いよいよ長かったロングバケーションも日本に帰国するのみとなりました。本来であれば直行便を利用してバリから日本に帰国したいところなのですが、マイルを利用して特典航空券を予約したため直行便を利用することができず、タイ航空を利用してバンコク経由で日本に帰国することとなりました。

そこで今回はデンパサール(バリ)-バンコク間のタイ航空B747-400ビジネスクラスのシートや機内サービスについてわかりやすくご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

チェックイン

ロイヤルシルククラスチェックインカウンター

今回はロイヤルシルククラスに搭乗するのでビジネスクラス専用のチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませます。エコノミークラスのチェックインカウンターの方は長蛇の列ができており、普通に並ぶと30分以上かかる雰囲気でした。

スポンサーリンク

ラウンジは全く期待しない方が良いです

 

タイ航空のビジネスクラスを利用する場合、プラザラウンジを利用することができます。デンパサール国際空港の場合、航空会社が運営するラウンジはガルーダ・インドネシア航空のラウンジのみとなっており、その他の航空会社のビジネスクラス、ファーストクラスを利用する方はプライオリティパスでも利用できるラウンジを利用することとなります。

なので、ラウンジのクオリティはかなり下がります。今回はイミグレに時間もかからずスムーズに出国することができたのでラウンジでゆっくりしようと思ったのですが、居心地があまり良くなくすぐに退出しました。

ドリンク類にアルコールの取り扱いはありませんでした。ホットミールも少しありましたが、冷凍食品を解凍しただけのようなクオリティでした。。。

タイ航空B747ビジネスクラスに搭乗

 

ビジネスクラスシート

ラウンジを早々に退出し、お土産屋さんをぶらぶらしていた搭乗開始時刻となったのでいよいよタイ航空B747のビジネスクラスに搭乗していきます。

こちらがタイ航空B747-400のビジネスクラスのシートとなります。タイ航空がスタッガードシートを採用するまで主力となっていたシェル型のビジネスクラスのシートです。フルフラットにすることはできませんが、最大で170度までリクライニングすることができます。

座席に座ると早速おしぼりとウェルカムドリンクをCAの方が運んできてきれました。私はオレンジジュースをチョイスしました。

 

ビジネスクラスシート広さ

足を思い切り伸ばしても全然余裕があります。ちなみにスリッパは置いておらず、ANAのビジネスクラスに搭乗した際にもらったスリッパを持ち込みました笑

 

B747全体

前方の方はファーストクラスの座席がありました。やはりB747の機内はゆとりが非常にあります。

 

アメニティポーチ

4時間という短距離路線ですがアメニティポーチが置いてありました。ポーチはマンダリナ・ダックというイタリアの革製品やスーツケースで有名なブランドを採用しています。中身は歯ブラシ、コーム、リップクリーム、ハンドクリームと基本的なアメニティが入っています。

機内食はどんな感じ?

ビジネスクラス機内食メニュー表

飛行機離陸前にCAの方が来て、料理と飲み物のリクエストを聞きにきます。デンパサール-バンコク路線は3つの料理の中から選ぶことができます。私は辛い食べ物が苦手なのでタイ料理は避けて牛肩肉の燻製?を選択しました。

 

ナッツ

飛行機が離陸し、ベルト着用サインが消えるとナッツが配られました。ナッツは冷たかったですが、ドライフルーツも入っていて非常においしかったです!

 

シャンパン

リクエストしていたシャンパンも届きました。銘柄はヴーヴ・クリコブリュットになります。タイ航空の良い点はなんといってもシャンパンをフルートグラスに入れてくれることだと思います。フルートグラスで飲むだけで1.5倍増しでリッチな気分を味わうことができますよ笑

シャンパンがグラスからなくなるとCAの方がすぐにシャンパンボトルを持ってきて注いでくれるのでサービス精神を感じました。

 

ワンプレートタイプの機内食

そして、シャンパンを楽しんでいると機内食が届きました。デンパサール-バンコク路線は短距離路線ということもあり、ワンプレートで料理が提供されました。

メインの牛肩肉ですが、ステーキをイメージして注文したつもりがチャーシューっぽいものが出てきてちょっと残念でした。
サラダとブレッドに関しては味はおいしかったです。特にガーリックトーストがシャンパンとの組み合わせが抜群で絶品でした。

 

チーズの盛り合わせ

デザート

料理が終了するとデザートタイムです。私はまだシャンパンを少し楽しみたかったので、デザートとチーズとフルーツの盛り合わせをお願いしました。

 

コーヒー

食後にコーヒーを注文し、優雅なティータイムを楽しみこれにて機内食は終了となります。

 

ミネラルウォーター

機内食が終了すると一人一人にミネラルウォーターが配られました。シートを倒し、キンドルに保存しておいたビジネス書を読んでいるとあっという間にバンコクに到着しました。

ジャンボジェットの乗り心地は抜群!でも正直シートは変更して欲しい!

タイ航空飛行機

今回は生まれて初めてジャンボジェット機に搭乗しました。やはり中型機に比べて振動が少なく、本当に飛行機に乗っているのかと思うぐらい安定感抜群ですね。

機内食のメインディッシュには少し残念な思いをしましたが、快適な空の旅を楽しむことができました。ジャンボジェット機を現役で利用している航空会社は年々縮小しているので、ジャンボジェットに乗ってみたい!という方はぜひタイ航空を利用してみてください。

ちなみに毎日、羽田空港からバンコクまでタイ航空のB747が運行しており、マイルを使った特典航空券も予約することが可能なのでぜひ搭乗してみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事