【2022年最新版】セントレジス大阪の朝食を辛口徹底レビュー!

セントレジスホテル大阪に宿泊した際に朝食を利用してきました。

そのときの様子をブログ形式でレポートをお届けしていきます。

「2022年最新の朝食の様子はどんな感じ?」「提供される料理のクオリティは高い?」「コロナ前との変更点は?」などなど、気になるポイントを分かりやすく解説していくのせぜひ参考にしてみてくださいね!

※今回の朝食レビューは辛口コメント多めです。

セントレジス大阪の朝食基本情報

セントレジス大阪の朝食の基本情報は下記の通りです。

営業時間6:30〜10:00
朝食会場ラ ベデュータもしくはルドール
価格大人:4,807円
子供:2,450円
料理形式洋食・和食のセットメニュー形式
エリート会員特典プラチナエリート会員以上無料

セントレジスホテル大阪の場合、マリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上の方であれば2名様まで無料でいただけます。

また、マリオットボンヴォイ会員だと12歳以下のお子さんの朝食料金が無料に。
マリオットボンヴォイには無料でいつでも入会できるので登録していて損なし!

また、紹介制度を活用すると最大10,000ポイントプレゼントのキャンペーンを随時開催中なので、ぜひ登録がお済みでない方は宿泊前に登録してみてはいかがでしょうか。

マリオットボンヴォイ会員の紹介制度については下記の記事をご確認ください。

スポンサーリンク

朝食は「ラ ベデュータ」にて

ラ ベデュータの入り口

朝食はロビー階にあるラ ベデュータもしくは1階にあるルドールでいただけます。
どちらも洋食・和食のセットメニュー形式での提供です。

今回はラ ベデュータで朝食をいただくことに。
9時ごろに訪問した際は既に数組待ちの状態。

ラ ベデュータは全46席しかないレストランのため、週末などの混雑しやすいタイミングに宿泊される際は朝食の待ちは必須かと思います。

朝ごはんを食べるために、わざわざ並びたくない!という方はインルームダイニングで朝食を食べることをおすすめします。

レストラン内のオープンキッチンの様子

スタッフの方からはそこまでお待ちすることは無いと言われたものの、結局30分程度待ってようやく入店できました。
ラ ベデュータの店内は人が多かったため、撮影はできませんでしたが、天井が高く、高級感のある空間が広がっています。

朝食メニュー表

朝食は洋食・和食のセットメニューを選び、好きなドリンク、サプリメントメニューを選びます。
サプリメントメニューについて好きなものを好きなだけ選んで良いとのこと。

洋食の卵メニューは下記の通り。

卵料理のメニュー
・ベジタブルオムレツ(自家製トマトソース)
・シーフードオムレツ(魚介類のホワイトソース)
・ミートオムレツ(豚ミンチのボロネーゼソース)
・アスターベネディクト(パン・オ・レ、ズワイガニ、ほうれん草、オランデソース)
・クラシックエッグ(目玉焼き、ポーチドエッグ、スクランブルエッグ)

ちなみに「アスターベネディクト」に記載されているアスターとは、セントレジスホテルの創業者の名前だそう。

サプリメントメニュー
・タイタニックオムレツ(+15,000円:卵7個、ロブスター、ズワイガニ、キャビア)
・本日のスープ
・うどん
・おかゆ
・シリアル&ミルク
・ワッフル
・リコッタパンケーキ

ドリンクメニューは下記の通りです。

ドリンクメニュー
・ジュース
オレンジ、グレープフルーツ、アップル、トマト、パイナップル、ベジタブル&アップル
・牛乳
・コーヒー
・紅茶(イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、アッサム、ダージリン、バニラルイボスなど)
今回は2名で訪問したため、和食、洋食それぞれメニューを注文し、サプリメントの中から数種類料理を注文しました。

洋食

まず、洋食のセットメニューから紹介していきましょう。

ベジタブル&アップルジュース

まずは、ベジタブル&アップルジュース。
りんごのほのかな甘みと、野菜のほんのり苦い味が融合していて飲みやすい。

ホットコーヒー

ホットコーヒーは可もなく不可もなく。

洋食メニュー

洋食メニューは食パン・クロワッサンを中心に、ミックスサラダ、パスタサラダ、コールドカットとチーズの盛り合わせ、スモークサーモンムース、フルーツ、ヨーグルトのメニューになります。

クロワッサンは発酵バターが効いていておいしかったのですが、後のメニューに関しては可もなく不可もなくといった感じ。

高級ホテルの朝食は期待値が高いため、普通の内容だとどうしてもガッカリしてしまいます。

ミートオムレツ

洋食のセットメニューが運ばれて20分後に、ミートオムレツが運ばれてきました。

中はプレーンオムレツで卵の旨みが感じられるのですが、ボロネーゼソースとマッチングしていない。
個人的にはケチャップでいただいた方が何倍もおいしいと感じました。

スタッフの方が持ってきたパン

食事をしているとコックさんがデニッシュ系のパン数種類を持ってきてくれました。
食べやすい小さめのサイズで提供されるので、お腹がいっぱいでもついつい食べてしまいます。

