先日、台湾に3泊4日にひとり旅してきました。最初はひとり旅ということもあり少々不安でしたが、振り返ってみればむしろひとり旅の方がノープランでも十分楽しめた!というのが正直な感想です。

そこで今回から2回に分けて、台湾旅行3泊4日の旅行記をご紹介していきたいと思います。ひとり旅の目線で記事を執筆しておりますので、もしかすると、家族や友達と一緒に行かれる方には参考にならない点もあると思いますがその点ご了承ください!

スポンサードリンク

旅の日程

・1日目

NH851便で台北松山空港へ

リージェント台北に宿泊

中山エリアの観光

日本の芸能人や著名人も訪れる京鼎樓でディナー

・2日目

油化街のおしゃれなスタバに訪問

台北駅/台北101周辺を観光

鼎泰豊(ディンタイフォン)でディナー

3日目

ホテルCOZZI(コッツィ) 台北民生館に宿泊

台北市内のお寺を観光

淡水周辺を観光しておしゃれなスタバへ

水餃子が有名なお店でディナー

4日目

国立中正紀念堂へ

西門町のグルメや観光

松山空港近くのサニーヒルズでパイナップルケーキを購入

NH便にて羽田空港に到着

スポンサーリンク

【1日目】台北行きの往復航空券はマイルを使って

ANAボーイング787-8

さてさて。待ちに待った台北旅行のスタートです!当サイトはマイルを使ってお得に海外旅行ができるようになることをコンセプトにしているサイトなので、当然マイルを利用してマイルを使って台北行きの特典航空券を予約しました。

台北は羽田から3時間半程度のフライトということ、機種がB787-8型機でビジネスクラスのシートはフルフラットシートではないということを考慮して今回はエコノミークラスを利用しました。

費用は17,000マイルと空港税が14,000円ほどだったと思います。

それにしても、平日に搭乗したからなのか乗客の80%以上はビジネススーツを来た出張の方がほとんどでした。旅行モードバリバリの私は完全アウェーで搭乗するのがちょっとはずかしかったです笑

エコノミークラス機内食

機内食は以前、東京⇄香港線をビジネスクラスで利用した際に、がっかりした思い出があるので期待はしていませんでしたが、意外にもおいしくて満足でした。

機内で映画などを見ていると、あっという間に台北松山国際空港に到着です。

羽田発着の台北線だと桃園国際空港ではなく、松山空港に到着します。こじんまりとした空港で桃園国際空港のように入国審査で長蛇の列に並ぶ必要もなく、あっという間に空港から出ることができました。

そして、なんといっても松山空港は台北市内のアクセスが非常に良いのです。中心地の繁華街である中山エリアにはタクシーで15分程度で到着します。

台北滞在中は移動時間を減らして思いっきり遊び尽くしたい!という方にはぜひ松山空港を利用することをおすすめします!

ホテルは台湾一の高級ホテルリージェント台北に宿泊!

リージェント台北ロビー

松山空港からタクシーを走らせること15分程度で、今回台北旅行でお世話になるホテル「リージェント台北」に到着しました。リージェント台北といえば、台北市民の方であれば知らない人はいないほど有名なホテルです。

そして、なんといっても日本人観光客が多く利用するホテルなので、日本語対応スタッフの方が数多く在籍しているという点は嬉しいですね。

リージェント台北の宿泊記は別記事にてまとめてあるので、ぜひそちらをご覧ください。

荷物を下ろして中山エリアへ

中山エリアの道路

それでは荷物を下ろして、街に出かけてみましょう!リージェント台北のある中山エリアは若者や観光客に人気のスポットが数多くあり、ショッピングやおいしいグルメのお店が数多く立ち並んでいます。

 

中山にあるモスバーガー

中山エリアには日系チェーンのお店がたくさんあります。モスバーガーの看板が赤色って珍しいですよね。台湾で初めてみました。

 

誠品生活の外観

中山エリアに来たら絶対訪れるべきスポットは「誠品生活」でしょう。台湾の旬なブランドから日本のブランドまで数多くのお店があり、若い人たちに大人気にスポットです。そして、2019年9月東京日本橋に「誠品生活」が日本初上陸したということもあり、今後ますます注目度が高まるスポットです。

 

誠品生活のオーガニックショップ

店舗内に入ってみると、オーガニック食品を取り扱っているお店から、サステナブルを意識したおしゃれな雑貨店まで数多くあり、とにかく居心地がいいです。1日中、見て回れます。

 

誠品生活の本屋さん

また、「誠品生活」といえばやはり、本屋さんなので、一度訪れてみる価値はありますよ!

