【2022年版】リッツカールトン東京クラブラウンジ体験記

リッツカールトン東京のクラブラウンジは日本最高峰のクラブラウンジと呼び声が高いことで有名。

ホテル最上階である53階に位置しており、滞在中、計5回のフードプレゼンテーションや終日シャンパンの提供をはじめ、極上の贅沢を体験できます。

今回はそんなリッツカールトン東京のクラブラウンジを利用してきたので、ブログ形式で徹底レビューしていきます。

「軽食やドリンクのクオリティはどんな感じ?」「コロナ禍でのラウンジの変化は?」など、宿泊前に疑問に思われやすいポイントをわかりやすく解説していきます!

クラブラウンジへの入室条件

クラブラウンジの入り口

ザリッツカールトン東京のクラブラウンジに入室が許されるのは、「クラブラウンジのアクセス権」を持つお部屋を予約された方のみ。

スイートルームの宿泊客の方も、クラブフロアアクセス付きのスイートルームでなければ入室不可となっています。

また、マリオットボンヴォイのプラチナエリートやチタニウムエリートなど、上級会員の資格を持っていたとしてもアクセスはできません。

夫婦+子連れでクラブフロアを予約された場合、追加料金を支払うことでお子さんもクラブフロアの利用が可能。
料金は下記の通り。

5歳以下無料
6歳〜11歳5,104円(税・サ込)

また、クラブフロアの宿泊客ではないご友人やビジネスパートナー等をラウンジに招きたい場合はビジター料金を支払うことで入室可能です。

その場合、1回のフードプレゼンテーションにつき、8,294円(税・サ込)発生します。

スポンサーリンク

クラブラウンジの営業時間

クラブラウンジの営業時間は午前7時〜午後10時まで。
ラウンジ営業中は、計5回のフードプレゼンテーションが実施され、様々な軽食やアルコールなどを楽しめます。

フードプレゼンテーションの時間は下記の通りです。

朝食7:00~10:30
軽食11:30~13:30
アフタヌーンティー14:30分~16:30
ディナー前のオードブル17:30~19:30
スイーツ&コーディアル20:00~22:00

ちなみに、2020年11月1日より19:30以降、12歳未満の方はラウンジへ入室不可となりました。
そのため、スイーツ&コーディアルタイムのフードプレゼンテーションは利用できないので注意しましょう。

スポンサーリンク

クラブラウンジ内の様子

クラブラウンジは、レセプション、ガーデンテラス、ダイニングルーム、ライブラリーラウンジと計4フロアで構成されています。

今回その中でも、ダイニングルーム、ライブラリーラウンジを中心にご紹介します。

ダイニングルーム

ダイニングルームの様子

私がクラブラウンジに訪れた時間帯は、大混雑しており、当日の様子は写真は撮影できませんでした。
そのため、公式サイトの写真をお借りしています。

ダイニングルームからは、天気が良い日だと富士山まで見渡せる絶景が眼下に広がります。

富士山とシャンパン

実際に、朝食の際は、ダイニングルームの窓側の座席を利用。
富士山の眺望を楽しみながら、優雅なモーニングタイムを過ごせました◎

目の前に視界を遮るビルや建造物がなく、東京でもトップクラスのパノラミックビューを楽しめますよ♪

ソフトドリンクとアルコール類

ダイニングルームの中央にあるビュッフェ台エリアには、終日を通していただけるソフトドリンクやビールなどのアルコール類が用意されています。

ビールはアサヒビールやサッポロビールの定番のビールから、クラフトビールで有名なCOEDOビールなども用意。

缶ではなく、瓶ビールで提供されている点はポイントが高い!

ライブラリーラウンジ

ライブラリーラウンジはその名の通り、様々なジャンルの蔵書が置かれており、図書館のように静かで落ち着ける空間。

クラブラウンジ内の一番奥側のエリアに位置しています。

ライブラリーラウンジの様子

ソファーを用意されている座席が多く、のんびりくつろぐにはぴったり。

窓側の座席

もちろん、テーブル席もありますよ。
窓側の座席は競争率高めです。

ライブラリーラウンジのソファ席

とくに、ライブラリーラウンジの奥にあるソファ席から眺める景色は絶景!
一番人気の高い座席です。

クラブラウンジから見た東京のシティービュー

眼下には東京のパノラマビューが広がります。
六本木のランドマークである六本木ヒルズも小さく見えてしまうぐらい、高層階です!

