いよいよ長かった夏休みも残すところ日本に帰国するだけとなりました。

今回はマイルを利用して、タイ航空の最新機材であるA350-900のビジネスクラスの搭乗記をお届けしていきます。シートの設備、アメニティ、機内食まで大公開!

また、タイ航空のロイヤルシルククラス、ファーストクラスの搭乗客だけが入室できる、ロイヤルオーキッドスパでタイマッサージも体験してきたので、タイ航空のビジネスクラス、ファーストクラスの利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【タイ航空ビジネスクラス以上限定】ラウンジ内でマッサージを体験!

ロイヤルオーキッドスパ width=

タイ航空のロイヤルシルククラスまたはファーストクラスに搭乗客は、ロイヤルオーキッドスパというラウンジを利用することができます。ロイヤルシルククラスに搭乗する方は30分間の肩マッサージまたは足マッサージ、ファーストクラスに搭乗する方は60分間の全身マッサージを受けることができます。

さすがマッサージ大国のタイということだけはありますね。ラウンジでマッサージを受けられるなんて夢のようです笑

ちなみに、このラウンジに関してはANAやシンガポール航空のビジネスクラスに搭乗しても利用することはできません。

ロイヤルオーキッドスパラウンジ内

ラウンジ内はとても静かで高級感漂う空間です。

ラウンジの入り口で簡単な同意書を記入後、女性のセラピストの方に施術室まで案内していただきました。

マッサージ施術室

ファーストクラスのマッサージ室は完全個室となっていますが、ロイヤルシルククラス搭乗の方のマッサージ室は半個室のような空間です。

今回私は肩のマッサージをお願いしました。

お客さんのニーズをしっかり聞きながらマッサージをする姿勢は素晴らしいと思わず感動しました。あっという間に30分経過し、マッサージは終了です。

ジンジャーティーとお菓子

施術終了後、飲み物のリクエストを聞かれるので私はジンジャーティーをお願いしました。ラウンジに戻るとジンジャーティーを運んできてくれます。

ラウンジ内お茶菓子

ラウンジにはおいしそうなお茶菓子が少しずつ置かれていました。

ロイヤルオーキッドスパは高級ラウンジという雰囲気でロイヤルシルクラウンジに比べて居心地が良いです。タイ航空を利用される方は空港に早めに到着し、絶対にロイヤルオーキッドスパを訪問しましょう!

極上の体験があなたを待っているはずです。

スポンサーリンク

ロイヤルシルクラウンジのシャワーはイマイチだった

ラウンジ内シャワールーム

マッサージ終了後、ラウンジで夕食を取る前にシャワールームを利用しました。

ロイヤルシルクラウンジはコンコースC,D,Eにあります。一番利用者が多く、ラウンジの作りが広いコンコースDにあるロイヤルシルクラウンジにはシャワールームが完備されていないので、コンコースC,Eのロイヤルシルクラウンジを利用する必要があります。

私はコンコースEにあるロイヤルシルクラウンジのシャワーを利用しました。

シャワールームはごくごく普通といった感じです。シャンプーやシャワージェルははタイの有名スパブランドTHANNが置かれています。シャワーの水圧はまぁまぁでしたが、熱めのお湯が出ず、ぬるま湯しか出ませんでした。

シンク周り

そして一番残念だったポイントはアメニティが全く用意されていない点です。歯ブラシやコームも無いだけでなく、化粧水や乳液も無いのでこれは持参すべきだったと相当ガッカリしました。

シャワールームを利用される方は事前にアメニティ等は持参した方が良いかと思います。

やはりシャワールームのクオリティは羽田・成田のANAラウンジ、サクララウンジは世界ナンバーワンでしょう。

ロイヤルシルクラウンジで簡単に夕食

シンハービールとヌードル

シャワーを済ませ、搭乗開始時刻までコンコースDのロイヤルシルクラウンジでゆっくりしました。

スワプナーム国際空港はタイ航空の拠点となっている空港なのでラウンジもかなり期待していたのですが、想像以上にショボかったです。

なので写真もほとんど撮影しませんでした。

縦長のラウンジで座席が多く、開放的な作りになっているのですが、肝心なフードメニューやアルコール類の品揃えが悪い。あってもファミレスレベル。スワプナーム空港には毎年新しいラウンジが続々誕生しており、プライオリティパス等で利用できるラウンジもクオリティが高い中、航空会社のラウンジとは思えないクオリティでした。

スワプナーム空港のロイヤルシルクラウンジを利用される予定の方はあまり期待して行かない方が良いかもしれません。

ただ、ヌードルバーはあったので、簡単にヌードルとSINGHAビールで夕食をとりました。ヌードルには、小松菜や魚介の肉団子が入っており、おいしかったので3杯おかわりしてしまいました。これは大満足。

タイ航空A350-900ビジネスクラスに搭乗

A350ビジネスクラスシート

いよいよタイ航空のA350-900ビジネスクラスに搭乗していきます。タイ航空A350-900のビジネスクラスはフルフラットシートを搭載しており、シートを倒せば簡易的なベッドに生まれ変わります。

座り心地はANAのフルフラットシートに近かったです。成田からKLまで向かう際に中距離路線ということもありマットレスが置いてあったのですがバンコク-名古屋路線の場合はありませんでした。ここはちょっと残念...