ディナーは京鼎樓(JIN DIN ROU)へ

京鼎樓の外観

ディナーは中山エリアで有名な小籠包などの台湾料理を楽しめる京鼎樓(JIN DIN ROU)を訪れました。京鼎樓(JIN DIN ROU)は日本にも数店舗お店を展開しており、小籠包の超有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」と肩を並べる台湾を代表する有名店です。

中山にある京鼎樓(JIN DIN ROU)は本店ということで、店内には日本や台湾を代表する芸能人の方のサインや写真がたくさん飾ってあり、芸能人もお忍びで訪れる人気店舗です。私がお店を訪れた時間帯には日本人観光客のグループも数組いらっしゃいました。

今回はメニュー表を撮影するのを忘れてしまったため、どんな料理があるのか値段はいくらぐらいなのかといったことをご説明することができないのですが、私が注文したお料理は紹介していきたいと思います。

 

小松菜のおひたし

小松菜のおひたしのようなもの。量がハンパないです。最初はおいしくいただいていたのですが、途中から食べることに飽きてしまいました...

 

豚肉のチャーハン

豚肉のチャーハンです。パラパラとしたタイ米を利用しているというより、日本のネバネバしたお米に近いものを利用しており、家庭的で素朴なチャーハンでとってもおいしかったです。でも、一人で完食するはツライ...

 

小籠包

お腹がいっぱいになりかけたときに、小籠包が到着しました。細切りの生姜と醤油、ごま油と一緒に食べれば口の中で肉汁がジュワーっと弾けて何個でもいけます。本場の小籠包は最高ですね。

さすが、台湾を代表するお店ということもあり、お味の方は満足でした!ただ、どのお料理も2~3人で食べることを考えて作られているので、一人で一品注文するのはちょっと多すぎるなぁと思いました。

もし、一人でお店を訪れる際は注文する前にハーフサイズで注文することができないか店員さんに聞いてみるとよいかもしれません。

リージェント台北のバルコニーラウンジ

バルコニーラウンジ

さて、朝からひたすら動き続けて疲れたのでディナー後はまっすぐホテルに戻りました。私は今回、バルコニーラウンジアクセス付きのプランを予約していたので、ラウンジを訪問することにしました。私が訪れた時間帯には日本人観光客が数組いらっしゃいましたよ。

 

台湾ビール

ラウンジ内には軽い軽食とドリンクが用意されており、夜になると、冷えた台湾ビールを飲むことができます。台湾ビールは日本のビールに比べ少し味が薄めなので、ビールが苦手!といった方でも飲めそうなお味ですよ。

また、リージェント台北のバルコニーラウンジの詳細は別記事にてまとめてあるので、ぜひそちらをご覧ください。

【2日目】朝はリージェント台北の豪華な朝食から!

リージェント台北ブラッセリー

2日目は台湾No1と呼ばれているリージェント台北の朝食ビュッフェからスタートです。

私は毎年数多くのホテルに宿泊してますが、リージェント台北ほど品揃えが多く、様々な料理を楽しめる朝食ビュッフェは少ないと感じています。それぐらい満足感の高い朝食を提供しているホテルなので、ぜひ宿泊する際は素泊まりではなく、朝食付きのプランで予約することをおすすめします!

 

朝食ビュッフェの一部

どのお料理もホテルビュッフェということもあり、クオリティが高いです。朝から大興奮です笑

また、リージェント台北の朝食レポートは別記事にてまとめてあるので、ぜひそちらをご覧ください。

台北で有名な油化街のスタバへ

スタバ好きの方であれば、旅行先のおしゃれなスタバに行ってみたいと思いますよね。週5でスタバに通っているスタバ大好き人間なので、台湾でもスタバに訪問してみました。

街中にある普通のスタバに行ってみても良いと思うのですが、今回はノスタルジックな風景とローカルな雑貨屋さんが多い油化街にある「スターバックス保安門店」を訪れることにしました。

 

スターバックス保安門店の外観

外観からしてみて普通のスタバでありませんよね。こちらのお店、日本統治時代の1926年に完成したもので、当時貿易業で成功した商人の会社をリノベーションしたものなんです。

 

スタバのフードメニュー

お店の中に入り、フードコーナーを見てみると、日本にはないようなサラダやジュース、パンといった食べ物がずらりと並んでいます。

また、こちらのお店スターバックスリザーブ店ということもあり、ブラックエプロンの方が貴重な豆を使ってドリップコーヒーを入れてくれます。

スターバックスリザーブのコーヒーせっかくなので注文してみました。日本円で580円程度だったと思います。台湾の物価から考えるとちょっと高めですね。豆の種類は忘れてしまいました。すみません...