クラブラウンジから見た東京の夜景

六本木の中心地に位置していることもあり、夜景も申し分なし!

バーコーナー

ワインコーナー

ライブラリーラウンジの中央には、ワインコーナーやカクテルコーナーがあります。
自分で注ぐことも可能ですが、スタッフの方にお願いすることも可能。

また、バーテンダーにリクエストをすれば、その場でオリジナルカクテルも作っていただけます。

シャンパンクーラー

シャンパンクーラーの中には、白ワインやリッツカールトンオリジナルのシャンパンが随時用意。

ホテルのクラブラウンジでよく置かれているようなスパークリングワインではありません!
正真正銘のシャンパーニュ。

シャンパンが販売されている様子

シャンパンは、東京ミッドタウン1階にあるリッツカールトン東京のペストリーショップにて1本10,800円で販売されていました。

赤ワイン

赤ワインは1本2,000円台〜3,000円台のフランス産のシャンパンから山梨県の国内ワインなどが用意されています。

軽い口当たりのものから、重めのものまで、バリエーションに富んでいるので、訪れた際は自分の好みをスタッフの方に言って、おすすめを教えてもらうと良いですよ!

計5回のフードプレゼンテーション

ここからは滞在中、計5回提供されるフードプレゼンテーションをご紹介していきます。

基本的に、コロナ禍ではビュッフェ形式での料理の提供は中止です。

ホテルスタッフの方は席へ提供スタイルに変更となっています。

アフターンティー

まずは、チェックイン直後に提供されるアフタヌーンティーをご紹介。

アフタヌーンティーセット

ザリッツカールトン東京の場合、高級ホテルのロビーラウンジで提供されるような3段のティースタンドで運ばれてきます。
アフタヌーンティーセットが運ばれてきた瞬間、「他のホテルのクラブフロアと全くレベルが違う!」と確信するはず!!

一般的な高級ホテルのクラブフロアだと、クラブラウンジ専用に作られた一口サイズのスイーツが数種類用意されているだけで、物足りなさを感じるケースが多いです。

一休.comで掲載されていたリッツカールトン東京のアフタヌーンティーセット

ですが、リッツカールトン東京のアフタヌーンティーは、ロビーラウンジでも提供されているアフタヌーンティーセットのスイーツも含まれています!

アフタヌーンティーとシャンパン

実際、私が訪れた時期に実施されていた「クリスマスアフタヌーンティーセット」と比較しても、提供されているセイボリーやスイーツはほぼ同じでした。

ロビーラウンジでいただく1人10,000円程度するアフタヌーンティーセットとのクオリティとほぼ変わりません。
その上、シャンパンもフリーフローなんて最高過ぎでは??

様々な種類のティーパック

ティーは計12種類のフレーバーから選択が可能!

フレーバーは下記の通り。

リッツカールトン東京のクラブラウンジで提供される紅茶のフレーバー
・ザリッツカールトン東京オリジナルブレンド
・ダージリン
・アールグレイ
・イングリッシュブレックファースト
・ウヴァ
・ストロベリー&シャンパン
・宇治やぶきた
・ブーケロイヤル
・フルーツ&ハニールイボス
・ジンジャー&レモン
・カモミール&アップル
・ビューティフルハーブス

シャンパンで乾杯をしている様子

今回はせっかくだったので、ティーではなくシャンパンで乾杯!
シャンパンアフタヌーンティーを楽しみました!

ピエールエルメのマカロンとチョコレート

少々、アフタヌーンティーセットだけでは物足りなかったので、スコーンを追加でオーダーしたのですが、丁重にお断りされてしました。

その代わりに、ピエールエルメのマカロンやチョコレートをいただけました。
NOと言わず、提案をするリッツカールトン流のゲストに対する接客はさすがです。

少し余談ですが、マリオットプラチナエリート以上の会員の方で翌日16:00までのレイトチェックアウトに成功すれば、翌日もアフタヌーンティーを楽しめます!

ディナー前のオードブル

次はディナー前のオードブルをご紹介します。

コロナ禍の期間中は、ラウンジの人数制限を設けているため、ディナー前のオードブルと朝食の時間については、チェックインの際にあらかじめ指定した時間に訪問するルールです。

ディナー前のオードブルでは、ワインのマリアージュに最適な和洋中の様々な軽食が提供されました。

コールドミール

コールドミールは、タコのカルパッチョやトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼなど。

ホットミール

ホットミールは、ローリエの香りがアクセントの煮込みハンバーグ。
お隣は茶碗蒸し。

中華料理

最後は、中華メニューとして、点心料理が2種。
両方とも、プリプリのえびが入っており、こちらも美味しかったです!

