タイガーエアーは台湾のLCC会社でチャイナエアラインの子会社でもあります。そして、LCCでは珍しく羽田発着路線も就航しているなど台湾に旅行する際に便利な航空会社です。

SNS上を見ると「タイガーエアの手荷物ルールは厳しかった。」という意見をよく見ます。そこで今回は、タイガーエアの手荷物ルールが本当に厳しいのかどうか徹底調査してきました。大きく、預け手荷物(受託手荷物)と機内持ち込みのルールに分けてご紹介しています。

ぜひ、タイガーエアーを利用する前に一通り確認するようにしましょう。

*こちらの記事は日本⇄台湾路線を中心に構成してあります。

スポンサードリンク

タイガーエアの受託手荷物ルール

空港出発ゲート

まず、受託手荷物のルールについて確認していきましょう。タイガーエアーの受託手荷物は予約した航空券の種類によって預けることのできる重さが異なります。

タイガーエアー料金

タイガーエアーの予約の種類はタイガーライト、タイガースマート、タイガープロの3種類の料金に分かれており、最安値のタイガーライトで予約する場合、受託手荷物の枠が無いので注意しましょう。

その他の予約の種類であれば、3辺の合計が203cm以内で20kgまでの受託手荷物であれば預けることが可能となっています。

もちろん、「タイガーライトで予約したが受託手荷物をやっぱり預けたい」「無料の受託手荷物の枠である20kgを超えそう」といった場合も超過料金を支払うことによって1個の手荷物を最大30kgまで預けることが可能です。

超過料金の支払いですが、航空券の新規予約時、航空券購入後の追加申し込み、カスタマーセンターでの追加申し込み、空港チェックインカウンターでの申し込みと4つの価格帯に分けられています。

こちらの価格帯を表にまとめると以下の通りになります。

重さ新規予約時航空券購入後カスタマーセンター空港チェックインカウンター
~15kg(搭乗日当日)5,900円
超過受託手荷物 1kg毎(当日)2,000円
~15kg(予約購入)3,000円3,600円4,300円
~20kg(予約購入)3,400円4,100円4,900円
~25kg(予約購入)4,100円5,300円6,100円
~30kg(予約購入)5,300円6,500円7,200円
~35kg(予約購入)6,500円7,600円8,600円
~40kg(予約購入)7,800円9,400円10,2000円

航空券購入後とカスタマーセンターでの申し込みは出発の4時間前まで対応しています。

空港チェックインカウンターで受託手荷物の枠を購入してしまうとかなり高額になってしまうので、なるべく出発の4時間前までに事前予約することをおすすめします。

ただし、出発日当日に追加で購入できるのは15kgまで(4,3000円)とルールが決められています。さらに手荷物が超過する場合は、追加で1kgあたり2,000円支払う必要があります。

スポンサーリンク

タイガーエアの機内持ち込みルール

空港搭乗ゲート

次に機内持ち込みのルールについて確認していきましょう。タイガーエアーの場合、搭乗者1名につき、三辺の合計が115cm以内の手荷物と身の回りの品(ハンドバッグやノートPC等)の手荷物の合計2個を合計重量10kgを超えない範囲で持ち込むことが可能です。

三辺の合計が115cm以内ということはSサイズのキャリケースであれば機内に持ち込み可能ということです。

機内に持ち込むことのできない手荷物

以下の手荷物は航空法やタイガーエアーの規定により機内に持ち込むことができず受託手荷物として預ける必要があるので確認しておきましょう。

刃物類

棍棒、工具および農具類

スポーツ用品類

出典:タイガーエアー公式サイト

 

液体類の機内持ち込みルールについて

化粧水やフレグランスといった液体類の機内への持ち込みはルールが厳しいので持ち込む方は事前にしっかり理解しておくようにしましょう。

液体類の持ち込み制限は以下の通りです。

液体類の機内持ち込みのルール
・容器1つにつき100ml以下で容器は1ℓ以下の透明なジッパーバッグに入れること

・1ℓ以下の透明なジッパーバッグの機内持ち込みは1個まで・ベビーフードや常用の薬は機内で服用される量のみ持ち込み可能

・空港免税店で購入した液体類(お酒・香水)に関しては、「Security Tamper-Evident Bag」に入った商品のみ機内に持ち込み可能

リチウムバッテリーについて

スマホの充電器やポケットWiFi等に搭載されているリチウムバッテリー航空法やタイガーエアーのルールにより持ち込むが制限されています。

タイガーエアーの場合、リチウムバッテリーの規定情報の記載がどこにもなく、日本代理店に問い合わせたところ、持ち込む正確な個数が分かっていれば台湾の代理店に問い合わせていただき回答をいただけるということでした。

空港チェックインカウンターで引っかかりそうなリチウムバッテリーを受託手荷物もしくは機内持ち込みを行う場合、
タイガーエアーのカスタマーサポートに事前にお電話されることをおすすめします。

タイガーエアーを利用して格安で台湾へ出かけよう!

九份のちょうちん

今回はタイガーエアーの受託手荷物と機内持ち込みのルールについてご紹介してきました。LCCということもありルールが細かかったと思います。ですがルールをざっくり理解しておけば、搭乗日に慌てる心配もないので楽チンですよ!

ぜひタイガーエアーを利用して素敵な旅を楽しんでくださいね!

*受託手荷物、機内持ち込みの手荷物について今回紹介した品目以外にも手荷物として禁止されているものが存在します。もし預けられるかどうか不安な方は事前にタイガーエアーのカスタマーサポートもしくは搭乗日に空港チェックインカウンターで必ず問い合わせるようにしていただけるようお願い致します。

合わせて読みたい記事はコチラ
【スポンサーリンク】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事