 

スタバの店内

店内も1926年に完成した古さの雰囲気を残しつつもモダンにリノベーションされており、日本のスタバでは感じることのできない居心地の良さを感じることができます。

最初はコーヒーを飲み終えてすぐ別の観光スポットの場所に移動しようと思ったのですが、あまりに居心地が良いので3時間ほど、こちらのスタバでデスクワークしました。こんな臨機応変なプランの変更ができるのも、ひとり旅の魅力だと思うのです笑

台北101を見に行くために台北駅エリアへ

スタバで作業を終え、次にどこ行こうかなと考えていると、「台北に来たら台北101を見に行くべきでしょ!」と思ったので、台北101エリアに向かうことにしました。

幻想的な台北101

ライトアップされ、雲に少し隠れている台北101はとっても幻想的です。やはり、日中に訪れるより、日が落ちてから見た方が迫力があります。

 

別の角度から撮影した台北101

別の角度から撮影してもやっぱり幻想的ですね。永遠にぼーっと眺めてられます笑

 

台北のアトレ

台北101の反対側には、なんと日本の駅ナカでよくみかける「アトレ」が日本に上陸しているんです!アトレの中を散策してみると、

ブルーボトルコーヒー外観

ブルーボトルコーヒーがあったり、

 

カルディコーヒー外観

カルディコーヒーがあったりなど日本のお店がたくさんあります。上の階には日本のグルメが堪能できるレストランがたくさんあり、ここは日本なのか?と錯覚してしまうほど、日本のお店がたくさんあります。

ディナーは鼎泰豊(ディンタイフォン)にて

鼎泰豊の外観

ディナーは台北101モールの中にある鼎泰豊(ディンタイフォン)を訪れました。台湾旅行の目的が「ディンタイフォンで小籠包を食べる!」という方が多いほど人気店舗ですよね。

人気店舗ということもあり、長蛇の行列に並ぶ覚悟が必要です笑

本店だと、ピーク時に待ち時間が2時間以上超える場合もあるらしいのですが、101店は非常にお店が広く、待ち時間が他の店舗に比べて少ない穴場とされているので利用してみることにしました。

私は平日の夜7時ごろに訪れたのですが、待ち時間は40分ほどと思っていたよりも短かったです。また、お店の入り口付近で整理券が配布され、その整理券の番号が呼び出されると店内に入れる仕組みなので、呼び出されるまで時間に余裕があれば、台北101モールでウィンドウショッピングなどして待ち時間を潰すのもいいと思います。

整理券も日本人用の発券機も置いてあるので、英語や中国語がわからない方で安心です。

手作業で小籠包を作っている様子

店内に入ると、たくさんの方が一つずつ丁寧に小籠包を作っていました。本当に尋常じゃないぐらいの量を作ってます。

 

エビチャーハン

それでは、ディンタイフォンで食べたお料理をご紹介していきたいと思います!まずはエビチャーハンです。1日目のディナーで利用した京鼎樓(JIN DIN ROU)の反省を生かし、今回はハーフサイズで注文しました。

とにかくおいしいです。日本人の口によく合います。塩気も強くなく、卵の味とエビもプリプリ感がよく伝わってきて美味です!

 

エビ付き小籠包

続いてはエビ付きの小籠包です。これも、エビがプリプリしてておいしかったです。

 

小籠包

シグネチャーの小籠包もいただきました。やはり、小籠包は熱々のときが一番おいしいですね。店内の冷房が強めに設定されているので、小籠包が届いたらなるべく早く食べることをおすすめします。

 

蒸し鶏のスープ

そして、チャーハンや小籠包以上にディンタイフォンで食べて欲しい料理が蒸し鶏のスープです。これは、本当に絶品です。ごろっとした鶏肉がたっぷり入っていてスープもあっさり味飲みやすいです。また、たくさん食べても低カロリーなのも嬉しいポイント!
何度もいいます。これは本当に絶品です!

台湾は1度訪れただけでは魅力を語ることはできない!

台北の街並み

今回は3泊4日台湾旅行記の前編をご紹介してきました。やはり、台湾は一度訪れただけでは全く物足りないです!まだまだ行ってみたかったカフェ、レストラン、雑貨屋がたくさんあります。これから定期的に台湾を訪れ、もっと台湾の魅力について深く知っていけたらなぁと思います!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事