お酒に合うような様々なメニューが提供されましたが、あくまでもディナー前のオードブルということで料理のボリュームは少なめ。

そのため、夕食代わりとして活用するのは難しそう。

そのため、レストランでしっかり食事を取るか、インルームダイニング等で軽く何か注文されることをおすすめします。

ちなみに、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員以上だと、エリート会員特典として、1滞在につき3000円分のホテルクレジットが付与されます。

ホテルクレジットの3000円であれば、インルームダイニングで親子丼(3400円ほど)やカツ丼(3200円ほど)でいただけるのでぜひご活用ください。

親子丼

私は3000円のルームクレジットで、ロビー階にある和食レストラン「ひのき坂」より提供されている大山鶏を使用した親子丼を夕食としていただきました。

またインルームダイニングを注文すると、無料でピエールエルメの焼き菓子を菓子を2種類いただきました。

スイーツ&コーディアル

スイーツセット

スイーツ&コーディアルの時間帯になると、ラウンジ内の照明が少し落とされ大人雰囲気に。
各テーブルに、キャンドルが置かれ、就寝前のリラックスした時間を過ごせます。

スイーツとチーズの盛り合わせ

席に座ると、スイーツとチーズの盛り合わせが提供されました。
若干写真がボケていますが、スイーツはカヌレや一口サイズのガトーショコラなどが提供されました。

どれもさすがラグジュアリーホテルのスイーツということもあり、クオリティが高い。

チーズの盛り合わせ

チーズの盛り合わせはカマンベールチーズやクリーミーなチーズ。
片手に赤ワインを置きながら、のんびりと上質な時間を過ごせました。

朝食

リッツカールトン東京のクラブフロア宿泊客は、朝食もクラブラウンジにていただきます。

マリオットボンヴォイプラチナエリート会員の方は、クラブラウンジだけでなく、ロビー階にあるタワーズでも朝食をいただけますよ!

朝食は洋食または和食セットどちらからを選択。
パン・ジュース・ヨーグルトなどはラウンジ中央のビュッフェ台から好きなものを取るハーフビュッフェ形式の朝食でした。

朝食のメニュー表

洋食・和食メニューから選べる料理は下記の通り。

洋食・和食メニュー
■洋食(卵料理)
・ホワイトオムレツ/オムレツ
・スクランブルエッグ/目玉焼き
・黒毛牛と雛鳥のボロネーゼ入りオムレツ
■トッピング
・パプリカ、オニオン、チェダーチーズ、ハム、トマト、マッシュルーム
■食後のデザート
・フレンチトースト
■和食
・塩鮭、卵焼き
・冷奴、ひじき煮、明太子
・本日の香の物2種類
・ご飯、お味噌汁

洋食・和食共通メニュー

洋食・和食関わらず共通で提供されるメニューは下記の通り。

洋食・和食共通メニュー
・季節のカットフルーツ盛り合わせ
・サラダセット
・チーズセット

今回は、洋食の「黒毛牛と雛鳥のボロネーゼ入りオムレツ」を選択。
オムレツが提供されるまでビュッフェ台にあるパンやヨーグルトなどを取りに行きます。

パンコーナー

パンはデニッシュ系のパン多め。
クロワッサンやパンオショコラなど朝食で出される定番のパンから、ぶどうのデニッシュやいちごのデニッシュなどフルーツ盛りだくさんのデニッシュも用意されていました。

どれも発酵バターが効いていて、絶品!
食べた瞬間、思わず笑顔が出てしまいます!

ヨーグルト・フレッシュジュースコーナー

瓶に入ったヨーグルト

反射して見えづらいですが、冷蔵庫の中には瓶タイプのヨーグルトも用意。

フレッシュジュース

お隣の冷蔵ケースの中にはフレッシュジュース。

ピックアップした料理

パンやジュースなどいろいろなものをピックアップ。
パンはどれも大きめの作り。色々食べたい方は連れの方とシェアすると良いですよ。

マンゴーヨーグルト

とくにこちらのマンゴーヨーグルトがかなりの絶品でした!
クラブラウンジに訪問された際は、ぜひ食べてみてください。

シャンパン

シャンパンの様子

また冒頭でご紹介したように、朝からシャンパンもいただけます!
朝から贅沢にシャンパンブレックファーストを楽しめますよ!

