前回はパークハイアットソウルのお部屋についてご紹介してきました。

今回はバスルームを簡単にご紹介していきます!

スポンサードリンク

パークハイアットソウルのバスルーム

 

パークハイアットソウルのバスルームは独特的です。岩盤をイメージしたのかごつごつ感がスゴイです。ごつごつ感のバスルームなのにリラックスできる。スーパーポテトの内装作りには毎回脱帽させられます。

ちなみに、写真の中心に見える細長い物体、あれシャワーですよ。今までこんなシャワー見たことなかったのでびっくりしました。普通のシャワーヘッドの方がよかったです。このシャワーヘッドのサイズじゃ体に当たる面積が狭すぎ!!

でも、シャワーの水圧は日本の水圧と同じぐらいでしたよ。ちなみに写真を撮り忘れましたが、バスルームの天井にはレインシャワーも完備されています。

 

 

浴槽もきちんとあります。高級ホテルにありがちな「立派な浴槽なんだけど浅すぎてゆっくりお風呂に浸かることができない」なんてこともありません。お風呂の深さはしっかりしています。ただ、頭を置けるような設計にはなっていないのでバスピロー等が使えないのはマイナスポイントですね。

ちなみにシェードを前回にするとカンナムの街並みを見ながらお風呂タイムを楽しむことができます。ですが、低層階に泊まるとモロ人に見られるのでシェードは隠しておくのが無難ですよ笑

 

 

また、長風呂アイテムとしてテレビも搭載されています。韓国ではどこかのチャンネルで必ずK-POPの音楽番組を放送しているので、K-POP番組を見ながらお風呂を楽しむこともできます。

日本人には嬉しいバスソルトも用意してありました。バスソルトにバステレビ最高のだらだらタイムを作れますね〜

もちろん香りも柑橘系の香りで良いにおいでした!

シンクルーム

こちらの写真もセンスの無い写真で申し訳ないです。手洗い場は思っていたよりも広々として使いやすいです。鏡も広々としているので髪型をセットする際も便利ですよ!

けど、疑問に思ったのは、こんなに広々としているのにシングルシンクなのはなんで??

パートナーと旅行するとダブルシンクって本当に便利だなぁって実感させれます。こんな広いならダブルシンクでもいいじゃん!と個人的に思いました。でも、女性の方だったら化粧ポーチやヘアアイロンなどを置けるスペースが十分確保されているので女性には使いやすいと思いました!

アメニティはイソップ

 

アメニティはパークハイアット東京と同じくイソップです。柑橘系の香りで好き嫌いが分かれる匂いではないでしょうか?

イソップは特に柑橘系の香りが強いので...あと、シャンプーの泡立ちが悪すぎ!!

個人的に柑橘系の香りで好きなブランドはコンラッド東京のアメニティとして提供されているシャンハイタンです。強すぎない香りが良いと思います。

 

また、ハブラシなどのアメニティは木箱にまとまって収納されていました。最近はどの高級ホテルでもアメニティは箱に収納されるようになりましたよね。アメニティの高級感が増すと思うので個人的に好きです!

トイレはウォシュレット完備です。日本のホテルでウォシュレット機能の無いトイレって少ないですけど、海外のホテルに行ってみるとウォシュレット機能のあるホテルの方が珍しいです。

なのでウォシュレット機能があるホテルでよかったです。けど、ここにも謎ポイントがあるのですが、ブルー色のドアが完全に閉まらない....汗

一人で宿泊する分は問題ないのですが、誰かと宿泊するとき気まずいですよ....

なんで完全にドアが閉まらないんだろうとホテルの滞在中ずっと疑問でした。他のブロガーさんの記事を読んでみても同じような方がいらっしゃったので設計上のミスなんだと思います。

スポンサーリンク

パークハイアットソウルのバスルームはデザイン性が高い!

 

個人的にホテルを選ぶ上で最重要ポイントはバスルームとシンクの使いやすさを重視しています。バスルームやアメニティがラグジュアリーだとホテルステイの満足度がグッと上がるので。

パークハイアットソウルのバスルームとシンクルームは機能性が高いだけでなく、デザイン性も非常に高いと宿泊しながら思いました。

ただあと一歩個人的に足りないポイントかなぁと思ったのはダブルシンクでなかったことぐらいですかね。そのマイナスポイントを考慮しても満足度は非常に高いのでぜひパークハイアットソウルで素敵なホテルステイを楽しんでくださいね!

次回はパークハイアットソウル内にあるフィットネスセンター&プールがあるパーククラブをちょこっとご紹介します。

【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事