深夜便なんだからせめてマットレスぐらいは用意して欲しかった。

そして、写真から見てわかると思うのですが、最新の機材にしてはシートの周りの損傷が所々見受けられるのはちょっと意外でした。このような細かい箇所が雑な点は海外の航空会社だからなのでしょうか...

ビジネスクラス中央座席

中央の席はこのような形になっています。中央のしきりを外せばお互いの顔を合わせることができるのでカップルやハネムーンでビジネスクラスを利用される場合は中央の席を確保すると良いかもしれませんね。

ビジネスクラス座席ディスプレイ

ディスプレイはANAやシンガポール航空に比べると小さめの作りです。そしてUSB端子はディスプレイ下にあります。

ウェルカムドリンク

座席に座ると早速CAの方が熱々のおしぼりとウェルカムドリンクを持ってきました。ウェルカムドリンクはオレンジジュースかグァバジュースから選ぶことができたのでオレンジジュースを選択。

搾りたてのオレンジジュースというよりは、市販でごく普通に販売されているオレンジジュースのような味でした。

さて、ここからはアメニティやビジネスクラスのシートの設備について簡単にご紹介していきたいと思います。

AKGヘッドホン

オーディオはAKGのヘッドホンです。ノイズキャンセリングタイプのものではなかったです。

スリッパ

スリッパもありました。タイ航空オリジナルのものではなくビジネスホテルによく置いてあるスリッパです。

リモコン

リモコンはタッチコントロータータイプのものでした。

ブランケットとアメニティポーチ

ブランケットとアメニティポーチが置いてありました。タイ航空の場合は中距離路線でもアメニティポーチを配るんですね。これはちょっと驚きました。アメニティポーチはマンダリナ・ダックというブランドのものを使っています。こちらのブランドはイタリアの革製品やキャリケースで有名なブランドのようです。

アメニティの中身ですが、歯ブラシ、リップクリーム、ハンドクリーム、コームといった基本的なアメニティが入っていました。

Wi-Fiアクセスカード

そしてタイ航空のB787,A350のロイヤルシルククラスに搭乗すると、20MBのWi-Fiアクセスカードをもらうことができます。容量が20MBと少ないのでLINEで画像付きのメッセージを送るとすぐに容量オーバーになってしまいますが、どの航空会社も国際線でWi-Fiを利用する場合は料金が発生するのでこのサービスは嬉しいですね!

ちなみに今回は時間がなく利用しませんでした。

タイ航空ビジネスクラスの機内食

出発前にCAの方が機内食の注文を聞きにきます。深夜便ということもあり、基本は朝食メニューですが、希望者には簡単な夕食メニューもあるそうです。

私はラウンジでヌードルを3杯も食べてお腹いっぱいだったので、朝食だけ食べることにしました。

朝食メニュー表

朝食は和食、タイ料理、洋食の3種類から選ぶことができます。タイ航空の深夜便を利用しているブロガーさんを事前にチェックして「タイ航空の朝食は洋食がおいしい!」という情報を見ていたので迷わず洋食と飲み物はコーヒーを選びました。

アルコールメニュー表

シャンパンはヴーヴ・クリコです。フルボトル1本で5,000円ほどのお値段がするので良い銘柄を取り入れていると思います。就寝前にお酒を飲みたかったので、シャンパンを離陸後に持ってきてほしいとお願いしました。

シャンパン

飛行機のベルトサインが消えると早速CAの方がミックスナッツとシャンパンを持ってきてくれました。タイ航空の良い点はなんといってもシャンパンをフルートグラスに注いてくれることではないでしょうか?

フルートグラスにシャンパンを注いでもらうとやはりリッチな気分を味わうことができます!シャンパンを2杯飲んだらベッドを横に倒してしばらく仮眠をとります。

ビジネスクラス朝食

到着1時間半前になるとCAの方が起こしに来てくれてそのまま朝食スタートです。どのお料理も味付けが日本人好みになっていたので評判通り美味しかったですよ!

パンもしっかり温めてあったり、フルーツは食べやすいように一口サイズになっていたり、アスパラガスもバターでしっかり炒めてあり大満足でした。

朝日に照らされるA350

モニターを見ると朝日に照らされているA350を確認することができます。外の映像をシートのディスプレイで確認できるってなんか新鮮です。

そして朝食を済ませると、あっという間に中部国際空港に到着して長かった旅もこれにて終了です。

【まとめ】フライト時間が中途半端で逆に疲れてしまった

A350機体正面

今回は人生初の深夜便のビジネスクラスに搭乗しました。正直な感想、ビジネスクラスに搭乗しているにも関わらず想像以上に疲れました。やはり、5時間半という中途半端なフライト時間だと仮眠も2時間ほどしか取ることができません。

その上、私の後ろの座席の人のいびきや寝返りがひどかったので落ち着いて眠ることができませんでした。(いびき対策にノイズキャンセリングのヘッドホンがあると嬉しいのですが...)

もし座席周辺の人のいびきがうるさくて眠れない!という方はCAさんにお願いして、空席があれば、席の移動をお願いしてみても良いと思います。タイ航空の場合、日本発着路線であれば日本語対応のCAの方も搭乗しているので、英語が苦手な方でも安心ですよ!

やはり深夜便を利用するのであれば、最低でも7時間~8時間ぐらいの中長距離路線、5時間ほどの路線は日中便を利用した方が体の負担も少ないのかなぁと思いました。

次回タイ航空を利用する場合は、中長距離路線のビジネスクラスに搭乗してみたいと思います!

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事