フルーツ

洋食和食共通のメニュー

しばらくすると、洋食・和食共通のメニューが運ばれてきました。

季節のフルーツの盛り合わせ。
メロンやマンゴー、ドラゴンフルーツなど豪華なフルーツばかり。

メロンやマンゴーがある点は、やはりラグジュアリーホテルのクオリティですね。

どれも糖度が非常に高く美味しかったです!

コールドミール

サラダ

コールドミールはサラダを中心に、生ハムやスモークサーモンも入っていて豪華!
シーザードレッシングをかけていただきます。

チーズの盛り合わせ

チーズの盛り合わせ

チーズの盛り合わせは、カマンベールやフェタチーズなどが入っていました。
朝から赤ワインが飲みたくなるようなラインナップ!

メイン料理

黒毛牛と雛鳥のボロネーゼ入りオムレツ

前菜を食べ終わるころに、注文していた黒毛和牛と雛鳥のボロネーゼ入りオムレツが到着。

中にはたっぷりの甘辛い黒和牛のバラ肉が入っており、とっても美味しい!
ひき肉が入るは珍しくないですが、ゴロっとしたバラ肉が入っているの珍しいですね。

これまで食べてきたオムレツの中で一番美味しかったです!

フレンチトースト

フレンチトースト

最後に食後のデザートとして提供されたフレンチトースト。
少々メープルシロップがかかりすぎていて、私には甘すぎました。

これにて朝食は以上です。
朝から上質な空間で、シャンパンを片手にいただく絶品の朝食はまさに非日常の時間。

大変思い出に残る朝食となりました。

お昼の軽食

楽しかったクラブラウンジのフードプレゼンテーションもお昼の軽食で最後に。。

昼の軽食

お昼の軽食はお重で運ばれてきます。

最後の最後まで、びっくりするようなクオリティの軽食が出てきてびっくりです!

サンドイッチやベーグル、フルーチェのようないちごゼリー、カレー風味のシリシリサラダ、和食レストラン「ひのき坂」より提供された黒毛和牛のすき焼きなどなど。

ランチメニューとして十分なボリューム◎

どのお料理も味に申し分はなく、とくに「ひのき坂」で提供された黒毛和牛を使ったすき焼きはダシが染みていて至高の逸品。
卵をひたして、熱々のご飯と一緒に食べたかった(笑)

今回のフードプレゼンテーションの中で提供された料理の中で最も美味しかったです!

【曜日限定】クラブラウンジイベント

クラブラウンジでは曜日限定で数種類のイベントを実施しています。


例えば、毎週金〜日曜日の15:00〜16:30の時間帯は「ハープ&アフタヌーンティー」を開催。
指定の時間になると、生のハープ演奏を楽しみながら優雅なひとときを過ごせます。

また、毎週土曜日の17:30〜19:20はジャズの生演奏があります。

リッツカールトン東京のクラブフロアはマリオットボンヴォイポイントを使った宿泊がおすすめ!

クラブデラックスルームの価格表

ザリッツカールトン東京のクラブフロアは日にもよりますが、平均して1泊2名で10万円前後します。
1泊のホテルステイに10万円も支払えない。。という方は多いのではないでしょうか。

ですが、ザリッツカールトン東京は、マリオットポイントによる無料宿泊が可能なホテルの一つ。

クラブデラックスルームを予約する場合に必要な料金とポイント数

クラブフロアをポイントで予約する場合は、30,000円+70,000ポイント程度で予約が可能。
すなわち、ポイントを利用すればたった30,000円ほどで1泊10万円するお部屋を予約できるわけなんです!

一見、70,000ポイントも貯めるのは難しそうに見えますが、アメリカン・エキスプレス社が発行しているマリオットボンヴォイプレミアムカードを発行すると、入会ボーナスと日々のカード決済であっという間にポイントが貯まりますよ!

リッツカールトン東京のクラブフロアは間違いなく、日本一のクラブラウンジ

リッツカールトン東京の入り口

今回はザリッツカールトン東京のクラブラウンジの全貌をご紹介してきました。

私自身、これまで日本国内の様々なホテルのクラブラウンジを訪問してきましたが、間違いなくザリッツカールトン東京のクラブラウンジは日本一と断言できます。

お料理やアルコール類のクオリティはもちろんのこと、ホテルスタッフ一人一人のホスピタリティの高さには感心します。

ぜひ、パートナーとの大切な記念日や誕生日など、大切な日に宿泊されてみてはいかがでしょうか。

ザリッツカールトン東京のクラブデラックスルームの宿泊記はこちら

あわせて読みたい記事はこちら
コメントを残す

【2022年9月最新】マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーン!

