティ

鮮度の高い食材の数々

シンガポール航空は、世界トップクラスのクオリティの機内食を提供してるエアラインです。

なんといっても、シンガポール航空は世界で初めて選べる機内食を導入した航空会社です。和食かインターナショナル料理から選択することができます。

搭乗者のマンネリ化を避けるために、定期的に機内食のメニューを一新したり、有名な料亭やレストランとの監修メニューを提供しているなど、機内食に一切の妥協がありません。

そして、冷凍食品は一切使わず、一つ一つ丁寧に調理されたお料理は、エコノミークラスであっても満足度が非常に高く、リピーター率も高いのがシンガポール航空の特徴です。

また、シンガポール航空の場合、エコノミークラスであってもアルコールを楽しむことができます。シンガポールの代表的なタイガービールから、シンガポール名物のカクテル、シンガポールスリングを飛行機の中で楽しむことができます。

スポンサーリンク

シンガポール航空のエコノミークラス機内食

 

この投稿をInstagramで見る

まーい(@ka2e01_food)がシェアした投稿 -

こちらは名古屋⇄シンガポール路線で提供されている機内食です。メインの豚の角煮に、季節の野菜と松茸ごはん、お蕎麦、小鉢といったメニューになっています。栄養バランスもしっかり考えられ、旬の食材もしっかり取り入れており、とてもエコノミークラスの機内食とは思えないクオリティの高さです。

 

この投稿をInstagramで見る

88chan(@yayachan_88chan)がシェアした投稿 -


お次は、福岡⇄シンガポール路線で提供されている機内食です。メインディッシュの鶏肉の醤油麹焼きを中心に、季節の野菜、黒米入り御飯、お蕎麦、小鉢といったメニューになっています。エコノミークラスの機内食にも関わらずバランスの取れた栄養価の高い機内食メニューですよね。

また、2019年10月からは、搭乗者の健康を考慮し、スーパーフードを取り入れた機内食も一部の便で提供されています。ここまで、搭乗者の健康目線を重視して機内食を提供している航空会社は数少ないので、さすが世界No1のエアラインと呼び声の高いシンガポール航空だなぁと思います。

シンガポール航空のビジネスクラス機内食

ビジネスクラスの機内食は、エコノミークラスと異なり、テーブルにクロスを敷き、食器に入った料理が提供されます。まさに天空の高級レストランです。

それだけでなく、シンガポール航空の専属ソムリエがチョイスした最高級のお酒を楽しむことができるのもビジネスクラスの大きな楽しみではないでしょうか?

ビジネスクラスに乗って、シャンパンを飲みながら、空の景色を楽しむ。最高の贅沢ですね。

ここでは、シンガポール航空のビジネスクラスを利用した際に提供された機内食を紹介していきたいと思います!

中距離路線の場合

この投稿をInstagramで見る

tk(@tk1106tky)がシェアした投稿 -

シンガポール航空を利用される方で最も利用率の高いと思われる中距離路線の機内食です。

中距離路線の場合、コース料理で提供され、シンガポールの名物であるサテーに始まり、豪華絢爛な機内食が提供されいます。メインディッシュはフィレ肉を使ったステーキのようですね。シャンパンや赤ワインと一緒に食べれば、そこには非日常の体験があなたを待っているはず。

ビジネスクラスの場合、和食だと日本の有名料亭が監修したメニュー、インターナショナル料理の場合、ミシェランの星を取得したレストランのシェフが監修するなど、一切の妥協がありません。

この投稿をInstagramで見る

KEISUKE(@kei.tan.tan)がシェアした投稿 -


和食のメニューも2019年からはリニューアルされ、味だけでなく見た目も華やかな和食に変貌しています。ビジネスクラスを往復利用される方は、和食とインターナショナル食を両方楽しめますよ。

超短距離路線の場合

超短距離線で提供されたサンドイッチ

クアラルンプール⇄シンガポール路線のビジネスクラスの機内食になります。こちらの区間は、フライト時間が1時間10分と超短距離路線ということもあり、提供された機内食はサンドイッチ1つだけでした。

エビかチキンのサンドイッチを選ぶことができたので私はチキンを選択しました。

ビジネスクラスなのに量が少ない!と思いましたが、具材がぎっしりと詰まっていたので、食べ応えもあり、お腹いっぱいになりましたよ。

短距離路線の場合

短距離路線のビジネスクラス機内食

シンガポール⇄デンパサール(バリ島)路線で食べたビジネスクラスの機内食です。メインディッシュを肉系か魚系を選ぶことができたので、私は魚系の機内食を選択しました。

今回の便の魚系のメインは、カレイのグリルと貝ソース添えでした。

3時間という短距離路線のフライトということもあり、コース形式ではなくおぼん一つで提供されるスタイルでした。おぼんでメインのお料理が提供されたあとに、CAの方がパンの入ったバスケットを持ってきて好きなパンを選ぶことができます。
パンはしっかりと温めてあり、バターやオリーブをサッと塗るととってもおいしいです。

事前予約で特別機内食をリクエストすることも可能

健康上や宗教上などの理由で食事制限のある方は事前に特別機内食をリクエストすることができます。

特別機内食は、フルーツミールやベジタブルミール、チャイルドミールなど種類が豊富です。特別機内食を注文する場合、出発の3時間前となっているのでリクエストするときは気をつけてくださいね。

ここでは、シンガポール航空の特別機内食をちょっとのぞいてみましょう。

この投稿をInstagramで見る

Noz(@nozo_hedgehog)がシェアした投稿 -

こちらは、フルーツミールになります。りんごやキウイ、オレンジを中心に構成されており、食事制限をしている方や深夜便を利用して、朝からボリュームのある朝食を食べたくない。フルーツだけで構わない。といった方におすすめしたい特別機内食です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mayumi Takamatsu(@mayumi_t532)がシェアした投稿 -

こちらは、2歳~12歳未満の子ども向けのチャイルドミールになります。パンケーキやソーセージといった西洋風のメイン料理を中心に、ヨーグルトや牛乳など、子どもの成長に重要なカルシウムをしっかり摂取できるメニューになっています。

また、2歳未満の赤ちゃん向けのベビーミールの用意があるなど、シンガポール航空は子ども向けのメニューも豊富です。

まとめ

シンガポール航空A380

今回徹底調査してみて、シンガポール航空の機内食はエコノミークラス、ビジネスクラス共に世界No.1の機内食であると確信することができたのではないでしょうか?

季節の食材を使った料理、搭乗者の健康を考慮した料理など、他の航空会社では決して真似することのできないクオリティの高さがシンガポール航空にはありました。

これは、シンガポール航空の大事にしている「お客様第一」という思いがあるからこそクオリティの高い機内食やサービスを提供し続けることができるのだと思います。

ぜひ、次の海外旅行はシンガポール航空を利用して、快適な空の旅を楽しんではいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事