大手キャリアとLCCの中間のポジションに位置しているスカイマークは価格が抑えめになっているにも関わらず、ホスピタリティのあるサービスを提供しており、人気の高い航空会社です。

また、2019年中に成田⇄サイパン路線の毎日運行便を開く予定で、今後国際線の広がりにも注目の航空会社です。

今回はスカイマークの受託手荷物と機内持ち込みのルールを徹底解説していきます。この記事を読むことによって空港当日に慌てることなくスムーズに飛行機に搭乗することができますよ!

スポンサードリンク

受託手荷物のルール

空港回転台

まず、受託手荷物のルールを確認していきましょう。

スカイマークの場合、予約の種類に関わらず搭乗者全ての方が無料で手荷物を預けることができます。

1個当たりの容積が50cm×60cm×120cm以内(LLサイズのキャリーケースもOK)重さは20kg以内までは無料で預けることができます。スノーボードやサーフボートといった長尺物に関しては合計のサイズが280cm以内であれば無料で預けることが可能です。

そして、個数制限はなしということになっているので、容積サイズを規定以内に定めていれば、合計の重さが20kgになるまで複数個手荷物を預けることが可能になっています。

また、搭乗者自身が使う車イスやベビーカー、携帯ゆりかご、チャイルドシート等は無料の受託手荷物の容量には含まず預けることができます。

手荷物の重量がオーバーする場合は?

 

必要以上に持ち物が増えてしまった。買い物をし過ぎてしまったということから無料で預けられる20kgを超過してしまう場合はよくあることです。

超過してしまった場合は、追加料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。

スカイマークの場合、合計100kg以内(1個当たりの手荷物の最大重量は32kg)であれば10kgごとに1,000円の追加料金を支払うことによって手荷物を預けることができます。つまり、1kgオーバーしても1,000円の追加料金を支払うことになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

機内持ち込みのルール

空港にあるキャリーケース

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。

機内持ち込みは55cm×40cm×25cm3辺の合計が115cm以内(SサイズのキャリケースもOK)でかつ重量が10kg以内のものを1個まで持ち込むことが可能です。そのほかにも、身の回りの品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)も機内に持ち込むことが可能です。

規定サイズをオーバーしてしまうと保安検査場を通過できない可能性があるので、不安な方はチェックインカウンターで手荷物を機内に持ち込めるかどうか確認しておくことをおすすめします。

機内に持ち込むことができないもの

 

ナイフやバッドなど凶器になるようなものは機内に持ち込むことはできません。また、携帯用のライターは制限付きで持ち込みが可能とされていますが、安全面から考えて持ち込むことを控えた方がよいと思います。

 

受託手荷物も機内持ち込みもできない手荷物

頭を抱えている少年

航空法により以下のものは受託手荷物でも機内持ち込みでも預けることができないので確認しておきましょう。

・火薬類→花火、クラッカー、弾薬など

・引火性液体→ライター用燃料、塗料など

・毒物→殺虫剤など

・腐食性物質→バッテリー、水銀など

・高圧ガス→ライター、カセット用コンロなど

・可燃性物質類→マッチ類

・酸化性物質類→漂白剤など

・その他の有害物件→ラジコン用の電池など

*ここで記載されていない危険物や持ち込み不可能なものは他にも存在します。不安のある方は直接スカイマークのお客様相談センターにお問い合わせしていただくようお願いいたします。

リチウム電池について

スマホの充電器やポケットWiFi等で使用されているリチウム電池は火災の危険性を持っているため持ち込みに制限がかかっています。

飛行機に搭乗する前に自分の持ち物にリチウム電池が搭載されていないかどうか確認するようにしましょう。

リチウム電池の規定は以下のようになっています。

リチウム電池が含まれている場合はリチウム金属単電池であればリチウム含有量が1g以下、リチウム金属組電池の場合は総リチウム含有料が2g以下であることが条件となります。またリチウムイオン単電池であればワット時定格量が20Wh以下、リチウムイオン組電池の場合は総ワット時定格量が100Wh以下であることとなります。火工物質などを組み込んだものは受託できない場合があります。なお、欠損したものはお持込もお預かりもできません。

出典:スカイマーク公式サイト

 

スカイマークを利用して快適な空の旅を楽しもう!

空港駐機場

今回はスカイマークの受託手荷物のルールと機内持ち込みのルールについて徹底解説してきました。

スカイマークは私自身も普段よく使う航空会社で、航空券の値段がリーズナブルであるにも関わらず、シートにコンセントが付いていたり、無料でコーヒーとキットカットのサービスを提供していたりと機内で快適に過ごせるサービスを提供している航空会社です。

ぜひスカイマークを利用して快適な旅を楽しんでくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事