2022年8月25日より、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンが開始されました。
10月20日までの申し込み限定で最大82,500pt獲得が可能に。

公式サイト経由でお申し込みした場合

・3ヶ月以内に30万円利用で30,000P
・3ヶ月以内に35万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:75万円利用で22,500P

一方で紹介制度を活用してお申込みいただくと最大88,500ポイント獲得可能です。
内訳は下記の通りです。

当サイトよりお申し込みいただいた場合
・3ヶ月以内に30万円利用で36,000P
・3ヶ月以内に35万円利用で30,000P
・通常利用ポイント:75万円利用で22,500P

88,500ポイントを獲得できれば、「リッツカールトン」や「Wホテル」といったマリオットボンヴォイに加盟している最高級ホテルの無料宿泊が可能に。

また、2022年9月10日から12月15日までの期間中、マリオットボンヴォイに加盟している異なるホテルブランドに1滞在するごとに1滞在につき最大4,000ポイント獲得できるキャンペーンも実施中!

ポイントではなく、有償の宿泊でかつ、期間中2回目以降の滞在が条件となりますが、1滞在ごとに2,000ボーナスポイント獲得。また、マリオット系列の異なるブランドに宿泊し、その宿泊料金をマリオットボンヴォイアメックスカードで決済した場合はさらに2,000pt獲得できるシステムです!

※滞在というのは、チェックインからチェックアウトまでの期間を滞在とカウントします。そのため、3泊の宿泊であっても1滞在という計算です。もちろん、1泊だけのホテルステイの場合も1滞在としてみなします。

例えば、アロフト→シェラトン→マリオット→ウェスティン異なるホテルブランドでホテルステイを楽しめば、ボーナスポイントとして12,000ポイントを獲得できます!

これは、かなりお得なキャンペーンですよ!!
期間中は、ホテルステイを楽しみつつ、マリオットポイントをザクザクGETしてくださいね★

紹介制度を活用したカードのお申し込みはこちらから!

私はこれまでにマリオットポイントを使って下記のようなラグジュアリーホテルに無料宿泊しました。

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町の客室ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザリッツカールトン東京の客室ザリッツカールトン東京

ザリッツカールトン大阪の客室ザリッツカールトン大阪

また、2022年9月7日より、海外から帰国する際72時間前のPCR検査が条件付きで撤廃されることにより、より身近に海外旅行を楽しめるようになります。

そのため、マリオットボンヴォイのポイントをマイルへ移行して憧れのビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券を発券するといったこともおすすめ!

例えば、18万ポイントをANA75,000マイルに移行し、東京⇄ニューヨーク間、東京⇄ロンドン間の往復ビジネスクラス特典航空券を発券できました。

ANAビジネスクラスシート東京ーロンドン線のANAビジネスクラス「THE Room」

羽田ーロンドン線で提供された機内食東京ーロンドン線のビジネスクラスで提供される機内食

2020年の2月にマリオットポイントをANAマイルに移行し、東京ーロンドン線の往復特典航空券を発券し、空港手数料の50,000円のみでビジネスクラスに搭乗しました。

シンガポール航空A330のビジネスクラスシートマイルで搭乗したシンガポール航空ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで提供されたシャンパンタイ航空のビジネスクラスでいただいたヴーヴ・クリコのシャンパン

さらにポイントだけでなく、マリオットボンヴォイアメックスカードを発行すると、ザッと下記のような特典を受け取れます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの特典
・マリオットボンヴォイゴールドエリート会員付帯。
・毎年カード更新のタイミングでマリオットポイント最大65,000ポイント以下のホテルに無料宿泊。
・日々のお買い物100円の決済ごとに3ポイント付与。
・マリオット系列のホテルに宿泊する際は100円につき6ポイント付与。
・「リッツカールトン」や「セントレジス」ホテルに2泊以上すると、100ドルのホテルクレジットをプレゼント。
・国内外29の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。
・最高1億円の国内外旅行保険。

年会費が49,500円(税込)と一般的なクレジットカードと比較するとやや高額ですが、上記の特典をフル活用すれば、年会費の元は十分取れると断言できます。

今回の新規入会キャンペーンを上手く活用して、2022年はワンランク上の国内旅行・海外旅行を楽しむためにマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをぜひ発行してください!!