和食

先付けメニュー

続いては和朝食のメニューを紹介していきます。

最初に提供された先付けの冷奴と茶碗蒸し。

ワンプレートで提供された和食メニュー

続いてワンプレートで和食が運ばれてきました。

メインの西京焼き

メインの西京焼きを中心に健康的なメニュー。
西京焼きは身がふっくらして美味しい。

卵焼きはかなりボリューミーなサイズ。
シンプルな味付けでした。
個人的には少し甘めのだし巻き卵が好きかな。

お米に関しては特徴的な味はなく、普段自宅の炊飯器で炊いて食べるような普通のお米でした。
もう少しお米のクオリティにはこだわってほしいところ。

小鉢

小鉢は、きゅうりの漬物、炊き合わせ、切り干し大根、フルーツ。
どれも美味しくないわけではないのですが、感動的な味わいはなく普通といった感じ。

うどん

サプリメントの中から注文したうどん!
関西風のダシが効いていてかなりおいしい!

朝食の中ではうどんが一番おいしかったです。
朝食を利用する際はぜひ食べてみてください。

うーん。
和食は全体的に感動する味わいはなく、これで5,000円は高いかなぁと思います。

同じマリオット系列の高級ホテルであるリッツカールトン京都の和朝食が比べると雲泥の差。(あまり比べるのは良くないと思いますが。)

海外のゲストであれば、喜びそうな内容ですが、和食を普段食べている日本人からすると物足りないかなぁと思います。

スポンサーリンク

セントレジスホテル大阪の朝食辛口レビュー

ここから辛口のレビューをさせていただきます。
私が訪れたタイミングが悪かったのかしれませんが、料理一品ずつの料理の提供が圧倒的に遅い!
まず、ファーストドリンク、おしぼりの提供など非常に遅すぎる。
私たちよりも後に訪れたグループの方が先に提供されました。
10分以上経過して、スタッフに確認を取り、ようやく水が到着。
最初は体をあまり冷やしたくないのでコーヒーが飲みたいのに。
水の到着後、10分以上待たされ、ようやく和食の先付けが到着。
その後も、いちいちスタッフに確認して料理を確認しなければならないほど、提供の時間が遅くびっくり。
全ての料理が揃うまで、なんと40分~50分かかりました。

さらに、最初に注文していたスープに関しては最後まで提供されることはなく、スタッフに指摘することも疲れたので、結局いただきませんでした。

スープって最初に提供されるべきではないでしょうか。
ここまで料理の提供が遅いホテルに宿泊したことは初めて。
繁忙期で忙しいのはわかりますが、ホールスタッフの方の連携が上手く取れていないと思います。
朝食後に予定が無い人であれば問題ないかもしれませんが、朝食後USJに行く予定だったので予定が大きく狂ってしまい、怒りを通り越して疲れてしまいました。
ただ、スタッフの方は丁寧に対応してくださったので怒りが爆発せずに済みました。

セントレジスホテル大阪の朝食はあまり印象の残らない内容だった

今回はセントレジスホテル大阪の朝食レビューをお届けしてきました。

朝食はこれまで食べてきた高級ホテルの中でもややレベルが低いと感じました。
まずくはなく、美味しい料理も一部あるのですが、全体的に印象に残らない料理が多いといった印象でした。

それに加えて料理の提供時間が非常に遅かったので、再訪したいとはあまり思えません。

個人的にはW大阪や大阪マリオット都ホテルの方が朝食のクオリティは高いと感じます。

あくまでも一個人の意見として参考にしていただけると幸いです。

あわせて読みたい記事はこちら
スポンサーリンク
コメントを残す

【期間限定】マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーン

2022年4月26日より、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンが開始されました。

期間中の決済額に応じて、最大39,000ポイント獲得可能の激アツキャンペーンです!

獲得できるポイント数は下記の通り。

キャンペーンで獲得できるポイント数
・3ヶ月以内に30万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

また、当サイトよりお申込みいただくと最大45,000ポイント獲得可能です。
内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000P
・通常利用ポイント:30万円利用で9,000P

アメックスの公式サイトで申し込んだ場合と比較して、6,000ポイントも多くポイントを獲得できます!

45,000ポイントを獲得できれば、「リッツカールトン」や「Wホテル」といったマリオットボンヴォイに加盟している最高級ホテルの無料宿泊が可能に。

これまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

また、ポイントを18万ポイント交換することでANAマイルを75,000マイル獲得し、東京⇄ニューヨーク間、東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券可能なマイル数も獲得できます。

ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANAビジネスクラス「THE Room」

羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

2020年の2月にマリオットポイントをANAマイルに移行し、東京ーロンドン線の往復特典航空券を発券し、空港手数料の50,000円のみでビジネスクラスに搭乗しました。

シンガポール航空A330のビジネスクラスシートマイルでほぼタダで搭乗したシンガポール航空ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで提供されたシャンパンタイ航空のビジネスクラスでいただいたヴーヴ・クリコのシャンパン

さらにポイントだけでなく、マリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。
・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。
・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。
・最高1億円の国内外旅行保険。

年会費が49,500円(税込)と一般的なクレジットカードと比較するとやや高額ですが、上記の特典をフル活用すれば、年会費の元は十分取れると断言できます。

今回の新規入会キャンペーンを上手く活用して、2022年はワンランク上の国内旅行・海外旅行を楽しむためにマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをぜひ発行してください!!

 

スポンサーリンク